FC2ブログ

■カテゴリ
■最新の記事
■最新のコメント
■最新のトラックバック
■月別アーカイブ
 第287話 大分県  /2018年03月28日(水)
2018年3月 大分県大分市・駅からウオーク
大分市観光課などが発行する「OITA」には、「蔵のあるたたずまい」戸次の町並み、が紹介されています。大分駅から2両編成の普通列車に乗りました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR中判田駅から
大分市の南西部の中戸次(なかへつぎ)に残る古い町並み、突然に風景が変わる様を想像
しながら、最寄りの駅で降車します。

JR中判田駅
(写真をクリックすると拡大されます)
今にも雨が降りそうな雲行きです。

東の方向を望む
(写真をクリックすると拡大されます)
駅を出て、東の方へ歩きます。住宅街の狭い道を離れて、国道10号線に出ることにします。

白滝橋
(写真をクリックすると拡大されます)                   
この道は日向(ひゅうが)街道と呼ばれています。10分ほどで大野川に掛かる白滝橋にや
って来ました。

左前方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
あらかじめ頭に入れていたコンビニのLawsonが見え、中で教えてもらった通りに左の方へ進
みます。

戸次の町並み(1)
(写真をクリックすると拡大されます)                    
通りを突き当ったところで右折、早速ご覧のような景色が飛び込んできました。

戸次の町並み(2)
(写真をクリックすると拡大されます)                  
この地の大庄屋だった帆足家「冨春館」です。
                   
戸次の町並み(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
江戸時代から栄えたという、当時が偲ばれる風景に心が和みます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/28(Wed)18:09
街歩き・九州中部(2県)トラックバック(0)コメント(0)
 第286話 長崎県  /2018年03月23日(金)
2018年3月 長崎県新上五島町・離島ウオーク  
五島列島の北に位置する旧有川町、一帯で最も大きな中通島(なかどおりじま)にあり、訪問は三度目です。キラキラと輝く海、という期待に応えてくれたひと時でした。
気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


上五島(かみごとう)
宿がある蛤(はまぐり)地区からスタートし、港がある鯛ノ浦(たいのうら)地区をゴールに、
思いきり歩くことにします。晴れた日に島を歩く、なかなかの贅沢ですね。

蛤浜海水浴場
(写真をクリックすると拡大されます)
蛤浜(はまぐりはま)海水浴場は、「日本の水浴場八十八選の地」のひとつ。有川湾の北
に広がる景観は、言葉にならない美しさです。

蛤交差点
(写真をクリックすると拡大されます)
新上五島町観光商工課などが発行する「新上五島町観光ガイド」を手に、住宅街を抜け
てバス通りに出ます。すぐの蛤交差点を左折します。

箒山
(写真をクリックすると拡大されます)
道の片側にある歩道を歩くことおよそ15分、バス停「箒山」が見えてきました。試しにバ
ス時刻を見ると、鯛ノ浦までのこの路線は、次の便まで1時間以上あります。

集落
(写真をクリックすると拡大されます)
海が見えないため、島という気がしません。ほとんど家がないと思っていたら、10分余り
で集落が見えてきました。

東浦小学校
(写真をクリックすると拡大されます)
通る車は少なく、15分程で着いたのが東浦小学校です。ここからあと1時間は歩くと予
想していたので、びっくり仰天!右手に現れた標識、その横の階段を登ります。

鯛ノ浦教会(1)
(写真をクリックすると拡大されます)
鯛ノ浦教会正面です。上五島における布教の中心として1881年に設立されました。

鯛ノ浦教会(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
煉瓦造りの旧聖堂正面です。ひとり立っていると神聖な気持ちになってきます。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/23(Fri)14:23
街歩き・離島トラックバック(0)コメント(0)
 第285話 長崎県  /2018年03月19日(月)
2018年3月 長崎県新上五島町・離島ウオーク  
五島列島の北に位置する旧有川町、一帯で最も大きな中通島(なかどおりじま)にあり、訪問は三度目です。キラキラと輝く海、といきたかったのですが、果敢にも波高い時化(しけ)の中を鯛ノ浦(たいのうら)港に上陸しました。
気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


上五島(かみごとう)
懐かしい鯛ノ浦(たいのうら)港から車で約15分、有川の町並みに入ります。それにしても乗船
中の波の高さは4m、久しぶりに船酔いを体験しました。

有川港ターミナル
(写真をクリックすると拡大されます)
海の玄関口、有川港からスタート。最初はターミナルビルの中にある「鯨賓館ミュージアム」に入
館します。有川港は九州本土の長崎・佐世保のほか小値賀島(おぢかじま)や宇久島(うくじま)
の各港とも結ばれています。

佐田の山関之像
(写真をクリックすると拡大されます)
新上五島町観光商工課などが発行する「新上五島町観光ガイド」を手に
ターミナルビルの外に出ます。すぐ左手に相撲フアンならご存知の「第五十代横綱・佐田の山関」
像があります。有川の出身だそうです。

遊歩道
(写真をクリックすると拡大されます)
遊歩道を進みますが、実はさっき「鯨賓館ミュージアム」の中で目的地を決めました。有川は捕
鯨の町だったのですね。

海童神社
(写真をクリックすると拡大されます)
早速に着いた海童神社(かいどうじんじゃ)。ナガスクジラ(1973年捕獲体長18.2m)の顎の
骨でできた鳥居で知られ、捕鯨で栄えた有川地域を象徴する建築物だそうです。

