プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

地震情報サイト JIS

カテゴリ(全記事が見られます)

最新記事

全記事(数)表示

全タイトルを表示

検索フォーム

算数力トレーナー

ポチッと電卓くん!


ポチッと電卓くん! ver.1.0
Copyright(C)2015〓KANE〓

英検2級単語ドリル 黒猫版


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

日本語→英語 自動翻訳

English
♥. ♠. ♣Alice

親父の街歩き山歩き
できれば毎月、知らない街を歩いたり山に登ったりして、風景などを記事にします。
第252話 長崎県
[旧居留地] ブログ村キーワード2017年9月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
第240話以来の長崎市です。猛暑が去った後、本日は坂本龍馬ゆかりの寺を訪ねます。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR長崎駅から
長崎駅構内の観光案内所で「NAGASAKI長崎MAP」を貰い、目的の寺三か所の所在を
教えていただきました。いずれも、意外に近い、です。

JR長崎駅
(写真をクリックすると拡大されます)

駅前商店街
(写真をクリックすると拡大されます)
本日のコースは、とてもシンプル。駅前の筑後通りをめざします。正面の高架広場の先
を降りると駅前商店街です。ちゃんぽん等の店が並び、中華街を思わせます。直進し、
階段と緩やかな坂を登り、突き当ると筑後通りです。

筑後通り
(写真をクリックすると拡大されます)
筑後通りはホテル、住宅のほか山側に八つの寺が並ぶように建っています。

福済寺
(写真をクリックすると拡大されます)
1628年創建の福済寺(ふくさいじ)は、勝海舟に同行した坂本龍馬が、初めて長崎に
滞在した場所といわれます。北隣には万国霊廟長崎観音(ばんこくれいびょうながさき
かんのん)が建っています。

聖福寺
(写真をクリックすると拡大されます)
1677年創建の聖福寺(しょうふくじ)は、海援隊のいろは丸事件(1867年5月)の交渉
の舞台となった場所です。一帯は、電車通りに近いのですが、少し小高い所にあるせい
か静寂ですね。

眼鏡橋
(写真をクリックすると拡大されます)
この後、長崎歴史文化博物館の前を通り、一直線に中島川まで歩きます。最初に出会
う古町橋(ふるまちばし)の手前で右折、川沿いに下流域へと進みます。多くの観光客の
様々な「言語」を聞きながら、眼鏡橋に着きました。

晧台寺
(写真をクリックすると拡大されます)
中島川で最も古い石造アーチ橋、眼鏡橋(めがねばし)を渡って直進します。左手に諏訪
小学校を見ながら突き当ったら右折、すぐに左手に、1608年創建の晧台寺(こうたいじ)
が見えました。墓の一画には、海援隊の近藤長次郎の墓があるそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第240話 長崎県
2017年7月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
第234話以来の長崎市です。第125話でご紹介した稲佐山展望台と結ばれるロープウエイ乗り場を訪ねました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR浦上駅から
鉄道の終着駅である長崎駅のひとつ手前が浦上駅です。本日も猛暑の中、果敢にも
街歩きに挑戦します。

JR浦上駅
(写真をクリックすると拡大されます)
浦上駅は高架工事中のため、臨時の地下歩道を通って西側に向かいます。

陸橋
(写真をクリックすると拡大されます)
地下歩道を出るとすぐ歩道橋です。道路そして浦上川を渡り、浦上川通りをめざしま
す。南の方に稲佐山が見えます。

梁川公園前交差点
(写真をクリックすると拡大されます) 
梁川公園(やながわこうえん)前交差点をまっすぐ南へ歩きます。涼しい季節には、こ
こから右折して稲佐山に登ると楽しいかも。

浦上川通り
(写真をクリックすると拡大されます)
浦上駅をスタートしておよそ40分で目的地の近くに着きました。標識に沿って緩やか
な坂道を登ります。

淵神社
(写真をクリックすると拡大されます)                   
駐車場の先に見えたのが淵神社。長崎ロープウエイ・淵神社駅はこの中にあります。
 
桑姫社
(写真をクリックすると拡大されます)                   
境内を進むと桑姫社です。キリシタン大名・大友宗麟の孫である「桑姫」を祀ったもの
で、縁結びの神として知られています。左側奥に小路が見えたので登ることにします。

長崎ロープウエイ
(写真をクリックすると拡大されます)
少し進むと道が途切れます。後ろを振り返ると、ロープウエイが発車するところでした。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第231話 福岡県
2017年5月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
第216話以来の福岡市です。年に何度か訪れる場所をめざしますが、本日はいつもと違った駅で降車しました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


地下鉄室見駅から 
ずいぶん昔、福岡市から唐津市にドライブする途中に通過した街「室見(むろみ)」。当時は
地下鉄が建設中でした。室見川を見ながら、ゆっくり歩きます。

地下鉄室見駅
(写真をクリックすると拡大されます)
地下鉄室見駅5番出口から地上に出ます。

室見橋から
(写真をクリックすると拡大されます)
明治通りを西の方へ歩くとすぐ、室見川に架かる室見橋(むろみはし)です。北の方に福岡
タワーが見えます。

愛宕通り
(写真をクリックすると拡大されます)
室見橋西詰交差点を右折、都市高速の下は愛宕通りです。室見川に沿って愛宕東公園の
中を通り、北の方に進みます。

サザエさん通り
(写真をクリックすると拡大されます)
愛宕大橋交差点を右折して東に向かいます。よかトピア通りを20分程進むと博物館前交差
点です。ここから西新通り交差点までは、第105話でもご紹介した「サザエさん通り」の一部
になります。

よかトピア通り
(写真をクリックすると拡大されます)
そのまま東に進みます。左手には西南学院高校の校舎が並びます。

百道浜橋
(写真をクリックすると拡大されます) 
樋井川(ひいかわ)に架かるのは、百道浜橋(ももちはまはし)です。

ヤフオクドーム
(写真をクリックすると拡大されます)                   
通りの北側に見えたのが「ヤフオクドーム」。日本初の開閉式ドーム球場として知られてい
ます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第216話 福岡県
2017年2月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
第209話以来の福岡市です。以前にも述べたように、黒田藩の城下町という顔を持つ福岡市。久しぶりの舞鶴公園は梅の季節でした。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


地下鉄大濠公園駅から 
地下鉄駅の利点は、目的地へ向かうための出口案内や地図があるということでしょうか。
幸先良いスタートでしたが、後半は道に迷いました。

地下鉄大濠公園駅
(写真をクリックすると拡大されます)
地下鉄大濠公園駅5番出口から地上に出ます。大手門交差点を南へ入ります。緩やか
な坂を登りながら、いくつかの御門(ごもん)が見え、城下町の気分を覚えます。

福岡城跡
(写真をクリックすると拡大されます)

梅園
(写真をクリックすると拡大されます)
福岡城(別名舞鶴城)跡の一帯に入り、二ノ丸跡(梅園)に続く階段を登ります。梅の季節
に訪れることができて嬉しくなります。

赤坂3丁目交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
梅の花ひとつひとつに挨拶をしていると時間が過ぎるのを忘れますね。寒さに負けず、花
見客の皆さんも多いです。元の道に戻り、護国神社が見えたところで左折、すぐに赤坂3
丁目交差点に来ると右折して別府橋通りを進みます。

地下鉄桜坂駅  
(写真をクリックすると拡大されます)
10分ほどで六本松交差点です。ここで迷った挙句にY字に左折、緩やかな坂を登り、降り。
予感的中、目差す駅のひと駅隣りの地下鉄「桜坂」駅に着きました。

