FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
地震情報サイト JIS
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新トラックバック
第306話 長崎県
2018年6月 長崎県長崎市・離島ウオーク  
平成の大合併の前の旧伊王島町。前回(第305話)ご紹介した伊王島灯台のある灯台公園まで、伊王島港からのスタートです。気ままな1時間の離島ウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


伊王島(いおうじま)
長崎港から西に約10km、伊王島は伊王島と沖ノ島の二つの小さな島を合わせた
呼び名で、かつては炭鉱で栄えた町です。長崎港からの高速船はわずか20分で到
着しました。

港ターミナル
(写真をクリックすると拡大されます)
乗客が下船した後、南の方へおよそ15分の高島をめざします。

上り坂へ
(写真をクリックすると拡大されます)
郵便局や小中学校、南国ムード漂うリゾートホテルなどを眺めながらのスタート。
「島風の湯」の前を過ぎると道が分かれています。が、迷わず上り坂の方へ。

車に注意
(写真をクリックすると拡大されます)

伊王島海水浴場
(写真をクリックすると拡大されます)
緩やかな坂道をゆっくり歩きます。急なカーブもあるなど、通行車両には注意が必要
です。右側の木々の間から「伊王島海水浴場」が見えます。

バス停
(写真をクリックすると拡大されます)

公園まで700m
(写真をクリックすると拡大されます)
右前方に長崎市コミュニテイバスの停留所が見えます。この路線はどこでも乗降で
きるそうです。分かれ道の標識を見てひと安心、伊王島灯台公園まであと少しです。

夕日丘展望所
(写真をクリックすると拡大されます)
灯台公園にある夕陽ヶ丘(ゆうひがおか)展望所です。南の方に高島が見えます。
その後ろに端島(軍艦島)が隠れているそうです。伊王島はまた映画「家族(1970年)」
の撮影地としても知られています。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


街歩き・離島 | 【2018-06-29(Fri) 13:30:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
第286話 長崎県
2018年3月 長崎県新上五島町・離島ウオーク  
五島列島の北に位置する旧有川町、一帯で最も大きな中通島(なかどおりじま)にあり、訪問は三度目です。キラキラと輝く海、という期待に応えてくれたひと時でした。
気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


上五島(かみごとう)
宿がある蛤(はまぐり)地区からスタートし、港がある鯛ノ浦(たいのうら)地区をゴールに、
思いきり歩くことにします。晴れた日に島を歩く、なかなかの贅沢ですね。

蛤浜海水浴場
(写真をクリックすると拡大されます)
蛤浜(はまぐりはま)海水浴場は、「日本の水浴場八十八選の地」のひとつ。有川湾の北
に広がる景観は、言葉にならない美しさです。

蛤交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
新上五島町観光商工課などが発行する「新上五島町観光ガイド」を手に、住宅街を抜け
てバス通りに出ます。すぐの蛤交差点を左折します。

箒山
(写真をクリックすると拡大されます)
道の片側にある歩道を歩くことおよそ15分、バス停「箒山」が見えてきました。試しにバ
ス時刻を見ると、鯛ノ浦までのこの路線は、次の便まで1時間以上あります。

集落
(写真をクリックすると拡大されます)
海が見えないため、島という気がしません。ほとんど家がないと思っていたら、10分余り
で集落が見えてきました。

東浦小学校
(写真をクリックすると拡大されます)
通る車は少なく、15分程で着いたのが東浦小学校です。ここからあと1時間は歩くと予
想していたので、びっくり仰天!右手に現れた標識、その横の階段を登ります。

鯛ノ浦教会(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
鯛ノ浦教会正面です。上五島における布教の中心として1881年に設立されました。

鯛ノ浦教会(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
煉瓦造りの旧聖堂正面です。ひとり立っていると神聖な気持ちになってきます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村




街歩き・離島 | 【2018-03-23(Fri) 14:23:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
第285話 長崎県
2018年3月 長崎県新上五島町・離島ウオーク  
五島列島の北に位置する旧有川町、一帯で最も大きな中通島(なかどおりじま)にあり、訪問は三度目です。キラキラと輝く海、といきたかったのですが、果敢にも波高い時化(しけ)の中を鯛ノ浦(たいのうら)港に上陸しました。
気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


