親父の街歩き山歩き
fc2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。ただいまコロナ禍のため外出を控え気味で、更新が滞る状況です。

拡大・縮小 ボタン
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
最新コメント
文字を大きく・小さく
    QRコード
    QR
    算数力トレーナー
    ブロとも申請フォーム
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    駅の時計
    第389話 長崎県
    2021年11月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
    1年ぶりの「JR九州ウオーキング」です。諫早の悠久の歴史にふれる旅時間、大いに楽しみたいです。気ままな、そして昼食をはさむ3時間半、タウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR諫早駅から
    馴染みの仲間との1年ぶりの再会です。受付でもらったマップに沿って進みます。

    JR諫早駅から東の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎を背にまっすぐ本明川の方へスタートします。

    河川敷
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本明川の手前で右折して河川敷に降ります。飛び石を渡って北側へ進みます。

    慶巌寺
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタッフの声で車道に上がります。慶巌寺が見えてきます。歩いている人はほぼ
    ウオーキング参加者のようです。お隣の安勝寺を抜けてアエルアーケードの方へ。

    眼鏡橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    芝生広場は昼食を取る人たちでいっぱいでした。眼鏡橋は楕円曲線が特徴だとか。

    高城回廊
    (写真をクリックすると拡大されます)
    この先は高城回廊(たかしろかいろう)です。一周約1.3㎞、散策路は木製チップで
    舗装されています。

    駅前商店街
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅前商店街でもイベントが開催されています。

    JR諫早駅東口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ゴールはスタートと同じ諫早駅東口です。街のあちこちでイベントが開催されていた
    のは西九州新幹線開業1年前を記念するものでした。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2021-11-11(Thu) 13:32:52】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第388話 長崎県
    2021年9月 長崎県大村市東野岳町  
    第382話以来の大村市です。野岳湖公園の中心に広がるのは周囲3キロの人造湖、野岳湖です。ほぼサイクリングロードと並走する遊歩道を歩きます。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    野岳湖ぶらり
    キャンプ場(テント、バンガロー)やトリム広場などもあって、家族連れから団体レク
    まで楽しめる公園を右回りに一周します。

    野岳湖(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駐車場の横を走る県道は佐賀県嬉野市につながっています。

    野岳湖(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    サイクリングロードとは一定の距離を置く遊歩道を歩きます。

    野岳湖(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    野岳湖(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    祝日ということもあって、各種広場には行楽の人が多いです。

    野岳湖(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    野岳湖のほぼ中央に架かる野岳大橋です。

    野岳湖(6)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    野岳湖(7)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    木々の隙間から澄んだ景色が広がります。そういえばここはおよそ50年前、初めて
    キャンプにやってきた場所です。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2021-09-25(Sat) 14:00:38】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第387話 長崎県
    2021年9月 長崎県・長崎市民の森  
    長崎市民の森は長崎半島の稜線を中心に市民レクや野外活動の場として整備された森林公園です。稜線に沿った歩道からの眺望などマイペース「山歩き」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    長崎市民の森 
    本日のコースは森林体験館から唐八景公園(とうはっけいこうえん)まで、途中には
    長崎市で一番高い山八郎岳(標高590m)への登山道があります。

    市民の森(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    森林体験館です。1階には木工体験コーナーがあります。隣りのケビンでは休養・
    宿泊ができます。

    市民の森(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    山歩きスタートです。

    市民の森(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駐車場の横を緩やかに下ります。

    市民の森(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    橘湾、その向こうに雲仙岳が見えます。

    市民の森(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    心地よい風を感じながら平坦な道を歩いていきます。

    市民の森(6)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    眼下には茂木(もぎ)の集落、右奥にうっすらと天草の島々が見えます。

    市民の森(7)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    車道を離れ、階段を上ることにします。

    市民の森(8)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    唐八景公園に着きました。凧揚げで有名なスポットです。ちなみに地元ではハタ揚
    げと言われます。

    市民の森(9)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートして40分、長崎市街地・港が広がっています。ハイキング・キャンプ・四季
    折々の植物・野鳥など、また500m級の山々を思いきり楽しめる市民の森です。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    山歩き | 【2021-09-23(Thu) 09:47:10】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第386話 長崎県
    2021年8月 長崎県佐世保市・浦頭ぶらり  
    第383話以来の佐世保市です。7年前に第36話でご紹介した「引揚第一歩の地」を再訪しました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    針尾島浦頭ぶらり
    「浦頭引揚記念平和公園(うらがしらひきあげきねんへいわこうえん)」へは国道202
    号線のバス停「浦頭」で降車します。戦後生まれの私ですが、76年前の太平洋戦争
    終結に自分なりの気持ちを集中させ、浦頭検疫所跡地をめざします。

    浦頭(1)   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    浦頭(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    昭和20年8月15日太平洋戦争終結に伴い、海外から約629万人の日本人が引
    揚げ、このうち佐世保引揚援護局があった浦頭には、1,396,468人が上陸されたそ
    うです。

    浦頭(3)   
    (写真をクリックすると拡大されます)
    海が見えたところで左折して記念公園に立ち寄ります。

    浦頭(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    階段を上ると浦頭引揚記念資料館があります。佐世保湾がすぐ近くに見えます。

    浦頭(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    もっとも高いところにあるのは浦頭引揚記念平和の像です。

    浦頭(6)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    元の道に戻り、海の方に下りていくと検疫所跡が広がります。元揚陸桟橋の手前に
    「引揚第一歩の地」碑があります。引揚者は、上陸と同時に消毒のためDDTの散布
    を浴び、7キロの山道を歩き、佐世保引揚援護局までたどり着いたそうです。

    浦頭(7)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    元揚陸桟橋の先に大型クルーズ船対応の岸壁が建設中です。それにしても東京で
    仕事していた若い頃、私の上司がここ浦頭の地に上陸した一人だったという話、今も
    懐かしく思い出します。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2021-08-18(Wed) 16:40:21】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第385話 長崎県
    2021年5月 長崎県・あざみ谷  
    野鳥が多く生息しているあざみ谷。これからの季節にはヤマガラ、シジュウカラ、ホオジロなどの夏鳥が見られるといいます。野鳥の水飲み場として知られるあざみ谷へ登ります。マイペース「山登り」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    あざみ谷 
    本日のコースは実は普賢岳(標高1359m)への登山道でもあります。仁田峠
    ロープウエイ前より、さあ出発!

    雲仙ロープウェイ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    雲仙ロープウェイはわずか3分ですが、東南の方向に絶景を見ることができます。

    平成新山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ロープウェイ前の展望台に立つと平成新山(溶岩ドーム)が見えます。

    登山道(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登山道に入ります。

    登山道(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登り道が続くと思いきや、下りもあります。

    登山道(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    六合目の道標があります。

    登山道(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    海抜1000~1100mの南向き斜面にはモミ林が続きます。

    登山道(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    クリスマスツリーに使われる木で、樹高20~25mあります。

    登山道(6)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    目的地が近いようです。ここまでは登山というよりハイキングですね。

    あざみ谷
    (写真をクリックすると拡大されます)
    およそ30分余りであざみ谷に着きます。鳥の名前はわかりませんが一羽、水を
    飲んでいます。自然との一体感を覚えるひとときです。この先の普賢岳ですが、
    大火砕流があったのは30年前、1991年6月3日のことでした。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    山歩き | 【2021-06-11(Fri) 11:15:41】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第384話 長崎県
    2021年5月 長崎県・金比羅山  
    コロナの終息が見えず、引きこもりを解除して長崎市内の金比羅山(こんぴらさん)に登りました。昨年1月以来の再訪です。マイペース「山登り」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    金比羅山 
    本日のコースは標高366mながら市街地から登山口まではバスが走っています。
    険しい勾配もなく、靴以外は普段着でも登れます。

