FC2ブログ

■カテゴリ
■最新の記事
■最新のコメント
■最新のトラックバック
■月別アーカイブ
 第319話 佐賀県  /2018年11月12日(月)
2018年11月10日 佐賀県吉野ヶ里町・田手  
紅葉の季節にあって、知人から勧められた吉野ヶ里公園(よしのがりこうえん)に向かいました。そこでの風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


吉野ヶ里歴史公園
吉野ヶ里公園は、広いという一語に尽きます。JR神埼(かんざき)駅から
は公園西口、隣りの吉野ヶ里公園駅からは公園東口へと案内されます。
本日は、西口から芝生・遊具エリアに入園しました。

吉野ヶ里公園(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
「弥生の大野」ゾーンの広大な芝生広場に立ちます。北の方には背振山地
(せふりさんち)が迫って見えます。

吉野ヶ里公園(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
東の方には南内郭(みなみないかく)の物見やぐらが見えます。

吉野ヶ里公園(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
南の方の池では、マガモ・カルガモが遊んでいます。まもなく紅葉が見ご
ろを迎えると聞きました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/11/12(Mon)12:05
紅葉トラックバック(0)コメント(0)
 第318話 佐賀県  /2018年11月05日(月)
2018年10月 佐賀県鹿島市・駅からウオーク
久しぶりの飲み歩きです。長崎駅から特急電車でおよそ1時間、肥前鹿島駅に着きます。気ままな、そして少々のアルコールを嗜みながらの5時間、タウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR肥前鹿島駅から
これまで何度かご紹介したJR九州ウオーキングですが、本日は「肥前浜宿 
秋の蔵々まつりウオーキング」です。

JR肥前鹿島駅
(写真をクリックすると拡大されます)

大手門
(写真をクリックすると拡大されます)
鹿島市は古くから日本酒造りが盛んな土地柄だそうです。肥前鹿島駅から
10分の距離にある「矢野酒造」を覗き、受付でもらったマップにしたがって
進みます。ほどなくして着いた所は大手門、鹿島城(かしまじょう)跡北側に
位置します。

旭ヶ丘公園
(写真をクリックすると拡大されます)
かつての城跡一帯は、旭ヶ丘公園(あさひがおかこうえん)として桜の名所
になっています。

誕生院
(写真をクリックすると拡大されます)
近くの松蔭神社を抜け、誕生院(たんじょういん)に立ち寄ります。新義真言
宗大本山の寺院、中でお茶をいただきました。

鹿島平野
(写真をクリックすると拡大されます)
稲刈りが終わった鹿島平野、陽の光を満身に受けながら昼食場所「祐徳
稲荷神社」に向かいます。

酒蔵通り
(写真をクリックすると拡大されます)
肥前浜宿の「酒蔵通り」は予想にたがわず賑わっています。「鍋島」ほか全
4銘柄「飲みくらべ」を楽しめました。

ゴールへ
(写真をクリックすると拡大されます)
「酒蔵通り」を西の方へ引き返し、浜郵便局の前を通ってゴールに向かい
ました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/11/05(Mon)08:43
JR九州ウオーキングトラックバック(0)コメント(0)
 第317話 佐賀県  /2018年10月15日(月)
2018年10月13日 佐賀県鹿島市・JR長崎線
白石平野(しろいしへいや)は、佐賀県南部、有明(ありあけ)海湾奥部にある平野です。博多に向かって走る列車から見た風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR肥前鹿島駅→JR肥前竜王駅
東方に広大な干拓地が広がり、地先に国営有明干拓地がみられます。典
型的な米どころ、稲刈りの季節も終盤でしょうか。

JR長崎線
(写真をクリックすると拡大されます)
一帯は畜産が盛んなほか、玉ねぎ、蓮根の生産高は全国的にも上位にあ
るそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/10/15(Mon)15:32
車窓からトラックバック(0)コメント(0)
 第316話 長崎県  /2018年09月28日(金)
2018年9月 長崎県長与町・駅からウオーク
第6話でご紹介した本川内(ほんかわち)駅は、長崎市の北東に隣接する長与町にあります。町は古くからミカンの栽培が有名で、また琴ノ尾岳(ことのおだけ)展望台は、よく知られています。
気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR本川内駅から
町の北部にある琴ノ尾岳に水源を発し、本川内地区を南流するのが長与
川です。本日の目的地は意外に近いところにありました。

JR本川内駅
(写真をクリックすると拡大されます)
長崎駅からJR長崎線(旧線)でおよそ20分、本川内駅で降ります。小さな
駅ですが、歌手の福山雅治さんのフアンなら知らない人はいない駅、だそ
うです。

駅北側の通り
(写真をクリックすると拡大されます)
駅の北側の通りを、線路に並行するように登ります。

本川内橋
(写真をクリックすると拡大されます)
本川内橋(ほんがわちばし)が見えてきました。

みかん山
(写真をクリックすると拡大されます)
まっすぐに進むとミカンの山が迫ります。これからの季節には、実り豊かな
景色が楽しめるそうです。

長与ダム(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

長与ダム(2)
(写真をクリックすると拡大されます)

長与ダム(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
本日の目的地「長与ダム」は、1985年竣工で、堤高36m、堤頂長171m
です。いつか琴ノ尾岳にも登ってみたいですね。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/09/28(Fri)16:46
街歩き・ダムトラックバック(0)コメント(0)
 第315話 熊本県  /2018年09月04日(火)
2018年8月25日 熊本県球磨村・JR肥薩線
球磨川(くまがわ)は、熊本県の人吉盆地を流れる全長115kmの一級河川です。下流に向かって並走する列車から見た風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR那良口駅→JR一勝地駅
那良口(ならぐち)駅を出て一勝地(いっしょうち)駅の手前、ちょうど流れが
緩やかになります。目に入ったのは昔ながらの川下りではなく、ラフテイング
でした。

JR肥薩線
(写真をクリックすると拡大されます)
日本三大急流と呼ばれる球磨川。これから台風の季節を迎えて水位が上
昇すると、急流下りが楽しめるそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/09/04(Tue)15:43
車窓からトラックバック(0)コメント(0)
 第314話 鹿児島県  /2018年08月31日(金)
2018年8月 鹿児島県湧水町・駅からウオーク  
旧姶良郡吉松町(よしまつちょう)は、平成の大合併で湧水町(ゆうすいちょう)になりました。本日は、疏水百選で知られる筒羽野の疎水(つつはののそすい)をめざします。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR吉松駅から
1903(明治36)年に鹿児島~吉松間が鉄道で結ばれ、吉松駅付近は大
きく発展したことで知られます。駅の隣にある「観光SL会館」を見学した後、
駅前の案内板でルートを確認します。

JR吉松駅
(写真をクリックすると拡大されます)

駅前から南の方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
駅前の道を南に進み、やがて見えるのは柿木橋(かきのきばし)です。

川内川
(写真をクリックすると拡大されます)
柿木橋の下を流れるのは、川内川。ゆっくりと時間が流れます。

この先を左折
(写真をクリックすると拡大されます)
まもなく国道268号線に出会い、右折。炎天下の水分補給は欠かせませ
ん。この先を左折します。

水路
(写真をクリックすると拡大されます)
点在する民家を見ながらゆっくり歩きます。歩道横の水路を覗くと、町名の
通りの湧水です。

竹中池
(写真をクリックすると拡大されます)
竹中池(たけなかいけ)に来ました。池の右手に竹中池公園が広がります。

そうめん流し
(写真をクリックすると拡大されます)
竹中池歩道橋に立って筒羽野の疎水を感じます。今でも農地に水を供給し
ているそうです。夏はそうめん流し、冬はシシ鍋料理などという案内を飲み
込みながら、駅に戻ることにします。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/08/31(Fri)12:40
街歩き・疏水トラックバック(0)コメント(0)
 第313話 宮崎県  /2018年08月28日(火)
2018年8月 宮崎県都城市・駅からウオーク  
時間が限られている時は、駅の近くを廻るのが普通になりました。幸いにも早朝ウオーキングの人はどの街にもいらっしゃいます。おすすめコースを聞くことができました。
気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR都城駅から
早く目覚めたせいで、まだ暗いうちから都城駅に向かいました。構内の都城
市観光案内所はまだオープン前ですが、「都城市内地図」を手に取り、コー
スを考えます。

JR都城駅
(写真をクリックすると拡大されます)