上五島(かみごとう)
懐かしい鯛ノ浦(たいのうら)港から車で約15分、有川の町並みに入ります。それにしても乗船
中の波の高さは4m、久しぶりに船酔いを体験しました。

有川港ターミナル
(写真をクリックすると拡大されます)
海の玄関口、有川港からスタート。最初はターミナルビルの中にある「鯨賓館ミュージアム」に入
館します。有川港は九州本土の長崎・佐世保のほか小値賀島(おぢかじま)や宇久島(うくじま)
の各港とも結ばれています。

佐田の山関之像
(写真をクリックすると拡大されます)
新上五島町観光商工課などが発行する「新上五島町観光ガイド」を手に
ターミナルビルの外に出ます。すぐ左手に相撲フアンならご存知の「第五十代横綱・佐田の山関」
像があります。有川の出身だそうです。

遊歩道
(写真をクリックすると拡大されます)
遊歩道を進みますが、実はさっき「鯨賓館ミュージアム」の中で目的地を決めました。有川は捕
鯨の町だったのですね。

海童神社
(写真をクリックすると拡大されます)
早速に着いた海童神社(かいどうじんじゃ)。ナガスクジラ(1973年捕獲体長18.2m)の顎の
骨でできた鳥居で知られ、捕鯨で栄えた有川地域を象徴する建築物だそうです。

登山道
(写真をクリックすると拡大されます)
近くの住宅街の先に小高い山が見えています。「鯨見山(くじらみやま)入口」の看板の脇を登
ること10分、頂上に着きます。

鯨供養碑
(写真をクリックすると拡大されます)
頂上の鯨見山展望台横に、1712年に建立された「鯨供養塔」があります。供養碑の碑文には
1691~1712年に1312頭捕獲したことが刻まれています。

有川湾
(写真をクリックすると拡大されます)
ここ鯨見山展望所は、江戸時代の捕鯨が盛んだったころ「山見小屋(見張所)」が置かれてい
た場所に建っています。有川湾内に鯨が来たことを知らせたり、出漁の合図などを行っていた
そうです。有川湾の波しぶきが印象的でした。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村




街歩き・離島 | 【2018-03-19(Mon) 16:19:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
第 92話 長崎県
2015年11月 長崎県五島市・離島ウオーク  
五島列島の中心地である旧福江市、三度目の訪問です。が、釣りではなく観光目的では初めて。全国で11番目に大きな島だと聞きました。
離島の一人ウオーク、朝早くからの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸い
です。


五島(ごとう)
長崎港から西に100km、東シナ海に浮かぶ面積326㎢ほどの島。
大村市長崎空港からわずか30分で到着しました。

福江港ターミナル
(写真をクリックすると拡大されます)
海の玄関口、福江港からスタートします。1時間もあれば市街地を
散策できると思いました。九州本土の長崎・博多のほか五島列島の
各港と結ばれています。夜が明けないうちから人の移動が覗えます。

常灯鼻
(写真をクリックすると拡大されます)
五島市商工観光課などが発行する「五島市街ご案内」チラシを手に
北に向かいます。海の方に見えるのが常灯鼻(昔の灯台)。丸木橋
まで来たところで左折します。二つ目の交差点(写真)を右折、道に
沿って緩やかに進むと左手に六角井(ろっかくいど)が見えます。

六角井戸
(写真をクリックすると拡大されます)
1540年に通商のため明国から来航した王直らが、飲料用水、船舶
用水として造ったといわれています。県内の数か所に六角井があり、
いずれも港町だそうです。

チャンココ
(写真をクリックすると拡大されます)
南に歩くとアーケード商店街です。福江に伝わる古い念仏踊り、チャ
ンココですね。鉦や太鼓を使い、似た踊りは周辺の旧町などに伝えら
れているそうです。

