プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

地震情報サイト JIS

カテゴリ(全記事が見られます)

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

検索フォーム

算数力トレーナー

ポチッと電卓くん!


ポチッと電卓くん! ver.1.0
Copyright(C)2015〓KANE〓

英検2級単語ドリル 黒猫版


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

日本語→英語 自動翻訳

English
♥. ♠. ♣Alice

親父の街歩き山歩き
できれば毎月、知らない街を歩いたり山に登ったりして、風景などを記事にします。
第221話 佐賀県
2017年3月 佐賀県鹿島市・駅からウオーク
鹿島の酒蔵巡り、本日は初めての飲み歩きです。博多駅から特急電車でおよそ1時間、肥前鹿島駅に着きます。気ままな、そして少々のアルコールを嗜みながらの4時間、タウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR肥前鹿島駅から
これまで何度かご紹介したJR九州ウオークですが、明日の開催を先取りするという計画に
誘われました。幸いにも「鹿島酒蔵ツーリズム」が開催中でした。

JR肥前鹿島駅
(写真をクリックすると拡大されます)

矢野酒造へ
(写真をクリックすると拡大されます)
駅前広場の看板に「発酵文化の香る街」の文字が躍っていました。人の流れは10分の距
離にある「矢野酒造」に向かっています。車道を走る車は多くはなく、そういえば駅の歓迎
幕にあった陸上競技部の合宿というのも頷けますね。

赤門
(写真をクリックすると拡大されます)
朝から無料試飲、不思議な感覚です。開花前の「桜トンネル」を歩いて行くと赤門が見えま
す。鹿島城本丸の正門で、鹿島高校の校門として使われています。

平野
(写真をクリックすると拡大されます)
近くの松蔭神社を抜け、高野山(こうやさん)を復興されたという興教大師(こうぎょうだいし)
が祀られる誕生院に立ち寄ります。一帯は鹿島平野でしょうか、国道に沿って昼食場所「
祐徳稲荷神社」に向かいます。

幸姫酒造へ
(写真をクリックすると拡大されます)
祐徳神社にもシャトルバスを待つ大勢の人がいます。が、沿道の景色と花を観賞しながら
歩くこと1時間、「幸姫酒造」に到着です。ここでも当然のように試飲、しました。

酒蔵通り
(写真をクリックすると拡大されます)
肥前浜宿の「酒蔵通り」は大変な賑わいでした。ここでは年に2回の酒蔵まつりが開催さ
れるそうです。風情ある街並みと相俟って立飲みを楽しめました。

JR肥前浜駅
(写真をクリックすると拡大されます)
「酒蔵通り」を西の方へ引き返し、浜郵便局の前を通ってゴールの肥前浜駅に着きました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第220話 長崎県
2017年3月 長崎県佐世保市・駅からウオーク
第183話以来の佐世保市です。最近考えついた「駅間ウオーク」なのですが、かなり短い区間があることを思い出しました。向かった先は第120話でもご紹介したMR松浦鉄道です。
気ままな30分足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


松浦鉄道・中佐世保駅から
JR佐世保駅でMR松浦鉄道に乗り換え、二つ目の中佐世保駅に降り立ちます。

MR中佐世保駅 
(写真をクリックすると拡大されます)

車道から西の方を望む
(写真をクリックすると拡大されます)                    
1両編成の下り列車がやって来ました。朝夕は20分間隔、昼間は30分に1本という運行
ですので、地方都市にあっては便利ですね。階段を降りるとすぐに駅とは対照的な賑やか
な通りに。近くに国道が見えます。

国道を跨ぐ  
(写真をクリックすると拡大されます)
市街地を南北に走るのが国道35号線です。2両編成の上り列車が見えます。

アーケード街を渡る先に
(写真をクリックすると拡大されます)                    
国道を横断するとすぐアーケード街です。中央の駅案内板を見ながら、路地に直進します。

MR佐世保中央駅
(写真をクリックすると拡大されます)
標識に沿って建物を進むと佐世保中央駅に入ります。次の下り列車が来ました。中佐世保
駅との距離は、わずか0.2kmです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第218話 福岡県
2017年3月 福岡県飯塚市・駅からウオーク
50年近く前に列車の窓から見た飯塚の街。本日は初めての「上陸」なので、わくわくしました。博多駅から直方行の快速電車でおよそ40分、飯塚駅に着きます。気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

 
JR飯塚駅から
電車が飯塚駅に近づき、スピードダウンします。そういえば筑豊線は当時は電化されて
いなかったし、もしかしたらSL(蒸気機関車)がまだ走っていたのでしょうか。

JR飯塚駅
(写真をクリックすると拡大されます)

駅前から西の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
駅構内の「飯塚駅周辺地図」を見て、道を確かめます。正面のバス通りを進み、飯塚駅
前交差点を右折します。

飯塚橋
(写真をクリックすると拡大されます)
隣の新飯塚駅をめざします。右手の飯塚菰田郵便局を過ぎ、やがて飯塚橋が見えてき
ます。案内を読むと、2003年の洪水を契機に、新しく架け替えられたとのこと。まちづ
くりの一環として広く市民の意見を取り入れたデザインだそうです。

嘉穂劇場
(写真をクリックすると拡大されます)
バス通りから右折、狭い道に入ります。左手にあるのが「嘉穂劇場」です。レトロな雰囲
気ですね。やはり2003年の洪水による被害はあったものの、生まれ変わって今に至る
そうです。