南の方を望む
(写真をクリックすると拡大されます)

総合文化ホール
(写真をクリックすると拡大されます)
南に伸びるバス通りをおよそ10分、最初の目印である総合文化ホールの
前に来ます。大きな建物だなあと思いながら、敷地南側の細い道へと左折
します。

神柱公園(1) 
(写真をクリックすると拡大されます)
話に聞いた神柱公園(かんばしらこうえん)です。街の中心部の広い公園と
いう印象です。

神柱公園(2)
(写真をクリックすると拡大されます)                    
正面奥に神柱宮(かんばしらぐう)があります。

神柱公園(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
すぐ後ろには年見川が流れ、2001年竣工の「日時計の広場」があります。

神柱宮鳥居
(写真をクリックすると拡大されます)
目の前に立つ神柱宮の大鳥居、全国二番目の大きさだと地元の人に聞き
ました。このあたりは都城島津家(みやこのじょうしまずけ)の別荘があった
ところだそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/08/28(Tue)10:53
街歩き・九州南部(2県)トラックバック(0)コメント(0)
 第312話 長崎県  /2018年08月14日(火)
2018年8月10日 長崎県佐世保市・船越町  
第307話以来の佐世保市です。その中でご紹介した九十九島(くじゅうくしま)を再びご紹介します。本日は、佐世保駅前から比較的便利な乗り合いバスで訪ねる船越展望所(ふなこしてんぼうしょ)からの眺望をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


船越展望所
バスの終点近くには、水族館で有名な「海きらら」があります。ここから動
植物園で知られる「森きらら」へと向かう道の途中にあるのが船越展望所
です。西側に南九十九島(みなみくじゅうくしま)が広がります。

船越展望所(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

船越展望所(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
標高が低い展望所なので、まじかに海や島を見ることができます。南側の
先には西彼杵半島(にしそのぎはんとう)が見えました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/08/14(Tue)09:34
展望台トラックバック(0)コメント(0)
 第311話 熊本県  /2018年07月31日(火)
2018年7月28日 熊本県宇土市・JR三角線
熊本駅から三角(みすみ)駅に向かう列車に乗車します。宇土(うと)駅を出ると、島原半島の方に目を凝らしました。やがて見えた風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR網田駅→JR赤瀬駅
熊本県では最も古い駅舎と言われる網田(おうだ)駅を過ぎるとまもなく、
北西の方向に島原半島が現れます。JR三角線に並走するのは天草街道
です。

三角線(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

三角線(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
中央に雲仙岳がそびえています。最高峰である平成新山がうっすらと見え
ます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/07/31(Tue)16:52
車窓からトラックバック(0)コメント(0)
 第310話 長崎県  /2018年07月24日(火)
2018年7月22日 長崎県島原市・有明町大三東  
第207話以来の島原市です。有明海の対岸、熊本県が近くに見えたので、慌ててカメラを取り出しました。本日は、トウモロコシ畑からの眺望をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


トウモロコシ畑
雲仙市愛野町から島原市方面に延びる広域農道、通称「雲仙グリーンロー
ド」には、沿線に幾つかの生産者直売所があり、そのひとつ有明町「舞岳の
里」の手前から県道251号線の方に降りていきます。

トウモロコシ畑
(写真をクリックすると拡大されます)
広がるトウモロコシ畑に立つと、有明海の向こうの熊本県長洲町付近がい
つもより近くに見えます。正面は長洲港、その右手(南側)が造船所です。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/07/24(Tue)17:21
展望台トラックバック(0)コメント(0)
 第309話 長崎県  /2018年07月23日(月)
2018年7月21日 長崎県佐世保市・大塔駅  
「ななつ星in九州」1泊2日コースは、前回(第288話)までにご紹介したように有田駅・佐世保駅を経由したのち夕方に長崎駅へ向かいます。。第225話でご紹介した日宇駅の隣、旧市街地の駅での様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


大塔駅
1日目に長崎を訪れる1泊2日コースは、博多駅をこれまでと同じ時刻に出
発し、肥前山口駅から佐世保線に入ります。佐世保駅で1時間半ほど停車
した後、早岐駅まで折り返します。

大塔駅(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

大塔駅(2)
(写真をクリックすると拡大されます)

大塔駅(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
夕方の西陽を受けた眩いばかりの車両が、ゆっくりと姿を現しました。いつ
もそうですが、近づいてくるほどに気持ちが高ぶります。汽笛を鳴らすこと
なく、重厚感を漂わせながら走り去っていきました。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/07/23(Mon)15:58
ななつ星in九州トラックバック(0)コメント(0)
 第308話 長崎県  /2018年07月20日(金)
2018年7月 長崎県松浦市・駅からウオーク  
松浦市は海賊・松浦党の発祥の地です。最寄りの鉄道駅から歩いても近いと聞きました。気ままな1時間足らずのウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


松浦鉄道・今福駅から
今福(いまぶく)駅の駅舎を出ると左手に、看板「今福ふるさと道しるべ」が
目に入ります。めざす「梶谷城跡(かじやじょうあと)」へ行くためには、「い
にしえの小径」を行けばよいとわかりました。

松浦鉄道・今福駅
(写真をクリックすると拡大されます)

交差点
(写真をクリックすると拡大されます)                    
駅舎を背に正面を突きあたると左折。交差点左手の軒先に小さい木製の
標識があり、矢印が右折を教えてくれます。

上り坂
(写真をクリックすると拡大されます)
少し道幅が狭くなり、ここからが「いにしえの小径」。第二江迎橋を進み、交
差点を直進すると上り坂が迫っています。

交差点
(写真をクリックすると拡大されます)

分岐
(写真をクリックすると拡大されます)                    
再びの交差点を左右確認して直進。住宅街を抜けるとしだいに山道の雰
囲気に。二つ目の分岐ですが、標識があるので迷うことなく進みます。

副郭
(写真をクリックすると拡大されます)
城は、山頂に主郭と副郭が配され、それぞれ石塁が囲んでいるとされます。

梶谷城跡
(写真をクリックすると拡大されます)
松浦氏の居城跡、梶谷城跡です。松浦党の始祖、源久(みなもとひさし)公
による1096年築城とも伝えられます。国内の他の海賊と違い、中国や朝
鮮を相手にしたなど、歴史を思わせます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/07/20(Fri)09:17
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 第307話 長崎県  /2018年07月09日(月)
2018年7月7日 長崎県佐世保市・干尽町  
第300話以来の佐世保市です。干尽(ひづくし)公園は、佐世保港を眼下に望める、そして大型客船を間近に見ることのできる公園で、芝生広場を有しています。展望広場からの眺望をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


干尽公園展望広場
JR佐世保駅の西口を出て市道前畑線をめざして歩くこと15分、桜の季節には花見
客も多いという干尽公園に着きます。急な、それでも短い階段を登り切ったら展望
広場があります。

干尽公園
(写真をクリックすると拡大されます)
正面に見える弓張岳(標高364m)。鶯の鳴き声を遮るような汽笛が聞こえました。
出港の合図でしょうか。目を凝らすと国際線ターミナルを離岸、ゆっくりと後退する
大型客船が見えます。今朝の7時に入港、夕方6時出港という、イタリア籍の「コスタ
セレーナ」号(11万4千トン)です。他の船がかなり隠れてしまうくらいに「大型」です。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/07/09(Mon)16:45
展望台トラックバック(0)コメント(0)
 第306話 長崎県  /2018年06月29日(金)
2018年6月 長崎県長崎市・離島ウオーク  
平成の大合併の前の旧伊王島町。前回(第305話)ご紹介した伊王島灯台のある灯台公園まで、伊王島港からのスタートです。気ままな1時間の離島ウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


伊王島(いおうじま)
長崎港から西に約10km、伊王島は伊王島と沖ノ島の二つの小さな島を合わせた
呼び名で、かつては炭鉱で栄えた町です。長崎港からの高速船はわずか20分で到
着しました。

港ターミナル
(写真をクリックすると拡大されます)
乗客が下船した後、南の方へおよそ15分の高島をめざします。

上り坂へ
(写真をクリックすると拡大されます)
郵便局や小中学校、南国ムード漂うリゾートホテルなどを眺めながらのスタート。
「島風の湯」の前を過ぎると道が分かれています。が、迷わず上り坂の方へ。

車に注意
(写真をクリックすると拡大されます)

