FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。時々、JR九州の「ななつ星」を追いかけます。

駅の時計
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新トラックバック
算数力トレーナー
最新コメント
文字を大きく・小さく
    QRコード
    QR
    第 89話 福岡県
    2015年10月 福岡県福岡市・駅からウオーク
    第84話以来の福岡市です。「通学児童募集」、ポスターか何かで見たのは確かこのような文言でした。市内とはいっても、いわゆる離島留学ではなく船で通学、の意味に思えました。島に行くのは容易ではないけれど、とりあえず船乗り場まで行ってみよう。
    気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR姪浜駅から
    その島は「能古島(のこのしま)」。福岡市営地下鉄空港線の最西端
    の姪浜(めいのはま)駅が最寄。電車はJR筑肥線と相互乗り入れで
    した。駅構内の地図を見て、北をめざそう、って単純に考えました。

    JR姪浜駅北口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    街中に出るともっと詳しい地図が見えます。姪浜大通りを北に向か
    うことにします。

    明治通りに  
    (写真をクリックすると拡大されます)

    探題塚
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    5分余りで明治通りに来ました。右折して三つ目の「姪の浜2丁目
    交差点」を左折、最初の「姪浜小学校西交差点」を東に入ります。
    学校フエンスの左手の石段を登ると「探題塚」がありました。鎌倉
    幕府が任命した最後の探題を葬ったところだそうです。
                       
    住宅街
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手に小学校グランド、左手に朝顔を見ながら北の方に向かって
    緩やかな坂を降りて右折するとマリナタウン入口交差点に出ます。
    東に進んだつもりが南へ歩いていることに気づきましたが、「豊浜
    2丁目交差点」から北上し、およそ20分、東に西にと住宅街を抜
    けたところで、住宅街の北に海が見えました。

    マリナタウン海浜公園(1)    マリナタウン海浜公園(2)(写真をクリックすると拡大されます)                    (写真をクリックすると拡大されます)
    マリナタウン海浜公園の遥か北の方に海の中道海浜公園がうっ
    すらと、また東に目を向けるとヤフオクドームなどが見えます。

    能古島
    (写真をクリックすると拡大されます)
    西の方に「能古島」が見えました。マリナタウン海浜公園西端にあ
    る船乗り場からは人や車を満載したフエリーが出港しました。およ
    そ10分で、隣の海上タクシーだと5分で、能古島に着くそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ


    関連記事


    街歩き・九州北部県庁所在市 | 【2015-10-26(Mon) 17:00:06】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    09 | 2018/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    拡大・縮小 ボタン
    リンク
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム
    最新記事
    日本語→英語 自動翻訳