プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

地震情報サイト JIS

カテゴリ(全記事が見られます)

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

検索フォーム

算数力トレーナー

ポチッと電卓くん!


ポチッと電卓くん! ver.1.0
Copyright(C)2015〓KANE〓

英検2級単語ドリル 黒猫版


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

日本語→英語 自動翻訳

English
♥. ♠. ♣Alice

親父の街歩き山歩き
できれば毎月、知らない街を歩いたり山に登ったりして、風景などを記事にします。
第174話 佐賀県
2016年9月 佐賀県江北町・駅からウオーク  
第112話でご紹介した「孔子廟」。何気なく見ていた「虹色佐賀の観光地図」に、またもや同じ文字を見つけました。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR肥前山口駅から
肥前山口駅は、博多駅を起点に発着するJR特急列車の、長崎方面と佐世保方面への
分岐の駅です。古くは、東京や大阪と結ぶブルートレインを分割・併合していました。

JR肥前山口駅北口
(写真をクリックすると拡大されます)

西の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
駅前を東西に走る道路は、かつての幹線国道です。連休初日のこの日、車も人も少な
いですね。

散策路
(写真をクリックすると拡大されます)
さらに北側を並走する道を西へ進むと「桜山公園散策路」の標識が目に入り、散策すること
に。

市街地
(写真をクリックすると拡大されます)
石段を登りきった先の車道を西に歩きながら緩やかに降ります。眼下に市街地が広が
ります。

白木聖廟入口
(写真をクリックすると拡大されます)
一旦、平地に戻ります。近くの民家で道を尋ねて、畑の間を縫うように歩くこと30分。
「白木聖廟社入口」の標識が見えました。

分岐点
(写真をクリックすると拡大されます)
ここまで来ると道に迷うことはありません。と思っていたら何度も分岐で立ち止まります。
が、ご覧のような案内板のおかげでマイペース「山登り」です。

白木聖廟
(写真をクリックすると拡大されます)
「白木聖廟社入口」の標識地点からおよそ45分。スタート直後に「散策路」を回り道する
も、ゴール「白木聖廟」に到着しました。白木孔子像は、坐像の高さが40cm、冒頭にご
紹介した多久聖廟(たくせいびょう)とのゆかりが深かったことから、白木聖廟社(1888
年建立)に遷座され、現在に至るそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第139話 長崎県
[旧居留地] ブログ村キーワード2016年6月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
第125話以来の長崎市です。居留地の面影が色濃く残る街だと以前ご紹介したことがありますが、本日は第112話でご紹介した「孔子廟」を訪ねます。「長崎孔子廟」に入館できたほか、予期しない遭遇もありました。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR長崎駅から
駅の看板地図を見て、コースを考えました。第39話でもご紹介した海沿いには
進まずに、市電を見ながら歩くことにします。

JR長崎駅
(写真をクリックすると拡大されます)
市電通りを南へ
(写真をクリックすると拡大されます)
長崎の中心市街地は案外わかりやすく、市電を見ながら歩くと飽きないですね。
ひたすら南をめざしますが、外国人観光客も本日は特に多く見受けます。

長崎水辺の森公園
(写真をクリックすると拡大されます)
電停「大波止」を過ぎて「出島」に来ると、文字通り「出島資料館」があります。
市電と別れ、まっすぐ進むと市民病院が見えます。右手には大きな「長崎水辺
の森公園」、左手奥の方にはグラバー園などがあります。

長崎孔子廟(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
市民病院の先を左折してオランダ通りに。南に進み、旧長崎英国領事館の先
を再び左折。正面の洋館群を見上げながら右折、やがて見えたのが「長崎孔
子廟」です。

長崎孔子廟(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
入館するとすぐ儀門(ぎもん)が迎えます。中央は、平常は閉ざされている神聖
な門です。

長崎孔子廟(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
正面の木造神殿が孔子廟正殿で大成殿(たいせいでん)というそうです。18
93年建立以来百余年、原爆の衝撃にも耐えたそうです。敷地奥には長崎孔
子廟中国歴代博物館があり、長崎と中国との深く長い歴史を知ることができ
ます。さて孔子は紀元前の人ですが、一度論語を読んでみようと思いました。

大型客船 COSTA SERENA
(写真をクリックすると拡大されます)
冒頭の「予期しない遭遇」は、大型客船、でした。朝方にチェジュ島から入港
し、まもなく夕方に上海に向かうそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第112話 佐賀県
2016年2月 佐賀県多久市・駅からウオーク  
江戸幕府が各地に儒学の祖・孔子を祭る「孔子廟」を建てた話は知られていますが、それが多久市にあるとは知りませんでした。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR多久駅から
パンフ「多久市観光ガイドマップ」の表紙には、孔子の里・佐賀県多久市、
と紹介されています。市の玄関であるJR多久駅は、第74話でご紹介した
JR小城駅から唐津方面へ3駅目になります。

JR多久駅南口
(写真をクリックすると拡大されます)
南口に降り立ち、北の方の山を見ると、雪が残っています。
                 
南の方向を望む   
(写真をクリックすると拡大されます)
 
ひたすら南へ
(写真をクリックすると拡大されます)                    
南に進み、すぐ右折するとめざす県道が見えてきます。地図を見ると1時
間は「ゆっつら~と散策」(多久市観光ガイド)できそうです。写真のような
広い歩道を歩くこと約1時間。県立産業技術学院、長崎自動車道、牛津川
を過ぎるとやがて市立病院が見えます。

孔子石像 
(写真をクリックすると拡大されます)

東原庠舎
(写真をクリックすると拡大されます)                      
右手に市立病院を見ながら直進します。突き当たって左折。聖堂大路を
抜け、駐車場の先には、佐賀藩二代藩主・鍋島光茂の三男である多久茂
文(1669~1711年)の像があります。参道を進み、孔子石像と対面。
1997年に友好都市の山東省曲阜市から寄贈されたそうです。

多久聖廟
(写真をクリックすると拡大されます)
儒学を重んじる多久茂文の熱意は、東原庠舎(とうげんしょうしゃ)の建設
や、多久聖廟の創建の中に覗えますね。聖廟内には孔子ほか諸氏の像
が安置されているそうです。
                    
メタセコイヤの木
(写真をクリックすると拡大されます)                     
多久聖廟では年2回の祀り行事が行われているとか。天高く伸びるメタセ
コイヤの木を見ながら、帰路につきました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行


拡大・縮小 ボタン

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

広 告

株価&為替ボード

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

月別アーカイブ

瞬間視力でドン

最新コメント

QRコード

QR

最新トラックバック

計算×50

文字を大きく・小さく