親父の街歩き山歩き 2019年08月
FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
拡大・縮小 ボタン
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
算数力トレーナー
最新コメント
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
日本語→英語 自動翻訳
文字を大きく・小さく
    第348話 山口県
    2019年8月 山口県下関市・豊北町  
    JR山陰本線の特牛(こっとい)駅前から乗車したバスは15分程で別世界に連れていってくれました。下関市の北端、豊北町(ほうほくちょう)角島(つのしま)です。気ままな2時間の離島ウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    角島(つのしま)
    角島大橋は2000年11月に開通、橋の長さは1780m。当地特有のエメラルド
    グリーンの景観が、島を訪れる人々を魅了します。

    車窓
    (写真をクリックすると拡大されます)
    角島へ渡るバスの窓から北の方を眺めます。本土側の半島が突き出ています。

    バス停「尾山憩の家」
    (写真をクリックすると拡大されます)
    予定通りに終点の「尾山憩の家」で降車します。走ってきた道を戻るように西の方へ
    ウオーキングします。

    角島灯台
    (写真をクリックすると拡大されます)
    バス停そばの漁港で本日のコースを確認します。景色を堪能
    しながら歩くこと30分余り、角島灯台(1876年3月に点灯)に
    着きます。


    灯台からの眺望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    灯台の中、狭い螺旋階段を恐るおそる登り切って、ひと回り展望します。

    大浜海水浴場
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ふたたびバス通りを今度は東へ、30分余りでコバルトブルービーチ、大浜海水浴場
    が見えてきます。そばの「しおかぜの里」で、涼を求めて休憩します。

    角島大橋(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本土側の海士ケ瀬公園からの眺めです。因みに橋の歩行は、可です。

    角島大橋(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    角島大橋は、海外の人の投稿がきっかけで、広く知られるようになったと聞きました。
    島に残る小学校も、来春にはその歴史を閉じるそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・中国四国(9県) | 【2019-08-31(Sat) 14:02:06】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第347話 山口県
    2019年8月 山口県下関市・彦島  
    巌流島(がんりゅうじま)の決闘、この言葉を知っている人はどれほどいるでしょうか。天気予報が雨を知らせていた中、門司港から乗船しました。気ままな15分の離島ウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    巌流島(がんりゅうじま)
    門司港から西へおよそ10分、関門海峡に浮かぶ巌流島です。「舟」の形に
    似ていたことから「船島」とも呼ばれていますが、行政上は彦島だそうです。


    巌流島
    (写真をクリックすると拡大されます)
    乗船した船は、波に揺られながらも少しづつ巌流島に近づきます。

    桟橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本土に戻る人たちと入れ替わるように上陸します。ミニウオーキングのスタートです。

    武蔵・小次郎決闘の地
    (写真をクリックすると拡大されます)
    宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の話は小学校の図書館で読んだ記憶があります。
    1612年のことだそうです。

    遊歩道(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    遊歩道(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東側の海岸沿いから西側の埋立地へと歩くことにします。

    展望広場(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    埋立て前の南端に当たるという展望広場です。

    展望広場(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    展望広場にある「小次郎・武蔵像」です。吉川英治さんの小説「宮本武蔵」で有名に
    なった話ですが、今に伝わる諸説が多くあるようです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・中国四国(9県) | 【2019-08-27(Tue) 15:08:52】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第346話 福岡県
    2019年8月 福岡県北九州市・駅からウオーク
    北九州市が生まれる前、八幡市の玄関口は八幡駅でした。古くから鉄鋼の街として知られていました。特急が停車する黒崎駅から2分程度、八幡駅に降り立ちます。ケーブルカーを含めて気ままな1時間半、タウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR八幡駅から
    駅の南口に立つと市街地の先に山が見えます。ケーブルカー山麓駅までウオーキン
    グします。小雨模様ですが、目的地は皿倉山(さらくらやま。標高622m)です。

    JR八幡駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    南の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅前広場は整備中です。

    市街地を東へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    八幡駅前交差点を左折、東へと歩きます。尾倉交差点に来ました。

    南の方に山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右折するとあとは真っ直ぐに坂道を登ります。

    ケーブルカー山麓駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートしてからおよそ40分、ケーブルカー山麓駅が見えます。本当は登山口へと
    進みたいところですが、登山装備もなく、ケーブルカー乗り場へ向かいます。

    視界少しずつ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ケーブルカー所要約6分、山上駅から乗り継ぐスロープカーは所要約3分です。あ
    いにくの小雨のために視界不良。すぐに引き返していると正面に洞海湾がうっすら
    と見えます。

    下から「かなた号」
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「はるか号」で降りているので、登ってくるのは「かなた号」ですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・福岡県 | 【2019-08-21(Wed) 20:09:00】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    07 | 2019/08 | 09
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    月別アーカイブ
    最新記事