伊王島海水浴場
(写真をクリックすると拡大されます)
緩やかな坂道をゆっくり歩きます。急なカーブもあるなど、通行車両には注意が必要
です。右側の木々の間から「伊王島海水浴場」が見えます。

バス停
(写真をクリックすると拡大されます)

公園まで700m
(写真をクリックすると拡大されます)
右前方に長崎市コミュニテイバスの停留所が見えます。この路線はどこでも乗降で
きるそうです。分かれ道の標識を見てひと安心、伊王島灯台公園まであと少しです。

夕日丘展望所
(写真をクリックすると拡大されます)
灯台公園にある夕陽ヶ丘(ゆうひがおか)展望所です。南の方に高島が見えます。
その後ろに端島(軍艦島)が隠れているそうです。伊王島はまた映画「家族(1970年)」
の撮影地としても知られています。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村
2018/06/29(Fri)13:30
街歩き・離島トラックバック(0)コメント(0)
 第305話 長崎県  /2018年06月25日(月)
2018年6月24日 長崎県長崎市・伊王島町  
平成の大合併の前の旧伊王島町。江戸条約(1866年)に基づき設置された全国八灯台の一つ、伊王島灯台(いおうじまとうだい)をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


伊王島灯台
梅雨の合間に見えた晴れ間。背景の海の青に白い灯台が引き立ちます。灯頂部の
ドームは1870(明治3)年の建設当時のままです。

伊王島灯台
(写真をクリックすると拡大されます)
長崎港の入口、伊王島の北端に位置し、沖合約38kmまで光が届きます。1971
(昭和46)年まで灯台守が暮らしたそうです。ここは、映画「あなたへ(2012年)」の
シーンで使われたことでも知られています。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/06/25(Mon)13:53
灯台トラックバック(0)コメント(0)
 第304話 長崎県  /2018年06月20日(水)
2018年6月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
第261話以来の諫早市です。旧北高来郡高木町(たかきちょう)は、平成の大合併で諫早市に編入されました。本日は、古くから名水百選で知られる轟渓流(とどろきけいりゅう)をめざします。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR湯江駅から
轟渓流はおよそ30年前にキャンプで訪れたことがあります。その時は車利用でした
が、今回は足を地につけての、再訪ということになります。

JR湯江駅
(写真をクリックすると拡大されます)
諫早駅からJR長崎線でおよそ15分、湯江駅で降ります。昼間は電車が少ないので
予め時刻の確認が必要です。

交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
駅を出ると北側になります。左手に高来郵便局、正面に役場支所を観ながら道なり
に進み、この交差点を右折します。

県道136号線
(写真をクリックすると拡大されます)
県道136号線をひたすら山の方に歩きます。下調べでは、ここから1時間は要する
でしょうか。

境川
(写真をクリックすると拡大されます)
並走するのは境川(さかいがわ)です。すぐに視界から消えます。

紫陽花
(写真をクリックすると拡大されます)
季節がらアジサイを楽しめます。マイカーが通過するほか、ウオーキングする人はい
ません。

名水橋
(写真をクリックすると拡大されます)
名水橋(めいすいばし)に来ました。橋の上からの眺めは、多良岳山系に源を発する
渓谷を感じさせてくれます。左に進む旧道沿いには水くみ場があります。

轟の滝
(写真をクリックすると拡大されます)
轟峡を代表する轟の滝。自然のプールですね。一帯にはいくつもの滝や冒頭にご
紹介したキャンプ村などがあります。この季節には、ここに生息するカジカガエルの
鳴き声を聞くことができるそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/06/20(Wed)16:46
街歩き・滝トラックバック(0)コメント(0)
 第303話 長崎県  /2018年06月11日(月)
[旧居留地] ブログ村キーワード2018年6月9日 長崎県長崎市・出島町
第290話に続く長崎市です。稲佐山(いなさやま)が一望できるベイサイド「長崎出島ワーフ」を訪ねました。長崎港で見る幻想風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


長崎出島ワーフ
梅雨入りしても観光客の多さは変わらない長崎港周辺のベイエリア。長崎駅前から路
面電車を利用すると10分、歩いても15分余りで着くのでウオーキングがお勧めです。

長崎出島ワーフ
(写真をクリックすると拡大されます)
飲食店街の喧騒を背に、広がる夜景を楽しめます。夜の8時でしたが、稲佐山のライト
アップされたテレビ塔は不思議な感覚にさせてくれます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村



2018/06/11(Mon)12:14
幻想風景トラックバック(0)コメント(0)
 第302話 佐賀県  /2018年06月05日(火)
2018年6月 佐賀県唐津市・駅からウオーク
第219話以来の唐津市です。旧東松浦郡相知町(おうちちょう)は、平成の大合併で唐津市に編入されました。炭鉱の町として栄えたことでも知られています。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR相知駅から
相知とは、川が「逢う地」に由来すると言われます。その川のひとつを渡って、本日の
目的地に向かいます。

JR相知駅
(写真をクリックすると拡大されます)
佐賀駅からJR唐津線でおよそ45分、相知駅で降ります。構内で「ウオーキングマップ」
を取り、北の方に歩きます。

浜白橋交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
5分ほどで浜白橋交差点に。冒頭にご紹介した厳木(きゅうらぎ)川に架かる浜白橋
(はましろはし)を渡ると、あとは一直線に北をめざします。

一本道
(写真をクリックすると拡大されます)
右前方の、町で最も高い「作礼山(さくれいざん)」を見ながら歩道をゆっくり歩きます。

あじさい渓谷(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
途中の幾つかの交差点でも案内板があり、迷わずに歩くこと約30分。あじさい渓谷
に入っていきます。「あじさいまつり」を知らせる案内です。

あじさい渓谷(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
最初の駐車場を過ぎて人が行きかうようになり、これまでの静寂さが一変します。

遊歩道入口
(写真をクリックすると拡大されます)
遊歩道に入ることにします。およそ500mの遊歩道区間にはかげろう橋、あじさい橋、
もみじ橋などがあって、涼をとる場所が随所にあります。

見帰りの滝
(写真をクリックすると拡大されます)
およそ20分、時おり水遊びの歓声が聞こえます。本日の目的地「見帰りの滝」です。
落差約100mは佐賀県内最大だそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/06/05(Tue)16:27
街歩き・滝トラックバック(0)コメント(0)
 第301話 熊本県  /2018年06月01日(金)
2018年5月 熊本県大津町・駅からウオーク
大津町(おおづまち)を横断するJR豊肥本線は、2016年4月の熊本地震による被災のため一部不通になっています。その不通区間を歩いてみようと思いました。気ままな2時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR肥後大津駅から
不通区間は、肥後大津駅~阿蘇駅です。とりあえずひと駅、線路伝いに行けるだろう
と簡単に考え、スタートしますが……。

JR肥後大津駅北口
(写真をクリックすると拡大されます)
家から持参した傘と駅構内でいただいた「大津彩発見MAP」を手に、線路沿いに東へ
進みます。

前田踏切
(写真をクリックすると拡大されます)                    
すぐの前田踏切ですが、線路上の草が伸び放題ですね。

国道57号線に
(写真をクリックすると拡大されます)
やがて線路から離れて北側へ。右折後に線路を渡って大津小学校前を通り、広い道
に出ます。東南の方に見える山が気になるも、近道をと思い、住宅街を抜けて進みま
す。ふたたび広い道に出るとすぐ国道57号線の標識が目に入ります。

キャベツ畑
(写真をクリックすると拡大されます)
およそ30分、国道57号線を歩きますが、大林地区の看板「防災マップ」で道を確認
し、南に歩いていくとキャベツ畑に出会います。

踏切
(写真をクリックすると拡大されます)                    
市街地を離れている分、田畑や森林が広がる風景です。踏切施設を見つけてひと安
心。そして「気になる山」は、俵山だと確信しました。

交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
線路を渡ったからには、ここは左折するしかありません。

JR瀬田駅
(写真をクリックすると拡大されます)
左折しておよそ5分、建設工事の車両が見えたと思ったら駅ホームが目に飛び込ん
できました。スタートしてから2時間近く、途中見た「防災マップ」のおかげで線路沿い
という目標がほぼ達成できました。雨が降ることもなく、ゆっくりと俵山ほかの景色も
楽しめました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/06/01(Fri)17:19
駅間ウオークトラックバック(0)コメント(0)
 第300話 長崎県  /2018年05月27日(日)
2018年5月26日 長崎県佐世保市・下船越町  
第289話以来の佐世保市です。展海峰(てんかいほう)は、西海国立公園の中の比較的新しい展望台として知られています。気ままな旅は、定期観光バスではなく乗り合いバスに限りますね。展望台からの眺望をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


