FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
算数力トレーナー
最新コメント
文字を大きく・小さく
    QRコード
    QR
    第123話 鹿児島県
    2016年3月 鹿児島県鹿児島市・駅からウオーク  
    本州最南端の鹿児島。北部九州から旅行すると、あらためて新幹線のスピードを実感できますね。明治維新の三傑について、今回ほんの少しだけ知ることができました。
    気ままな2時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR鹿児島中央駅(東口)から
    「旅ガイド 鹿児島市」を片手に、鹿児島港までの最短の道順を思案します。

    JR鹿児島中央駅東口
    (写真をクリックすると拡大されます)
      
    東の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    駅舎に繋がるアミュプラザビル2階から東の方向を見ると、向かいのビルの
    間のナポリ通りの先に、少しだけ桜島が見えます。港まで歩くには丁度いい
    距離に思えます。

    大久保利通銅像
    (写真をクリックすると拡大されます)
      
    維新ふるさとの道
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    スタートしてすぐ、天文館を回ることに変更。第3話で少しくご紹介した「繁華
    街」です。電車通りを北東に向かって10分、「大久保利通(おおくぼとしみち。
    1830~1878年)銅像」です。西郷隆盛(さいごうたかもり)や木戸孝允(き
    どたかみつ)とともに明治維新の三傑といわれ、明治政府の事実上の首相
    として知られます。

    新屋敷交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    再びコース変更し、甲突川(こうつきがわ)に沿って河口の方に「歴史ロード
    ‘維新ふるさとの道”」を歩きます。「維新ふるさと館」や下級武士の屋敷など
    を横に見ながら、30分足らずで新屋敷交差点に。何度もガイドを見ながら、
    写真の斜め右、城南大通りに進みます。

    桜島
    (写真をクリックすると拡大されます)
    30分も歩くと、海はすぐ近く。鹿児島旧港の集荷場を右に見ながら、北ふ頭
    をめざします。桜島を見るとフエリーが見えます。屋久島からだと近くを通る
    人から教えていただきました。ここは離島航路の拠点ですね。

    桜島フエリー
    (写真をクリックすると拡大されます)
    陽が落ちていくウオーターフロントパークを北の方に歩きます。かごしま水族
    館の北隣には桜島フエリーターミナルがあり、ちょうど入港しています。因み
    に桜島航路は、24時間運行だそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村

    関連記事


    街歩き・九州南部(2県) | 【2016-04-01(Fri) 16:48:25】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    拡大・縮小 ボタン
    リンク
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム
    最新記事
    日本語→英語 自動翻訳