桜坂山の手通り
(写真をクリックすると拡大されます) 
目的地に近くなったことを良しとして、桜坂山の手通りをひたすら登ること15分余。

西展望台からの眺め
(写真をクリックすると拡大されます)                   
坂道を登りきったところで「西展望台」の標識が見えます。よし、ゴールが決まりました。写
真は西展望台からの眺めです。歩いてきた舞鶴公園は建物に隠れているものの、ご覧の
通りの景観です。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第210話 長崎県
2017年1月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
第201話以来の長崎市です。「長崎さるくコースマップ14 矢上・古賀」を片手に、第6話でご紹介した「ななつ星」撮影の駅をふたたび訪ねました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR肥前古賀駅から
文字通りの古賀地区は、「四百年の歴史を誇る植木技術と庭園」と謳われる植木の里です。
コースマップのおかげで、豊かな自然環境を楽しめました。

JR肥前古賀駅
(写真をクリックすると拡大されます)

東の方向へ
(写真をクリックすると拡大されます)
日中は1時間に1本の普通電車が発着する、小さな駅に降り立ちます。持参したコースマッ
プを頼りに、東に進みます。すぐに左折、線路の下をくぐり、しだいに急になる坂を登ります。

共楽園
(写真をクリックすると拡大されます) 
左手に松原公民館を見て、目の先にある交差点を見つけます。左折して共楽園の標識を
確認しながら登ると、風景が一変します。ここ松原町は、古賀植木の中心を担っているとい
われます。

恵比須神社に
(写真をクリックすると拡大されます)
散策道という標識のおかげで順調に、いつのまにか南へそして西へと進むと恵比須神社で
す。中に入ると「古賀植木創業記念碑」があります。マップにもあるゲートボール場の端を進
み、平坦になった道を北の方へ歩きます。

南荘園
(写真をクリックすると拡大されます)                   
南荘園もそうですが、一見個人宅の庭先に入る気分になります。それでも散策道の標識に
沿って歩くわけですから遠慮無用、でしょうか。スタートしてからおよそ30分で、越樹園です。
この先の久保田植木から東側の散策道を降りて戻ることにします。
 
松風園
(写真をクリックすると拡大されます)                   
松風園の前を過ぎると線路が見えてきます。辺りはとても静かで、時折、電車の通過する音
と近くの学校のチャイムの音が聞こえます。

スタート地点に
(写真をクリックすると拡大されます)
スタート地点の肥前古賀駅に西側から入ります。線路を跨ぐ橋を渡り、左手の階段を降りる
と駐車場広場です。数々の庭園や盆栽、そして豊かな自然に癒されました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第209話 福岡県
2017年1月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
第200話以来の福岡市です。再会を求めて、福岡県内最初の県立公園に向かいます。気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR博多駅から
博多口を出て、以前ご紹介したことのある大博通り(たいはくどおり)を歩いてスタートします。

JR博多駅博多口から大博通りを望む   
(写真をクリックすると拡大されます)
 
交差点を右折
(写真をクリックすると拡大されます)                   
お馴染みの地域なので、路地裏を意識しながら歩くことにします。祇園町交差点のひとつ手
前を右折します。

御笠川の下流を望む
(写真をクリックすると拡大されます) 
博多駅近くに神社や寺が意外に多いと知ったのはそれほど古い話ではありませんが、早速
というか寺が見えます。交差点を左折して南北に延びる承天寺通りを北に進みます。国道
202号線に出て右へ、御笠川を渡ります。

東公園の標識
(写真をクリックすると拡大されます) 
川沿いに北へ進み、千代2丁目交差点からは一気に東に歩くこと10分。右手の先に福岡市
民体育館が見え、少しづつ緑が多くなってきます。

前方に東公園
(写真をクリックすると拡大されます) 
さらに10分ほどで東公園の標識が見えたところで左側から入ることにします。おもしろいこと
に時計回りに、広い福岡県庁一帯を囲い込むようにして歩く結果になりました。

亀山上皇像
(写真をクリックすると拡大されます) 
東公園の西側から入ると案内図があります。冒頭に「再会」と言ったのは「亀山上皇銅像」で
す。50年以上も昔、小学校の修学旅行で見たのがこの銅像でした。勿論、銅像の主が誰だ
ったかは知る由もありません。

JR吉塚駅西口
(写真をクリックすると拡大されます) 
東公園の北側から出ると右手の先にJR吉塚駅が見えました。ところで亀山上皇(1249~
1305年)像は、元寇の際に「我が身をもって国難に代わらん」と祈願したといわれる故事を
記念し、建立されたそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第201話 長崎県
2016年12月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
第187話以来の長崎市です。第119話でご紹介した映画「母と暮せば」の山田洋次監督と主演の吉永小百合さんが、長崎市で開催された「ユース非核特使フオーラム」に出席されたという新聞記事を読み、原爆落下中心地公園を訪ねました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR浦上駅から
鉄道の終着駅である長崎駅のひとつ手前が浦上駅です。街に刻まれた原爆の脅威をもう一度、
自分なりに感じることができればと思いました。

JR浦上駅
(写真をクリックすると拡大されます)

前方にセントポール通り 
(写真をクリックすると拡大されます)
青い空の下、平日の浦上駅前通りを北へ進みます。いつものことですが、ゆっくり歩いて15分。
市電と分かれて直進します。通りの名はセントポール通り。

長崎原爆資料館
(写真をクリックすると拡大されます) 
通りの中ほど、一番高い所に来ると長崎原爆資料館があります。後方に長崎平和会館が見え
ます。近くには平和町という町名の住宅街があります。

東側から登る 
(写真をクリックすると拡大されます)
セントポール通りを下り、浦上天主堂通りを渡って川に沿って北へ。すぐ左手に見える階段を登
り、東側から平和公園に入ることにします。

平和の泉
(写真をクリックすると拡大されます)                   
階段を登りきった所は「長崎の鐘」のモニュメント背面でした。平和公園の中央に進むと、右手
には第107話でもご紹介した「平和の泉」が、その先に「平和祈念像」が見えます。この公園は
バス通りから一段高い所にあり、静けさの中で目を閉じて黙祷します。
 
原爆落下中心地公園入口
(写真をクリックすると拡大されます)                   

原爆落下中心地碑
(写真をクリックすると拡大されます)
平和公園の南側から階段を降りて外に出ると、左手に原爆落下中心地公園が見えます。紅葉
が綺麗ですね。公園の真ん中に中心地碑がありました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第200話 福岡県
2016年12月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
第144話以来の福岡市です。目的地には着いたものの、本日は地図を持たずに歩きましたので………。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR博多駅から
何度も訪れる街だからと簡単に考えていました。東へ真っ直ぐ進めば福岡空港に着くだろうと、
手ぶらでスタートしました。

博多駅筑紫口
(写真をクリックすると拡大されます)

東の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
福岡空港といっても本日は滑走路の西側、つまりは国際線ターミナルをめざします。というわけ
で、ひたすら東へ進みます。

東へ直進
(写真をクリックすると拡大されます)
交差点に来ても迷うことなく全て直進。道幅がやや狭くなったと感じながらも、ひたすら歩きま
す。

山王公園に
(写真をクリックすると拡大されます)
左手の幼稚園敷地が切れた所で行き止まりに。目の前には山王公園。カラー歩道を緩やかに
登り降りします。途中の「さくらの丘」には4月上旬~中旬に開花するというウコンもあります。
敷地の端にある博多市民センターに沿って左折、すぐに川の手前を右折してからは再び直進
します。

