プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

地震情報サイト JIS

カテゴリ(全記事が見られます)

全記事(数)表示

全タイトルを表示

検索フォーム

最新記事

RSSリンクの表示

算数力トレーナー

最新トラックバック

日本語→英語 自動翻訳

English
♥. ♠. ♣Alice

文字を大きく・小さく

    親父の街歩き山歩き
    できれば毎月、知らない街を歩いたり山に登ったりして、風景などを記事にします。
    第230話 鹿児島県
    2017年5月 鹿児島県鹿児島市・駅からウオーク  
    第124話以来の鹿児島市です。明治維新の三傑などについて、今回もほんの少しだけ知ることができました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR鹿児島中央駅(東口)から
    まだ夜が明ける前から、そして雨を気にかけながら向かった先は鹿児島中央駅。前日に
    手に入れた「ぐるっと鹿児島ひとめぐり」を片手に、城山方面への道順を思案します。

    JR鹿児島中央駅東口
    (写真をクリックすると拡大されます)
      
    かごっま屋台村
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    市電通りを甲突川(こうつきがわ)の方へ進み、昨夜の喧騒を思わせる「かごっま屋台村」
    の前に来ました。

    中之平通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    10分も歩かないうちに、第124話でもご紹介した大久保利通像とご対面。川に沿って北
    へ、平田橋まで来たところで右折すると、中之平通りが東へ延びています。
      
    西郷隆盛像
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    中之平通りは国道3号線でしょうか、左手には城山が垣間見えます。照国神社、県立博
    物館の前を過ぎ、西郷隆盛(さいごうたかもり)像の前にやって来ました。大久保利通(お
    おくぼとしみち)や木戸孝允(きどたかみつ)とともに明治維新の三傑といわれます。

    薩摩義士碑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    左手には鶴丸城址、やがて見える城山入口交差点で左折します。緩やかな坂を登って
    行くと薩摩義士碑があります。江戸時代、美濃国の3川の治水難工事に犠牲をはらった
    人々を謂うそうです。

    城山トンネル方面へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    碑の前の交差点を左の城山トンネル方向に進みます。写真の標識にあるように、この先
    を左に入ると「城山自然遊歩道」ですが、本日は右の方に進み、JR線路の方に向かいま
    す。

    西郷隆盛終焉之地史跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    JR岩崎谷踏切を渡って左に、右手に見えたのが「西郷隆盛終焉之地史跡」です。明治の
    新政府樹立に大きな功績がありながら、西南戦争に敗北した後、1877(明治10)年に
    生涯を閉じました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

    第228話 鹿児島県
    2017年5月 鹿児島県枕崎市・駅からウオーク
    枕崎市を指して「台風銀座」と言われたことを知る人は今では少ないかも知れませんが、それほど夏から秋にかけて台風が通過するようです。また、カツオの水揚げが全国有数だと聞きます。気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR枕崎駅から
    駅から東の方に低い山が見えます。駅構内にあるガイドブック「まくらざき まちある
    き」を手に、片平山公園を散策することにしました。

    JR枕崎駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    西の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎の前に空き地が広がります。左手に進むことにします。

    まちの湯
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「ひとっ風呂」が迎えてくれました。入浴したい気持ちを振り切って歩きます。

    公園の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    JR線の下を潜り左折、上り坂の先に片平山児童センターが見えます。その右側にグ
    ランドが見えてきました。

    下り坂
    (写真をクリックすると拡大されます)
    左折した後、グランドの方には行かず、ガイドブックの案内に沿って少し降ったら右
    へ進入します。

    展望所
    (写真をクリックすると拡大されます)
    道なりに緩やかに登ると展望所が見えてきます。

    眺望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    木々の間からは市街地が広がっています。枕崎漁港が見えます。写真でご紹介で
    きませんが、左手の東の方には乗ってきたJR指宿枕崎線が見えます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