    金比羅山登山口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    バスを降りると眼下に市街地が見えます。山の方を見ると登山口を案内する碑が
    目に入ります。

    住宅街
    (写真をクリックすると拡大されます)
    住宅地ながら急な石段です。

    登山道へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東高校へのバス通りを渡って登山道へと進みます。

    鳥居
    (写真をクリックすると拡大されます)
    家並みが途切れたと思ったらやがて鳥居が見えます。

    金比羅草原
    (写真をクリックすると拡大されます)
    平坦な道を抜けたら金比羅草原に出ました。

    石段
    (写真をクリックすると拡大されます)

    金比羅神社へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    何回目かの子供連れと行き違います。そろそろ頂上が近いかな。

    頂上
    (写真をクリックすると拡大されます)
    頂上です。金比羅山(標高366m)の名は、1705年、修験者である祥院長慶が
    山の頂上に石窟を掘り、飯縄、愛宕の2神を祭ったことに由来します。

    頂上からの眺め
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登山口をスタートしておよそ1時間半、頂上から西南の方に長崎港、市街地が見え
    ます。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    山歩き | 【2021-05-28(Fri) 16:56:16】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第383話 長崎県
    2021年4月 長崎県佐世保市・駅からウオーク
    第369話以来の佐世保市です。本日は、幼少期に過ごした思い出の地に立地する福石観音を訪ねました。気ままな1時間足らずのウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR佐世保駅から
    朝からの曇天模様、終点佐世保駅の東側へ出ると、国道35号線が南北に走って
    います。滅多に歩かない通りを傘を片手に南進します。

    JR佐世保駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    国道35号線(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    この通りは子ども時代にはよく歩きました。バスに乗ることはあまりなかった記憶で
    す。賑やかだった昔の商店街も、心なしか店舗が少なくなった気がします。

    国道35号線(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    懐かしい交差点が見えてきます。右手のJR佐世保線を特急電車が走り抜けます。

    国道35号線(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    福石町交差点です。左手に進むと九州七観音の一つに数えられる福石観音です。

    福石観音(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    福石観音 清岩寺(ふくいしかんのん せいがんじ)です。手前の階段下には駐車場
    になっている広場がありますが、母に連れられて行った縁日の夜店が並んでいたこと
    を想い出します。

    福石観音(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    もう一つの想い出の場所を訪ねることにします。

    福石観音(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    今は枝木が生い茂っていますが、ここは私が小学生の時にスケッチした場所、眼下
    の風景だと思います。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2021-04-21(Wed) 15:10:56】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第382話 長崎県
    2021年3月 長崎県大村市・駅からウオーク  
    第370話以来の大村市です。本日は、市の玄関駅であるJR大村駅から建設中の新駅までを歩きます。気ままな1時間のウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR大村駅から
    昔から見慣れている大村駅ですが、本日は東口にやって来ました。

    JR大村駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    今ではこちら側からも乗降できるかな。新大村駅までは北の方向へ、迷わずに歩き
    たいな。

    北の方向
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    東口の駐車場に立ち、北の方向を望みます。

    富松神社
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    佐世保方面に延びるJR大村線に沿って北上します。スタートしてすぐ富松神社駐車
    場があります。境内には長崎県忠霊塔があるそうです。

    沿線
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    線路に沿った道を直進、ずっとこうだといいなあ。でもこのあと線路西側の静かな住
    宅街を歩くことになります。

    諏訪駅
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    乾馬場公民館、西大村小学校の前を通り、諏訪第二踏切を渡って東側へ進むと目
    の前に諏訪駅が現れました。

    新駅
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    やがて正面奥に建設中の駅舎らしきものが見えました。

    新大村駅
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    建設中の新駅は長崎新幹線の新大村駅、来年秋の開業が待たれます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2021-03-08(Mon) 17:57:09】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第381話 長崎県
    2021年1月 長崎県雲仙市小浜町大亀  
    第259話以来の雲仙市です。これまでに雲仙温泉は標高700mを越える高地であるとご紹介しましたが、同じ島原半島の南にあるのが諏訪の池(すわのいけ)です。
    気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    諏訪池ぶらり
    諏訪の池は島原半島最大のため池です。標高250mの台地の上に3つあり、南
    から上池、中池、新地に分かれています。本日は中池を左回りに一周します。

    諏訪の池(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    諏訪の池に浮かぶスワン、ですね。当分の間、休止との案内です。

    諏訪の池(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    一帯は雲仙天草国立公園の指定区域にあります。休暇村と呼ばれる地域ですね。
    ずいぶん前に訪れたことがありますが、夏でも涼しかった記憶があります。

    諏訪の池(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    すぐに見えるのが諏訪神社です。時おり散策の人とすれ違いますが、コロナ禍の
    雑踏とは別世界、思いきり綺麗な空気を吸えます。

    諏訪の池(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手に上池が見えます。中池に比べて二倍くらい大きいようです。

    諏訪の池(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    まっすぐ池に沿って探勝歩道を進むことにします。

    諏訪の池(6)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    諏訪の池(7)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手の方、キャンプ場が広がっています。早くもスタート地点が近づきます。そばに
    あるビジターセンターには天体観測室などが備えられているそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2021-02-10(Wed) 14:02:53】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第380話 佐賀県
    2020年11月 佐賀県武雄市武雄町永島・駅からウオーク
    久しぶりの「JR九州ウオーキング」は、コロナ禍のせいで「武雄の物産まつり」は中止に、「新幹線現場見学会」の方は予定通り実施されました。気ままな、そして昼食をはさむ3時間半、タウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR武雄温泉駅から
    長崎駅から特急電車で肥前山口へ、各停に乗り換えて武雄温泉駅に着きます。

    JR武雄温泉駅(北口)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    こちらは北口です。

    新幹線建設現場へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    受付の後、西の方へ向かい最初の交差点を左折、駅の南側に出ます。右手先に
    参加者の行列が見えます。ヘルメットを受け取ると少しだけ気が引き締まります。

    新幹線工事(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    新幹線工事(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    新幹線工事(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    目の前の階段を上ると敷設された線路がのびています。二本の線路を挟むように
    ホームが建設中です。鉄道・運輸機構の皆さんの丁寧な説明が印象的でした。

    武雄川
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本日のウオーキングコースは約7km、左手に市役所を見ながら東の方へスタート
    です。駅南口通りを横断、次の通りを右折して南下すると武雄川が見えてきます。
    晩秋の川べりです。

    貴明寺
    (写真をクリックすると拡大されます)
    川の南側に進み、小高い丘を登る途中に「矢のノ浦古墳」があります。休憩所の貴
    明寺(きみょうじ)では紅葉を楽しみながらお茶をいただきました。

    武雄の大楠
    (写真をクリックすると拡大されます)
    方角がわからなくなりますが、コース途中には案内スタッフの皆
    さんがいます。武雄図書館の前を通り、武雄神社に着きます。
    「武雄の大楠」は推定樹齢三千年と云われる巨木です。

    新幹線高架
    (写真をクリックすると拡大されます)
    武雄神社からおよそ15分、新幹線高架が見えてきます。

    武雄温泉楼門
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ゴールは温泉旅館街の中にある武雄温泉楼門です。九州新幹線西九州ルート(武
    雄温泉~長崎)は2022年秋に開業予定です。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・佐賀県 | 【2020-11-29(Sun) 08:46:21】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第379話 奈良県
    2020年10月 奈良県奈良市・駅からウオーク  
    訪問二度目の奈良市。初訪問は40年余り前だったので当時の記憶と言えば、公園のベンチに腰かけて食べていたかき氷を鹿に食べられたことくらいです。気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR奈良駅から
    奈良散策の王道は奈良公園かなと考えながらJR奈良駅で降ります。昔の記憶では
    近鉄奈良駅が奈良公園に近い、そしてできれば若草山に登りたいのですが……。