御笠川
(写真をクリックすると拡大されます)
川沿いに南へ暫く歩きますが、離陸する飛行機が左手前方に消えていくのが見えた時に、行き
過ぎたことに気づきました。

前方に都市高速
(写真をクリックすると拡大されます)
しだいに暗くなる中、ここ御笠川(みかさがわ)に架かる東光寺橋(とうこうじばし)を渡り、東那
珂2丁目の住宅街を抜けると都市高速が見えました。

福岡空港国際線ターミナル
(写真をクリックすると拡大されます)
都市高速の下を北へ歩くこと5分、右折したら福岡空港国際線ターミナルが間近です。ここまで
来ると、飛行機の離着陸音だけが耳に響きます。それにしても短くはない目的外「飛行」でした。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ



テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第199話 佐賀県
2016年12月 佐賀県佐賀市・駅からウオーク 
第189話以来の佐賀市です。滅多にない夕方ウオーキングの最後には予想もしない風景に出合いました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR佐賀駅から
師走の風が吹いている中を佐賀駅に降り立ちます。昔行ったことのある場所なのですが、
うまくたどり着けるでしょうか、再訪を試みます。

JR佐賀駅南口
(写真をクリックすると拡大されます)

中央大通り  
(写真をクリックすると拡大されます)
駅構内にある周辺案内の地図を見て、すぐに答えが出ました。どん3の森、正確には「ど
んどんどんの森」と言いますが、ここが本日の目的地です。

天神通り
(写真をクリックすると拡大されます)
中央大通り、別名シンボルロードを南へ。5分余りで着く唐人1丁目北交差点を右折、あ
とは天神通りを西へ歩きます。急に暗くなってきました。

メタセコイア並木    
(写真をクリックすると拡大されます)
駅をスタートして15分足らずで見えたのがメタセコイア並木、目的地に到着したようです。

ふれあい橋
(写真をクリックすると拡大されます)                    
ふれあい橋に来ました。ご覧のとおり、「市道どんどんどんの森線」なのですね。記憶が
曖昧なのですが、眼の先に見える建物が昔訪ねた所のようです。

どんどんどんの森 
(写真をクリックすると拡大されます)
ここ県の施設と向い合って、西側に立つのが市立図書館。北の方に広がる公園は、19
16年に設立された佐賀紡績の工場跡地の再利用だとか。ところで「どんどんどん」と3
回繰り返すのは、佐賀弁に特徴的な三連オノマトペ(擬音を3回繰り返す)の影響だそう
です。
    
サガ・ライトフアンタジー
(写真をクリックすると拡大されます)                    
道に迷わないようにと往路を戻ります。中央大通りが明るいなって思ったらご覧の通り。          
「サガ・ライトフアンタジー」は、来年1月9日まで楽しめます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
 

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第171話 長崎県
[旧居留地] ブログ村キーワード2016年9月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
第146話以来の長崎市です。台風12号が去った後、本日は中島川(なかしまがわ)を訪ねます。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR長崎駅から
持参したチラシ「さるくコースマップフリーゾーン 34」、それと構内の観光案内所でもらった
チラシ「Nagasakiまちなか長崎さるく03」、これら2冊を手に、本日は市電・蛍茶屋方面への
コースを歩くことにします。

JR長崎駅
(写真をクリックすると拡大されます)

東の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
本日のコースは、長崎駅前から東の方向に歩きます。市電の通りを市役所の方に向かいま
す。桜町駐車場を抜けて、桜町歩道橋を通るのが最短です。

公会堂前交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
公会堂前交差点です。市民会館を右に見ながら直進すると中島川が見えてきます。

一覧橋
(写真をクリックすると拡大されます)
手元の地図では端に表示される「一覧橋」(いちらんばし)です。川の上流から数えて6番目
でしょうか。最初、石造アーチ橋が1657年に架設されたそうです。長崎大水害(1982年)
の洪水で流失、後に復元されました。

東新橋
(写真をクリックすると拡大されます)
下流へ二つ目の東新橋(ひがししんばし)です。中国人が架設したと推測されています。こち
らも長崎大水害により流失、後に復元、だそうです。

魚市橋
(写真をクリックすると拡大されます)
すぐ隣が、魚市橋(うおいちばし)です。近くに魚市場があったことに由来します。

眼鏡橋
(写真をクリックすると拡大されます)
中島川で最も古い石造アーチ橋、眼鏡橋(めがねばし)です。1634年に興福寺(こうふくじ)
二代目住持の唐僧である黙子如定(もくすにょじょう。1597~1657年)により架設された
ことで知られています。石造の橋が古い時代に多く造られていたことにあらためて驚きます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第144話 福岡県
2016年6月 福岡県福岡市・駅からウオーク
第130話以来の福岡市です。市営地下鉄に乗りますが、本日は「見学」したいものがあり、郊外にある終点駅に向かいます。気ままな30分足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


地下鉄橋本駅から
一帯は畑が広がる長閑な街だった記憶があります。周囲を見渡すと、地下鉄
開業(2005年)とも相俟って、変貌する様子が覗えます。

地下鉄「橋本」駅
(写真をクリックすると拡大されます)
地下鉄「橋本」駅は、文字通り地下にありました。このあたり西区は郊外なの
で線路は地上に出ている、と思うのは早計でした。

もしかして
(写真をクリックすると拡大されます)
もしかして、と考えます。地図を見ると「見学」したいと思う施設に違いありま
せん。

外環室見橋西交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
外環室見橋西交差点の先は室見川(むろみがわ)です。川の手前を右折し
て南へ歩くことにします。

車両基地
(写真をクリックすると拡大されます)
予想通り、橋本車両基地です。遊歩道に沿ってフエンス越しに見える車両群
です。

室見川
(写真をクリックすると拡大されます)
室見川の向こう(東側)は、早良区(さわらく)です。できれば南側に連なる丘
に登りたいところですが、雨が落ちてきそうなので帰ることにします。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第130話 福岡県
2016年4月 福岡県福岡市・離島ウオーク
第129話に続く福岡市です。「離島ウオーク」は、これまで第92話及び第5話でご紹介しました。いずれも船または飛行機で行けるところです。が、本日ご紹介する志賀島(しかのしま)は、船のほかに陸路でも行けます。気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


志賀島(しかのしま)
第37話でご紹介した博多ふ頭(ベイサイドプレイス博多)から市営渡船で30分。
博多湾の北部に位置し、海の中道と陸続きという全国的にも珍しい島です。

市営渡船
(写真をクリックすると拡大されます)
市営渡船「きんいん」は、島と福岡市中心部とを比較的短時間で結んでいます。
土曜日の昼間の乗客は、ほぼ観光客で占められていました。

志賀島渡船場
(写真をクリックすると拡大されます)
渡船場は発着時を除けば閑散としています。金印公園が工事中のため、東部
の沿岸を歩くことにします。

参道
(写真をクリックすると拡大されます)
近くに志賀海神社(しかうみじんじゃ)があります。参道には海産物を売る商店
や食堂があり、静かですね。島は弘安の役(1281年)では元軍に占領された
そうです。

志賀海神社
(写真をクリックすると拡大されます)
志賀海神社は全国の綿津見神社の総本宮だそうです。周囲を森に囲まれてお
り、神社があることに気づきにくいようです。

東部沿岸
(写真をクリックすると拡大されます)
下の道路に降りて沿岸を北部に向かって歩きます。好天のおかげで玄界灘の
眺望はすばらしい。ですが、道路には歩道がなくて歩きづらいなあ。

二見岩
(写真をクリックすると拡大されます)
沿岸を歩き始めて30分足らず。引き帰す場所を思案していたら、格好の岩が
見えました。あとでわかったのですが、直径1mくらいの穴が開いているこの岩、
「二見岩(ふたみいわ)」というそうです。