展海峰
佐世保駅前を出発したバスは、30分足らずで終点の「展海峰」に着きます。西側に
南九十九島(みなみくじゅうくしま)、角度を変えて北東側に市街地が広がります。

展海峰(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

展海峰(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
九十九島が180度のパノラマで広がります。あいにく五島灘を見ることはかないま
せん。展望台の下には公園があり、四季に応じた花園を見ることができるそうです。
午前からの再訪を誓って帰途につくことにします。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/05/27(Sun)20:16
展望台トラックバック(0)コメント(0)
 第299話 福岡県  /2018年05月19日(土)
2018年5月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
第231話以来の福岡市です。本日は、とある商店街をめざしました。そして、予想外の出会いがありました。気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR博多駅から
博多口を出て、線路沿いに南へ歩いてスタートします。

JR博多駅博多口からはかた駅前通りを望む 
(写真をクリックすると拡大されます)
 
線路沿いに南へ
(写真をクリックすると拡大されます)                   
線路は鹿児島本線、九州新幹線など回送列車もあって走行音が絶えません。一帯は
博多駅前4丁目。こくてつ通りが見えたところで右折、一気に直進します。

美野島商店街(1)
(写真をクリックすると拡大されます) 

美野島商店街(2)
(写真をクリックすると拡大されます) 
めざす商店街は「美野島(みのしま)商店街」です。こくてつ通りを横断した先から那珂
川に架かる美野島橋までのほぼ直線に、昭和の雰囲気を留め、元祖博多の商店街と
呼ばれているそうです。魚屋さんや八百屋さんが多いのですが、時間帯のせいでしょ
うか、開店前の店が多いようです。

渡辺通一丁目交差点
(写真をクリックすると拡大されます) 
美野島橋を渡ってなお直進し、日赤通りに出ます。右折してゆっくり歩くことおよそ10
分、渡辺通り1丁目交差点に来ます。

BRT(1)
(写真をクリックすると拡大されます) 
ここでウオーキング終了と思っていたら、バス停「渡辺通一丁目」にやって来たのは、
なんと連結バス「BRT」でした。「バス・ラピッド・トランジット」というそうです。

BRT(2)
(写真をクリックすると拡大されます) 
都心部を定時運行する路線バス(130人乗り)だそうです。毎年7月に行われるという
美野島商店街の夏祭り、再訪して「昭和」を思い出したいものです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/05/19(Sat)11:53
街歩き・九州北部県庁所在市トラックバック(0)コメント(0)
 第298話 福岡県  /2018年05月14日(月)
2018年5月13日 福岡県福岡市・博多駅  
アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の世界を味わえる山陽新幹線こだまの運行が終了するという新聞記事。そのラストランに立ち会うことができました。ホームは次第に混雑を増しました。福岡県福岡市での様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


博多駅
エヴァンゲリオン初号機を彷彿とさせる外装で、操縦席も再現というもの。2015年
秋から博多~新大阪を1日1往復し、昨春までの予定が延長されていました。

到着(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

到着(2)
(写真をクリックすると拡大されます)

到着(3)
(写真をクリックすると拡大されます)

到着(4)
(写真をクリックすると拡大されます)

到着(5)
(写真をクリックすると拡大されます)
定刻を少し遅れて、多くのフアンの待つホームに「こだま」、500系8両編成が入線
します。降りてくる乗客もほぼ満員の様子です。

回送(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

回送(2)
(写真をクリックすると拡大されます)

回送(3)
(写真をクリックすると拡大されます)

回送(4)
(写真をクリックすると拡大されます)
およそ15分の停車の後、いよいよ回送の時間です。カメラフラッシュの中、次第に
速度を上げながらホームを離れます。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/05/14(Mon)16:01
ラストラントラックバック(0)コメント(0)
 第297話 群馬県  /2018年05月10日(木)
2018年5月1日 群馬県嬬恋村・鎌原
活発な活火山として知られる浅間山(あさまやま)。念願の対面ができました。そこで見た風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


鬼押出し園
浅間山(標高2568m)は、長野県軽井沢町及び御代田町と群馬県嬬恋村との境に
あります。1783年の噴火の際、山の北側に流出した溶岩流の跡地、鬼押出し(おに
おしだし)に立ちました。

浅間山
(写真をクリックすると拡大されます)
古くから爆発と噴火を繰り返した浅間山。火口の縁、中央よりやや右手に見られる
大きな岩(小さくて見えにくいですね)、おわかりでしょうか?【1000トン岩】は、19
50年の噴火により火口から飛んできた火山弾だそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/05/10(Thu)23:23
展望台トラックバック(0)コメント(0)
 第296話 群馬県  /2018年05月09日(水)
2018年4月30日 群馬県草津町・草津      
湯畑(ゆばたけ)は、草津温泉の一番有名なスポットです。およそ45年前に訪れた時の記憶が、少しだけ蘇りました。「懐かしの湯畑」をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


草津温泉(湯畑)
湯畑とは、湧き出る豊富な温泉の不溶性成分が沈殿した「湯の花」と呼ばれる物質を
採取するための施設だそうです。毎分4000リットルの温泉が湧き出ると聞きました。

草津温泉(湯畑)(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

草津温泉(湯畑)(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
今では夜になるとライトアップが行われていて、時間の経過とともに色が変わります。
短い時間でしたが、幻想的な世界を楽しめました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/05/09(Wed)22:22
幻想風景トラックバック(0)コメント(0)
 第295話 栃木県  /2018年05月08日(火)
2018年4月30日 栃木県日光市・中宮祠      
第250話でご紹介した名瀑は熊野地区でした。本日訪ねた名瀑は、比較的滝が多い日光地区、そこで見た絶景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


華厳の滝
華厳の滝(けごんのたき)は、仏教経典のひとつである華厳経から名づけられたと
いわれます。97mの高さから水が流れる光景は迫力があります。

華厳の滝
(写真をクリックすると拡大されます)
滝幅は7m、滝壺の深さは約4.5m。滝から落ちる水の量は平均3tと言われてい
ます。その轟音がいつまでも耳に残りました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/05/08(Tue)22:22
日本三大名瀑トラックバック(0)コメント(0)
 第294話 栃木県  /2018年05月07日(月)
2018年4月29日 栃木県日光市・鬼怒川温泉滝  
前回(第293話)ご紹介した「めざす展望台」に向かいました。展望台は河川(鬼怒川)から104m高い位置にあります。感想などをいただければ幸いです。

 
楯岩展望台
楯岩(たていわ)より高い位置にある楯岩展望台。手前の岩や樹木があったりして、
楯岩そのものを見ることはできません。

楯岩展望台
(写真をクリックすると拡大されます)
吊橋を渡って緩やかな坂道を登ること10分足らず。急な階段を一気に登ると、楯岩
の前方には鬼怒川温泉の全景が広がっていました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/05/07(Mon)14:09
展望台トラックバック(0)コメント(0)
 第293話 栃木県  /2018年05月06日(日)
2018年4月29日 栃木県日光市・鬼怒川温泉大原  
本日は、滅多に行くことのない景勝地をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
鬼怒楯岩大吊橋
めざす展望台に向かっていたら、思わぬものが眼前に現れました。

鬼怒楯岩大吊橋(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
鬼怒川温泉街と「楯岩(たていわ)」を結ぶ全長140mの「鬼怒楯岩大吊橋(きぬた
ていわおおつりばし)」です。

鬼怒楯岩大吊橋(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
高さ約40mの橋上からの眺めは圧巻です。

鬼怒楯岩大吊橋(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
橋を渡る人がいない時も揺れがあり、少々怖い気持ちにもなりましたが、緑豊かな
山々、そして鬼怒川の清流は印象的でした。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/05/06(Sun)21:43
吊橋トラックバック(0)コメント(0)
 第292話 東京都  /2018年05月02日(水)
2018年4月29日 東京都墨田区・押上   
第246話に続く東京です。本日は、東京スカイツリーからの眺望をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