    第214話 宮崎県
    2017年2月 宮崎県宮崎市・駅からウオーク  
    第53話以来の宮崎市です。温暖な気候に誘われてプロ野球キャンプを覗きにきました。今回も「フエニックスロード」までは行けませんが、大淀川までは気軽にウオーキングできそうです。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR宮崎駅から
    早く目覚めたせいで、まだ暗いうちから宮崎駅に向かいました。構内の宮崎市観光案内所は
    まだオープン前ですが、「MIYAZAKI CITYウオーキングマップ」を手に取り、コースを考えます。

    JR宮崎駅(西口)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    高千穂通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅を出て高千穂通りを西へ向かってスタート。南国らしく寒さは感じません。10分ほど歩くと
    橘通りが見えますが、手前で左折します。宮崎山形屋デパートの新館と旧館の間(写真)を
    通ることにします。

    四季通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    新館と旧館を結ぶ空中廊下の下を通りながら考えました。この路面の下は昔、川があったの
    ではないかなって。素人考えはここまでにして、そのまま直進するとご覧のような通りが延び
    ています。四季通り、です。洒落た店が多く並ぶ様子が想像できます。

    南へ   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    宮崎県庁
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    若草通りに出て左折、次の交差点を右折して再び南へ進みます。右手のレガロホテル宮崎を
    過ぎると、やがて裏門が見え、その先の角を右折します。右手に宮崎県庁本館が現れました。
    1932(昭和7)年築だそうです。

    宮崎県文書センター
    (写真をクリックすると拡大されます)
    並木通りを挟んで、宮崎県文書センターがあります。こちらはもっと古く、1926(大正15)年
    に建築、ルネッサンス様式だそうです。

    西の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    コンビニが向い合う旭通り交差点を直進して5分、堤防が見えました。大淀川に沿って細長く
    続く橘公園に立ちます。西の空を見上げていたら、雨が落ちてきました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

    第123話 鹿児島県
    2016年3月 鹿児島県鹿児島市・駅からウオーク  
    本州最南端の鹿児島。北部九州から旅行すると、あらためて新幹線のスピードを実感できますね。明治維新の三傑について、今回ほんの少しだけ知ることができました。
    気ままな2時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR鹿児島中央駅(東口)から
    「旅ガイド 鹿児島市」を片手に、鹿児島港までの最短の道順を思案します。

    JR鹿児島中央駅東口
    (写真をクリックすると拡大されます)
      
    東の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    駅舎に繋がるアミュプラザビル2階から東の方向を見ると、向かいのビルの
    間のナポリ通りの先に、少しだけ桜島が見えます。港まで歩くには丁度いい
    距離に思えます。

    大久保利通銅像
    (写真をクリックすると拡大されます)
      
    維新ふるさとの道
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    スタートしてすぐ、天文館を回ることに変更。第3話で少しくご紹介した「繁華
    街」です。電車通りを北東に向かって10分、「大久保利通(おおくぼとしみち。
    1830~1878年)銅像」です。西郷隆盛(さいごうたかもり)や木戸孝允(き
    どたかみつ)とともに明治維新の三傑といわれ、明治政府の事実上の首相
    として知られます。

    新屋敷交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    再びコース変更し、甲突川(こうつきがわ)に沿って河口の方に「歴史ロード
    ‘維新ふるさとの道”」を歩きます。「維新ふるさと館」や下級武士の屋敷など
    を横に見ながら、30分足らずで新屋敷交差点に。何度もガイドを見ながら、
    写真の斜め右、城南大通りに進みます。

    桜島
    (写真をクリックすると拡大されます)
    30分も歩くと、海はすぐ近く。鹿児島旧港の集荷場を右に見ながら、北ふ頭
    をめざします。桜島を見るとフエリーが見えます。屋久島からだと近くを通る
    人から教えていただきました。ここは離島航路の拠点ですね。

    桜島フエリー
    (写真をクリックすると拡大されます)
    陽が落ちていくウオーターフロントパークを北の方に歩きます。かごしま水族
    館の北隣には桜島フエリーターミナルがあり、ちょうど入港しています。因み
    に桜島航路は、24時間運行だそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