一本道
(写真をクリックすると拡大されます)
海を貫く一本道からの全景です。ここ県道542号線を通る路線バスで福岡市
中心部と結ばれているそうです。前回(第129話)の最後に述べた通りに訪問
することができました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第129話 福岡県
2016年4月 福岡県福岡市・駅からウオーク
前回(第128話)ご紹介した博多駅に再びやって来ました。市営地下鉄に乗りますが、本日向かうのは野球観戦で時々訪れる駅です。が、東側から出ることにします。気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


地下鉄唐人町駅から
唐人町という町名は、各地にありますね。文字通りお寺のある街でした。
寺街散策を楽しみながら、目的地に向かいます。

地下鉄「唐人町」駅
(写真をクリックすると拡大されます)
時々訪れる駅でも、出口が違えば雰囲気も少し違って、別の街に来た
気分です。

唐人町商店街
(写真をクリックすると拡大されます)
地下鉄通りに出て、何歩か戻った所から北に伸びる道を進みます。3
分くらい歩くと右手に唐人町商店街があります。右折して進むアーケー
ドの商店街には、多くの食料品店や衣料品店、食堂などがあります。

唐人町3丁目
(写真をクリックすると拡大されます)
地図を見ながら、最初の交差点で再び北に伸びる道に。5分もしないで
右手に小学校、やがてお寺が見えます。左は正光寺(せいこうじ)、右は
大圓寺(だいえんじ)です。後方の五重塔は、九州初だそうです。

西公園西側入口
(写真をクリックすると拡大されます)
目的地は西公園です。よかトピア通りを北東方向に歩いているうちに福
浜団地に来ました。東の方を見ると緑に包まれた丘が見えます。スター
トしてからおよそ1時間、西側入口に到着です。

展望広場へ
(写真をクリックすると拡大されます)
思った以上に広い、そして静寂な森、ですね。出入口に案内図、各所に
は標識があるので、中央展望台まで迷わずに、山歩きの気分で行けま
した。

中央展望広場から
(写真をクリックすると拡大されます)
中央展望広場から福岡の街が一望できます。博多港は多くの航路があ
り、その賑わいが覗えます。

西側展望広場から
(写真をクリックすると拡大されます)
西南の方向に降りていくと西側展望広場があります。ここから博多湾の
出入口の方、右手に島が見えます。「明日、行ってみよう!!」
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ




テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第119話 長崎県
[平成の大合併] ブログ村キーワード2016年3月 長崎県長崎市・外海ぶらり  
第110話以来の長崎市です。そしてちょうど1年ぶりの外海町(そとめちょう)、映画のロケ地を訪ねます。平成の大合併で長崎市に編入され、このあたりは長崎市黒崎(くろさき)地区といいます。JR浦上駅前からバスで1時間足らず、「永田浜(ながたはま)」で下車することにします。
気ままな1時間余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


外海黒崎ぶらり
昨年の暮れに観たある映画、神秘的なシーンが印象的でした。最寄りのバス停
ではなく、ひとつ手前で下車します。

バス停「永田浜」
(写真をクリックすると拡大されます)
国道202号線を北上する車窓からは、まれに海の彼方に五島列島を見ること
もできるそうです。

国道から山道へ   
(写真をクリックすると拡大されます)

別名「花大根」
(写真をクリックすると拡大されます)                    
バス停そばの商店を右に見ながら、ゆるやかな車道を登ります。途中、枯松神
社(かれまつじんじゃ)に行くことにします。花大根が綺麗です。

枯松神社
(写真をクリックすると拡大されます)
標識があるおかげで道を迷うことはなく、参道を登っていきます。枯松神社に着
きました。もともとは潜伏キリシタンが集まってオラショ(祈り)を唱え、それを伝
承し、この地に宣教師ジワンの墓を建てたと伝えられます。

元の分岐点に  
(写真をクリックすると拡大されます)

国道に
(写真をクリックすると拡大されます)                    
参道と併走する車道を下り、もと来た道との分岐点を右に進むと、ふたたび国
道202号線に出ます。

黒崎教会
(写真をクリックすると拡大されます)
国道カーブの先に黒崎教会が見えます。第57話でご紹介したフランス人宣教
師ド・ロ神父の指導で1920年に完成。作家・遠藤周作の小説『沈黙』の舞台と
もなった黒崎の地に建つ教会です。冒頭の「映画のロケ地」ですが、昨2015
年12月公開の「母と暮らせば」(山田洋次監督)です。教会の中に入り、身廊
(しんろう)をゆっくりと主祭壇に向かって歩きながら、映画の神秘的なシーンを
思い出していました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第113話 福岡県
2016年2月 福岡県福岡市・駅からウオーク      
第105話以来の福岡市です。「住宅街の向こうに突然現れる青い海」、福岡市内で手に取った冊子を何気なく読んでいたら、興味ある見出しが目に入りました。
気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


西日本鉄道・三苫駅から
福岡市内の海岸は、第89話第84話などでもご紹介しましたが、本
日は比較的短時間でたどり着く自然を求めて、三苫(みとま)駅を降り
ました。

西日本鉄道・三苫駅
(写真をクリックすると拡大されます)
橋上駅舎の改札口を出てすぐ地図を見ます。西口から出て北の方向
に進むことを確かめます。

北の方向を望む  
(写真をクリックすると拡大されます)

梅の花
(写真をクリックすると拡大されます)                    
県道538号線に出るまでにそう時間はかかりません。少し北側に見
える信号に向かいます。三苫浜中央公園入口交差点を渡り、右手に
三苫小学校を見ながら緩やかな坂を上っていきます。左手には小さ
な花を咲かせたウメの木が迎えてくれました。

綿津見神社  
(写真をクリックすると拡大されます)

石段を降りる
(写真をクリックすると拡大されます)                    
住宅街を歩きますが、この先に海があるとは思えませんね。とすぐに
綿津見神社が見えます。左手の小道に入ります。石段を一歩ずつ降
りるとその先に、海岸風景が広がっていました。

三苫海岸(1)   
(写真をクリックすると拡大されます)
三苫海岸(2)
(写真をクリックすると拡大されます)                    
曇天のせいか、波を待つサーフアーが一人(写真1)、右の方には玄界
島(写真1)が見えます。海岸は北の方に続きます(写真2)。海水浴場
でもあり、透明度が高いと聞きました。自然の豊かさを実感できますね。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ





テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第111話 熊本県
2016年2月 熊本県熊本市・駅からウオーク
第55話以来の熊本市です。そこでご紹介した熊本電鉄・上熊本駅で見た「東急・目蒲線を走っていた車両」なのですが、新聞報道で引退を知って、再び訪れました。気ままな1時間余りのタウンウオーク、というより「追っかけ」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


熊本電鉄・上熊本駅から
新聞記事は、「青ガエル」の愛称で親しまれた元東急電鉄5000系車両
が14日、熊本電鉄で国内最後の営業運転を迎える、というものでした。

熊本電鉄・上熊本駅(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

熊本電鉄・上熊本駅(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
熊本電鉄・上熊本駅に着いたのは、午後2時過ぎでした。予想通り、人
が大勢集まっていました。5分ほどで、引退する電車(青ガエル)が到着。
折り返し、再び満員の乗客を乗せて、北熊本駅に向けて出発しました。

線路沿いに北へ
(写真をクリックすると拡大されます)
線路沿いに北熊本駅に向かって歩こう、などと簡単に考えて歩き始めま
した。曇天ですが楽しい気分。歩いても1時間はかからないと聞きました。