武家屋敷通り
(写真をクリックすると拡大されます)
アーケードを過ぎて直進、次の信号を左折します。やがて武家屋敷
通りに。石垣塀は丸い小石が積み重ねられているのが特徴だそうで
す。

福江城(石田城)跡
(写真をクリックすると拡大されます)
福江城(石田城)跡です。三方が海に臨む我が国唯一の海城です。
黒船に備えて江戸時代最後に築城されたそうです。中に入ると国指
定名勝の五島氏庭園心字ヶ池があるそうですが、復元工事のため
に一時閉園中でした。

五島市図書館・五島観光歴史資料館
(写真をクリックすると拡大されます)
一度外へ出て東の方の城山神社に入ります。目の前に現れたのは、
天守閣を模した五島観光歴史資料館、左に隣接するのは五島市図
書館。高い所から撮った写真、遠くに鬼岳(おにだけ)が見えます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ



街歩き・離島 | 【2015-11-19(Thu) 12:45:30】
Trackback:(0) | Comments:(0)
第  5話 長崎県 
2013年9月 長崎県壱岐市・離島ウオーク  
初めての壱岐。港に着いたらすぐ歩こうと思っていました。が、友人と会うことになっている
郷ノ浦町は遥か遠く、予想外の行動をすることになります。
離島の一人ウオーク、暗くなるまでの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸い
です。


壱岐(いき)
福岡市博多港から北西に約64km、玄界灘に浮かぶ面積134㎢
ほどの島。博多港から壱岐・芦辺港まではジェットフオイルで1時間
05分、ちょうど昼時に到着。

芦辺港ターミナル
(写真をクリックすると拡大されます)
ジェットフオイルは乗客が下船したあと、対馬へ向かいました。とり
あえず一支国(いきこく)博物館までは歩きたいのですが。

最初の交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
この交差点は右折すると郷ノ浦と案内していますが、石田町をめ
ざすことで、左折します。

芦辺の街
(写真をクリックすると拡大されます)
海沿いに港の対岸に来たところで、魚礁が多く作られていました。
やがてイカ釣り漁船が多く係留されている地区に。

遠くに島
(写真をクリックすると拡大されます)
近くのバス停「芦辺」で時刻表を見ると、もうすぐやってきます。とい
うわけで、乗車。バスはお婆さんが一人。運転手さんに聞くと、博物
館方面には行かず、一番近くで降りることを教えてくれました。やが
て遠方に小さな島を発見。小呂島(おろのしま)でしょうか。

稲刈り
(写真をクリックすると拡大されます)
バス停「田河校前」で下車、3kmバスの旅でした。壱岐市は4町が
対等合併しました。平地が多く、農地に恵まれているのでしょうか。
9月下旬の稲刈り風景です。

一支国博物館
(写真をクリックすると拡大されます)
家々が点在するなか、平坦な道を黙々と歩きます。たまにタクシー
か観光バスが走ります。歩き始めて90分、一支国(いきこく)博物
館に到着。曲線屋根の博物館、設計は黒川紀章さん。テーマは
「海を介した交流と交易の歴史」です。

復元公園へ
(写真をクリックすると拡大されます)
休憩を兼ねて博物館に入ります。1995年には、この遺跡が「魏志
倭人伝」の中の「一支国」の王都だったことが特定されたそうです。
散策道をゆるやかに降りていき、バス停を探しました。

復元された建物群
(写真をクリックすると拡大されます)
バス停「原の辻遺跡」から3時間ぶりの便に乗車。乗客は私一人だ
ったせいか、停車してくれた際に写真撮影。バスの旅は約30分、終
点の郷ノ浦港に着いたのは17時過ぎでした。

港をあとに
(写真をクリックすると拡大されます)
翌朝早く、今度はフエリーで郷ノ浦港を離れました。好天に、そして
バス便にも恵まれました。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

街歩き・離島 | 【2013-10-25(Fri) 16:26:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
株価&為替ボード
ブログで世界旅行(スイス編)


presented by スイス旅行

拡大・縮小 ボタン
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
算数力トレーナー
日本語→英語 自動翻訳
文字を大きく・小さく