第 41話 熊本県

2014年11月 熊本県・烏帽子岳~杵島岳  
熊本県南阿蘇にある阿蘇五岳、そのうちの烏帽子岳・杵島岳をめざしました。今回は、1年前に第10話でご紹介した2人を含む、男性3人のベテラン親父と一緒です。
11月中旬の、マイペース「山登り」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


烏帽子岳~杵島岳 
阿蘇市の烏帽子岳(標高1337m)から杵島岳(標高1321m)に
まわる鉢めぐりに挑戦。駐車場は9時前ということもあり、ほとんど
空いています。

草千里が浜駐車場
(写真をクリックすると拡大されます)

立野火口瀬
(写真をクリックすると拡大されます)
草千里を左に見ながら車道脇の登山道をスタート。土手のような
道を緩やかに登ります。烏帽子岳(えぼしだけ)は、およそ3万年
前に誕生した火山です。途中、阿蘇カルデラの唯一の切れ目であ
る「立野火口瀬(たてのかこうせ)」が見え、その先に熊本市の市
街地がぼんやり望めます。

登山道
(写真をクリックすると拡大されます)

烏帽子岳
(写真をクリックすると拡大されます)
めざす頂上はすぐ近くに全体を見せています。ハイキング気分で
冬の冷気を感じながら、歩き始めて1時間で頂上に着きました。

草千里の向こうは外輪山
(写真をクリックすると拡大されます)

車道に下りて
(写真をクリックすると拡大されます)
山頂からは大展望が楽しめます。次に向かう杵島岳(きしまだけ)
、振り返ると草千里が見えます。このあと高度を150mほど下げ
る地点(車道)まで下山します。

杵島岳へ
(写真をクリックすると拡大されます)

中岳
(写真をクリックすると拡大されます)

古御池火口群
(写真をクリックすると拡大されます)
車道(国道111号線)を横切り、古坊中(ふるぼうちゅう)バス停の
手前から遊歩道を登ります。階段や整備された道を進む間、右手
には噴煙を吐く中岳(なかだけ)が見えます。一帯は人の立ち入り
が禁止されているそうです。やがて「古御池火口群(こみいけかこ
うぐん)」の案内板が見え、大小四つの火口群跡が現れます。

中央に杵島岳
(写真をクリックすると拡大されます)

近づく頂上
(写真をクリックすると拡大されます)

杵島岳
(写真をクリックすると拡大されます)
杵島岳へ続く草の尾根を右側から進み、ゆっくりと登ります。お鉢
めぐりというのにこんなきついのかと内心驚き、そして休憩を取り
ながらの頂上です。ここからの眺望は360度、いっぺんに疲れが
消えました。機会があれば、今度は経験を積んで五岳制覇にチャ
レンジしたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

第 40話 山口県

2014年10月 山口県山陽小野田市・駅からウオーク  
日本の民話の一つに「三年寝太郎」というのがありますが、この話が伝わるという厚狭地方を訪ねました。民話であれ土地の歴史であれ、ぶらぶら歩きしながら何かがわかればより楽しくなります。
気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR厚狭駅から
厚狭(あさ)駅構内に置かれた手作りのチラシ「厚狭毛利と寝太郎
の里」を手に、歴史探訪ショートコース約2.5時間というのを元に
歩くことにしました。

JR厚狭駅北口
(写真をクリックすると拡大されます)

北の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
いつものように駅前に立って地図を見るのですが、「厚狭毛利家」
の意味はあとでわかりました。毛利元秋(もうりもとあき)を祖とし、
のちに厚狭郡末益村(現・山陽小野田市)・厚東郡船木村(現・宇
部市)を与えられ、末益村に居館を構えたことにより厚狭毛利氏
というようになったそうです。

厚狭川
(写真をクリックすると拡大されます)

旧山陽道
(写真をクリックすると拡大されます)
厚狭(あさ)駅前交差点を右折し、国道225号線を東へ歩いてい
くと厚狭川が見えてきます。川を渡って道路を横断し、次の角を
右折して南へ進みます。すぐに狭い道が東西に走っています。
これが旧山陽道です。律令(りつりょう)に規定、「五畿七道」と称
されるその一つだそうです。

厚狭毛利家居館址   
(写真をクリックすると拡大されます)                
旧山陽道を渡るとやがて右手に貞源寺(ていげんじ)です。山陽
新幹線の高架下を通り、JR山陽線踏切を渡ると右手に厚狭毛利
家居館址があります。妙徳寺を南に見ながら西の方へ向きを変
えます。厚狭川を渡り、再び右折すると比較的広い道に出ます。
周囲には高い建物がなく、遠くまで視界が開けています。

厚狭駅南口
(写真をクリックすると拡大されます)

寝太郎像
(写真をクリックすると拡大されます)
厚狭(あさ)駅南口は新幹線口でもありました。さて、三年寝太郎
の話ですが、旱魃に苦しむ村に三年間眠り続けた寝太郎が、あ
る日突然起き出して川をせき止め、灌漑を成し遂げるというあら
すじ。寝太郎像は駅北口にあります。
機会があればまたご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
地震情報サイト JIS
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
株価&為替ボード
ブログで世界旅行(スイス編)


presented by スイス旅行

スポンサーリンク
拡大・縮小 ボタン
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
算数力トレーナー
by Orfeon
日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
文字を大きく・小さく