池田駅
(写真をクリックすると拡大されます)
北隣の韓々坂駅ホームを通り抜け、住宅街に迷い込んだりしながら、池
田駅に着きました。15時半をまわったころ、北熊本駅に向かう青ガエル
が到着。カメラを持った皆さんが乗り込んだ後、トンネルの彼方に消えて
いきました。北熊本駅で撮影会が催された後、夜のラストランに備えるそ
うです。今夜雨が降ると青ガエルらしい引退になるかも知れませんね。ち
なみに青ガエルは、東横線・田園都市線(現大井町線)で走っていたそう
です。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ





テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第105話 福岡県
2016年1月 福岡県福岡市・駅からウオーク
第89話以来の福岡市です。戦争が終わり、東京から消えた天才少女と呼ばれた漫画家、長谷川町子さんが「サザエさん」を着想した百道(ももち)海岸を訪ねました。
気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


地下鉄西新駅から
長谷川町子さんは郷里に引き揚げてくる形で福岡に疎開していた
そうです。当時の百道海岸は遠浅の海水浴場だったと云います。

地下鉄西新駅
(写真をクリックすると拡大されます)
福岡市営地下鉄空港線の西新(にしじん)駅を出て、脇山口交差
点を探します。

「サザエさん通り」看板
(写真をクリックすると拡大されます)
西に向かって歩くとすぐの交差点、大きな看板が北の方向を案内
してくれます。

よかトピア通りに 
(写真をクリックすると拡大されます)

百道中央公園
(写真をクリックすると拡大されます)                     
道路の両側は西南学院大キャンパスです。よかトピア通りに来た
ら左折、500m程で横断歩道を渡ると左手に百道中央公園です。

福岡タワー
(写真をクリックすると拡大されます)
サザエさん通りをさらに北へ進むと、福岡タワーがあります。先ほ
どのよかトピア通りから北側の一帯は、埋め立てによる造成地だ
そうです。

シーサイドももち海浜公園(1)    シーサイドももち海浜公園(2)(写真をクリックすると拡大されます)                     (写真をクリックすると拡大されます)
姿を変えた「シーサイドももち」、かつて長谷川町子さんが散歩し
たという浜ではありませんが、波の音は今も同じなのではと感じ
ました。今度は元祖「サザエさん通り」(世田谷区桜新町)を歩き
たいですね。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 89話 福岡県
2015年10月 福岡県福岡市・駅からウオーク
第84話以来の福岡市です。「通学児童募集」、ポスターか何かで見たのは確かこのような文言でした。市内とはいっても、いわゆる離島留学ではなく船で通学、の意味に思えました。島に行くのは容易ではないけれど、とりあえず船乗り場まで行ってみよう。
気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR姪浜駅から
その島は「能古島(のこのしま)」。福岡市営地下鉄空港線の最西端
の姪浜(めいのはま)駅が最寄。電車はJR筑肥線と相互乗り入れで
した。駅構内の地図を見て、北をめざそう、って単純に考えました。

JR姪浜駅北口
(写真をクリックすると拡大されます)
街中に出るともっと詳しい地図が見えます。姪浜大通りを北に向か
うことにします。

明治通りに  
(写真をクリックすると拡大されます)

探題塚
(写真をクリックすると拡大されます)                   
5分余りで明治通りに来ました。右折して三つ目の「姪の浜2丁目
交差点」を左折、最初の「姪浜小学校西交差点」を東に入ります。
学校フエンスの左手の石段を登ると「探題塚」がありました。鎌倉
幕府が任命した最後の探題を葬ったところだそうです。
                   
住宅街
(写真をクリックすると拡大されます)
右手に小学校グランド、左手に朝顔を見ながら北の方に向かって
緩やかな坂を降りて右折するとマリナタウン入口交差点に出ます。
東に進んだつもりが南へ歩いていることに気づきましたが、「豊浜
2丁目交差点」から北上し、およそ20分、東に西にと住宅街を抜
けたところで、住宅街の北に海が見えました。

マリナタウン海浜公園(1)    マリナタウン海浜公園(2)(写真をクリックすると拡大されます)                    (写真をクリックすると拡大されます)
マリナタウン海浜公園の遥か北の方に海の中道海浜公園がうっ
すらと、また東に目を向けるとヤフオクドームなどが見えます。

能古島
(写真をクリックすると拡大されます)
西の方に「能古島」が見えました。マリナタウン海浜公園西端にあ
る船乗り場からは人や車を満載したフエリーが出港しました。およ
そ10分で、隣の海上タクシーだと5分で、能古島に着くそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ



テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 88話 佐賀県
2015年10月 佐賀県佐賀市・駅からウオーク  
第67話でご紹介しました佐賀駅に再び降り立ちました。ユネスコの世界文化遺産に「明治日本の産業革命遺産」が決まったことは第78話でご紹介しましたが、その構成資産の一つ、「三重津海軍所跡」を訪ねました。
気ままな4時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR佐賀駅から
駅構内の観光案内所で「三重津(みえつ)海軍所跡」というパンフ
をもらい、コースを考えます。長い距離になることは予想していた
のですが…。

JR佐賀駅南口
(写真をクリックすると拡大されます)
まずは天気に恵まれたことを良しとして、南口中央からシンボル
ロードをひたすら南に歩くことにします。

くすの栄橋   
(写真をクリックすると拡大されます)                  
鍋島藩の城下町だった市街地は、このあたり一帯の佐賀城跡を
中心に展開します。くすの栄橋(くすのさかえばし)に来ると、右手
先は県庁です。

国道208号線
(写真をクリックすると拡大されます)
広い国道208号線に出たところで左折、ここからおよそ1時間は
車に注意しながらの歩行です。諸富支所前まで来ると一安心。

昇開橋   
(写真をクリックすると拡大されます)                  
208号線と別れて直進、車が少なくなります。20分ほど進むと前
方に見えたのが昇開橋(しょうかいきょう)です。筑後川にかかるこ
の橋は旧国鉄佐賀線で、今は遊歩道として生まれ変わりました。

三重津海軍所跡(1)
(写真をクリックすると拡大されます) 

三重津海軍所跡(2)
(写真をクリックすると拡大されます) 
筑後川を見失わないように住宅街、防潮水門を通り抜けること30
分余り、「三重津海軍所跡」が見えました。欧米諸国の進出に伴い、
長崎の警備を強化するために佐賀藩が作った海軍の拠点。「修覆
場地区(しゅうふくばちく)」は、洋式船のメンテの場所だそうです。

三重津海軍所跡(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
早津江橋から見た歴史公園の全景です。中央の稽古場地区(けい
こばちく)は、海軍教育が行われた場所だそうです。今回は、予想
していたとはいえ、滅多にない長い距離でした。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ



テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 84話 福岡県
2015年9月 福岡県福岡市・駅からウオーク      
第75話以来の福岡市です。「御島エリアの愛称募集」、福岡市内で見かけたポスターを何気なく読んでいたら、随分前に聞いたことのある人工島の写真が掲載されていました。この計画は立ち消えたのかと勝手に思っていたので、興味津々。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR香椎駅から
御島(みしま)エリアというのは、あいたか橋(2012年12月竣工)に
よってできた1周約3kmの周回ルート内側をいうようです。曇り空の
中、時計回りに歩くイメージで博多湾をめざします。

JR香椎駅西口
(写真をクリックすると拡大されます)
快速電車を降りて西側の出口に向かいます。香椎浜、香椎海岸そ
してこの香椎駅。地図を見ているうちに昔読んだ小説のことを思い
出しました。