    JR奈良駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    JR奈良駅前交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    JR奈良駅前交差点です。前方の人通りが伺えるのが三条通りかな。

    三条通り(1)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    三条通りです。東へ一直線に歩くことにします。

    三条通り(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    三条通り(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートしておよそ15分、興福寺が近くなった辺りで鹿を発見。

    興福寺(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    興福寺に入ります。中金堂は木造建築としては屈指の大きさだとか。中に所蔵され
    る国宝仏はまたの機会に拝観します。

    興福寺(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    大寺院と呼ばれるだけあって広さを感じます。左手に東金堂、右手が五重塔です。
    あいにく若草山に登る望みもまたの機会に譲ります。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・近畿(6府県) | 【2020-11-20(Fri) 16:17:47】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第378話 和歌山県
    2020年10月 和歌山県和歌山市・駅からウオーク  
    初めて訪れた和歌山市。本日の散策地は紀州藩徳川家の居城、和歌山城です。気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR和歌山駅から
    平日の早朝、落ち着いた街の佇まいを感じます。市街地の東側にJR和歌山駅、西
    側に南海電鉄・和歌山市駅があります。

    JR和歌山駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    西の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    和歌山市観光案内マップを手に、JR和歌山駅からけやき大通りを西へと歩きます。

    北の新地
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    10分余りで道路の様子が少し変わります。緩衝帯があります。この辺りは「北の新
    地」です。

    大手門
    (写真をクリックすると拡大されます)
    さらに歩くこと15分、城址の雰囲気を感じさせると思いきや、大手門が見えてきまし
    た。

    天守閣へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    大手門をくぐり抜けて二の丸庭園を進みます。天守閣(表坂)への案内板に沿って登
    ることにします。

    七福の庭
    (写真をクリックすると拡大されます)
    散策する人たちの背中を追って、ゆっくりと登ります。左手に珍しいものを発見、「七
    福の庭(しちふくのにわ)」です。七個の石を七福神に見立てて配置した庭です。

    大天守
    (写真をクリックすると拡大されます)
    大天守です。和歌山城は虎伏山(とらふすやま)(標高48.9m)山頂に建造されま
    した。高さを感じさせず、散策コースとして最適ですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・近畿(6府県) | 【2020-11-18(Wed) 15:42:50】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第377話 富山県
    2020年10月 富山県富山市・駅からウオーク
    前回(第376話)に続く富山市です。市の中心街を流れる松川、その川べりを散策します。気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    市内電車・電停「桜橋」から
    北陸新幹線の開通により市内電車は富山駅を通り抜けるように変貌していました。
    南富山駅前行きに乗車、四つ目の「桜橋」で降車します。

    電停「桜橋」
    (写真をクリックすると拡大されます)

    松川
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    松川に架かる「かめいばし」から西の方を望みます。

    松川べり
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    街の中心にある静寂に浸りながら、西に向かって散策します。

    松川遊覧船乗り場
    (写真をクリックすると拡大されます)
    松川遊覧船乗り場が見えてきました。朝が早いために乗船はかないません。

    松川べり彫刻公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    やがて松川べり彫刻公園に入ります。「常夜燈」がここでも見られました。

    七十二峰橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    そばの七十二峰橋(しちじゅうにほうばし)を渡り、西側の電車通りに向かいます。

    安住橋交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    安住橋交差点です。富山地鉄の市内電車が走り抜けます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・北陸東海(7県) | 【2020-11-07(Sat) 13:22:29】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第376話 富山県
    2020年10月 富山県富山市・駅からウオーク
    第117話以来の富山市です。江戸時代に栄えた港町の面影を探しに、陽が落ちる前に岩瀬を訪ねました。気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    富山ライトレール東岩瀬駅から
    ここ富山ライトレールは、富山駅から北へ岩瀬浜までの路線をJR西日本から引き
    継いだものです。お洒落な車両と駅の増設で乗客が増えたと聞きます。終点の岩
    瀬浜の2駅手前、東岩瀬駅で降ります。

    富山ライトレール・東岩瀬駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    旧国鉄富山港線時代から残る唯一の駅舎、東岩瀬駅です。

    西の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    西の方を望みます。正面に進むと大町新川町通りに入るようです。

    古い町並み(1)
    (写真をクリックすると拡大されます) 

    古い町並み(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ゆっくり散策します。江戸時代に栄えたという廻船問屋の町並みは往時の面影を
    残しています。廻船問屋森家は重要文化財ですが、あいにく閉館時間でした。

    富山港展望台
    (写真をクリックすると拡大されます)
    富山港展望台は富山港の東側にあり、その形状は荒木町琴平神社の境内に建つ
    「常夜燈」をモデルにしています。

    展望台からの眺望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    展望台から見た立山連峰です。

    岩瀬運河
    (写真をクリックすると拡大されます)
    岩瀬運河を北の方に渡り、岩瀬浜駅に向かいます。ふたたび立山連峰です。中央
    奥には剣岳が見えます。宿場町だった岩瀬、明治には肥料、農具、生活必需品を
    求める人々で賑わったそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・北陸東海(7県) | 【2020-11-03(Tue) 15:56:51】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第375話 佐賀県
    2020年10月 佐賀県嬉野市・嬉野ぶらり  
    第222話以来の嬉野市です。嬉野といえば温泉、そしてお茶が有名ですが、本日はある所を訪ねました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    嬉野温泉ぶらり
    今回もJR武雄温泉駅からバスで約30分、「嬉野温泉バスセンター」で下車します。が、本日の
    バスの終点は長崎県東彼杵町のJR彼杵駅でした。武雄~彼杵間は昭和30年代に鉄道計画
    があったためか、JRバスが走っています。

    嬉野温泉バスセンター
    (写真をクリックすると拡大されます)
    これから温泉街を北東の方へと散策します。

    温泉街(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    この通りは、古くは嬉野の街を縦貫する道だったようです。

    温泉街(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    新旧のホテル・旅館が並びます。お土産選びに迷ったら、嬉野茶がお勧めです。

    温泉街(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    足湯施設を備えた公園です。誰でも入れます。

    幹線道路
    (写真をクリックすると拡大されます)
    国道34号線に合流して10分足らず、交差点に来ました。ここを右折します。

    鉄道建設
    (写真をクリックすると拡大されます)
    前方に工事中の高架線が見えます。

    新駅舎
    (写真をクリックすると拡大されます)
    高架線をくぐり抜けて左手の畑に沿って歩くこと15分、北の方に回ってきました。冒
    頭の「ある所」は「嬉野温泉」駅です。かつての鉄道計画は50余年を経て間もなく、
    長崎新幹線として実現します。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・佐賀県 | 【2020-10-05(Mon) 19:59:29】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第374話 佐賀県
    2020年8月 佐賀県白石町・駅からウオーク  
    白石町は幼いころに何度か訪れた記憶があります。大人になってからはなかなか縁遠い街になりました。気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR肥前竜王駅から
    肥前山口駅から各停の電車でおよそ10分、肥前竜王(ひぜんりゅうおう)駅で降車
    します。本日は北西の方へ、白石平野を歩きます。

    JR肥前竜王駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
     
    国道207号線
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    駅舎を背にまっすぐ東に進み、国道207号線に出たら左折して北の方に歩きます。

    白石平野(1)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    すぐに見えるガソリンスタンドの先を左折、正面に踏切が見えます。

    白石平野(2)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    西へと進む道路の右側に東楽寺があります。県内最古の鰐口(わにぐち)があるそ
    うです。