東京スカイツリー展望デッキ
東京スカイツリータウンは、文字通りの街です。これまでは外から見るだけでしたが、
展望デッキに立つと流石の眺望です。

東京スカイツリー展望デッキ
(写真をクリックすると拡大されます)
中央奥に東京タワーが見えます。隅田川がビル群に隠れるように流れています。高
さ634mという東京スカイツリーは、2012年5月に電波塔・観光施設としてオープン
しました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/05/02(Wed)13:10
展望台トラックバック(0)コメント(0)
 第291話 佐賀県  /2018年04月23日(月)
2018年4月 佐賀県太良町・駅からウオーク
第273話以来の太良町です。本日めざす駅は、特急が停車する肥前鹿島駅から普通電車で長崎方面へ約30分、太良町の玄関駅です。気ままな30分余のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR多良駅から
多良(たら)駅は無人でしたが、通勤通学の時間帯は有人でしょうか。そして地域の人々が
駅舎一帯を清掃活動されている様子が覗えますね。

JR多良駅
(写真をクリックすると拡大されます)

東の方を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
東の方に延びる道は程なくして国道207号線に出会います。そして迷わず左折することに
します。

海の方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
すぐ右手に見える民家脇の道に入り込み、海の方へと進むことにします。

太良橋
(写真をクリックすると拡大されます)
護岸に突き当たると左折、やがて多良川右岸に。左側に町営野球場を見ながら再び国道に
出ます。太良橋を渡り、多良川左岸に進みます。

有明海
(写真をクリックすると拡大されます)
引き潮の有明海です。アサリ養殖場につき、あいにく立ち入りができません。この季節、大
陸からの黄砂やPM2.5などのせいで案の定、視界が十分ではありませんね。

海中鳥居(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

海中鳥居(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
「沖之神(おきのかみ)への参道 大魚(おおうお)神社と海中鳥居」です。気象状況により
景色が多様に変化するそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/04/23(Mon)11:35
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 第290話 長崎県  /2018年04月16日(月)
[平成の大合併] ブログ村キーワード2018年4月 長崎県長崎市・外海ぶらり  
第283話以来の長崎市です。そしてちょうど2年ぶりの外海町(そとめちょう)、本日は棚田を訪ねます。平成の大合併で長崎市に編入され、このあたりは長崎市神浦(こうのうら)地区といいます。JR浦上駅前からバスで1時間余り、「神の浦橋(こうのうらばし)」で下車することにします。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


外海大中尾棚田ぶらり
前日の雨が噓のように、晴天に向かっていることを実感しながらのスタート。この辺りは
さすがに静かで、空気がとても綺麗です。

バス停「神の浦橋」  
(写真をクリックすると拡大されます)

県道57号線を
(写真をクリックすると拡大されます)                   
海の方には赤い橋が見えます。神浦川に沿って山の方へ向かいます。これから歩く県道
57号線は、山を越えて大村湾の方へ伸びているようです。

市コミュニテイバス停
(写真をクリックすると拡大されます)                   
神浦小学校の校門を過ぎるとすぐ、市コミュニテイバスの停留所があります。時刻表を見
ると、めざす大中尾(おおなかお)を通るようです。

そとめ神浦川河川公園
(写真をクリックすると拡大されます)
川向うにあるのは「そとめ神浦川河川公園」です。家族連れの姿が見えます。

上り坂に
(写真をクリックすると拡大されます)                  
平坦な道がしだいに上りになります。

大中尾棚田(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
およそ5分で「日本棚田百選の郷」という標識。左側の細道を登ります。

大中尾棚田(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
四季折々の変化があるという大中尾棚田(おおなかおたなだ)。久々の農村風景を楽し
めました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/04/16(Mon)11:21
街歩き・九州北部県庁所在市トラックバック(0)コメント(0)
 第289話 長崎県  /2018年04月09日(月)
[平成の大合併] ブログ村キーワード2018年4月 長崎県佐世保市・駅からウオーク
第284話以来の佐世保市です。平成の大合併で佐世保市に編入される前は、北松浦郡江迎町(えむかえちょう)でした。有名な橋があると聞いて、松浦鉄道・佐世保駅から約1時間、潜竜ヶ滝(せんりゅうがたき)駅に降り立ちました。
気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


松浦鉄道・潜竜ヶ滝駅から
「有名な橋」というのは潜竜ヶ滝駅と第259話でご紹介した吉井駅との間にある三つの無筋
橋梁です。

松浦鉄道・潜竜ヶ滝駅
 (写真をクリックすると拡大されます)
本日もまた雨が落ちて来ないかと気になりますが、線路に沿って歩くことにします。

駅前通り
(写真をクリックすると拡大されます)                    
駅前を走る国道204号線を右(南の方)へ歩きますが、ほとんど車道を歩くといった感じです。

県道へ
(写真をクリックすると拡大されます)
道路は平戸市と佐世保市を結ぶ幹線なだけに車がかなり多く、線路から離れたことも気にな
ります。スタートからおよそ20分、列車の警笛が聞こえたので、交差点から左に延びる県道
に進みます。

松浦鉄道
(写真をクリックすると拡大されます)
高架の県道から下を見下ろすと線路が見えて、まずは安心。すぐに橋梁に気づきます。

吉井川橋梁
(写真をクリックすると拡大されます)                    
佐々川に掛かる「吉井川橋梁」です。

平地に
(写真をクリックすると拡大されます)
線路に近づこうと高架道から階段を下り、平地に立ちます。この時、吉井駅が近いことに気が
つきました。同時に二つの橋梁を見過ごしたこともわかりました。

松浦鉄道・吉井駅
(写真をクリックすると拡大されます)
三つの橋梁は、有形文化財です。戦時中の建築物であり、鉄筋の代わりに竹が使用された
という説があるそうです。雨が降ることもなく、ゆっくりと高架道からの景色も楽しめました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/04/09(Mon)09:26
駅間ウオークトラックバック(0)コメント(0)
 第288話 佐賀県  /2018年04月02日(月)
2018年3月31日 佐賀県有田町・有田駅  
「ななつ星in九州」1泊2日コースは、前回(第274話)までにご紹介したように有田駅・佐世保駅を経由したのち夕方に長崎駅へ向かいます。前回ご紹介した三河内駅に隣接する駅での様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


有田駅
1日目に長崎を訪れる1泊2日コースは、博多駅をこれまでとほぼ同じ時刻に出発し、肥前
山口駅から佐世保線に入ります。佐賀県最西端の有田(ありた)駅で対面しました。

有田駅(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

有田駅(2)
(写真をクリックすると拡大されます)

有田駅(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
相当数の駅員が迎える中、先頭の機関車が姿を現し、少しづつ速度を下げて停車します。
焼き物の街散策の乗客が降車したのち、次の停車駅「早岐」に向かいました。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/04/02(Mon)13:12
ななつ星in九州トラックバック(0)コメント(0)
 第287話 大分県  /2018年03月28日(水)
2018年3月 大分県大分市・駅からウオーク
大分市観光課などが発行する「OITA」には、「蔵のあるたたずまい」戸次の町並み、が紹介されています。大分駅から2両編成の普通列車に乗りました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR中判田駅から
大分市の南西部の中戸次(なかへつぎ)に残る古い町並み、突然に風景が変わる様を想像
しながら、最寄りの駅で降車します。

JR中判田駅
(写真をクリックすると拡大されます)
今にも雨が降りそうな雲行きです。

東の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
駅を出て、東の方へ歩きます。住宅街の狭い道を離れて、国道10号線に出ることにします。

白滝橋
(写真をクリックすると拡大されます)                   
この道は日向(ひゅうが)街道と呼ばれています。10分ほどで大野川に掛かる白滝橋にや
って来ました。

左前方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
あらかじめ頭に入れていたコンビニのLawsonが見え、中で教えてもらった通りに左の方へ進
みます。

戸次の町並み(1)
(写真をクリックすると拡大されます)                    
通りを突き当ったところで右折、早速ご覧のような景色が飛び込んできました。

戸次の町並み(2)
(写真をクリックすると拡大されます)                  
この地の大庄屋だった帆足家「冨春館」です。
                   
戸次の町並み(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
江戸時代から栄えたという、当時が偲ばれる風景に心が和みます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/28(Wed)18:09
街歩き・九州中部(2県)トラックバック(0)コメント(0)
 第286話 長崎県  /2018年03月23日(金)
2018年3月 長崎県新上五島町・離島ウオーク  
五島列島の北に位置する旧有川町、一帯で最も大きな中通島(なかどおりじま)にあり、訪問は三度目です。キラキラと輝く海、という期待に応えてくれたひと時でした。
気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