本町アーケード街
(写真をクリックすると拡大されます)

下流の方を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
バス通りに引き返し、北に向かって進むと、アーケードが見えたので入ります。長い通り
の両側には、いろんな店が並んでいます。賑やかな印象です。吉原町交差点を右折し
て、芳雄橋に向かいます。橋の中央で中洲に降ります。北の方(下流)に向かって、右
手が遠賀川(おんががわ)、左手が穂波川(ほなみがわ)ですね。

JR新飯塚駅
(写真をクリックすると拡大されます)
右手の飯塚病院を過ぎると、目的地の新飯塚駅が見えてきました。半世紀ぶりに見る飯
塚の街は、予想以上に変貌していました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第170話 福岡県
2016年8月 福岡県北九州市・駅からウオーク  
ユネスコの世界文化遺産に「明治日本の産業革命遺産」が決まったことは第78話及び第88話でご紹介しましたが、その構成資産の一つ、「官営八幡製鐵所」を訪ねました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR枝光駅から
駅構内で「官営八幡製鐵所 旧本事務所眺望スペース」というチラシをもらい、コースを考えます。
というより、目的地の最寄駅がすぐ近くにあったので、ひと駅ウオーキングしようと考えていました。

JR枝光駅
(写真をクリックすると拡大されます)
特急列車は折尾駅に停車、普通列車に乗り換えて小倉方面へ。降車した枝光駅付近の風景は、
鉄の街・八幡の雰囲気を感じます。台風が東日本に向かっているというニュースを聞き流しなが
ら、駅をスタートです。

枝光交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
駅前は県道50号線でしょうか。八幡方面へおよそ5分歩くと交番です。直進すると時間をかけず
に目的地に着くので、県道に沿って西南の方向に進みます。

絶叫マシン
(写真をクリックすると拡大されます)
スペースワールドを囲むように進むことに決めました。道路の向こうに目をやると、絶叫マシンが
見えます。一番高い所に登ったと思った瞬間、悲鳴が飛び交います。勇気ある人達ですね。

スペースワールド横
(写真をクリックすると拡大されます)
交差点を右折、雨のせいかすれ違う人もまずいません。

最寄駅
(写真をクリックすると拡大されます)
次の交差点を右に曲がると駅が見えます。目的地の最寄駅は、実はここ「スペースワールド」駅
です。

誘導路
(写真をクリックすると拡大されます)
駅舎を左に見ながら東の方に、案内板に沿って歩きます。地下歩道に入ってから15分程で到着
です。

官営八幡製鐵所
(写真をクリックすると拡大されます)
1901年に操業を開始した官営八幡製鐵所は、日本の産業の近代化に貢献しました。ここから眺
望できる旧本事務所(1899年竣工)のほかの構成資産である「修繕工場」・「旧鍛冶工場」は、製
鐵所構内に立地しているそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 24話 佐賀県
2014年6月 佐賀県有田町・駅からウオーク  
日本磁器発祥の街、有田。遠い昔、陶器市に行ったことを思い出します。もう一度、あの会場の通りを歩きたいと思いました。JR有田駅から上有田駅までの約4キロの通り沿いを中心に散策しました。
気ままな2時間近くのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR有田駅から
今年の陶器市は例年通り4~5月に開催され、今は普段の閑静
な町に戻っています。有田駅観光案内所で「有田散策マップ」を
もらい、コースを決めました。普通電車で有田駅に戻ることを考
え、まずは駅正面を国道の方へ歩くことにします。

JR有田駅
(写真をクリックすると拡大されます)
南の方を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
有田陶器市には100万人を超える観光客が訪れるといいますが、
今日は駅に降り立つ人もまばらでした。雨が心配ではあるもの
の、街の息遣いを感じながらスタートします。

通り会場(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
通り会場(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
国道の手前、県道と交わる駅前交差点を左へ、この県道が陶器
市会場になり、通りの両側に約500店舗が出店すると聞きまし
た。掘り出し物を見つけようと、リュック姿の愛好家や飲食店の
人たちでごった返すそうです。

札の辻(ふだのつじ)交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
通りには今右衛門古陶磁美術館、その先には香蘭社古陶磁陳
列館、深川製磁参考館、公営の有田陶磁美術館などがあり、一
帯は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
ここ札の辻(ふだのつじ)交差点を右折します。

陶山神社(すえやまじんじゃ)
(写真をクリックすると拡大されます)
陶山(すえやま)神社に向かいます。地元の人は「とうざん」神社
と呼ぶそうです。1658年に「有田皿山宗廟八幡宮」として開か
れました。境内への途中にJR佐世保線の線路が通っています。
特急電車が結構通過するので、用心して渡ります。

小路庵(しゅうじあん)
(写真をクリックすると拡大されます)
トンバイ塀のある通り
(写真をクリックすると拡大されます)
JR上有田駅
(写真をクリックすると拡大されます)
小路庵(しゅうじあん)は、築歴150年余りの古民家を地域の憩
いの場として活用できるようにと修復、再生されました。すぐ北
側に登り窯の廃材で作られた塀、トンバイ塀が東側に続いてい
ます。電車の時間が気になったので上有田駅へと向かいました。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行


拡大・縮小 ボタン

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

広 告

株価&為替ボード

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

月別アーカイブ

瞬間視力でドン

最新コメント

QRコード

QR

最新トラックバック

計算×50

文字を大きく・小さく