    白石平野(3)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    広い畑を見ながら右折して北へ、次の交差点を左折して西へと歩きます。駅からス
    タートしておよそ30分ですが、まだまだ白石平野の只中にいます。右手に見える酒
    店の前を右折します。

    白石平野(4)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    北へ歩いていくと、ようやく山への登り口に近づいた気分になります。

    白石平野(5)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    連日の猛暑ですので、山に登るのを諦めて引き返すことに。一帯は、麦を収穫した
    後に田植えをしたそうです。秋の稲穂を見に再訪したいものです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・佐賀県 | 【2020-08-16(Sun) 22:45:17】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第373話 長崎県
    2020年8月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    前回(第372話)に続く長崎市です。長崎に原爆が投下されて明日で満75年。本日は、爆心地公園、平和公園を訪ねることができました。
    気ままなおよそ45分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR浦上駅から
    爆心地公園の周辺には平和公園、原爆資料館などの施設や遺構があります。コロ
    ナ禍のために明日8月9日の平和祈念式典は、例年の10分の1の規模で開催され
    ると聞きました。

    JR浦上駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    3月に高架開業した浦上駅です。手前は解体を待つ旧駅舎です。

    北の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    歩道橋から北の方を望みます。爆心地公園まで15~20分でしょうか、ウオーキン
    グを楽しみたいと思います。

    松山町
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    ほどなくして松山町(まつやままち)に着きます。緑の木立が続くこの地にはかつて
    大きな商店街があったそうです。右手の爆心地公園に進みます。

    平和公園(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    1945(昭和20)年8月9日、広島につぐ原爆がこの中心地の上空約500mで炸裂
    しました。

    平和公園(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    平和公園入口に防空壕群跡があります。
     
    平和公園(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    エスカレーターを上り切ると「平和の泉」があります。

    平和公園(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    北の方に歩きます。明日の式典に向けての会場設営が進んでいます。短い時間で
    したが、平和について少しだけ考えることができました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2020-08-08(Sat) 17:39:20】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第372話 長崎県
    2020年7月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    第367話以来の長崎市です。本日は、一度は行きたいと思っていた施設を訪ねることができました。
    気ままな30分足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR西浦上駅から
    施設の名は「三菱兵器住吉トンネル工場(跡)」といいます。第二次世界大戦末期、
    三菱重工業(株)長崎兵器製作所の疎開工場として作られたそうです。

    JR西浦上駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    長崎本線の旧線にある西浦上駅は、市の北部にあります。未電化で単線ながら朝
    夕は「過密」ダイヤです。

    中園モール
    (写真をクリックすると拡大されます)
    目的地はあらかじめ地図で調べていたので、大体の見当はつきます。

    電車通り
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    アーケード街を歩き、電車通りに出ると北の方へ進みます。この辺り住吉地区は、
    コロナ禍、九州豪雨のただ中とはいえ、割と人出があります。

    東の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    2、3分歩いて左手の給油スタンド手前で右折、緩やかな坂を登ります。

    駐車場に
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    地元の人に道を尋ねましたが、見当がつきません。とりあえず右手の駐車場に降り
    て道路に沿って進んでみることにします。
     
    住吉トンネル工場(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   

    住吉トンネル工場(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駐車場の端が見えたところで左手に発見。並列した6本のトンネルが掘られ、魚雷
    部品が製造されました。2010(平成22)年3月に、1号トンネル及び2号トンネルが
    整備されました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2020-07-11(Sat) 15:28:01】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第371話 長崎県
    2020年6月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
    第365話以来の諫早市です。旧西彼杵郡多良見町(たらみちょう)は、平成の大合併で諫早市に編入されました。本日は、ききつ団地を散策します。
    気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR市布駅から
    市布(いちぬの)駅は1972年、長崎本線の新線開業に合わせて出来た駅です。市
    布地区の街並みはどのような風景を見せているか、楽しみです。

    JR市布駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅前の駐車場は広く、北側の半分はJR九州の月極駐車場です。

    東の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎を背に東の方を望みます。

    新旧の道路
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東の方に進むとすぐに新しい街並みが広がっています。左側の新道を進むことにし
    ます。

    ききつ団地
    (写真をクリックすると拡大されます)
    途中に狭い旧道が残る中、少し上ったらあとは下り道に。

    国道34号線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    住宅街を緩やかに下り、右折して国道の方に進みます。旧跡でもあればよいと期待
    していたのですが、見えたのは国道34号線です。手前を右折します。

    駅南側
    (写真をクリックすると拡大されます)
    近くにはカステラで有名な福砂屋の多良見工場があるそうですが、駅に戻ることにし
    ます。

    特急電車
    (写真をクリックすると拡大されます)
    上り特急電車がやって来ました。そういえば県を跨ぐ移動も心置きなく出来るように
    なり、JR九州も平常ダイヤです。巣ごもり生活から早く解放されたいですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2020-06-26(Fri) 19:52:45】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第370話 長崎県
    2020年5月 長崎県大村市・竹松本町  
    第350話以来の大村市です。本日は、日本最初のキリシタン大名として知られる大村純忠(おおむらすみただ)にまつわる史跡を訪ねます。気ままな1時間のウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR竹松駅から
    小さい駅舎ですが、市の玄関駅に並ぶ乗降客数ということもあって、南部の諫早・長
    崎方面からの列車の多くは折り返し運転をします。本日は北東の方へ、田園地帯を
    歩きます。

    JR竹松駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    県道127号線
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    駅前の通りは県道127号線です。北の方を望みます。

    原口第2踏切
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    佐世保方面に延びるJR大村線に沿って北上します。原口第2踏切を渡って東側に
    進みます。

    線路東側
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    並行して建設が進む高架線も気になりますが、北の方をめざします。田園地帯です
    ね。

    住宅街
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    新興住宅地の様相は、市の人口増の一端が覗えます。いったん線路の西側へ踏切
    を渡り、保育園、児童公園を見ながら今度は地下歩道を東側へ。そのまま東側の丘
    へと進みます。

    矢次橋
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    やがて見えたのは矢次橋(やつぎはし)、川は郡川(こおりがわ)です。

    今富キリシタン墓碑
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    案内を頼りに歩くこと15分、今富(いまどみ)キリシタン墓碑、一瀬栄正のものです。
    キリシタン弾圧が厳しさを増す中で、仏式墓に改造されたといわれます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2020-06-08(Mon) 18:01:03】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第369話 長崎県
    2020年5月 長崎県佐世保市・ハウステンボス町  
    JR大村線のハウステンボス駅から歩いて5分、バラの街に行きます。テーマパークと言われることも少なからず、あります。気ままな1時間のウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    バラの街
    今の季節はバラの花が美しく、人が少ないこともあって、期待通り「自然との共生」を
    楽しめます。

    バラの街(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    たくさんの花が色とりどりに咲き誇り、やがてバラの庭が迎えてくれます。

    バラの街(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ゴールデン・リバー。山吹色とクリーム色の取り合わせが私を元気にします。

    バラの街(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    アイスバーグ。白バラの名花ですね。

    バラの街(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    歩道はいろんな色彩のレンガが使われています。レンガ基調の街並みは、いつまで
    も私を惹きつけます。


    バラの街(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    全長6000mの運河の海水は、大村湾の干満の潮位差を利用して入れ替えるそう
    です。バラの花、そして白鳥や魚類、癒されたひとときでした。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2020-05-20(Wed) 18:22:45】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第368話 長崎・佐賀県
    2020年3月 佐賀長崎県境・多良岳  
    第362話でご紹介した「金比羅山~健山~烽火山」以来の山歩きです。これまでご紹介したお馴染みの2人を含む総勢4名、晴天予報通りの「山登り」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    多良岳 
    県境にまたがる多良山地。以前、長崎県側から登ったことがあります。本日は、佐賀
    県側の太良町、中山キャンプ場からのコースを登ります。