上五島(かみごとう)
宿がある蛤(はまぐり)地区からスタートし、港がある鯛ノ浦(たいのうら)地区をゴールに、
思いきり歩くことにします。晴れた日に島を歩く、なかなかの贅沢ですね。

蛤浜海水浴場
(写真をクリックすると拡大されます)
蛤浜(はまぐりはま)海水浴場は、「日本の水浴場八十八選の地」のひとつ。有川湾の北
に広がる景観は、言葉にならない美しさです。

蛤交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
新上五島町観光商工課などが発行する「新上五島町観光ガイド」を手に、住宅街を抜け
てバス通りに出ます。すぐの蛤交差点を左折します。

箒山
(写真をクリックすると拡大されます)
道の片側にある歩道を歩くことおよそ15分、バス停「箒山」が見えてきました。試しにバ
ス時刻を見ると、鯛ノ浦までのこの路線は、次の便まで1時間以上あります。

集落
(写真をクリックすると拡大されます)
海が見えないため、島という気がしません。ほとんど家がないと思っていたら、10分余り
で集落が見えてきました。

東浦小学校
(写真をクリックすると拡大されます)
通る車は少なく、15分程で着いたのが東浦小学校です。ここからあと1時間は歩くと予
想していたので、びっくり仰天!右手に現れた標識、その横の階段を登ります。

鯛ノ浦教会(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
鯛ノ浦教会正面です。上五島における布教の中心として1881年に設立されました。

鯛ノ浦教会(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
煉瓦造りの旧聖堂正面です。ひとり立っていると神聖な気持ちになってきます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/23(Fri)14:23
街歩き・離島トラックバック(0)コメント(0)
 第285話 長崎県  /2018年03月19日(月)
2018年3月 長崎県新上五島町・離島ウオーク  
五島列島の北に位置する旧有川町、一帯で最も大きな中通島(なかどおりじま)にあり、訪問は三度目です。キラキラと輝く海、といきたかったのですが、果敢にも波高い時化(しけ)の中を鯛ノ浦(たいのうら)港に上陸しました。
気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


上五島(かみごとう)
懐かしい鯛ノ浦(たいのうら)港から車で約15分、有川の町並みに入ります。それにしても乗船
中の波の高さは4m、久しぶりに船酔いを体験しました。

有川港ターミナル
(写真をクリックすると拡大されます)
海の玄関口、有川港からスタート。最初はターミナルビルの中にある「鯨賓館ミュージアム」に入
館します。有川港は九州本土の長崎・佐世保のほか小値賀島(おぢかじま)や宇久島(うくじま)
の各港とも結ばれています。

佐田の山関之像
(写真をクリックすると拡大されます)
新上五島町観光商工課などが発行する「新上五島町観光ガイド」を手に
ターミナルビルの外に出ます。すぐ左手に相撲フアンならご存知の「第五十代横綱・佐田の山関」
像があります。有川の出身だそうです。

遊歩道
(写真をクリックすると拡大されます)
遊歩道を進みますが、実はさっき「鯨賓館ミュージアム」の中で目的地を決めました。有川は捕
鯨の町だったのですね。

海童神社
(写真をクリックすると拡大されます)
早速に着いた海童神社(かいどうじんじゃ)。ナガスクジラ(1973年捕獲体長18.2m)の顎の
骨でできた鳥居で知られ、捕鯨で栄えた有川地域を象徴する建築物だそうです。

登山道
(写真をクリックすると拡大されます)
近くの住宅街の先に小高い山が見えています。「鯨見山(くじらみやま)入口」の看板の脇を登
ること10分、頂上に着きます。

鯨供養碑
(写真をクリックすると拡大されます)
頂上の鯨見山展望台横に、1712年に建立された「鯨供養塔」があります。供養碑の碑文には
1691~1712年に1312頭捕獲したことが刻まれています。

有川湾
(写真をクリックすると拡大されます)
ここ鯨見山展望所は、江戸時代の捕鯨が盛んだったころ「山見小屋(見張所)」が置かれてい
た場所に建っています。有川湾内に鯨が来たことを知らせたり、出漁の合図などを行っていた
そうです。有川湾の波しぶきが印象的でした。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/19(Mon)16:19
街歩き・離島トラックバック(0)コメント(0)
 第284話 長崎県  /2018年03月13日(火)
2018年3月 長崎県佐世保市・八幡町  
長崎県を舞台にした作品、しかも1966年の高校生を描いていると知って、撮影地の一つを訪ねました。JR佐世保駅前からバスで10分、「佐世保市役所前」で下車します。
気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


坂道のアポロン
「坂道のアポロン」(小学館・月刊フラワーズにて連載:小玉ユキ)は、三木孝浩監督の手で
映画化されました。「このマンガがすごい!オンナ編」第1位の名作漫画、その象徴的な舞
台のひとつがここ八幡坂(はちまんざか)です。

八幡坂(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

八幡坂(2)
(写真をクリックすると拡大されます)

八幡坂(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
ジャズセッションの素晴らしさを体感できて、そのうえ友情、恋が揃った青春映画です。この
時期、佐世保で高校生だった私。公開中の映画「坂道のアポロン」は、50代以上の方々に
特にお薦めです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/03/13(Tue)12:21
街歩き・名画のふるさとトラックバック(0)コメント(0)
 第283話 長崎県  /2018年03月07日(水)
[旧居留地] ブログ村キーワード2018年3月2日 長崎県長崎市・新地町
第279話に続く長崎市です。長崎市の冬の風物詩となった「長崎ランタンフエステイバル」。第110話でご紹介した湊公園を訪ねました。2018長崎ランタンフエステイバルでの幻想風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


長崎市湊公園
圧倒的な極彩色はいつもと変わらず、本年も市内中心部を約1万5千個のランタン(中国提灯)
が彩ります。観光客で混雑する新地橋広場、新地中華街を抜けて、湊公園会場に向かいます。

新地中華街
(写真をクリックすると拡大されます)

湊公園会場(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

湊公園会場(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
オブジェには大小さまざまなものがあり、干支のオブジェには大きいもので高さが約10メートル
のものもあるそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/07(Wed)12:35
幻想風景トラックバック(0)コメント(0)
 第282話 鹿児島県  /2018年03月02日(金)
2018年2月 鹿児島県出水市・駅からウオーク
出水(いずみ)と言えば鶴の渡来地。乗車予定の電車の時刻のこともあり、鶴との対面は無理だと諦めます。構内の地図を見ていると、駅からそう遠くない所に「日本一」がありました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR出水駅から
出水市には、日本有数の武家屋敷群があるそうです。その広さなどから、日本一だという話を
聞いたことがあります。

JR出水駅
(写真をクリックすると拡大されます)

南の方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
駅の東口から外へ出て、南の方へ歩くことにします。。駅前広場では、イベントの準備がなされ
ているところでした。奇しくも「出水麓武家屋敷群ウオーキング」です。一足早いスタートです。

廣瀬橋
(写真をクリックすると拡大されます)                   
道なりに歩くことおよそ15分。廣瀬橋にやって来ました。橋を渡ってすぐ左折、廣瀬川に沿って
進みます。

武家屋敷群(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

武家屋敷群(2)
(写真をクリックすると拡大されます)                    
道を間違っていないかと気になり、案内板を確かめながら住宅街を進みます。しだいに武家屋
敷の雰囲気です。護国神社の前には牛車遊覧観光の案内があります。

竹添邸
(写真をクリックすると拡大されます)                  
一般公開されている「竹添邸」です。一帯は麓町を中心とした住宅地で、薩摩藩士の住宅兼陣
地として作られたそうです。第19話でご紹介した「島原武家屋敷街」を想いました。
                   
日本一のお地蔵さま
(写真をクリックすると拡大されます)
武家屋敷群の通りで見つけた「日本一のお地蔵さま」の案内。近くの八坂神社に向かいました。
高さ4.15mだそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/02(Fri)12:36
街歩き・九州南部(2県)トラックバック(0)コメント(0)
 第281話 宮崎県  /2018年02月26日(月)
2018年2月 宮崎県日南市油津・駅からウオーク  
前回(第280話)ご紹介した堀川資料館からゆっくり歩いて約10分。本日のもう一つの目的地、その入口に着きました。
気ままな20分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR油津駅から
目的地というのは「津の峯(つのみね)」です。「港の最奥に小さく屹立(きつりつ)する」と紹介
されている、海抜88mの山です。

