FC2ブログ

第260話 長崎県

2017年11月 長崎県雲仙市・雲仙温泉  
第232話以来の雲仙市です。これまでに雲仙温泉は標高700mを越える高地であるとご紹介しましたが、本日は一年ぶりの「雲仙紅葉(もみじ)ウオーク」に参加しました。
気ままな8時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


雲仙温泉ぶらり
久しぶりの計画的参加です。そしてイベント最難関の「普賢岳登山コース(10km)」ですので、
心が躍ります。

バス移動
(写真をクリックすると拡大されます)

スタート地点
(写真をクリックすると拡大されます)
今回選択したコースは、バスでスタート地点まで移動。紅葉の見頃というこの時期、渋滞のた
め進まなくなったバスを降りて歩くことになりました。仁田峠(にたとうげ)駐車場からのスター
トです。

ロープウエイ直下
(写真をクリックすると拡大されます)
時折りロープウエイを見上げながら、元気に登山道を登ります。主催者が「マイペースで」と言
われたおかげで、急がないよう心がけます。

妙見岳山頂
(写真をクリックすると拡大されます)
およそ40分で、妙見岳(標高1333m)山頂そして妙見神社に着きます。他のグループなど
大勢の登山者がいます。

尾根伝い
(写真をクリックすると拡大されます)

眺望抜群
(写真をクリックすると拡大されます)
妙見神社から国見別れまでは約20分。尾根伝いで比較的平坦、そして眺望抜群です。普賢
岳、その後ろに平成新山が見えます。

鬼人谷口
(写真をクリックすると拡大されます)
急勾配の下りがおよそ10分、かと思うと登りになって20分余で鬼人谷口(きじんだにぐち)に
着きます。ここは間違わずに左手の鳩穴分かれ(はとあなわかれ)をめざします。

立岩の峰へ
(写真をクリックすると拡大されます)

立岩の峰展望所
(写真をクリックすると拡大されます)
途中には「西の風穴」、「北の風穴」があり、休憩します。一時間余りで「立岩の峰」の案内板
が見えてきます。ここからが本日最大の急勾配です。およそ20分、前後の皆さんと一緒に悲
鳴をあげながら登ります。展望所では立入禁止のロープが張られていますが、平成新山(標
高1483m)が目の前にあります。日本で一番新しい山、です。

普賢岳山頂
(写真をクリックすると拡大されます)
平成新山(溶岩ドーム)を左手(東側)に見ながら、およそ700mを進むとめざす普賢岳山頂
(標高1359m)です。周囲に育つ木々の葉が赤く染めている様子にあらためて感激します。

あざみ谷下り
(写真をクリックすると拡大されます)
ここからは下るのみですが、段差が大きい所も随所にあり、注意しながら降りて行きます。一
帯は「あざみ谷」というそうです。1時間半ほどで仁田峠まで降り、有明海方面の眺望を楽しみ
ます。

湯茶接待所
(写真をクリックすると拡大されます)
仁田峠から登山道を下ること1時間、湯茶接待所に着きました。ここで雲仙豆腐をいただきま
す。ゴールまであと15分、温泉街を歩きます。昨年と同じように、完歩証とそしてぜんざいを
頂きました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

第190話 長崎県

2016年11月 長崎県雲仙市・雲仙温泉  
第12話以来の雲仙市です。その中で、雲仙温泉は標高700mを越える高地であるとご紹介しました。今回は、新聞で知った「雲仙紅葉(もみじ)ウオーク」に参加しました。
気ままな3時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


雲仙温泉ぶらり
本日は滅多にない、計画的参加です。少しの区間ですが、噴気や温泉の集まる「地獄」を再訪し、
散策を楽しめました。

原生沼植物群落
(写真をクリックすると拡大されます)
「8キロコース」のスタート直後、西側には原生沼植物群落が広がっています。バス通りに出てす
ぐ右折、白雲ノ池自然探勝路を進みます。

白雲ノ池
(写真をクリックすると拡大されます)
勾配を感じないほど緩やかな登り道を歩くこと15分程、白雲ノ池に着きます。カメラを持つ人も相
当数います。見えている山は、雲仙岳(普賢岳、国見岳、妙見岳)でしょうか。

雲仙の三鈷の松
(写真をクリックすると拡大されます)
石段を降りて国道57号線を渡り、住宅街を抜けます。一切経(いっさいきょう)を目指しますが、少
しづつ前の人との距離が生じます。スタートしてから休憩を含めて約1時間、「雲仙の三鈷の松(さ
んこのまつ)」を見つけました。葉が三本に分かれるこの松は高野山にあるとだけ思われていたそ
うです。

湯茶接待所
(写真をクリックすると拡大されます)
湯茶接待所で少し休憩します。

地獄遊歩道
(写真をクリックすると拡大されます)
小地獄(こじごく)温泉(休業中)の前を通り、20分余り登り降りしながら旅館街に入ります。久ぶり
の地獄遊歩道です。

キリシタン殉教碑
(写真をクリックすると拡大されます)
地獄遊歩道の途中にあるのが「キリシタン殉教碑」です。1627年からの7年間にこの地で殉教し
ていった者は33名といわれているそうです。

茂吉の小路
(写真をクリックすると拡大されます)
再び国道57号線、温泉神社交差点の前に出ます。15分程で2番目の湯茶接待所に着きます。な
んと雲仙豆腐が振る舞われました。美味しい!!やがて「茂吉の小路」に入ります。

あと1km
(写真をクリックすると拡大されます)
係員の方が「あと1kmでーす。頑張ってくださーい」。

地獄遊歩道に
(写真をクリックすると拡大されます)
緩やかな下りになっておよそ15分、アーチを抜け出たところは覚えのある地獄散歩道です。5分
余りでゴールイン、完歩証とそしてぜんざいを頂きました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
算数力トレーナー
最新コメント
文字を大きく・小さく
    QRコード
    QR
    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    拡大・縮小 ボタン
    リンク
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    最新記事
    日本語→英語 自動翻訳
    English
    ♥. ♠. ♣Alice