    中山キャンプ場・登山口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登山口となる中山キャンプ場は、夏期にはキャンプ村が開かれます。

    樹林
    (写真をクリックすると拡大されます)

    水場
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登山道は急でもなく、緩やかに登るという感じです。途中に水場があり、休憩するこ
    とにします。

    石像
    (写真をクリックすると拡大されます)
    この先の左手に役行者(えんのぎょうじじゃ)の石像が見えます。

    金泉寺
    (写真をクリックすると拡大されます)
    金泉寺に立ち寄ります。ここには長崎県営山小屋があります。休憩の適地ですね。

    ふたたび頂上へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ふたたび頂上への道に戻ります。

    もうすぐ頂上
    (写真をクリックすると拡大されます)
    石段の道が続き、急な坂をひたすら登ります。

    多良岳山頂
    (写真をクリックすると拡大されます)
    標高996mの広い山頂には、多良嶽三注大神が祀られています。展望はおおむね
    良好です。

    経ヶ岳
    (写真をクリックすると拡大されます)
    西の方に見えるのは、経ヶ岳(きょうがだけ)です。話は変わりますが、このたびの
    コロナウイルスの収束を祈念します。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    山歩き | 【2020-04-03(Fri) 14:45:18】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第367話 長崎県
    2020年3月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    第363話以来の長崎市です。第239話でご紹介した浦上駅の北側からスタートします。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR浦上駅から
    終着駅である長崎駅のひとつ手前が浦上駅です。今月下旬に浦上~長崎駅間の
    高架事業が完成します。

    浦上駅付近(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    浦上駅北側の高架線が平地に降りていき、その西側(右側)に並走するのが新しい
    高架線です。南の方に浦上駅新ホームが小さく見えます。

    浦上駅付近(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    南の方に浦上駅現ホームが見えます。

    浦上駅付近(3)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    一歩通行の車道を進むと駅舎が見えてきます。駅舎が西側に移転すると、新たな
    駅前広場が生まれる、かな。

    浦上川通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    地下歩道(東西通路)を歩いて西側に出て左折、浦上川通りを南に向かいます。

    国道202号線
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    左に原爆病院を見ながら交差点に来たところで左折、線路手前で右折して再び南に
    歩き、踏切を渡ると国道202号線です。
     
    長崎駅付近(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    ここからは線路沿いに南に。それにしても線路跡地はどのように変貌するのか興味
    あります。やがて正面に見えたのが新幹線高架橋、在来線を跨ぐように建設中です。

    長崎駅付近(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    現駅ビルから西側の眺めです。新駅開業は3月28日の予定です。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2020-03-08(Sun) 19:57:46】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第366話 長崎県
    2020年2月29日 長崎県長崎市・長崎駅  
    「ななつ星in九州」1泊2日コースは、前回(第336話)までにご紹介したように有田駅・佐世保駅を経由したのち夕方に長崎駅へ向かいます。。第38話でご紹介した長崎駅、現駅舎での最後の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    長崎駅
    1日目に長崎を訪れる1泊2日コースは、博多駅をこれまでと同じ時刻に出発し、肥
    前山口駅から佐世保線に入ります。夜の長崎駅は静寂そのものでした。

    長崎駅(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    4番線に到着と聞いて向かったら、出発前の「つばめ型」特急かもめがいました。

    長崎駅(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    8時15分を過ぎた頃、列車が進入してきます。先頭の機関車ですね。

    長崎駅(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    しだいに速度を下げて停車しました。夜の暗さとも相俟って重厚感が覗えます。

    長崎駅(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    乗客の皆さんが降りないのは、コロナウイルスのために歓迎イベントが中止された
    からでしょう、などと考えながら最後尾に向かうと機関車が繋がれています。

    長崎駅(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    長崎駅は3月下旬に西側に移転予定です。やがて折り返し運転のための機関車の
    付け替えが終わり、暗闇に消えていきました。3月は運転中止のため、現駅舎での
    対面はこれが最後になります。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    ななつ星in九州 | 【2020-03-02(Mon) 18:10:45】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第365話 長崎県
    2020年2月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
    第303話以来の諫早市です。旧北高来郡小長井町(こながいちょう)は、平成の大合併で諫早市に編入されました。本日は、有明海を望む公園をめざします。
    気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR長里駅から
    長里駅は1990年開業の比較的新しい駅です。近い将来、諫早駅~肥前鹿島駅間
    はJRから切り離されることが予想されることもあり、この区間をしっかりと歩きたいと
    いう気持ちで訪ねました。

    JR長里駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎からホームまでは道路を歩くという珍しい構造ですね。

    足角踏切
    (写真をクリックすると拡大されます)
    めざす公園は北の方にあり、線路下を抜けて踏切を渡ることにします。

    国道へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    すぐに国道207号線の前に出ます。左折したらあとは北の方へ向かいます。

    北の方へ(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    北の方へ(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    歩道とはいっても後方からの車がそばを抜けるので少し怖い、かな。右手前方に道
    路公園が見えます。

    有明海(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    有明海は瀬戸内海と並ぶ海苔の2大産地として有名です。

    有明海(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    南の方に目を転じると堤防道路が見えます。諫早湾干拓地・調整池を締め切る際の
    「ギロチン」をテレビで見たことを思い出します。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2020-02-26(Wed) 16:44:19】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第364話 福岡県
    2020年2月 福岡県うきは市・駅からウオーク  
    久留米市から大分市方面へ延びるJR久大本線は、街中を抜けるとのどかな景色が広がっています。気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR筑後大石駅から
    久留米駅から各停の列車でおよそ45分、筑後大石(ちくごおおいし)駅で降車します。
    本日は南の方へ、田園地帯を歩きます。

    JR筑後大石駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    もうひと駅乗っていたら大分県に入ります。筑後平野が東西に広がります。
     
    駅前の通り
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    駅舎を背に北の方を望みます。突き当たりを右折することにします。

    いちご園
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    大分方面に延びる旧国道でしょうか、歩道がないので小走りに進み右折、南をめざ
    します。「宮の前」踏切を渡るとすぐ、いちご園が見えてきます。

    キャベツ畑
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    一帯は静かです。方角的には南東へ向かい、家並みを抜けるとキャベツ畑です。

    広がる畑
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    畑が広く、駅から離れること30分有余。左折して駅に戻ることにします。

    元の道に
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    はいっ、正解。通って来た道に出ました。

    踏切近く
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    ふたたび「宮の前」踏切が見えてきました。とそこへ待望の列車がやってきました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2020-02-18(Tue) 16:30:06】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第363話 長崎県
    [旧居留地] ブログ村キーワード2020年1月 長崎県長崎市・駅からウオーク    
    第325話以来の長崎市です。雨が落ちてきそうな天気ですが、長崎港をめざします。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR長崎駅から
    長崎駅は西側に移転する工事が進んでいました。今の駅舎を見れるのも3月までと
    聞きます。そういえば象徴だった「とんがり屋根」は、すでにありませんね。

    JR長崎駅
    (写真をクリックすると拡大されます) 

    五島町交差点  
    (写真をクリックすると拡大されます)                 
    駅前の国道202号線を南へ、五島町交差点を右折します。

    海の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    海側の新しい道を歩くことにします。県の新しい庁舎が見えます。

    南へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右前方に長崎港ターミナルが見えますが、本日の目的地は国際埠頭です。

    出島ワーフ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    出島ワーフから国際埠頭の方を眺めると、大型客船が見えます。雨が心配です。


    県美術館
    (写真をクリックすると拡大されます)
    南に隣接する県美術館です。開催中の「2020長崎ランタンフエステイバル」を彩る
    飾りです。