登山道
(写真をクリックすると拡大されます)
近くの住宅街の先に小高い山が見えています。「鯨見山(くじらみやま)入口」の看板の脇を登
ること10分、頂上に着きます。

鯨供養碑
(写真をクリックすると拡大されます)
頂上の鯨見山展望台横に、1712年に建立された「鯨供養塔」があります。供養碑の碑文には
1691~1712年に1312頭捕獲したことが刻まれています。

有川湾
(写真をクリックすると拡大されます)
ここ鯨見山展望所は、江戸時代の捕鯨が盛んだったころ「山見小屋(見張所)」が置かれてい
た場所に建っています。有川湾内に鯨が来たことを知らせたり、出漁の合図などを行っていた
そうです。有川湾の波しぶきが印象的でした。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/19(Mon)16:19
街歩き・離島トラックバック(0)コメント(0)
 第284話 長崎県  /2018年03月13日(火)
2018年3月 長崎県佐世保市・八幡町  
長崎県を舞台にした作品、しかも1966年の高校生を描いていると知って、撮影地の一つを訪ねました。JR佐世保駅前からバスで10分、「佐世保市役所前」で下車します。
気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


坂道のアポロン
「坂道のアポロン」(小学館・月刊フラワーズにて連載:小玉ユキ)は、三木孝浩監督の手で
映画化されました。「このマンガがすごい!オンナ編」第1位の名作漫画、その象徴的な舞
台のひとつがここ八幡坂(はちまんざか)です。

八幡坂(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

八幡坂(2)
(写真をクリックすると拡大されます)

八幡坂(3)
(写真をクリックすると拡大されます)
ジャズセッションの素晴らしさを体感できて、そのうえ友情、恋が揃った青春映画です。この
時期、佐世保で高校生だった私。公開中の映画「坂道のアポロン」は、50代以上の方々に
特にお薦めです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村

2018/03/13(Tue)12:21
街歩き・名画のふるさとトラックバック(0)コメント(0)
 第283話 長崎県  /2018年03月07日(水)
[旧居留地] ブログ村キーワード2018年3月2日 長崎県長崎市・新地町
第279話に続く長崎市です。長崎市の冬の風物詩となった「長崎ランタンフエステイバル」。第110話でご紹介した湊公園を訪ねました。2018長崎ランタンフエステイバルでの幻想風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


長崎市湊公園
圧倒的な極彩色はいつもと変わらず、本年も市内中心部を約1万5千個のランタン(中国提灯)
が彩ります。観光客で混雑する新地橋広場、新地中華街を抜けて、湊公園会場に向かいます。

新地中華街
(写真をクリックすると拡大されます)

湊公園会場(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

湊公園会場(2)
(写真をクリックすると拡大されます)
オブジェには大小さまざまなものがあり、干支のオブジェには大きいもので高さが約10メートル
のものもあるそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/07(Wed)12:35
幻想風景トラックバック(0)コメント(0)
 第282話 鹿児島県  /2018年03月02日(金)
2018年2月 鹿児島県出水市・駅からウオーク
出水(いずみ)と言えば鶴の渡来地。乗車予定の電車の時刻のこともあり、鶴との対面は無理だと諦めます。構内の地図を見ていると、駅からそう遠くない所に「日本一」がありました。
気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


JR出水駅から
出水市には、日本有数の武家屋敷群があるそうです。その広さなどから、日本一だという話を
聞いたことがあります。

JR出水駅
(写真をクリックすると拡大されます)

南の方へ
(写真をクリックすると拡大されます)
駅の東口から外へ出て、南の方へ歩くことにします。。駅前広場では、イベントの準備がなされ
ているところでした。奇しくも「出水麓武家屋敷群ウオーキング」です。一足早いスタートです。

廣瀬橋
(写真をクリックすると拡大されます)                   
道なりに歩くことおよそ15分。廣瀬橋にやって来ました。橋を渡ってすぐ左折、廣瀬川に沿って
進みます。

武家屋敷群(1)
(写真をクリックすると拡大されます)

武家屋敷群(2)
(写真をクリックすると拡大されます)                    
道を間違っていないかと気になり、案内板を確かめながら住宅街を進みます。しだいに武家屋
敷の雰囲気です。護国神社の前には牛車遊覧観光の案内があります。

竹添邸
(写真をクリックすると拡大されます)                  
一般公開されている「竹添邸」です。一帯は麓町を中心とした住宅地で、薩摩藩士の住宅兼陣
地として作られたそうです。第19話でご紹介した「島原武家屋敷街」を想いました。
                   
日本一のお地蔵さま
(写真をクリックすると拡大されます)
武家屋敷群の通りで見つけた「日本一のお地蔵さま」の案内。近くの八坂神社に向かいました。
高さ4.15mだそうです。
機会があればまたご紹介します。

ここまで記事を読んでいただき
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
ぜひクリックして行ってください。



にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村

にほんブログ村


2018/03/02(Fri)12:36
街歩き・九州南部(2県)トラックバック(0)コメント(0)
 │ 日記TOP │