親父の街歩き山歩き 街歩き・全国京都会議
FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
拡大・縮小 ボタン
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
算数力トレーナー
最新コメント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
日本語→英語 自動翻訳
文字を大きく・小さく
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    第349話 島根県
    2019年8月 島根県津和野町・駅からウオーク  
    山陰の小京都、津和野。白壁と赤瓦の家並みだけを想像していました。が、その先にご利益スポットが待っていました。
    気ままな2時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR津和野駅から
    津和野町観光協会が発行するパンフ「津和野」には4つのおすすめコースが紹介
    されています。そのうちの「神話と城跡の路コース」にチャレンジします。歴史を歩く
    旅の始まりです。

    JR津和野駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    益田駅から普通列車で約40分、津和野駅に降り立ちます。東京や大阪からの直行
    バスも走るそうです。

    伝統的建造物群(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   

    伝統的建造物群(2)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    駅からは駅通り、本町通り、殿町通りと歩きます。南の方にずっと行くと森鷗外(もり
    おうがい)旧宅、西周(にしあまね)旧居などがありますが、津和野川の手前で西の方
    に向かいます。

    太鼓谷稲成神社
    (写真をクリックすると拡大されます)
    弥栄神社(やさかじんじゃ)を通り、朱の鳥居を登ると太鼓谷稲成神社(たいこだにい
    なりじんじゃ)に着きます。日本で唯一「稲成」と表記されるそうです。

    観光リフト
    (写真をクリックすると拡大されます)
    津和野町城跡観光リフトです。およそ5分、山頂まで行きます。

    津和野城跡(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    リフトを降りて、ケヤキやカエデの林を通りぬけると城址にでます。

    津和野城跡(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    津和野城跡(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    津和野城は関ヶ原合戦(1600年)の戦功により津和野藩主として入部した坂崎出羽
    守(さかざきでわのかみ。1601~1616年)によって築かれた山城です。

    津和野城跡(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    天守台です。かつては三層の天守閣があったそうです。正面下に馬立櫓(またてや
    ぐら)、その先に台所櫓(だいどころやぐら)を望みます。

    津和野城跡(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    津和野城跡(367m)からは街を一望できます。冒頭にご紹介したご利益スポットで
    すが、写真でご紹介した太鼓谷稲成神社の裏側に足を運んではいかがでしょうか。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・全国京都会議 | 【2019-09-04(Wed) 21:55:37】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第343話 大分県
    2019年7月 大分県日田市・駅からウオーク  
    天領(てんりょう)日田あるいは水郷(すいきょう)日田。4年ぶりの街歩きを装い新たな駅舎からスタートします。前回の南部に対して、本日は北部です。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR日田駅から
    日田(ひた)駅横の日田市観光案内所はオープン前でしたので、いつものように感
    を頼りに歩くことにします。辿り着いた所は、古き時代の雰囲気が満ちていました。

    JR日田駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    めざすのは豆田町。格子状に整備さえていると聞き、西の方へ。

    ことぶき通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ことぶき通りを西へ、それらしき標識が見えます。

    北部へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    右折して北へ。久大線のガードが見えます。別世界を想像して胸が高鳴ります。


    咸宜園跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    咸宜園(かんぎえん)は、ここ豆田町出身の儒学者・廣瀬淡窓(ひろせたんそう)が
    江戸時代後期に開いた私塾、その跡地です。初の「日本遺産」に認定されました。

    御幸通り(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    御幸通り(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    北の方に延びる御幸通り(みゆきどおり)です。古くから地域経済の発展に貢献した
    草野家住宅ほか、江戸時代の町人文化を残す建物が並びます。

    御幸橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    花月川に架かる御幸橋です。橋の向こうに月隈公園を擁する山が見えます。地元
    の人たちは関ヶ原の時代に城があったことから「城山」と呼んでいるそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・全国京都会議 | 【2019-07-19(Fri) 14:36:46】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第280話 宮崎県
    2018年2月 宮崎県日南市油津・駅からウオーク  
    前回(第279話)ご紹介した堀川資料館からゆっくり歩いて約10分。本日のもう一つの目的地、その入口に着きました。
    気ままな20分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR油津駅から
    目的地というのは「津の峯(つのみね)」です。「港の最奥に小さく屹立(きつりつ)する」と紹介
    されている、海抜88mの山です。