    クルーズ客船
    (写真をクリックすると拡大されます)
    30日の朝方に上海から入港、出港は31日の夕方だそうです。普段と違い、中国人
    観光客が乗船していないそうです。やはり、でした。新型肺炎の収束が待たれます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村

    <

    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2020-01-31(Fri) 16:29:20】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第362話 長崎県
    2020年1月 長崎県・金比羅山~健山~烽火山  
    長崎市では、正月から15日頃までに、市街を囲む七つの山を、家族や親戚から使用人まで一緒に登るという七高山(しちこうさん)めぐりという習わしがあったそうです。そのうちの金比羅山(こんぴらさん)・烽火山(ほうかざん)をめざしました。
    今年初の、マイペース「山登り」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    金比羅山~健山~烽火山 
    本日のコースは5年前に登ったことがあり、諏訪神社の鳥居集合も同じです。腰痛
    のため休んでいた登山、半年ぶりに解禁です。

    金比羅神社へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    神社の階段を登るほどに市街の景色が見えてきます。車道に進み、金比羅神社の
    鳥居に来ました。

    石段
    (写真をクリックすると拡大されます)
    体力十分なので不規則な石段でも平気です。

    市街地
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登り始めて1時間。西の方に市街地が広がっています。

    金比羅山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    およそ5分で頂上です。金比羅山(標高366m)の名は、1705年、修験者である
    祥院長慶が山の頂上に石窟を掘り、飯縄、愛宕の2神を祭ったことに由来します。

    分岐
    (写真をクリックすると拡大されます)
    この分岐を間違わないように、右手の青い目印に沿って降ります。

    西山ダムからの眺め
    (写真をクリックすると拡大されます)
    下山すると西山ダムです。市街地を眺めながらダムを横断。

    登山口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    片淵近隣公園を半周すると烽火山の登山口です。少しわかりにくいかも。

    分岐
    (写真をクリックすると拡大されます)
    分岐のおかげで迷うことなく進むことができますね。

    標識
    (写真をクリックすると拡大されます)

    平坦
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登山口をスタートしてちょうど1時間、頂上は近い、と期待します。

    烽火山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    およそ10分で烽火山(標高426m)の頂上です。烽火台は、異国船の侵攻を近国
    に知らせるため1638年に作られたそうです。

    市街地
    (写真をクリックすると拡大されます)
    さて本日は、途中の健山頂上(標識)を見ることができませんでした。草の繁みに
    隠れたのかな。西南の方には長崎港が見えます。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村






    山歩き | 【2020-01-13(Mon) 12:02:40】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第361話 東京都
    2019年12月 東京都台東区・駅からウオーク  
    およそ45年前に行ったことがある所を、張り切って再訪しました。そこは都立文化財のひとつ、文京区にあります。
    気ままな2時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    京成電鉄・上野駅から
    上野駅からのスタート、持参した地図が頼りです。目的地までのコースのイメージは
    できています。


    京成上野駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    正面の緩やかな坂を上り、西へと歩きます。

    不忍池
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    不忍池(しのばずのいけ)を西へと歩くコースは織り込み済みです。弁天堂を進み、
    ボート池の前に来ましたが、早速予定を変えます。

    旧岩崎邸庭園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    はい、ここ旧岩崎邸庭園です。しばらく参観します。


    本郷三丁目交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    新たなコースは、東大の敷地に沿って西へと向かうこと。南側から本郷通りをめざし
    ます。まさしく紆余曲折、やっと本郷三丁目交差点に来ました。右折します。

    本郷通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ここからは迷うことなく本郷通りを北に歩きます。

    東大赤門前
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東大赤門前に来ました。

    不忍通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    冬季の休講中だからか、学生の姿が少なく、通りに点在する食堂の看板は学生向
    けといった風。などと思っていたら不忍通り(しのばずどおり)に来ました。左手に目
    的地の看板が見えます。

    六義園(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    六義園(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    目的地の六義園(りくぎえん)は、川越藩主・柳澤吉保が1702(元禄15)年に築園
    した大名庭園です。明治時代に入り、途中訪れた岩崎邸の別邸となりました。広い
    池をめぐる園路を歩きながら景色を楽しめます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・関東(7都県) | 【2020-01-06(Mon) 18:37:30】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第360話 新潟県
    2019年12月 新潟県新潟市・駅からウオーク
    開港五港都市の一つ、新潟市。商都の今を訪ねました。まずは萬代橋(ばんだいばし)を渡ろうと思います。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。
     

    JR新潟駅から
    これまで何度も経験した早朝ウオーキング。九州に住む私にはやはり風が冷たく、
    北国を感じるには十分です。

    JR新潟駅(万代口)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    新潟駅「北口」というよりも、「万代口」の方が馴染んでいるようです。年のせいか早
    起きした勢いで歩き始めます。

    東大通りを望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    およそ15年前に訪ねた街です。ここ東大通りを進むと日本海が見える所に着くだろ
    うと単純に考えます。

    流作場五差路
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートして15分、歩道橋に上がります。なるほど、ここが流作場五差路(りゅうさば
    ごさろ)ですね。

    萬代橋東詰たもと
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    ふたたび歩道に降りると、東詰たもとに萬代橋案内板があります。

    新潟日報メデイアシップ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手の先にユニークな形の建物が見えます。新潟日報メデイアシップですね。信濃
    川が近い、かな。

    萬代橋
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    萬代橋です。初代は1886(明治19)年に、二代目は1909(明治42)年に、三代
    目となる今の萬代橋は1929(昭和4)年に架けられました。橋の向こうは「新潟島」
    なのですね。

    信濃川河口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    橋を渡って「やすらぎ堤」に降ります。河口に向かって右手、朱鷺メッセがそびえて
    います。「新潟島」には歴史を物語る街並みや建物が多くが残っているそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・甲信越(3県) | 【2019-12-31(Tue) 09:24:36】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第359話 熊本県
    2019年12月 熊本県熊本市・駅からウオーク  
    西南の役(せいなんのえき)の舞台のひとつ、今は熊本市になっている戦場の風景を見つめたいと思いました。本日は駅に近い横平山戦跡を訪ねます。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR田原坂駅から
    熊本駅から鹿児島本線を北へ五つ目、田原坂(たばるざか)駅で降ります。♪越すに
    越されぬ田原坂♪、の「変調 田原坂」を歌っている自分がいました。

    JR田原坂駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎は崖上にあります。

    北の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    急な坂道が北の方に延びています。下りながら標識を確かめて、左の方「横平山」に
    進みます。

    横平山へ
    (写真をクリックすると拡大されます)

    玉東町に
    (写真をクリックすると拡大されます)
    勾配を少しだけ感じながら登っていくと玉東町に入ります。

    山頂近く
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    横平山戦場地跡をゆっくりと歩きます。1877(明治10)年3月9日から、官軍(明治
    政府軍)と薩摩郡とで横平山争奪戦が繰り返されました。

    展望台
    (写真をクリックすると拡大されます)
    横平山は標高144m、展望台です。

    眺望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    途中、猪除けの柵が多くあって戻ることも余儀なくされました。田原坂の戦いのひと
    つ、ここ横平山に立って日本で最後の内戦を想います。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・熊本県 | 【2019-12-20(Fri) 17:09:50】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第358話 大分県
    2019年12月 大分県別府市・駅からウオーク  
    第194話以来の別府市です。別府には温泉郷が多くあることはこれまでにご紹介しました。本日は建築家・磯崎新(いそざきあらた)氏の作品を訪ねます。
    気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR別府駅から
    博多駅から特急で最速1時間55分、別府駅に着きます。構内にある観光案内所で
    「べっぷ周辺エンジョイマップ」(A3サイズ)をもらいます。「作品」までは、1時間はか
    からないと見込みます。