津の峯登山道入口
(写真をクリックすると拡大されます)
信号のある交差点から国道220号線を南へ。ほどなくして左折すると、左前方に「津の峯登
山道入口」の標識です。

スタート
(写真をクリックすると拡大されます)
ここからスタートです。

Uターン
(写真をクリックすると拡大されます)                     
ここまで5分余り、Uターンします。

平坦
(写真をクリックすると拡大されます)
初めて平坦な道に。

やや繁み
(写真をクリックすると拡大されます)

ゴール目前
(写真をクリックすると拡大されます)                     
やや繁みや小枝が妨げになりますが、ここだけ。と思っていたら空が見えました。濡れ落ち葉
で滑りそうなところ、手すりに捉まっての登頂です。

山頂からの眺望
(写真をクリックすると拡大されます)
山頂からの眺望。南の方、油津港が見えます。津の峯は油津港のシンボルと言われます。
普段の格好でここまで登り、そして雨が降ってこなかったことに唯々感謝です。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/02/26(Mon)14:14
街歩き・全国京都会議トラックバック(0)コメント(0)
 第280話 宮崎県  /2018年02月22日(木)
2018年2月 宮崎県日南市・駅からウオーク
日南市と言えば日南海岸。そのイメージは日向灘(ひゅうがなだ)や鬼の洗濯板(おにのせんたくいた)、でした。今回訪ねたのは運河の街、油津(あぶらつ)。気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR油津駅から
油津港まで、少なくとも堀川運河(ほりかわうんが)までは行きたいと思いました。「近くで売って
いる店はないので、これをどうぞ」って、駅員さんが「忘れ物の傘」を貸してくれました。幸運な旅
の始まりです。

JR油津駅
(写真をクリックすると拡大されます)
駅舎を見て思い出しました。ここは、広島東洋カープのキャンプ地。土日祝日には大勢の人で
ごった返すそうです。

東の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
手元の冊子「夢ろうきん」の地図だけが頼りですが、迷うことはなさそう。信号のある交差点ま
では行かずに右折します。

油津商店街
(写真をクリックすると拡大されます)
正面にアーケード街が見えるので、直進します。道の両側には広島東洋カープファンを歓迎す
る幟や看板が見受けられます。

南の方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
油津商店街を抜けて、左手にショッピングセンターを見ながら真っすぐ歩きます。

堀川運河
(写真をクリックすると拡大されます)
3~4分歩いた後見えたのが堀川運河です。正面に堀川橋、その左は飫肥杉(おびすぎ)造り
で知られる堀川資料館です。

吾平津神社
(写真をクリックすると拡大されます)
橋の袂、右側に吾平津神社(あひらつじんじゃ)があります。

油津赤レンガ館
(写真をクリックすると拡大されます)
南へ歩く途中には明治~昭和時代を象徴する建物が並び、やがて「油津赤レンガ館」に着きま
す。豪商であった河野家が1922年に建てた倉庫。さて約1500mに渡る堀川運河ですが、飫
肥杉を全国各地に運搬するため、1686年にに開削されたそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/02/22(Thu)16:02
街歩き・全国京都会議トラックバック(0)コメント(0)
 第279話 長崎県  /2018年02月15日(木)
[平成の大合併] ブログ村キーワード2018年2月 長崎県長崎市・琴海ぶらり  
第272話以来の長崎市です。平成の大合併で長崎市に編入され、このあたりは長崎市琴海(きんかい)地区の中心に位置します。JR浦上駅前からバスで50分余り、「琴海ふれあいセンター」で下車することにします。
気ままな1時間余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


琴海戸根原ぶらり
スタート地点からほど良い距離にある「琴海中央公園」は整備中でした。一時的な冷え込みは
ないものの、曇天の中にどんな景色に出会うのか、楽しみです。

バス停「琴海ふれあいセンター」
(写真をクリックすると拡大されます)
近くには琴海行政センターや長浦小学校があり、先ずは東の方にある琴海文化センターに向
かいます。

大村湾に
(写真をクリックすると拡大されます)
琴海文化センターのすぐ東側、大村湾の前に来たら右折して南の方へ歩きます。写真のよう
に、癒しの空間が迎えてくれました。

南へ
(写真をクリックすると拡大されます)                    
道なりに進み、中部地区クリーンセンターの前を左折します。すぐの戸根原川を渡るとゴルフ
場を知らせる看板があります。

琴海中央公園
(写真をクリックすると拡大されます)
10分ほど歩くと琴海中央公園の入口に。車道は回り道のところ、一気に階段を上ります。移植
されて間もないと思われるケヤキやしだれ桜を横目に、ゆっくり歩道を上ります。

目の前に展望台
(写真をクリックすると拡大されます)
広い公園内の各所が整備中です。一番高い所に来ると、三階建ての展望台が木々に隠れて
いました。

つり橋
(写真をクリックすると拡大されます)                    
昔からの畑の石垣や自然林はそのまま残したと聞きます。完成したら楽しい公園になるだろう
と想いながら下っていくとつり橋が見えます。

城跡
(写真をクリックすると拡大されます)
ふたたび歩道を上り、やって来たのが「小崎の古城跡(伝承)」です。ここは海と田畑に囲まれ
た城跡に造られた公園なのですね。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/02/15(Thu)16:11
街歩き・九州北部県庁所在市トラックバック(0)コメント(0)
 第278話 長崎県  /2018年02月09日(金)
2018年2月3日 長崎県松浦市・福島町土谷免 
平成の大合併の前の旧福島町。前回(第277話)ご紹介した大山展望所から車で約20分。日本の棚田百選の中でも指折りの棚田と言われる土谷棚田(どやたなだ)を訪ねました。感想などをいただければ幸いです。


土谷棚田
福島は陸路では佐賀県(伊万里市)と繋がっています。どんよりとした冬空の下、福島港を
過ぎて約10分、上り坂の途中に写真でよく見た景色が広がります。

土谷棚田
(写真をクリックすると拡大されます)
約15haの斜面を、明治から昭和初期にかけて開墾し、自然の傾斜に高さ5mもの石垣を
組み合わせていると案内。背後に海が広がります。4~5月の田植えの時期には水田が
夕陽に照らされるそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/02/09(Fri)14:14
棚田百選トラックバック(0)コメント(0)
 第277話 長崎県  /2018年02月05日(月)
2018年2月3日 長崎県松浦市・福島町端免 
桜の名所として有名な大山(おおやま)公園。十月桜と併せて1年に2回の桜を楽しむことができるそうです。季節外れはしょうがないとしても、予期しない絶景スポットがありました。感想などをいただければ幸いです。


大山展望所
福島は陸路では佐賀県(伊万里市)と繋がっています。どんよりとした冬空の下、福島大橋を
渡って6kmの海沿いの道そして山道を、行きつ戻りつしながら辿り着いたのが大山公園。

大山公園からの眺望
(写真をクリックすると拡大されます)
「大山公園展望所」碑の先に立つと、点在する島々が見えます。日の光を浴びて輝いている
のが「イロハ島」でしょうか。晴天の日にはまた違った表情を見せてくれることでしょう。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/02/05(Mon)13:48
展望台トラックバック(0)コメント(0)
 第276話 佐賀県  /2018年01月29日(月)
2018年1月 佐賀県武雄市武雄町永島・駅からウオーク  
第247話以来の武雄市です。第126話でご紹介したゴール地点に始まる山岳遊歩道を歩きたくて、武雄を訪ねました。
気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR武雄温泉駅から
久しぶりに見る青い空。向かった先は駅から南へ歩いて45分、眺望の杜に着きました。

山岳遊歩道出入口
(写真をクリックすると拡大されます)

すぐに平坦に
(写真をクリックすると拡大されます)
杜のすぐ下に見つけた懐かしい地点、山岳遊歩道の出入口です。念願の一歩を踏み出
します。急な上りはすぐ平坦に変わります。

分岐点
(写真をクリックすると拡大されます)                     

急傾斜
(写真をクリックすると拡大されます)
3分程で分岐点です。「森林浴」もいいのですが、本日は「見晴らし」を選択します。周囲
の様子から急な上りは覚悟はしていたものの、洗礼を受けますね。