西の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
確か松本清張さんの、と考えながらこの通りを直進します。「西鉄香
椎」駅を右に見ながら進み、国道3号線を一気に横断、突き当ると
右の方に。駅からスタートして30分、左に香椎川が見えました。

御島神社
(写真をクリックすると拡大されます)                   
香椎浜北公園を西へ進むと潮が引いた湾の中には御島神社。

アイランドシテイ外周緑地   
(写真をクリックすると拡大されます)                 
御島かたらい橋から見たアイランドシテイ中央公園、渡ってすぐ外周
緑地を北に進みます。アイランドシテイの街造りは道半ばのようです。

あいたか橋
(写真をクリックすると拡大されます)
案内板によると、外周緑地から「あいたか橋」にかけてアマモ場が作
られています。水質等の改善ほか、自然環境の保全効果が大きい
そうです。

香椎海岸(1)    香椎海岸(2)(写真をクリックすると拡大されます)                    (写真をクリックすると拡大されます)
あいたか橋を渡ると香椎海岸遊歩道が続き、周回したことになりま
す。さて、松本清張さんの「昔読んだ小説」は、「点と線」です。香椎
駅から香椎浜海岸へと続く情景の中でストーリーの展開があったよ
うに記憶します。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


人気ブログランキングへ


テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 75話 福岡県
2015年8月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
第37話以来の福岡市です。ヤフオクドームへ出発するまでの空き時間が4時間。ウオーキングしたいなあ、とっさに遠い昔に幼いわが子を連れて行った、ある場所をめざそうと思いました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR博多駅から
猛暑の中、ウオーキングする人はまずいません。ペットボトルを手に広い
道をスタートします。

JR博多駅筑紫口
(写真をクリックすると拡大されます) 
筑紫口(新幹線口)です。いつ来ても人が多く、外国語が賑やかに飛び
交っています。

東の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます) 
東に向かって直進してもいいのですが、迷いそうなので、空港通りを行
くことにします。

東光橋   
(写真をクリックすると拡大されます)

都市高速ジャンクション
(写真をクリックすると拡大されます)                      
博多駅東交差点はすぐ近く。緩やかに右方向へ進むと御笠川(みかさ
がわ)です。東光橋を過ぎ、都市高速道路の下をおよそ15分歩くとジャ
ンクションです。

吉塚八丁目交差点   
(写真をクリックすると拡大されます)                    
ジャンクション下を空港通りに沿って直進すること5分余、吉塚八丁目交
差点です。空港口交差点までの10分間、お目当ての旅客機がひんぱ
んに降りてきます。

福岡空港
(写真をクリックすると拡大されます) 
機体を追いながら右手に進むと、柵の向こうに駐機する飛行機群が見
えます。「ある場所」とは、福岡空港でした。

着陸へ
(写真をクリックすると拡大されます)                    
ここは、滑走路の北側から着陸というのが一般的なようです。家族連れ
や大きなカメラを構えた人々に混じって、遠い昔を思い出していました。 
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 70話 長崎県
2015年6月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
エキゾテイック長崎には多くの観光名所があります。北部九州地方が梅雨に入ったことで、「長崎は今日も雨だった」を覚悟していたのですが、傘不要の曇天の中、浦上天主堂をめざしました。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR浦上駅から
鉄道の終着駅である長崎駅のひとつ手前が浦上駅です。現在、駅舎は
高架のための工事中でした。

JR浦上駅
(写真をクリックすると拡大されます)
駅は小さいながらも特急電車すべてが停車します。

山王通りへ
(写真をクリックすると拡大されます)                   
第39話でもご紹介したように、駅前の街並みの先は山が迫っています。
山王通りに出るまでまっすぐ歩きます。長崎の街にはめずらしく、一帯は
碁盤の目のような区画です。

二の鳥居
(写真をクリックすると拡大されます)

一本柱鳥居
(写真をクリックすると拡大されます)                   
山王通りに出たら左折、少し行くと標識が山王神社二の鳥居を案内して
くれます。通り右手の角に立つと、目の先に一本柱鳥居がありました。石
段を登りきった左手に、原爆に吹き飛ばされたという鳥居の左半分が横
たわって保存されていました。
 
町民原爆殉難の碑
(写真をクリックすると拡大されます)
鳥居が保存されている横をそのまま進むと山王神社があります。境内を
背に原爆殉難の碑があり、被爆当時の自治会長だった方の手記から抜
粋された文を読むことができます。

長崎医科大学門柱
(写真をクリックすると拡大されます)                   
およそ10分で再び山王通りに出ると、長崎大学医学部附属病院正門
跡の碑があり、北に向かってすぐ近く、前身の医科大学門柱が保存され
ていました。

浦上天主堂
(写真をクリックすると拡大されます)
ふたたび医学部通りに出て、北に向かって緩やかな坂道を下った所で
カトリック浦上教会が見えてきます。一般的には旧称の浦上天主堂(う
らかみてんしゅどう)の名で知られています。1914年に完成し、原爆で
破壊された後、1959年に再建されました。建物・信徒数ともに日本最
大規模だそうです。近くには平和公園、原爆資料館など多くの名所があ
ります。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 67話 佐賀県
2015年5月 佐賀県佐賀市・駅からウオーク  
佐賀の街は、隣の千代田町(現神埼市)が父親の故郷ということもあり、格別な想いがあります。第56話でご紹介しました佐賀駅に再び降り立ちました。
気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR佐賀駅から
小さい頃、父親に連れられてしばしば訪れた佐賀駅は、現在地から
約百メートル南にあり、現在のような高架ではありませんでした。駅
構内の観光案内所で「佐賀城下町見て歩き」というチラシをもらい、
コースを考えます。

JR佐賀駅南口
(写真をクリックすると拡大されます)
佐賀駅は市街地の北寄りにあるため、南へ歩くことは初めから決め
てました。ゴールを佐賀城跡、その前に2か所を巡ることにしました。

南の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
駅前から南に延びるシンボルロード沿道には、都市銀行や証券会
社などの支店が並び、支店経済の街を思わせます。旧駅舎跡を見
たいのですが、標識もないようですね。

松原川
(写真をクリックすると拡大されます)
松原2丁目交差点を左折、松原川に沿って東の方へ歩きます。道端
の「歴史の散策路ごあんない」看板を見ると、街中には河川・クリー
クが縦横に走っていることがわかります。この地区は「水の郷(さと)」
(1995年3月、国土庁認定)ですね。

佐嘉神社
(写真をクリックすると拡大されます)                    
松原川沿いを30分ほど散策、右手(南側)に松原神社が見えました。
中に入るとすぐクスノキが迎えてくれました。標識には「樹齢、推定6
00年」とあります。南に抜けるように進むと佐嘉神社です。国道へ出
て東に歩きます。

大隈記念館(1) 
(写真をクリックすると拡大されます)

大隈記念館(2)
(写真をクリックすると拡大されます)                    
大財通りまで来たら右折、15分ほどで着いたのが大隈重信(1838
~1922年)旧宅・記念館です。内閣総理大臣を務めた政治家、また
早稲田大学の創設者でもあることは有名ですね。

佐賀城跡
(写真をクリックすると拡大されます)                   
ふたたび大財通りに戻り、城内通りを西へ歩くこと15分、佐賀城跡に
着きます。10代藩主の鍋島直正が本丸の門を再建した時、1838年
に完成させたという虎の門を通ります。休憩を兼ねて、佐賀城本丸歴
史館へ入ることにしました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 57話 長崎県
[平成の大合併] ブログ村キーワード2015年3月 長崎県長崎市・外海ぶらり  
第39話以来の長崎市です。友人に勧められて外海町(そとめちょう)に来ました。平成の大合併で長崎市に編入され、このあたりは長崎市出津(しつ)地区といいます。鉄道を利用する場合、JR浦上駅からバスでおよそ1時間、「出津(しつ)」で下車することにします。
気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