    津の峯登山道入口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    信号のある交差点から国道220号線を南へ。ほどなくして左折すると、左前方に「津の峯登
    山道入口」の標識です。

    スタート
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ここからスタートです。

    Uターン
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    ここまで5分余り、Uターンします。

    平坦
    (写真をクリックすると拡大されます)
    初めて平坦な道に。

    やや繁み
    (写真をクリックすると拡大されます)

    ゴール目前
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    やや繁みや小枝が妨げになりますが、ここだけ。と思っていたら空が見えました。濡れ落ち葉
    で滑りそうなところ、手すりに捉まっての登頂です。

    山頂からの眺望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    山頂からの眺望。南の方、油津港が見えます。津の峯は油津港のシンボルと言われます。
    普段の格好でここまで登り、そして雨が降ってこなかったことに唯々感謝です。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・全国京都会議 | 【2018-02-26(Mon) 14:14:21】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第279話 宮崎県
    2018年2月 宮崎県日南市・駅からウオーク
    日南市と言えば日南海岸。そのイメージは日向灘(ひゅうがなだ)や鬼の洗濯板(おにのせんたくいた)、でした。今回訪ねたのは運河の街、油津(あぶらつ)。気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR油津駅から
    油津港まで、少なくとも堀川運河(ほりかわうんが)までは行きたいと思いました。「近くで売って
    いる店はないので、これをどうぞ」って、駅員さんが「忘れ物の傘」を貸してくれました。幸運な旅
    の始まりです。

    JR油津駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎を見て思い出しました。ここは、広島東洋カープのキャンプ地。土日祝日には大勢の人で
    ごった返すそうです。

    東の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    手元の冊子「夢ろうきん」の地図だけが頼りですが、迷うことはなさそう。信号のある交差点ま
    では行かずに右折します。

    油津商店街
    (写真をクリックすると拡大されます)
    正面にアーケード街が見えるので、直進します。道の両側には広島東洋カープファンを歓迎す
    る幟や看板が見受けられます。

    南の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    油津商店街を抜けて、左手にショッピングセンターを見ながら真っすぐ歩きます。

    堀川運河
    (写真をクリックすると拡大されます)
    3~4分歩いた後見えたのが堀川運河です。正面に堀川橋、その左は飫肥杉(おびすぎ)造り
    で知られる堀川資料館です。

    吾平津神社
    (写真をクリックすると拡大されます)
    橋の袂、右側に吾平津神社(あひらつじんじゃ)があります。

    油津赤レンガ館
    (写真をクリックすると拡大されます)
    南へ歩く途中には明治~昭和時代を象徴する建物が並び、やがて「油津赤レンガ館」に着きま
    す。豪商であった河野家が1922年に建てた倉庫。さて約1500mに渡る堀川運河ですが、飫
    肥杉を全国各地に運搬するため、1686年にに開削されたそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・全国京都会議 | 【2018-02-22(Thu) 16:02:11】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第252話 熊本県
    2017年9月 熊本県人吉市・駅からウオーク
    駅の中にある観光案内所で「人吉おでかけまちなかマップ」をもらいました。本日の目的地、人吉城への道順を思案します。この過程も大きな楽しみです。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    人吉駅から
    人吉といえば球磨川(くまがわ)、といえば川下りあるいは焼酎、ですね。また全国京都
    会議加盟の街でもあります。そしてまた数多くの温泉があることでも知られています。

    JR人吉駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    からくり時計
    (写真をクリックすると拡大されます)
    人吉駅舎は、10年ほど前にリニューアルされたそうです。駅前広場にあるのは、朝9時
    から毎時間作動する「からくり時計」です。時々、講釈する人が現れるほどにストーリー
    が楽しめるそうです。

    南の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    南の方へ、人吉橋をめざしてスタートします。ゆっくりあるいておよそ10分、橋の手前に
    着きます。通りは電線が地中化されていて、街が綺麗ですね。

    下流の方を眺める
    (写真をクリックすると拡大されます)
    人吉橋は渡らずに左折、東の方へ球磨川に沿って大橋まで進みます。川釣りの風景を
    見ながら大橋を渡り、橋の中ほどから下流の方を眺めます。中洲には中川原公園があ
    ります。

    下流の方を眺める
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    大橋を渡った傍らは、球磨川と胸川(むねがわ)の合流点になります。東に向かう最初
    の橋は、胸川に架かる大手橋です。橋の中央から写真右手に見える辺りが大手門横
    長櫓(おおてもんよこながやぐら)の跡でしょうか。

    人吉城跡
    (写真をクリックすると拡大されます)                  
    人吉城跡(ひとよしじょうせき)です。右側に石段が見えるので一番高い所をめざします。
                       
    街を一望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    三の丸跡、でしょうか。人吉の街を一望できるポイントです。人吉城は、球磨川と胸川を
    天然の堀としたという話、頷けます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・全国京都会議 | 【2017-09-27(Wed) 17:15:09】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 77話 佐賀県
    2015年8月 佐賀県伊万里市・駅からウオーク
    佐賀県の県庁は昔から佐賀市にある、と思っていました。が、少し違っていました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    伊万里駅から
    伊万里といえば古伊万里。また全国京都会議加盟の街でもあります。松浦
    鉄道伊万里駅1階にある観光協会で「伊万里のまち探検まっぷ」をもらいま
    した。

    JR伊万里駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    2002年10月新築の東西2棟の白壁風駅ビル。東側はJR伊万里駅、西側
    は松浦鉄道伊万里駅です。

    北の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅通商店街を北の方に進みます。静かな街並みを歩くこと10分、伊万里川
    にやって来ました。

    伊万里津積出場跡   
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    相生橋の南側のたもとに船着場があります。伊万里津積み出し場跡(いま
    りつつみだしばあと)です。肥前で焼かれた磁器は、伊万里津から船で積み
    出され、国の内外で伊万里焼と呼ばれたそうです。ヨーロッパへ運ばれた伊
    万里焼が、第2話でご紹介したドイツ・マイセン地方で生産される「マイセン
    磁器」に影響を与えたという話は有名です。

    延命橋   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    幸橋
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    相生橋南側から伊万里川沿いに東へ、延命橋、幸橋を見ながら進みます。
    この三つの橋は、縁起の良い橋として、この橋を渡れば夫婦が幸せとなる
    と言われるそうです。

    円通寺   
    (写真をクリックすると拡大されます)                  
    1871年7月、廃藩置県により佐賀藩は佐賀県になりました。9月、厳原県
    が合わさって伊万里県になり、県庁が伊万里に置かれたそうです。写真の
    円通寺が仮庁舎になり、翌1872年5月にふたたび佐賀県になり、県庁が
    佐賀に移ったそうです。
                       
    街を一望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手に円通寺の石垣を見ながら、伊万里城跡をめざして登ること10分。伊
    万里の街を一望できる絶好のポイントに着きました。城山(じょうやま)と呼
    ばれています。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    街歩き・全国京都会議 | 【2015-08-14(Fri) 23:30:05】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 74話 佐賀県
    [名水百選] ブログ村キーワード2015年7月 佐賀県小城市・駅からウオーク  
    最近興味を覚えた「名水百選」を訪ねようと小城市に向かいました。炎天下の土曜日でしたが、涼を求めて歩いた先は?
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR小城駅から
    羊羹のまち・小城。また全国京都会議加盟の街でもあります。確かに多くの
    羊羹店がありました。そして、ためになる情報も得ることができました。小城
    駅にはパンフがなく、詳しい観光案内地図が掲示されていました。

    JR小城駅
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    JR小城駅は、佐賀駅から唐津方面へ向かう唐津線にあります。旧小城町の
    玄関駅であり、和風の駅舎でした。

    北の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)  
    めざすは「全国名水百選(昭和60年)」の清水川(きよみずがわ)の上流部、
    清水の滝です。正面奥に天山山系がそびえます。 

    小柳酒造
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    北に向かって、整備された道を迷うことなく歩きます。およそ20分で小柳酒
    造があります。江戸時代の創業で国登録有形文化財だそうです。
         
    須賀神社   ほたるの郷
    (写真をクリックすると拡大されます)                   (写真をクリックすると拡大されます)  
    市民に親しまれているという須賀(すが)神社です。階段を上がったらよい景
    色が拡がると思いましたが、パスします。10分もしないで祇園(ぎおん)川に
    着きます。「ためになる情報」はここ、九州でも有数のホタルの名所だそうで
    す。

    清水川
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    道路脇で少し休憩。柵の向こうに清水川、目の先には長崎自動車道です。
    ゴールは近いと思います。

    清水の滝
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    近いと思ったゴールでしたが、さらに45分。鯉料理店が連なる中を抜けて
    見龍橋(けんりゅうはし)を渡る頃には涼風を感じました。高さ75メートル、
    幅13メートル別名を「珠簾(たますだれ)の滝」といい、滝うけ修行の場とし
    ても知られるそうです。  
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ






    街歩き・全国京都会議 | 【2015-07-28(Tue) 12:55:05】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 58話 大分県
    2015年3月 大分県日田市・駅からウオーク  
    天領(てんりょう)日田あるいは水郷(すいきょう)日田、遠い昔に宿泊したことはありますが、自分一人でゆっくり散策したくなり、日田駅に降り立ちました。予想以上に広い街ですね。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR日田駅から
    日田(ひた)駅横の日田市観光案内所で「日田町歩きマップ」をもらい
    ました。南部の隈町を抜けて三隈川一帯を散策できればいいなと思
    いました。

    JR日田駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「食べる」・「買う」を含めて、もらったマップは54頁もあり、周辺地域
    を除いても広い街だと思いました。温泉旅館街をめざします。

    味噌・醤油蔵
    (写真をクリックすると拡大されます)

    温泉旅館街
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    古い街並みが残る隈町界わいを行くと、味噌・醤油の蔵元や「ひた
    押し花美術館」があります。中に入ると押し花を使った風景画が展
    示されていました。童心に帰った気分です。飲み屋街といわれる一
    帯を周り、温泉旅館街を抜けました。

    亀山公園
    (写真をクリックすると拡大されます)

    三隅川と尾形船
    (写真をクリックすると拡大されます)
    隈町公園に来ました。目の前は三隈川です。西の方に亀山公園(き
    ざんこうえん)、手前は沈み橋・太鼓橋です。渡っていても水の豊か
    さを実感できます。公園を囲む散歩道を西へ歩きます。

    通路橋
    (写真をクリックすると拡大されます)

    三隅川公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    やがて通路橋です。渡った先は三隈川公園で、こちらも憩いの場。
    河童の像がありますが、ここ三隈川や玖珠川などに相当住みつい
    ていたと伝えられます。長く伝わる河童踊りは、県の無形文化財だ
    そうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・全国京都会議 | 【2015-03-16(Mon) 16:10:01】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 33話 山形県
    2014年7月 山形県山形市・駅からウオーク  
    心のふるさとに出合い、心が満たされる旅。そう、「山形日和。(やまがたびより。)」です。初めて訪れるのですが、やはり最初は駅周辺を歩きます。山形駅構内の観光案内所の人は、「山形市はコンパクトな街だからどこへ行くにも近いです」と言われました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR山形駅から
    山形デステイネーションキャンペーンガイドブック「山形日和」には山形の
    全てが詰まっていますね。城下町・山形を少しでも知りたいので、霞城
    (かじょう)公園をめざします。

    JR山形駅東口
    (写真をクリックすると拡大されます)

    正面に東西連絡通路
    (写真をクリックすると拡大されます)
    JR線に沿って北に向かうには東口から、と勝手に思いながら歩き始め
    ます。すぐに東西を結ぶ道路が見えました。西側へ渡りながら下の線
    路を見ると、新幹線と在来線が隣り合わせに併走しています。もしかし
    て在来線電車が新幹線軌道を走っているのでしょうか?

    二の丸東大手門
    (写真をクリックすると拡大されます)
    北の方に見えるのは、二の丸東大手門でしょうか。

    本丸一文字門
    (写真をクリックすると拡大されます)
    左手に住宅街を見ながら西へ歩くと南門がありました。ここから霞城
    (かじょう)公園に入ります。案内図を見ると公園北側エリアは今後整
    備する計画だとあります。こちら南側の本丸一文字門(ほんまるいち
    もんじもん)などの工事が終わり、一般開放が近いそうです。

    山形市郷土館(旧済生館)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    ローレツ先生像
    (写真をクリックすると拡大されます)
    1878年に県立病院として建てられた「済生館(さいせいかん)」です。
    オーストリア人のアルブレヒト・フオン・ローレツが医学寮の教頭として
    招かれ、西洋医学の、当時最高水準のドイツ医学の教育と診療を実
    施したことで知られます。

    南に駅方向へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    二の丸東大手門、山形美術館など、すぐ近くに行きたい施設があり
    ますが、電車の時間が気になりました。再び南門から出て、少し西側
    のバス通りを南へ駅に向かいました。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・全国京都会議 | 【2014-08-29(Fri) 12:34:55】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    月別アーカイブ
    最新記事