FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
地震情報サイト JIS
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新トラックバック
第 39話 長崎県
[旧居留地] ブログ村キーワード2014年10月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
エキゾテイック長崎の代名詞ともいえる南山手に行こうと思いました。居留地の面影が色濃く残る街だと言われます。観光地ならではの見どころはたくさんあるようですが、今日は港からの風を堪能しながら歩きます。
気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR長崎駅から
長崎駅構内の観光案内所で「長崎さるくコースマップ①居留地
界隈」を手に取り、駅ビル(アミュプラザ長崎)2階に上がります。

JR長崎駅
(写真をクリックすると拡大されます) 

東の方向を望む   
(写真をクリックすると拡大されます)                 
駅舎は「長崎新幹線」を見据えた仮の建物だと聞きます。駅前
には山が迫り、上の方までホテルが並んでいます。

駅前通りを南へ
(写真をクリックすると拡大されます)

海沿いの通りへ
(写真をクリックすると拡大されます)
駅を出るとすぐ右側へ、電車通りを南へ歩きます。長崎の街を
走るチンチン電車は、全国各地から廃止になった車両が集結
していることで知られます。10分ほどで右折して海沿いの道に
出ます。中央に稲佐山(いなさやま)が見えます。

大型客船「MARINER OF THE SEAS」
(写真をクリックすると拡大されます)
隣接する長崎水辺の森公園を歩いていると時おり船の汽笛が
聞こえます。国際線岸壁には大型客船が接岸されていました。
朝方に博多から入港し、夕方にチエジュ島に向かうそうです。

旧香港上海銀行長崎支店
(写真をクリックすると拡大されます)
旧香港上海銀行長崎支店記念館です。1904年にできた、国
指定重要文化財。海外と繋がっていた近代史を学べますね。

大浦天主堂
(写真をクリックすると拡大されます)
国宝・大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)です。日本最古のゴ
シック建築様式の教会ですね。案内には「世界史上類のない
信徒発見の舞台となったことで知られる」とあります。近くには、
南山手地区町並み保存センターなどたくさんの「異国」があり
ます。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

街歩き・九州北部県庁所在市 | 【2014-10-29(Wed) 17:10:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
第 38話 長崎県
2014年10月25日 長崎県長崎市・長崎駅  
「ななつ星in九州」が長崎へ。第6話では初クルーズ、前回(第28話)は40度目、そして今回(第38話)は51度目。長崎県長崎駅での様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


長崎駅
初めて、長崎駅の「ななつ星in九州」と対面。初クルーズは
2013年10月26日だったので、ちょうど1周年を迎えます。

長崎駅に進入
(写真をクリックすると拡大されます)

長崎駅に到着
(写真をクリックすると拡大されます)
定刻よりおよそ5分遅れての到着です。旅行客だけでなく、
多くのフアンがカメラを手に出迎えました。今年3月のダイ
ヤ改正により、ミニクルーズが諫早駅往復から長与駅往復
に変わっていました。

歓迎セレモニー
(写真をクリックすると拡大されます)
ななつ星を降りた乗客の皆さんが改札口そばに用意され
た椅子に着席すると同時に、伝統の踊りである「蛇踊り」が
披露されました。

出発を待つ(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

出発を待つ(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
テレビカメラのインタビューを受けている外国の方がいまし
た。駅員に聞くと、著名なソムリエだそうです。隣のデイーゼ
ルカーがいなくなり、急いでホームを移動して見送りました。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ななつ星in九州 | 【2014-10-27(Mon) 13:10:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
第 37話 福岡県
2014年10月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
第4話以来の福岡市です。黒田藩の城下町という顔を持つ福岡市。自分なりの発見がありました。
JR博多駅から舞鶴公園まで、ウオーキングの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR博多駅から 
前日に駅2階通路の南端から住吉通りの方向を確認
し、時間をかけて舞鶴公園へ向かうことにしました。

南西の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
広い通りの右側(博多駅前3丁目)を進むことにしました。近くにある神社に
寄るためです。

住吉神社
(写真をクリックすると拡大されます)
全国に2千数百社ある住吉神社の最初の神社だそうです。東口にある駐車
場を通って中に入りました。住吉神社唐門(すみよしじんじゃからもん)です。
屋根に唐破風(からはふ。中央がむくり、両端がそる形)がある門を唐門とよ
ぶそうです。

浄水通りへ
(写真をクリックすると拡大されます)
南門から外へ出て、再び住吉通りを西南に向かいます。渡辺通りを突き抜け、
市営地下鉄七隈線の薬院大通り駅まで1キロほどを歩き、左手の浄水通りに
進みます。