外海出津ぶらり
パンフレットの言葉にあるまさに輝く海とキリシタンの里を歩き
ます。出津(しつ)地区公民館で「乙女の長崎プチバカンス・外
海の旅」それから地元で毎月開催されているという、本日のウ
オーキングマップをいただき、北の方に歩き始めます。

出津(しつ)地区公民館
(写真をクリックすると拡大されます)
カリタス診療所の方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
司祭館を過ぎて
(写真をクリックすると拡大されます)
ほとんど登ったという実感もなく、いつの間にか下りになって
います。診療所や修道院あるいは司祭館といったキリシタン
文化を十分に感じながら、また他のさまざまなグループの皆
さんと語らいながら、歩きます。

出津教会(しつきょうかい)
(写真をクリックすると拡大されます)
ド・ロ神父記念館    
(写真をクリックすると拡大されます)
ド・ロ神父像
(写真をクリックすると拡大されます)                    
出津教会(しつきょうかい)及びド・ロ神父記念館、旧出津救
助院いずれも国指定重要文化財です。1879年に外海に赴
任したフランス人宣教師ド・ロ神父は、キリスト教だけではな
く、教会建築の技法など幅広く伝えました。第39話でご紹介
した長崎市の大浦天主堂などと合わせ、世界遺産登録に向
けた取り組みが展開中とのことです。

遠くに池島
(写真をクリックすると拡大されます)
出津文化村(しつぶんかむら)
(写真をクリックすると拡大されます)
遠藤周作文学館
(写真をクリックすると拡大されます)
一旦平地に下り、漁港集落を抜けて再び登り道です。西の
方に広がる五島灘、中央にうっすらと浮かぶのは池島。地
区一帯は出津文化村と呼ばれます。やがてゴールである
道の駅です。すぐ手前、海側に2000年5月開館の「遠藤
周作文学館」があります。氏の生前の愛用品、遺品、生原
稿など、作家・遠藤周作の足跡を覗えると聞きました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 55話 熊本県
2015年3月 熊本県熊本市・駅からウオーク  
第44話以来の熊本市です。レールウオークができる、またとないチャンスがあると知り、雨にも負けず上熊本駅に降りました。およそ10年前にチンチン電車でやって来た記憶があります。
気ままな2時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR上熊本駅から
2月に友人からもらった「JR九州ウオーキング」という冊子を見て、
「レールウオークと『春のくまもとお城まつり』」に参加しました。上
熊本駅は参加者らしき人々が少しずつ増えてきました。

JR上熊本駅
(写真をクリックすると拡大されます)
受付に
(写真をクリックすると拡大されます)
JR上熊本駅を出ると、目の前に随分前に乗ったことがあるかも
知れない電車がいます。仕事で昔利用していた東急・目蒲線を
走っていた車両、ですね。別の機会に再訪したいと思いながら、
南の方の受付に歩きます。

階段を登ると    
(写真をクリックすると拡大されます)
レールウオーク
(写真をクリックすると拡大されます)                    
ヘルメットを着けた後、前の人々について高架保守用階段(入
口)を登ります。来るダイヤ改正から在来線が高架を走る、そ
の線路を約1kmウオークします。雨のために滑らないよう気を
つけます。時々、隣を新幹線が走り抜けます。不思議な感覚
ですね。

左手に熊本城公園    
(写真をクリックすると拡大されます)
城彩苑
(写真をクリックすると拡大されます)                    
高架保守用階段(出口)を降りてからも、参加者の行列や名札
のおかげでコースを間違わずに歩きます。スタートから1時間
半ほどで左手一帯は熊本城公園になり、やがて「桜の馬場 
城彩苑(じょうさいえん)」に入ります。東の方に見える熊本城
は日本三名城の一つ。お土産処のあちこちではじゃんけんに
勝つと名物品が貰えるイベントが開催中でした。

熊本交通センター付近    
(写真をクリックすると拡大されます)
白川沿いに
(写真をクリックすると拡大されます)                    
休憩のあとは一気にゴールの熊本駅をめざします。バス交通
の中心地である熊本交通センター近くを過ぎて、電停「洗馬橋
(せんばばし)」の前を横切って直進するとまもなく白川が見え
ます。

熊本駅東口
(写真をクリックすると拡大されます)
川沿いに歩き、広い通りに来たら右折、正面にゴールの
熊本駅東口が見えました。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 44話 熊本県
2014年11月 熊本県熊本市・駅からウオーク  
熊本駅で列車を乗り換えるまでの空き時間が1時間。ウオーキングしたいなあ、とっさに遠い昔に在来線ホーム西側に見上げたことのある山に登れないかと思案しました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR熊本駅から
西口(新幹線口)構内で手にした「くまもとてくてくマップ(熊本駅
界隈)」を見てわかりました。記憶にある仏舎利塔のある山は諦
め、万日山(まんにちやま)に登ることにしました。

JR熊本駅西口
(写真をクリックすると拡大されます)
左手に西口駐車場
(写真をクリックすると拡大されます)
西口を出て高架線に沿って少し南に歩きます。駐車場の手前
を右折し、広い通りに向かいます。うん、地図のとおり歩くと小
学校が見えてきます。

分岐を右へ
(写真をクリックすると拡大されます)
車道を左へ    
(写真をクリックすると拡大されます)
駐車場広場
(写真をクリックすると拡大されます)                    
春日(かすが)小学校という名の通り、この地域は春日といい
ます。市の中心部の南西にあり、熊本駅の周辺にある古くか
らの町並みが近年の再開発により姿を変えているといいます。
左手に小学校を見ながら進むと分岐があり、右へ。上に登る
一心で進みます。住宅街を離れて車道を左に、あとは緩やか
な坂を道なりに上っていくと広場に出合います。

標識発見
(写真をクリックすると拡大されます)
大きな岩
(写真をクリックすると拡大されます)
マップには「熊本駅から散策して約20分」とありますが、分岐
で少し迷うこともあり、予定の時間を超過しないかと気になり
ます。大きな岩がありますが、どのようにして出現したのでしょ
うか。

もうすぐ頂上
(写真をクリックすると拡大されます)
中央に熊本駅
(写真をクリックすると拡大されます)
もうすぐ頂上というあたりで公園です。木々の間から熊本の街
並みが見えます。あいにくの曇り日でしたが、遠く阿蘇の方が
見えることもあるのでしょうね。万日山は、標高138m。春には
桜が見事だそうです。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 39話 長崎県
[旧居留地] ブログ村キーワード2014年10月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
エキゾテイック長崎の代名詞ともいえる南山手に行こうと思いました。居留地の面影が色濃く残る街だと言われます。観光地ならではの見どころはたくさんあるようですが、今日は港からの風を堪能しながら歩きます。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR長崎駅から
長崎駅構内の観光案内所で「長崎さるくコースマップ①居留地
界隈」を手に取り、駅ビル(アミュプラザ長崎)2階に上がります。

JR長崎駅    
(写真をクリックすると拡大されます)
東の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)                    