    JR別府駅(西口)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    別府駅の山側、西口に立ちます。バス停には湯布院方面への乗客が列を作ってい
    ます。

    北の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    青山通りを真っ直ぐ進むのが至近ルートだと判断して、穏やかな坂道を歩きます。

    青山通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    歩き始めて約20分、右前方に別府公園が見えてきました。右折することにします。

    公園南側
    (写真をクリックすると拡大されます)
    公園の南側を東へと歩きます。それにしても長い区画です。駅西口をスタートした時
    から気になる山が、再び姿を現わします。鶴見岳ですね。

    富士見通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    区画が切れたところで富士見通り、左折して北の方に進みます。右手に市役所を見
    ながら、前方のビーコンプラザが目に入ります。その先に、きっと「作品」でしょうか。

    タワーからの眺望(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    磯崎新氏の「作品」は、高さ約125mのグローバルタワーです。地上100mの展望
    デッキから、別府国際観光港、その先に国東半島(くにさきはんとう)が見えます。

    タワーからの眺望(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右の方、南へと目を転じると高崎山、その向こうに大分市街地が見えます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・大分県 | 【2019-12-11(Wed) 15:36:54】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第357話 福岡県
    2019年11月 福岡県粕屋町・駅からウオーク  
    本日は、数ある「福岡市のベッドタウン」のひとつをめざします。気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR長者原駅から
    博多駅から篠栗(ささぐり)線電車でおよそ15分、長者原(ちょうじゃばる)駅で降車
    します。本日は南の方へ、大きな池をめざします。

    JR長者原駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅の外に出ると方角が分からなくなりました。滅多にないことです。
     
    南口
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    上を走るのは香椎(かしい)線、非電化です。案内板があって助かります。

    南の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    香椎線を意識しながら、東南の方向をめざします。正面の広い道を進むことに。

    町役場そば
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    標識にしたがって右折、アパート左奥に役場敷地を感じながら、緩やかに登りきると
    「さくら通り」が見えてきました。

    粕屋町役場前交差点の先に
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    左折したらあとは真っ直ぐです。右手に「サンレイクかすや」があります。総合体育館
    近くに来ると散策者や部活生らしい群れとすれ違います。

    ドームと公園
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    「かすやドーム」です。いくつものアリーナ、温水プールを備えています。

    駕与丁公園
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    町民憩いの駕与丁公園(かよいちょうこうえん)。大きな池の名は「駕与丁池」、周囲
    4.2㎞の灌漑用ため池です。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2019-11-29(Fri) 12:07:00】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第356話 大阪府
    2019年11月 大阪府大阪市・駅からウオーク
    前回(第355話)に続く大阪市です。第114話でご紹介した新大阪駅周辺をふたたび歩きます。
    気ままな1時間余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    新大阪駅(正面口)から
    大阪府内で唯一の新幹線駅、ここ新大阪駅。本日の早朝散歩は駅を周回、スタート
    は1階出口です。

    新大阪駅(正面口)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    ここで右折
    (写真をクリックすると拡大されます)
    北方貨物線の下をくぐり、右手上に阪神高速・地下鉄御堂筋線を見上げながら南へ
    歩き、ここで右折します。

    北へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    歩道に着いたらすぐ右へ、北の方に進みます。

    西へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    階段の左側を進み、突き当たって左折、先ほどの貨物線に沿って西へと歩きます。
    特急電車などが待機していますね。その向こうに山陽新幹線が見えます。

    地下連絡道へ  
    (写真をクリックすると拡大されます)
    線路の北側に行く連絡橋が見えないなあと思っていたら、西町公園の先に何と地下
    連絡道を発見!

    東へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    地下連絡道は歩車分離ではあるものの、走る車に注意して北側に出たら今度は東
    へと歩きます。右手上をゆっくりと新幹線が走ります。駅舎が見えてきました。

    左手に在来線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手の駅舎出入口階段を過ぎると、正面に在来線が見えてきます。新幹線と斜めに
    交差しています。やがて左手に在来線を見ながら右折すると、スタート地点の手前に
    出ます。新幹線ホームに続く広場は修学旅行生などの団体客で賑わっていました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村






    街歩き・近畿(6府県) | 【2019-11-08(Fri) 11:54:08】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第355話 大阪府
    2019年11月 大阪府大阪市・駅からウオーク
    第114話以来の大阪市です。大阪を代表する街のひとつ、新世界を歩きます。
    気ままな1時間余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    大阪メトロ堺筋線・恵美須町駅から
    持参した「大阪さんぽ地図」を見て、新大阪駅からの地下鉄移動を決めます。都会
    ではいつも思うことですが、乗り換えのための歩く時間が半端ないですね。

    大阪メトロ・恵美須町駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    恵美須町(えびすちょう)駅の地上に出て北の方向を振り返ります。

    新世界市場(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    昔懐かしい下町風情が残るという新世界。さっそく南の方に通天閣が見えます。右
    手に見える新世界市場に進みます。

    新世界市場(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    新世界市場(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    市場の雰囲気はとても好きです。よもぎ餅を買って南の方に歩きます。

    通天閣 
    (写真をクリックすると拡大されます)
    5分余りで市場を抜けると、通天閣が近くに迫っています。

    通天閣南本通り(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    通天閣の展望台に行こうといったんは並びますが、トータル45分という待ち時間を
    聞いてギブアップ。通天閣南本通りを南に進むほどに人が多くなります。

    通天閣南本通り(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    歩道にとびだすように、また派手さを競うようにひしめく看板の多彩さに目を奪われ
    ます。元祖串カツを名乗る老舗店には行列ができていました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・近畿(6府県) | 【2019-11-06(Wed) 11:24:36】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第354話 長崎県
    2019年10月 長崎県佐々町・駅からウオーク
    平成の大合併で周囲が佐世保市に編入され、北松浦郡は小値賀町(おぢかちょう)とここ佐々町(さざちょう)だけになりました。最近この町が結構広いことに気づき、本日は西側に広がる海を求めて降り立ちました。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    松浦鉄道・佐々駅から
    西口という標識はなく、西側から駅の外に出ます。目の前は馴染みの城辻山です。

    佐々駅西口
     (写真をクリックすると拡大されます)

    佐々川へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    佐々川沿いに南に歩くのが一番だと思い、川に通じる道を探します。家が並ぶ間に
    ある階段を見つけて進みます。

    遊歩道(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ゆったりと流れる傍らを、南の方に向かって歩きます。ここはいつ来ても素敵な空間
    です。

    遊歩道(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    頭上を跨ぐ車道は、国道227号線です。振り返って標識を見ると北の方、平戸に向
    かうのですね。

    上り列車
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    静寂を破って佐世保方面からの上り列車がやってきました。ここ佐々駅までは30分
    に1本の運行です。

    見返橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    遊歩道が切れた辺りで見えるのが「見返橋」です。

    河口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    見返橋(みかえりばし)側道橋の途中から南の方、河口を眺めます。このまま西へと
    進めば小佐々町(こさざちょう)に入り、海を見れますが、次回の楽しみとします。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2019-10-31(Thu) 20:37:40】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第353話 長崎県
    2019年10月 長崎県東彼杵町・三根郷  
    第342話以来の東彼杵町です。国道34号線を佐賀県に向かって走っていると登山口を案内する標識が目に入りました。記憶する山の名前でした。登山口から少しだけ上った沿線での風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    虚空蔵山登山口から
    虚空蔵山(こくぞうやま、こくぞうさん、こくんぞうさん)は、山の名前です。県内では
    4つの同名の山があります。登山口までは車で行けると聞きました。

    登山道(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    いくつかある中でのひとつの登山口だと思われますが、駐車場は他の場所にあるの
    かな。