一旦下り
(写真をクリックすると拡大されます)

第2展望所
(写真をクリックすると拡大されます)                     
遊歩道に見合う格好ですので、ここはロープだけが頼りです。上り切ったところで南側
の視界が広がり、少し下ると前方に展望所が見えました。とっさに決めました「ここまで
にしよう」。

山頂からの眺望
(写真をクリックすると拡大されます)
山頂(標高150m)からの眺望です。北の方、中央にJR武雄温泉駅が見えます。登山
靴を履かない、そして普段の格好でここまで登ったことに満足。心地良い疲労感を覚え
ました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/01/29(Mon)09:46
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 第275話 長崎県  /2018年01月19日(金)
2018年1月 長崎県佐世保市・駅からウオーク  
第259話以来の佐世保市です。第274話でご紹介したように、「ななつ星in九州」を追いかけて佐世保を訪ねました。知る人ぞ知る焼き物の街、三川内山(みかわちやま)は「四百年の陶源郷」でした。
気ままな1時間余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR三河内駅から
三川内山というのは標高何メートルといった山ではなく、窯元が集まる街、でした。駅から近い
だろうと勝手に思いながら歩きます。

JR三河内駅
(写真をクリックすると拡大されます)
街の名前は「三川内」ですが、駅名は「三河内」なのですね。線路の向こう側には国道35号線
が走っています。

南の方を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
幸いにも駅前の広場に「三川内焼窯元マップ」が掲示されています。この道を直進し、川を渡
ることにします。

まもなく交差点
(写真をクリックすると拡大されます)                     
川にかかる牛石橋を渡ってすぐ、県道1号線に合流します。左手に諏訪神社を見ながら歩くと
交差点に。直進すると波佐見、佐賀県の嬉野方面ですが、右折します。

ふたたび交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
少し狭くなった道を15分ほど、上り坂そして下り坂と歩きます。やがて見えた交差点を左折す
ると急に雰囲気が………。

陶源郷(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
ご覧の通り、雰囲気が一変します。焼き物の郷、三川内山に入ります。

陶源郷(2)
(写真をクリックすると拡大されます)                     
この辺りに1899年開設の伝習所があったそうです。明治時代に製陶業が近代化する過程で、
後継者育成を目指したと言われます。

陶源郷(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
三川内山公園に来ました。案内の説明などを読むと、三川内山が歴史と文化の薫る街だとわ
かります。一日あっても散策しきれないほどの景色が広がります。余談ですが先日、南野陽子
さんが隣の窯元を訪問されたという話を聞きました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/01/19(Fri)13:05
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 第274話 長崎県  /2018年01月15日(月)
2018年1月13日 長崎県佐世保市・三河内駅  
「ななつ星in九州」1泊2日コースは、前回(第262話)までにご紹介したように有田駅・佐世保駅を経由したのち夕方に長崎駅へ向かいます。第147話でご紹介した三河内~早岐駅間の現場に近い三河内駅での様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


三河内駅
1日目に長崎を訪れる1泊2日コースは、博多駅をこれまでと同じ時刻に出発し、肥前
山口駅から佐世保線に入ります。佐賀県から長崎県に入ってすぐの三河内(みかわち)
駅で対面しました。

三河内駅(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

三河内駅(2)
(写真をクリックすると拡大されます)

三河内駅(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
つい先ほど発車した下り特急「みどり・ハウステンボス」を追いかけるように、定刻に先
頭の機関車が姿を現しました。近づいてくるほどに気持ちが高ぶります。汽笛を鳴らす
ことなく、いつものように重厚感を漂わせながら走り去っていきました。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/01/15(Mon)12:47
ななつ星in九州トラックバック(0)コメント(0)
 第273話 佐賀県  /2018年01月11日(木)
2018年1月 佐賀県太良町・駅からウオーク
佐賀県南端の街、太良町。本日めざす駅は、特急が停車する肥前鹿島駅から普通電車で長崎方面へ約30分、長崎県諫早市に最も近い駅です。気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR肥前大浦駅から
駅前を国道207号線が走っています。高速道路(長崎自動車道)が出来るまでは幹線道路だった
ようですが、今では生活道路の感があります。目的地の竹崎へは間違うことはなさそうです。

JR肥前大浦駅
(写真をクリックすると拡大されます)

南の方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
駅前を走るバスの時刻表を見ると、「県界」行きというのが1時間に1本以上あります。JR普通列車
よりも多いことがわかります。さっそく南の方に歩きます。まもなく鉄道を跨ぐ橋が見えます。

竹崎島
(写真をクリックすると拡大されます)
橋の名前は「竹崎蟹橋」、確かに竹崎は蟹で有名な街でした。橋を渡ったら道なりに歩きますが、通
りは竹崎グルメロードといいます。やがて橋の手前右側に看板があります。なんと目の前の小高い
丘は竹崎島、でした。

左折して
(写真をクリックすると拡大されます)

竹崎城址
(写真をクリックすると拡大されます)
案内の看板に沿って緩やかな坂を上りますが、途中で見える道越漁港などのどかな景色が続きま
す。坂が下りになる所を左折して暫く進むと「竹崎城址」です。

竹崎城址展望台
(写真をクリックすると拡大されます)
城址から50mほど進むと左手に現れたのが、竹崎城址展望台です。

有明海
(写真をクリックすると拡大されます)
階段を上って「入城」です。好天ではありませんが、有明海の向こう、東の方向に熊本県の長洲(な
がす)がうっすらと見えます。竹崎は温泉の街としても知られているそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/01/11(Thu)16:06
未分類トラックバック(0)コメント(0)
 第272話 長崎県  /2018年01月05日(金)
2018年1月2日 長崎県長崎市・戸町付近  
第270話以来の長崎市です。第187話でご紹介した女神大橋。次は夜に、橋の上から大型観光船を見たいと思っていました。本日は、予想外に早くに訪れた出会いをご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


女神大橋(歩道)
朝から市役所に大型観光船情報を確認します。本日の出港は午後6時といいます。現地へ
の移動の時間、そして撮影にも好都合です。

大型客船
(写真をクリックすると拡大されます)
朝の8時に入港したという、「ノルウエージャン・ジョイ」号(16万7千トン)。冷たい風に震えな
がら待つこと30分、辺りが静かなせいか、見送りの吹奏楽の音楽が、なぜか風に乗って?
微かに聞こえてきます。船は時間通りに離岸し、ゆっくりと長崎湾を離れていきました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/01/05(Fri)14:06
幻想風景トラックバック(0)コメント(2)
 第271話 福岡県  /2017年12月26日(火)
2017年12月23日 福岡県朝倉市・杷木町原鶴香山 
高山(標高190m)の山頂近く、展望台の看板こそありませんが、ビュースポットにやって来ました。本年7月の九州北部豪雨に見舞われた街、朝倉を訪問する機会を覗ってました。感想などをいただければ幸いです。


高山展望台
筑後平野に広がる朝倉の街並みですが、歩いても登れる高山(たかやま)には、ホテルや
日本最大の昇竜観音像などがあり、毎日多くの観光客が参拝に訪れているそうです。

高山(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
西の方向、下流への水の流れは緩やかでした。

高山(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
東の方向、上流からの流れは支流からの堰(せき)のおかげでしょうか、止まっているよう
に見えます。中央は原鶴温泉街です。街の一日も早い復興を祈念します。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2017/12/26(Tue)14:43
展望台トラックバック(0)コメント(2)
 第270話 長崎県  /2017年12月19日(火)
[旧居留地] ブログ村キーワード2017年12月16日 長崎県長崎市・長崎港(長崎水辺の森公園)  
第252話以来の長崎市です。夜の7時、第226話でご紹介した「長崎港」に向かいました。そこで観た幻想風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


長崎港(長崎水辺の森公園)
長崎港には月に20回程度、大型客船が入港するそうです。市街地を歩いていてふと思い立ち、港
に近づいたところで心躍りました。公園の繁みの間から、明りに輝くビルのようなものが見えました。

大型客船
(写真をクリックすると拡大されます)
朝の8時に入港したという、英国籍の「マジェステイックプリンセス」号(14万3千トン)。まもなく9時
に出港だそうです。後方のライトアップされた女神大橋(めがみおおはし)と相俟って、幻想的です。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2017/12/19(Tue)14:34
幻想風景トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │  過去記事へ