舞鶴公園南口
(写真をクリックすると拡大されます)
浄水通りを1キロほど行くと福岡市動物園があります。そのままバス通りを西
へ、やがて緩やかに下りながら右折します。平地に下りきったところで、北側
に並行する国道202号線まで1キロ足らず。けやき通りに出たところで西へ少
し歩くと舞鶴公園南口に着きます。

多聞櫓   
(写真をクリックすると拡大されます)

天守台跡からの眺望
(写真をクリックすると拡大されます)                   
福岡城は別名舞鶴城(まいづるじょう)とも呼ばれ、初代福岡藩主の黒田長政
(くろだながまさ)が1601年から7年かけて築城。多聞櫓(たもんやぐら。普段
は非公開)など3箇所が今も残っています。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

街歩き・九州北部県庁所在市 | 【2014-10-21(Tue) 12:49:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
第 36話 長崎県
2014年10月 長崎県佐世保市・駅からウオーク  
浦頭引揚記念平和公園(うらがしらひきあげきねんへいわこうえん)、随分前に職場の上司が、「長崎のうらがしらに引き揚げた」と言われたことがあり、気になっていたその土地を、ようやく訪れる機会を得ました。第二次世界大戦終結後、海外から日本国内に引き揚げた多くの人たちが歩いたという道を、自分の足で歩いてみようと思いました。
気ままな3時間あまりのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR南風崎駅から
南風崎(はえのさき)駅そして駅周辺は、ほとんど昔と変わらない姿
のように思えます。ただ、付近そして今回の目的コースは、時の流れ
を感じさせるほどに変容していました。浦頭検疫所跡地をめざします。

JR南風崎駅   
(写真をクリックすると拡大されます)

駅前の通りを北へ
(写真をクリックすると拡大されます)                   
南風崎(はえのさき)駅は、普通列車が一日上下合わせて29本走る
だけの小さな駅。駅の案内板には「昭和20年10月から昭和25年4
月までの間」「海外から佐世保港浦頭に引き揚げてこられた方々が」
「故郷へ向かわれた思い出の駅」とあります。駅前の通りを目的地ま
での最短距離を意識し、北の方へ進みます。

左手の針尾島へ   
(写真をクリックすると拡大されます)

国道を南へ(1)
(写真をクリックすると拡大されます)                   
狭い住宅街を抜け、踏切を渡るとやがて針尾(はりお)島が見えます。
手前の橋は、JRハウステンボス駅と対岸のハウステンボスとを結ぶ
連絡橋。この橋を渡り、ハウステンボスのゲート付近を通り過ぎ、緑に
包まれた国道に入るとあとは道なりに南に向かいます。沿道には、ハ
ウステンボス関連施設や米軍住宅などが点在し、やがて有料道路手
前に交差点が見えます。

国道を南へ(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
交差点を右折し、入り江に沿って走る車道を進みます。浦頭検疫所
から引揚援護局までの、約7キロメートルの山道というのは、きっとこ
のあたりだったのかと想像します。やがて前方左手の丘陵部に記念
平和公園らしきものが見えます。ここから約30分、まもなく出会う国
道202号線の緩やかな上り坂を歩きます。国道から分かれてすぐ記
念平和公園入口に着きます。

「引揚第一歩の地」碑
(写真をクリックすると拡大されます)
記念平和公園のある針尾島浦頭の地は、引揚げる日本人の受け入
れ場所の一つとして、厚生省佐世保引揚援護局の検疫所が置かれ
ました。この地には1986(昭和61)年5月に開園した引揚記念資料
館があり、当時の引揚者の着衣や日記等の所持品、引揚証明書な
ど、たくさんの展示物がありました。記念平和公園から500メートル
ほど海の方に降りていくと、「引揚第一歩の地」碑があります。この一
帯が浦頭検疫所跡地です。

引揚列車はここから各地へ
(写真をクリックすると拡大されます)
引揚者のみなさんは、総数1396468人で、上陸後に検疫を終え、
針尾援護局までの山道を歩かれ、二泊ないし三泊の後、南風崎駅
からそれぞれの郷里へ向かわれたそうです。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

未分類 | 【2014-10-08(Wed) 21:11:09】
Trackback:(0) | Comments:(2)
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
株価&為替ボード
ブログで世界旅行(スイス編)


presented by スイス旅行

拡大・縮小 ボタン
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
算数力トレーナー
日本語→英語 自動翻訳
文字を大きく・小さく