    第53話 宮崎県
    2015年2月 宮崎県宮崎市・公園ウオーク
    第46話以来の宮崎市です。宮崎はプロ野球などのキャンプ地としても有名です。鉄道を利用する場合、JR宮崎駅前からバスで約20分、「生目の杜運動公園北」バス停で下車することにします。
    ソフトバンクホークス2月キャンプの様子を交えてご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    生目の杜(いきめのもり)運動公園
    ホークスキャンプですが、3年前に1時間ほど見学した
    ことはありましたが、今回はゆっくり周遊しました。

    南駐車場側から入る
    (写真をクリックすると拡大されます)
    この日は土曜日で臨時バスが出ていました。バスは南
    駐車場の中に停車。公園ウオークとは名ばかりの、キャ
    ンプ見学そのもの。帰り際に万歩計が示した数字は?

    中央プロムナード
    (写真をクリックすると拡大されます)
    時計の針は10時半を過ぎてましたが、入園者は途切
    れません。はんぴドームとテニスコートとの間の特設
    ゲートをくぐり、多くの店舗が並ぶ前を進みます。プロム
    ナードの先には西側から第2野球場、多目的グラウンド
    A、多目的グラウンドBと並びます。

    アイビースタジアム
    (写真をクリックすると拡大されます)
    それぞれの場所で、打撃練習、投手の牽制練習、個人
    トレなどを見ることができます。フアンの歓声に導かれる
    ように、小集団が一斉に走っては散り、の繰り返しです。
    サイン帳を持つ人も少なくありません。

    テニスコート
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ゲートに近いテニスコートでは中学生テニスでしょうか、
    大会が開催されていたようで、応援の人達も多くいまし
    た。ここは市の施設です。

    練習が終わり
    (写真をクリックすると拡大されます)
    17時過ぎても練習を続けていた選手にフアンが列を作
    ってサインを求めていました。時間を忘れてウオーク?
    していたら、最終シャトルバスに乗り遅れました。万歩
    計の数字は、32474歩でした。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

    第 46話 宮崎県
    2014年12月 宮崎県宮崎市・駅からウオーク  
    温暖な気候と四季折々の花々、また神話のふるさとでも有名な宮崎。70年代は新婚旅行のメッカと言われました。有名な「フエニックスロード」までは行けませんが、宮崎神宮までは気軽にウオーキングできそうです。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR宮崎駅から
    駅構内の宮崎市観光案内所で手にした「MIYAZAKI CITY
    ウオーキングマップ」を見て、簡単なコースを決めました。

    JR宮崎駅西口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    西の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅西口の高千穂通りを西へ向かってスタートします。西口
    一帯は碁盤の目になっており、迷うことはなさそう。

    橘通りを右折
    (写真をクリックすると拡大されます)
    斜め左へ進む    
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手に大宮高校
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    およそ15分で橘通りに出るので右折します。広い通りは
    歩道と自転車道とが分離整備されていて、安全に配慮さ
    れているのがわかりますね。歩くこと20分で交差点に。
    ここから斜め左に進みます。右にNHK宮崎放送局、さらに
    大宮高校を見ながら歩くと目標地点が見えました。

    宮崎神宮(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    宮崎神宮(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    宮崎神宮(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    宮崎神宮(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    宮崎神宮は、略記によると明治11年に宮崎神社から宮崎
    宮と改称、大正2年に現在の宮崎神宮となったとあります。
    その北側には県立総合博物館や埋蔵文化財センターがあ
    ります。南側から中に入ると、樹齢120年余のラクウショウ
    が綺麗な色を見せており、また帰り際に神池の鯉を見よう
    と進むと、そこには鮮やかな湖面が広がっていました。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行


    拡大・縮小 ボタン

    リンク

    カレンダー

    01 | 2018/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -

    株価&為替ボード

    月別アーカイブ

    広 告

    ブログで世界旅行(スイス編)



    presented by スイス旅行

    最新コメント

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR