親父の街歩き山歩き 街歩き・福岡県
FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
拡大・縮小 ボタン
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
算数力トレーナー
最新コメント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
日本語→英語 自動翻訳
文字を大きく・小さく
    第352話 福岡県
    2019年10月 福岡県大野城市・駅からウオーク    
    古代に唐(とう)と新羅(しらぎ)の軍事攻撃から太宰府(だざいふ)を守るために造成された遺構、本日の目的地です。その水城跡(みずきあと)は、太宰府市の方が知られているようですが、大野城市の方をを訪ねました。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    西日本鉄道・下大利駅から
    大野城市は、北は春日市、東は太宰府市に接する比較的新しい市です。街は古く、
    一帯は歴史的遺構が点在し、散策するのに楽しい地域です。

    西日本鉄道下大利駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    始発の天神駅から急行に乗車、およそ15分、下大利駅で降ります。

    東口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東口から出て南の方向に少し歩き、交差点を右折します。高架化工事が進んでい
    ますね。

    南西の方に
    (写真をクリックすると拡大されます)

    JR鹿児島本線の手前で
    (写真をクリックすると拡大されます)
    広い通りに来たら左折します。道なりに南西の方向に歩きます。架線が見えたので
    緩やかに左折します。

    水城跡公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手にJR水城駅を確認できたところで、正面に現れたのは水城跡公園です。

    水城跡(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    水城跡(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    大和朝廷が土塁と水堀で造ったという水城跡、ここは東門のあたりだと思います。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・福岡県 | 【2019-10-09(Wed) 14:49:46】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第346話 福岡県
    2019年8月 福岡県北九州市・駅からウオーク
    北九州市が生まれる前、八幡市の玄関口は八幡駅でした。古くから鉄鋼の街として知られていました。特急が停車する黒崎駅から2分程度、八幡駅に降り立ちます。ケーブルカーを含めて気ままな1時間半、タウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR八幡駅から
    駅の南口に立つと市街地の先に山が見えます。ケーブルカー山麓駅までウオーキン
    グします。小雨模様ですが、目的地は皿倉山(さらくらやま。標高622m)です。

    JR八幡駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    南の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅前広場は整備中です。

    市街地を東へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    八幡駅前交差点を左折、東へと歩きます。尾倉交差点に来ました。

    南の方に山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右折するとあとは真っ直ぐに坂道を登ります。

    ケーブルカー山麓駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートしてからおよそ40分、ケーブルカー山麓駅が見えます。本当は登山口へと
    進みたいところですが、登山装備もなく、ケーブルカー乗り場へ向かいます。

    視界少しずつ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ケーブルカー所要約6分、山上駅から乗り継ぐスロープカーは所要約3分です。あ
    いにくの小雨のために視界不良。すぐに引き返していると正面に洞海湾がうっすら
    と見えます。

    下から「かなた号」
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「はるか号」で降りているので、登ってくるのは「かなた号」ですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・福岡県 | 【2019-08-21(Wed) 20:09:00】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第338話 福岡県
    2019年5月 福岡県北九州市・駅からウオーク  
    第177話以来の北九州市です。本日は、とある木の橋をめざしました。気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR小倉駅(南口)から
    南口を出て、平和通りをスタートします。モノレールにも乗ってみたいですね。

    JR小倉駅(南口)
    (写真をクリックすると拡大されます)
     
    勝山通りに
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    朝が早いため、通りは静かです。勝山通りに着きます。

    西へ
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    標識で確認して、右折します。

    老舗百貨店
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    この通りには、1992年までチンチン電車が走っていたそうです。正面に
    見えるのは老舗百貨店「井筒屋」ですね。

    リバーウォーク北九州
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    川の向こうに広がる景観、「リバーウォーク北九州」です。

    室町大橋
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    橋の手前を右折します。紫川(むらさきがわ)沿いに下流の方に歩きます。
    「火の橋」と呼ばれる室町大橋です。

    常盤橋
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    上流側に並んで架かるのが「木の橋」、常盤橋(ときわばし)です。ここは
    長崎街道の起点です。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2019-05-10(Fri) 17:08:00】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第333話 福岡県
    2019年3月 福岡県東峰村・小石原  
    2017年7月の九州北部豪雨で被災した東峰村を訪ねます。同じように被災した朝倉市から入る道は今なお復興途上にありました。気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    小石原ぶらり
    街の中心にある道の駅「小石原」の賑わいを見て一安心です。「小
    石原窯元マップ」を手に歩こうと思います。

    村役場小石原庁舎
    (写真をクリックすると拡大されます)

    東の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    右側に村役場庁舎を見て、まっすぐ東の方へ進みます。

    歩道
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    右前方に旧小石原小学校の校舎が見えます。歩道にはこのようにタ
    イルが埋め込まれています。

    皿山の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    つきあたって右折し、皿山の方へ。途中、右側には「ギャラリー
    小石原」の案内看板があります。

    窯元
    (写真をクリックすると拡大されます)                  
    道の両側には窯元が点在します。行者の小道へと進みます。

    行者杉(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    行者杉(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    行者杉(ぎょうじゃすぎ)とは、英彦山(ひこさん)に峰入りする
    修行者が身を清める際に行者堂周辺に植栽したと伝えられます。樹
    齢約200年から600年の老齢な杉が林立しています。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・福岡県 | 【2019-04-10(Wed) 16:42:24】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第254話 福岡県
    2017年9月 福岡県直方市・駅からウオーク
    直方市(のおがたし)は、第217話でご紹介した飯塚市、田川市と並んで筑豊三都に挙げられます。いずれも、五木寛之さんの「青春の門」、のイメージです。博多駅から直方行の快速電車で1時間、直方駅に着きます。気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    直方駅から
    直方駅から東へは、平成筑豊鉄道(直方~行橋)が走っています。石炭輸送のための
    鉄道網のひとつだったかと想像します。そして、ボタ山が残っていたらいいなって、胸を
    膨らませました。

    直方駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    南の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅の東側に明治町商店街があります。そのアーケード入口近くの観光物産振興協会
    で「『お』のつく のおがた」という冊子をいただきました。駅前から南の方に歩くことにし
    ます。

    直方市石炭記念館(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    直方市石炭記念館(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    線路に併走して進むこと約15分、右手に多賀神社を見ながら案内板の前に着きます。
    線路を跨ぐ橋を渡ると左手にあるのが「直方市石炭記念館」です。コペル32号蒸気機
    関車は1925年、炭鉱専用にドイツから輸入され、閉山まで走り続けたそうです。

    向野堅一記念館
    (写真をクリックすると拡大されます)
    石炭記念館の案内板まで戻り、今度は東へ歩くこと5分、向野堅一記念館です。1922
    年に開業した総合病院跡で、向野堅一(こうのけんいち、1868~1931年)氏は、満州
    に名を残す経済人です。

    バス通りに
    (写真をクリックすると拡大されます)
    今度は北へ進みます。とのまち通り、ふるまち通り、アーケードが続きます。バス通りに
    出たら右折します。視線の先に少しだけ日の出橋が見えます。

    遠賀川
    (写真をクリックすると拡大されます)
    10分足らずで日の出橋の手前に着きました。南へ10mほど進み、東部方面が良く見
    える場所に立ちます。波静かな遠賀川、その向こうには福智山(900.8m)を中心に、
    左手には平均標高600m級の鷹取山や尺岳が見えます。冒頭の「ボタ山」ですが、直
    方には残ってないという話でした。ボタ山探しの旅、新たなテーマになりました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2017-10-06(Fri) 10:53:37】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第205話 福岡県
    2017年1月 福岡県福津市・駅からウオーク
    福津市(ふくつし)は、旧福間町と旧津屋崎町が合併して誕生しました。博多駅から小倉行の快速電車でおよそ30分、福間駅に着きます。気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR福間駅から
    本日の目的地は、宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)です。昨年放映されたCMをきっかけ
    に有名になったという新聞記事に惹かれ、やって来ました。

    JR福間駅西口
    (写真をクリックすると拡大されます)

    駅前から西の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅構内の「福間駅周辺地図」を見て、道を確かめます。西の方へバス通りを進み、交差点
    をめざします。

    県道を北へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    予想通りの交差点を右折します。県道502号線ですね。出会ったバスを見て、帰路はバス
    利用可とニンマリ。

    宮地嶽神社前交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    玄界灘に向き合う浜辺にも行きたいなと思いつつ、冷たい風を感じながら歩くこと30分、
    宮地嶽神社前交差点に着きました。沿道の老舗旅館が印象的です。

    宮地嶽神社(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    宮地嶽神社(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    鳥居を潜り、石段を登りきって振り返ります。ここで気づきました。「沈む夕日」まではまだ
    時間があります。

    宮地嶽神社(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    参道の先の玄界灘に浮かぶのは、相島(あいのしま)です。有名になったというきっかけの
    「光の道」は、2月と10月の数日だけだそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2017-01-12(Thu) 15:22:32】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第180話 福岡県
    2016年10月 福岡県宇美町・駅からウオーク
    宇美町(うみまち)はどんな町だろう。知識がない私にはイメージができません。鉄道の終着駅ということも興味を駆り立てます。博多駅から篠栗線の電車に乗りました。気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR宇美駅から
    どこの駅でもホームに「名所案内」という白看板がありますね。そこには唯一、宇美八幡宮 安産の神、
    とありました。ここに行かなくっちゃ。すぐに駅の外に出ます。

    JR宇美駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    駅前から西の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅前の広場にある「宇美町周辺ガイド」看板を見て、道順を確かめます。未知の世界に足を踏み入れ
    るわくわく感、いいですね。西の方へバス通りを進みます。

    宇美八幡宮(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    宇美町役場入口交差点を右折します。二つ目の信号まで来ると右手に宇美八幡宮があります。

    宇美八幡宮(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    中に入ると赤ちゃんを抱いた家族連れがちらほら見えます。奥に歩くと大きな楠木があります。湯蓋の
    森(ゆふたのもり)です。国の天然記念物指定が1924(大正13)年、随分古いですね。

    子安新橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    外へ出て、子安通りを歩きます。子安新橋を渡ると宇美公園です。

    宇美八幡奥宮
    (写真をクリックすると拡大されます)
    公園の一角、歩いてきた通りのほぼ正面、宇美八幡奥宮に着きました。背面には比較的新しい住宅
    街が広がります。

    廃線跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    来た道を引き返し、子安通りから左折した後、駅までの近道を探ります。写真のような、不思議な通り
    がありますが、何とこの道は廃線跡です。かつての国鉄勝田(かつだ)線だと聞きました。博多駅の隣、
    吉塚駅とここ宇美駅とが結ばれていたそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


      

    街歩き・福岡県 | 【2016-10-06(Thu) 09:58:07】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第175話 福岡県
    2016年9月 福岡県久留米市・駅からウオーク
    第25話以来の久留米市です。台風16号がゆっくりと九州に近づいているという情報がありましたが、「初心を貫く」という思いでの訪問でした。
    気ままな1時間半近いタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR久留米大学前駅から
    JR久留米駅から大分県へ向かう久大線は、いわゆる地方交通線ですが、市内の駅間距離は
    比較的短いようです。今回の目的地は、歩きながら決めることにして駅舎を出ます。

    JR久留米大学前駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎を出たら南側でした。期待通りに駅周辺案内図が見えます。高良大社(こうらたいしゃ)
    までなら行けそうですね。

    嬉しい標識
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東南の方向だとわかりましたが、距離が気になります。嬉しい標識が目に入り、目的地に決め
    ました。すぐ先の「高良山入口」交差点を左折した後は直進します。

    一の鳥居
    (写真をクリックすると拡大されます)
    正面に見えた鳥居は、高良大社の一の鳥居で、1655年の建立だそうです。

    御手洗橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    5分余り歩くと車道と分かれた歩道があり、まもなく御手洗池(みたらいいけ)があります。

    参道
    (写真をクリックすると拡大されます)
    御手洗橋を渡り、石段を少し進んで行くと次第に参道の趣を帯びてきます。途中の案内板に
    よると、参道コースは歴史の道だと言われ、馬蹄石(ばていせき)や伊勢御祖神社(いせみお
    やじんじゃ)などがあります。

    孟宗金明竹林
    (写真をクリックすると拡大されます)
    一の鳥居から1時間足らず、孟宗金明竹林(もうそうきんめいちくりん)が現れました。金明竹
    は全国にありますが、孟宗竹はここを含めて全国に4ヶ所あるそうです。

    高良大社鳥居
    (写真をクリックすると拡大されます)
    5分もしないで大社下の鳥居に着きます。が、高良大社は現在修理工事中だと聞き、本日は
    ここでゴールとします。スタート時の小雨もすっかり上がっています。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村

      

    街歩き・福岡県 | 【2016-09-23(Fri) 14:35:44】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第168話 福岡県
    2016年8月 福岡県大牟田市・駅からウオーク
    大牟田市のイメージは、私たち世代でいうと三池炭鉱、でしょうか。本日は新幹線を利用したことから、イメージとは別の風景を見ることになりました。気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR新大牟田駅から
    駅構内の地図を見ると、在来線の大牟田駅までは1時間以上かかるようです。というわけで、
    「新おおむた駅周辺歩きMAP」(大牟田観光協会)を手に、駅周辺を歩きます。

    JR新大牟田駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    新大牟田駅の時刻表を見ると、各駅停車「つばめ」だけが停車します。博多以遠との行き来
    は、乗り換えが必要ですね。

    団琢磨之像
    (写真をクリックすると拡大されます)
    団琢磨之像です。1858年福岡藩士の家に生まれ、後に三井財閥のトップになった人です。
    時代が石炭を必要としているという判断と行動力は、凡人の及ばないところです。

    住宅街
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎を出たのは西側です。高架下を北に潜り抜けて、バス通りを「稲荷山団地入口」まで進
    みます。吉野こどもクリニックに沿うように右折し、緩やかな坂を登って行きます。

    釈迦堂八幡神社(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    釈迦堂八幡神社(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    左手に天満神社を見ながらまっすぐ道なりに。家がまばらになる中、高架下を進みます。や
    がて見えるのが釈迦堂参道と釈迦堂八幡神社です。いわゆる観光地化されていないため、
    地域に溶け込んでいるように思えます。

    釈迦堂公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    草を踏み分けて南の方へ登ると、右手に釈迦堂公園があります。

    ビューポイント
    (写真をクリックすると拡大されます)
    歩車道に出ると右折し、住宅街の先にそれらしき場所がありました。手持ちのMAPに「新幹
    線ビューポイント」と表記されている所です。初めての街で期せずして、格好のポイントに来
    ました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2016-08-29(Mon) 11:45:17】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第142話 福岡県
    2016年6月 福岡県筑紫野市・駅からウオーク
    第68話でご紹介した春日市から南へ、大野城市のさらに南隣にあるのが筑紫野市です。前にも述べたように最近の街歩きでは、街を見下ろす小高い山を探すことが多いのですが、格好の場所がありました。
    気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR二日市駅から
    駅を出ると東側になります。「ちくし野天拝やまぐち 里山マップ」を見ると右手
    (南側)に向かうのがよさそうです。

    JR二日市駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ところが「天拝山歴史自然公園」への標識にしたがうと北側に向かうよう案内
    してます。というわけで北側にある踏切を渡って道なりに進むことに。

    二日市温泉
    (写真をクリックすると拡大されます)
    住宅街を抜けると少し広い道に。御前湯に代表される二日市温泉の通りです。
    「博多の奥座敷」と称されます。

    天拝山歴史自然公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    九州自動車道の下を通って天拝山歴史自然公園への道を緩やかに登ります。
    山登りの格好をした人々も少なくありませんね。すぐ近くに九州最古の寺と言
    われる武蔵寺(ぶぞうじ)があります。境内には901年、菅原道真(すがわら
    みちざね)が大宰府に左遷された当時、身を清めたといわれる「柴藤の瀧(し
    とうのたき)」があります。

    一合目
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本日の目標である天拝山(てんぱいざん)、一合目です。期待していた通り、
    普段着で登れる道のようです。

    ここから階段
    (写真をクリックすると拡大されます)
    およそ30分で階段にかかります。標識には「ここから436段」です。

    天拝神社
    (写真をクリックすると拡大されます)
    レベルは山登り初級、でしょうか。登山靴不要です。階段にさしかかって約15
    分、標高258mの山頂には官公(かんこう)を祭る天拝神社(菅原神社。すが
    わらじんじゃ)に着きました。菅原道真が無実の罪をはらすため山頂にたって
    天を拝んだという伝説から天拝山と呼ばれるそうです。

    山頂からの眺望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    写真は山頂から北東の方を眺めたものです。中央の最も高い山は、第26話
    でご紹介した宝満山(ほうまんざん。標高829m)です。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2016-06-14(Tue) 16:43:14】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 91話 福岡県
    2015年11月 福岡県篠栗町・駅からウオーク
    博多の街に近く、ローカル線を感じられる旅。それに加えて前から見たいと思っていたものに会いたくて、わくわくしながら列車に飛び乗りました。
    気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR筑前山手駅から
    見たいと思っていたのはJR駅のすぐ近くだと思い、ひとつ手前の筑前
    山手(ちくぜんやまて)駅で降りることにしました。駅間距離もわからず、
    行き当たりばったりのウオーキングです。

    JR筑前山手駅(1)   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    JR筑前山手駅(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    乗降客は私一人。ホームは直下の道路から相当の高さにあり、橋脚
    にくっつくように四角柱の「駅舎」があります。時刻表を見ると、朝夕を
    除くと1時間に1本の普通電車が走ります。

    国道201号線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「篠栗町遊歩道周辺案内図」が楽しめる道のりを案内していますが、
    今日は国道201号線をひたすら歩くのみです。ほぼ多々良川と併走
    しています。
       
    南蔵院入口
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    歩き始めて50分ほどで南蔵院の前までやって来ました。年間100
    万人を超える人が訪れる、四国霊場のひとつだそうです。
                 
    御神木の雷神様                           
    (写真をクリックすると拡大されます)
    境内を緩やかに登っていきます。ここでは桜や紅葉など多くの植物が
    楽しめます。御神木の雷神様(ごしんぼくのらいじんさま)です。

    平家落人伝説の地   
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    平家谷といわれるこの谷は、平家落人(へいけおちうど)の地という
    伝説があります。写真右の「不動の滝」は、落差5mだそうです。南天
    稲荷の108階段を登ると新たに建立されたという堂宇がありました。

    釈迦涅槃像
    (写真をクリックすると拡大されます)
    会いたかったものというのは、「釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)」です。
    ミャンマーやネパールの子供たちに医薬品、ミルク、文房具などを贈
    り続けた返礼に、ミャンマーから贈られたお釈迦様などをまつるため
    に建てられ、今年で丸20年を迎えたそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村






    街歩き・福岡県 | 【2015-11-13(Fri) 15:50:08】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 78話 福岡県
    2015年8月 福岡県中間市・駅からウオーク  
    ユネスコの世界文化遺産に「明治日本の産業革命遺産」が決まりました。構成資産の一つ、「遠賀川水源地ポンプ室」を訪ねました。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR筑前垣生駅から
    これまで世界遺産と言われる施設を訪問したことは何度かありました。
    でも自分の意志で訪れるのは初めてのこと。ウオーキングで行けるなん
    て嬉しいことですね。

    JR筑前垣生駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    特急列車は折尾駅に停車、普通列車に乗り換えて直方方面へ。無人の
    筑前垣生(ちくぜんはぶ)駅に降り立ちました。

    左手に垣生公園
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    駅の敷地内にある「中間(なかま)市総合案内板」を見て、垣生(はぶ)公
    園に立ち寄ることにしました。南側の狭い車道を右へ進むと広い道路に
    出会います。左手奥に垣生公園が見えました。

    公園ウオーキングコース
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    入口の案内板「垣生公園ウオーキングMAP」には100mごとに目印が
    表示。1周1300mを迷わずにウオーキングできそうです。

    垣生神社
    (写真をクリックすると拡大されます)
    勾配も緩やかで静かに歩けるコース。1100mまで来ると埴生(はぶ)神
    社への階段があります。地域交流センターの方に出ることにしました。

    おんがはし
    (写真をクリックすると拡大されます)
    先ほどの広い道路に戻り、東に向かいます。遠賀川(おんががわ)に架
    かる「おんがはし」を渡ってすぐ右折します。

    堀川の中間唐戸
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手に遠賀川を見ながら歩いていくと水門「堀川の中間唐戸(なかまか
    らと。1762年完成)」があります。運河の堀川に遠賀川から水を取り込
    みます。近くの地面に渓谷に架かる橋が描かれています。トリックアート
    です。

    遠賀川水源地ポンプ室
    (写真をクリックすると拡大されます)
    赤れんが造りの建屋にはツタが絡まり、歴史の重さを感じさせます。鉄
    づくりに必要な水を送るため、1910年に操業開始。今も現役だそうで
    す。遠賀川の水は豊富なんですね。                                  
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・福岡県 | 【2015-08-21(Fri) 16:15:18】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 72話 福岡県
    2015年7月 福岡県北九州市・駅からウオーク  
    第71話に続く北九州市です。門司は北九州市が発足した際の五つの市のひとつ、旧門司市です。鉄道の終着駅、また駅舎として日本初の国の重要文化財に指定された門司港のシンボル、でしたが。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR門司港駅から
    テレビで見たことがある門司港レトロ。印象的だったひとつが駅舎。
    今日対面できる、かな。

    JR門司港駅  
    (写真をクリックすると拡大されます)                  
    明治~昭和初期にかけ、大陸航路の玄関口として栄えた門司港。
    あいにく現在、駅舎は保存修理工事中でした。

    第1船だまり
    (写真をクリックすると拡大されます)  
    門司港レトロマップを見ながら旧大阪商船(1917年建築)、旧門
    司三井倶楽部(1921年建築)を囲むように歩き、第1船だまりに
    来ました。旧門司税関(1912年建築)、隣のマンションの31階は
    門司港レトロ展望室です。

    関門トンネル
    (写真をクリックすると拡大されます)  
    レトロを離れ、山側へ進むと国道2号線に出ます。10分もしない
    うちに関門トンネルが見えました。大型車が行き交っています。

    和布刈神社
    (写真をクリックすると拡大されます)  
    再び海の方へ歩き、バス通りをひたすら北に向かいます。和布刈
    神社(めかりじんじゃ)鳥居を過ぎ、トロッコ列車の線路を渡ります。

    和布刈観潮公園
    (写真をクリックすると拡大されます)  
    スタートからおよそ1時間半、和布刈(めかり)観潮公園に着きま
    した。

    対岸の下関   関門橋
    (写真をクリックすると拡大されます)                   (写真をクリックすると拡大されます)
    公園のベンチで一休みします。梅雨の最中の平日だからでしょう
    か、人はまばらです。対岸の下関の街が近くに見えます。右手に
    見上げる関門橋はさすがに大きいですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・福岡県 | 【2015-07-07(Tue) 13:17:23】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 71話 福岡県
    2015年6月 福岡県北九州市・駅からウオーク  
    第15話以来の北九州市です。若松は北九州市が発足した際の五つの市のひとつ、旧若松市です。五市合併のこの時、私は小学生だったと記憶します。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR若松駅から
    いつか登りたいと思っていた高塔山。20代の時に北九州市の山に
    ドライブしたのですが、それがどこの山だったか覚えがありません。
    今日その答えが見つかる、かな。

    JR若松駅
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    特急列車は折尾駅に停車、乗り換えた2両連結の普通列車はホー
    ム1面の終着駅・若松に着きます。

    北東の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    駅前の地図を見て登り道を探ります。車道を行けば迷わないと思い、
    左に回り込むように線路に並行して歩きます。道路標識に従い、お
    よそ20分で白山神社の前に来ました。

    佐藤慶太郎翁銅像
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    ここからは佐藤公園の中に登り道がありそうです。明治の若松で「石
    炭の神様」と呼ばれた佐藤慶太郎(1868~1940年)翁が、東京府に
    寄付した資金で東京都美術館が出来たそうです。

    若戸大橋
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    再び車道に出て車に注意しながら歩きます。他にも前後を歩く人た
    ちがいて車は徐行しますが、ちょうど若戸大橋が見えました。梅雨
    時期の曇天なのがここでも残念です。

    あじさい
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    若戸大橋は手前の若松と対岸の戸畑を結びます。歩行者は通れな
    いそうです。メジロやホオジロがいるという野鳥の森には入らずに約
    15分、高塔山公園の敷地に入るとすぐあじさい群が迎えてくれます。
    今週、「あじさい祭り」が開催されるそうです。

    展望台から(1)   展望台から(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   (写真をクリックすると拡大されます) 
    公園は、日曜日というだけあって大勢の人で賑わっています。展望
    台からは曇天とはいえ、洞海湾や足立山が見えます。夜景の美しさ
    も有名という話です。広い敷地内には、河童封(かっぱふう)じの地
    蔵尊(じぞうそん)や作家の火野葦平(ひのあしへい。1906~1960年)
    文学碑などがあります。冒頭の答えは、初めて来る公園、でした。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・福岡県 | 【2015-06-17(Wed) 21:33:24】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 68話 福岡県
    [弥生文化] ブログ村キーワード2015年5月 福岡県春日市・駅からウオーク  
    春日は福岡市の南に隣接する街です。昔読んだ「春日市(かすがし)には奴国(なこく)の王都(おうと)があったと推定されている」という記事が気になっていました。
    気ままな3時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR春日駅から
    冒頭にご紹介した記事によると、弥生時代に春日市域で弥生文化が
    花開いた、とあります。現地を歩けば何かがあるだろうと思い、春日市
    に向かいました。

    JR春日駅西口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    市の玄関駅は春日駅だろう、と勝手に決めて降車しました。予め決め
    ていたのは、弥生時代に出会う奴国探索と、実はもう一つありました。

    西の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    好天のおかげで西の山の下に本日のゴールが、あいにく見えません。
    が、福岡平野いっぱいに景色が広がります。

    白水大池公園    
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    駅西側の道路を南に進み、市役所の先を右折します。南に接する春
    日公園は、野球場も備える広い敷地です。テニスコートの南側を春日
    大通りに抜け、春日神社を覗いた後、春日の杜通りを南西に歩きま
    す。沿道の地図にあった白水大池をめざすことにしました。

    大土居水城跡
    (写真をクリックすると拡大されます)

    天神山土塁  
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    春日南通りを右折するとほぼ北に向かうことになります。やがて白水
    大池公園、ここも広い敷地なので少し覗くだけにします。スタートして
    からまもなく2時間、ようやく大土居水城跡(おおどいみずきあと)に。
    さらに西へ15分、天神山土塁(てんじんやまどるい)に着きました。

    天神山古墳
    (写真をクリックすると拡大されます)
    大土居水城跡、天神山土塁いずれも大和朝廷が大宰府(だざいふ)を
    守るために664年に造ったことが知られ、そばの天神山古墳(てんじ
    んやまこふん)は丘陵部も含めて国の特別史跡だそうです。弥生時代
    のこの地に多数の集落や墓地が形成されたという話が残っています。

    JR博多南駅
    (写真をクリックすると拡大されます)                 
    予め決めていたゴールは、実はJR博多南駅でした。新幹線が博多駅
    に乗り入れたのは1975年、現在は博多駅とここ博多総合車両所との
    間を営業運転されています。「魏志倭人伝」の奴国は福岡平野にあっ
    たのでしょうか、そんなことを想いながら博多駅に向かいました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・福岡県 | 【2015-05-15(Fri) 16:05:51】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 25話 福岡県
    2014年6月 福岡県久留米市・駅からウオーク  
    久留米は福岡県で3番目に多い人口を擁する街です。滅多にない小雨の中での散策でしたが、城下町の面影を見ることができました。
    気ままな2時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR久留米駅から
    久留米市観光案内所で「まちなか散策マップ」をもらいました。
    Bコース「城下町久留米と歴史を訪ねる」に挑戦することに。東
    口からスタートです。

    JR久留米駅東口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    今から30年余前に見たJR久留米駅は、すっかり生まれ変わ
    っていました。東に向かって歩を進めます。

    ブリヂストン通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    JR交番前交差点を左へ。ここからでしょうか、ブリヂストン通
    りの起点のようです。文字どおり企業名ですが、1955年12月
    15日に市に寄贈された道路だそうです。1200メートルの沿
    道には工場などが立ち並んでいます。

    久留米城跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    篠山城南交差点を北西の方へ進むと久留米城跡に着きま
    す。北筑後を治めた久留米藩主有馬氏の居城跡です。現
    在は本丸跡が残り、城壁や内壕が往時を語ります。

    筑後川上流を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    西へ進むと筑後川に出ました。右手の丘を見ると、自然を
    生かして築城されたことがわかりますね。

    梅林寺外苑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    サイクリングロードを南へ歩きます。JR線の鉄橋下を過ぎ
    て再び道路に上がると、有馬氏の菩提寺である梅林寺で
    す。梅林寺外苑は、広さ約3000坪もあり、2月~3月には
    観梅の人々が多く訪れるそうです。

    日輪寺古墳
    (写真をクリックすると拡大されます)
    南へ歩くと水天宮があります。全国の水天宮の総本宮だ
    そうです。近くの京町小学校北に日輪寺があり、その境内
    に前方後円墳の後円部が残存しています。日輪寺古墳で
    す。写真は横穴式石室を覆う覆屋です。

    JR久留米駅西口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    建物の間からJR久留米駅が見えました。西口にゴールで
    す。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2014-06-22(Sun) 16:09:49】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 15話 福岡県
    2014年3月 福岡県北九州市・駅からウオーク  
    小倉は関門海峡をはさんで本州と向き合う北九州市の拠点として栄えた街です。これまでは電車で通過するばかりで、下車することがほとんどありませんでした。
    気ままな2時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR小倉駅から
    目標は、JR小倉駅南口から延びる都市モノレールに沿って
    歩くこと。が、駅の外で聞くと2時間はかかると言われ、予定
    を変更しました。

    JR小倉駅南口(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    モノレール軌道の先を見ると、次の「平和通り」駅が見えま
    す。さらに一駅先の「旦過(たんが)」駅をめざします。川の
    手前を左へ曲がるとすぐ、「無法松の碑」があります。

    無法松の碑
    (写真をクリックすると拡大されます)

    旦過市場
    (写真をクリックすると拡大されます)
    小説「富島松五郎伝」の主人公「無法松」の碑、映画化によ
    り全国に知られるようになったとか。「旦過市場(たんかいち
    ば)」は魚屋をはじめ、八百屋、果物屋、肉屋、惣菜屋など、
    多くの店が庶民の台所として賑わうそうです。小文字通りへ
    出てすぐ左折、紫川にかかる「中の橋」を進みます。左手
    (南側)には文学館など市の施設が広がり、この交差点を
    右折します。

    松本清張記念館
    (写真をクリックすると拡大されます)

    小倉城
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「点と線」「砂の器」などで知られる松本清張氏は小倉生ま
    れ。小説を読んで以来、東京駅に興味を覚えたような気が
    します。小倉城は1602年築城、屈指の規模だったそうです。
    1959年再建の天守閣は小倉のシンボルです。

    常盤橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    再び紫川を、今度は鴎外橋を歩き、東へ進みます。井筒屋
    デパートを右に見ながら北の方をめざします。常盤橋は、珍
    しい木の橋です。

    小倉駅南口(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    京町銀天街を一気に東へ。モノレール通りの手前の狭い通
    りを駅方向へ歩くと、森鴎外京町住居跡碑に出会います。再
    び小倉駅前に戻りました。城下の様々な史跡・旧跡から、歴
    史の香りを感じることができました。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2014-03-07(Fri) 16:35:04】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    10 | 2019/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    月別アーカイブ
    最新記事