駅舎は「長崎新幹線」を見据えた仮の建物だと聞きます。駅前
には山が迫り、上の方までホテルが並んでいます。

駅前通りを南へ
(写真をクリックすると拡大されます)
右折して海沿いの通りへ
(写真をクリックすると拡大されます)
長崎港・稲佐山
(写真をクリックすると拡大されます)
駅を出るとすぐ右側へ、電車通りを南へ歩きます。長崎の街を
走るチンチン電車は、知る人ぞ知る全国各地から廃止になった
車両が集結したことで知られます。でも、最近はモダンな連結
車両が仲間入り。10分ほどで右折して海沿いの道に出ます。
写真中央に稲佐山(いなさやま)が見えます。ここからの夜景は
有名ですね。視線の先に長崎港ターミナルビルが見えます。

長崎女神大橋
(写真をクリックすると拡大されます)
大型客船 MARINER OF THE SEAS
(写真をクリックすると拡大されます)
隣接する長崎水辺の森公園を歩いていると時おり船の汽笛が
聞こえます。南の湾口の方に長崎女神大橋(ながさきめがみお
おはし)が見えます。国際線岸壁には豪華客船が接岸されてい
ました。朝方に博多から入港し、夕方にチエジュ島に向かうそう
です。

旧香港上海銀行長崎支店
(写真をクリックすると拡大されます)
旧香港上海銀行長崎支店記念館です。1904年にできた、国
指定重要文化財。海外と繋がっていた近代史を学べますね。

大浦天主堂
(写真をクリックすると拡大されます)
国宝・大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)です。日本最古のゴ
シック建築様式の教会ですね。案内には「世界史上類のない
信徒発見の舞台となったことで知られる」とあります。近くには、
南山手地区町並み保存センターなどたくさんの「異国」があり
ます。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 37話 福岡県
2014年10月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
第4話以来の福岡市です。黒田藩の城下町という顔を持つ福岡市。自分なりの発見がありました。
JR博多駅から舞鶴公園まで、ウオーキングの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR博多駅から 
前日に駅2階通路の南端から住吉通りの方向を確認
し、時間をかけて舞鶴公園へ向かうことにしました。

駅2階から南西の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
住吉通りはすぐにわかります。広い通りの右側(博多
駅前3丁目)を進むことにしました。近くにある神社に
寄るためです。

住吉神社唐門
(写真をクリックすると拡大されます)
地図には筑前國一之宮住吉神社(ちくぜんこくいちの
みやすみよしじんじゃ)とあります。全国に2千数百社
ある住吉神社の最初の神社だそうです。東口にある
駐車場を通って中に入りました。住吉神社唐門(すみ
よしじんじゃからもん)です。屋根に唐破風(からはふ。
中央がむくり、両端がそる形)がある門を唐門とよぶ
そうです。

浄水通りへ
(写真をクリックすると拡大されます)
南門から外へ出て、再び住吉通りを西南に向かいま
す。渡辺通りを突き抜け、市営地下鉄七隈線の薬院
大通り駅まで1キロほどを歩き、左手の浄水通りに進
みます(写真)。

舞鶴公園南口
(写真をクリックすると拡大されます)
途中から上り坂になる浄水通りを1キロほど行くと福
岡市動物園があります。そのままバス通りを西へ、や
がて緩やかに下りながら右折します。平地に下りきっ
たところで、北側に並行する国道202号線まで1キロ
足らずです。別名けやき通りに出たところで西へ少し
歩くと舞鶴公園南口に着きます。

多聞櫓    
(写真をクリックすると拡大されます)
天守台跡から西の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)                   
福岡城は別名舞鶴城(まいづるじょう)とも呼ばれ、
初代福岡藩主の黒田長政(くろだながまさ)が1601
年から7年かけて築城。備前国(びぜんのくに)福岡
(現在の岡山県)にちなんで「福岡」に改名したのが
市名の由来だとか。多聞櫓(たもんやぐら。普段は非
公開)など3箇所が今も残っています。西側に見える
のは、大濠公園です。ここまで3時間余り、秋の風を
感じながら帰路につきました。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第 34話 大分県
2014年8月 大分県大分市・駅からウオーク  
大分と言えば「高崎山自然動物園」を思い浮かべます。戦国時代でいうと大友氏、ですね。大分駅を降りて散策するのは初めて、やはり多くの発見がありました。また、驚いたこともあります。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR大分駅から
「大分市センターマップ」を見ると駅周辺の地理がよくわかります。
府内城跡まで行き、違うコースで戻ることを決めました。

JR大分駅北口
(写真をクリックすると拡大されます)
北の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
駅の改札口を出て北口へしばらく歩くと、駅舎が改築中だとわか
りました。駅前の国道10号線の少し先を大手町の方に進み、大
手町1丁目交差点を左折します。

遊歩公園
(写真をクリックすると拡大されます)
滝廉太郎終焉之地
(写真をクリックすると拡大されます)
西洋医術発祥記念像
(写真をクリックすると拡大されます)
この交差点から北に県庁北交差点までは遊歩公園の彫刻群が
続きます。写真のように、滝廉太郎(1879~1903年)終焉之
地を記す像や西洋医術発祥記念像などがありました。1557年
に日本最初の洋式病院が建てられたことなどがわかります。

大分城址公園(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
大分城址公園(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
敷地内の案内には、府内城が1597年に福原直高により築城
が始まったこと、中断の後1602年に完成したことなどの記述
が見えます。

赤レンガ館
(写真をクリックすると拡大されます)
正面に大分駅北口
(写真をクリックすると拡大されます)
公園を出て西へ、中央通り街に出たら左折し、南に進みます。
しばらく行くと左手に大分銀行赤レンガ館を見つけました。19
13年に二十三銀行本店として完成した建物です。設計者が、
第27話でご紹介した辰野金吾氏だとわかり、驚きました。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

第  4話 福岡県
[ドクターイエロー] ブログ村キーワード2013年9月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
JR博多駅からJR千早駅までのウオーキングです。プロ野球観戦では何回か訪れた街です。
最後に予想外の出会いがありました。
気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR博多駅から 
JR博多駅は、博多にあります。ここからスタートして小倉方面へ、
JR鹿児島線・千早駅をめざします。時刻表で7.2km。2時間で行
けるでしょうか。

JR博多駅筑紫口
(写真をクリックすると拡大されます)
筑紫口(新幹線口)に近い宿を後にして、ここからスタート。JR鹿
児島線に沿って歩きます。

JR吉塚駅
(写真をクリックすると拡大されます)
スタートしてちょうど30分、途中、車に注意しながら歩きます。や
がて隣の吉塚駅が見えてきました。海側へ少し行くとウオーキン
グの人気スポットである東公園があります。

航空路下
(写真をクリックすると拡大されます)
吉塚駅構内を西へ通り抜け、県道を北上。箱崎駅を過ぎ、やが
て筥崎宮への交差点に。宇佐、石清水両宮とともに日本三大八
幡宮に数えられます。やがて歩道が途切れたあたりで線路を横
断。後ろを見上げると福岡空港へ向けて旅客機が降下してます。

JR千早駅
(写真をクリックすると拡大されます)
国道3号線を進み、ようやくゴールが近づきました。右折するとち
ょうど正面に見えます。スタートからここまで約2時間、予定通り
でした。

在来線「ドクターイエロー」
(写真をクリックすると拡大されます)
とホームに立っていると、初めて見る電車が入ってきました。近
くの青年に尋ねたら、在来線版「ドクターイエロー」、試験車両だ
とか。2013年9月11日11時3分、でした。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行


拡大・縮小 ボタン

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログで世界旅行(スイス編)



presented by スイス旅行

広 告

株価&為替ボード

ブログで世界旅行(オランダ編)



presented by オランダ旅行

月別アーカイブ

瞬間視力でドン

最新コメント

QRコード

QR

最新トラックバック

計算×50

文字を大きく・小さく