    登山道(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    普段の靴なのですが、歩いてみます。

    登山道(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    残暑の厳しさを感じながら、こもれびの先に沢の水が流れています。冷たくて気持ち
    いいだろうに、降りることができません。

    登山道(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    やはり登山靴でないと、足に負担がかかりますね。

    登山道(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ここは川内山林道の起点。北は秋田県から南の宮崎県まで、20を越える虚空蔵山
    ですが、ここは標高608m。本日は、10分余りのウオーキング。いつか仲間と登って
    みたいなあ。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2019-10-18(Fri) 16:04:16】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第352話 福岡県
    2019年10月 福岡県大野城市・駅からウオーク    
    古代に唐(とう)と新羅(しらぎ)の軍事攻撃から太宰府(だざいふ)を守るために造成された遺構、本日の目的地です。その水城跡(みずきあと)は、太宰府市の方が知られているようですが、大野城市の方をを訪ねました。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    西日本鉄道・下大利駅から
    大野城市は、北は春日市、東は太宰府市に接する比較的新しい市です。街は古く、
    一帯は歴史的遺構が点在し、散策するのに楽しい地域です。

    西日本鉄道下大利駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    始発の天神駅から急行に乗車、およそ15分、下大利駅で降ります。

    東口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東口から出て南の方向に少し歩き、交差点を右折します。高架化工事が進んでい
    ますね。

    南西の方に
    (写真をクリックすると拡大されます)

    JR鹿児島本線の手前で
    (写真をクリックすると拡大されます)
    広い通りに来たら左折します。道なりに南西の方向に歩きます。架線が見えたので
    緩やかに左折します。

    水城跡公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右手にJR水城駅を確認できたところで、正面に現れたのは水城跡公園です。

    水城跡(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    水城跡(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    大和朝廷が土塁と水堀で造ったという水城跡、ここは東門のあたりだと思います。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・福岡県 | 【2019-10-09(Wed) 14:49:46】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第351話 福岡県
    2019年9月 福岡県福岡市・駅からウオーク  
    第320話以来の福岡市です。本日は、「九州のおいしい水」をめざします。気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR香椎駅から
    数年前に、ここから海の方へ歩いたことがあります。本日は東の方へ、香椎宮(かし
    いぐう)に向かいます。

    JR香椎駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    地図を見ると、東側の香椎高校口の方が目的地に近いのですが、閉鎖中のため西
    側に出ます。
     
    西の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    駅前からまっすぐ進むと西鉄「香椎」駅があります。帰路に乗ってみようかな。区画
    整理中の工事が進む中、左折します。

    かしい橋
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    かしい橋に来ました。左折して鹿児島本線、香椎線の下をくぐり、迷路のような住宅
    街を歩きますが………。

    博多バイパスを南へ
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    行きつ戻りつを繰り返しながら、高架の博多バイパスの下に出ます。そこからもバイ
    パスをひたすら北の方へ進み、慌てて南の方へ軌道修正です。

    弁財天社
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    香椎参道に出たところで一安心。5分余りで香椎宮に着きます。弁財天社が迎えて
    くれます。

    香椎宮
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    周辺は歴史散歩に事欠かないと思いきや、楼門の前で打ち切り、「九州のおいしい
    水」「香椎宮の不老水」をあきらめることにしました。

    香椎参道
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    香椎宮からの帰り道は、香椎宮参道を歩きました。1926年に植えられた楠は見事
    な大木になりました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・福岡県 | 【2019-09-24(Tue) 18:03:01】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第350話 長崎県
    2019年9月 長崎県大村市・黒木町  
    第324話以来の大村市です。その中でご紹介した萱瀬(かやぜ)ダム湖から奥へ歩きました。久しぶりの青空の元、沿線での風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    萱瀬ダム湖から
    萱瀬ダムは1962年に完成しましたが、その後の台風豪雨のためにかさ上げ工事に
    着手、2000年に現在のダムが完成しました。

    萱瀬ダム湖(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    郡川水系郡川に建設されたダムで、大村市および長崎市に供給されています。

    萱瀬ダム湖(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    中央の山の向こうは佐賀県です。およそ30分、歩いてみます。

    振り返ると
    (写真をクリックすると拡大されます)
    残暑の厳しさを感じながら、後ろを振り返ります。あまり進んでいないなあ。

    旧道へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    まっすぐ国道を進むと佐賀県に入りますが、旧道の奥へと向かいます。

    ダム湖方面
    (写真をクリックすると拡大されます)
    黒木小学校そばからダム湖方面を眺めます。

    郡川砂防公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    郡川(こおりがわ)砂防公園です。車道の勾配は緩やかです。

    登山口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    バスの終着「黒木」の近くで見つけました。経ヶ岳(標高1076m)への登山口です。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2019-09-12(Thu) 18:24:20】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第349話 島根県
    2019年8月 島根県津和野町・駅からウオーク  
    山陰の小京都、津和野。白壁と赤瓦の家並みだけを想像していました。が、その先にご利益スポットが待っていました。
    気ままな2時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR津和野駅から
    津和野町観光協会が発行するパンフ「津和野」には4つのおすすめコースが紹介
    されています。そのうちの「神話と城跡の路コース」にチャレンジします。歴史を歩く
    旅の始まりです。

    JR津和野駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    益田駅から普通列車で約40分、津和野駅に降り立ちます。東京や大阪からの直行
    バスも走るそうです。

    伝統的建造物群(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   

    伝統的建造物群(2)
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    駅からは駅通り、本町通り、殿町通りと歩きます。南の方にずっと行くと森鷗外(もり
    おうがい)旧宅、西周(にしあまね)旧居などがありますが、津和野川の手前で西の方
    に向かいます。

    太鼓谷稲成神社
    (写真をクリックすると拡大されます)
    弥栄神社(やさかじんじゃ)を通り、朱の鳥居を登ると太鼓谷稲成神社(たいこだにい
    なりじんじゃ)に着きます。日本で唯一「稲成」と表記されるそうです。

    観光リフト
    (写真をクリックすると拡大されます)
    津和野町城跡観光リフトです。およそ5分、山頂まで行きます。

    津和野城跡(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    リフトを降りて、ケヤキやカエデの林を通りぬけると城址にでます。

    津和野城跡(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    津和野城跡(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    津和野城は関ヶ原合戦(1600年)の戦功により津和野藩主として入部した坂崎出羽
    守(さかざきでわのかみ。1601~1616年)によって築かれた山城です。

    津和野城跡(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    天守台です。かつては三層の天守閣があったそうです。正面下に馬立櫓(またてや
    ぐら)、その先に台所櫓(だいどころやぐら)を望みます。

    津和野城跡(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    津和野城跡(367m)からは街を一望できます。冒頭にご紹介したご利益スポットで
    すが、写真でご紹介した太鼓谷稲成神社の裏側に足を運んではいかがでしょうか。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・中国四国(9県) | 【2019-09-04(Wed) 21:55:37】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第348話 山口県
    2019年8月 山口県下関市・豊北町  
    JR山陰本線の特牛(こっとい)駅前から乗車したバスは15分程で別世界に連れていってくれました。下関市の北端、豊北町(ほうほくちょう)角島(つのしま)です。気ままな2時間の離島ウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    角島(つのしま)
    角島大橋は2000年11月に開通、橋の長さは1780m。当地特有のエメラルド
    グリーンの景観が、島を訪れる人々を魅了します。

    車窓
    (写真をクリックすると拡大されます)
    角島へ渡るバスの窓から北の方を眺めます。本土側の半島が突き出ています。

    バス停「尾山憩の家」
    (写真をクリックすると拡大されます)
    予定通りに終点の「尾山憩の家」で降車します。走ってきた道を戻るように西の方へ
    ウオーキングします。

    角島灯台
    (写真をクリックすると拡大されます)
    バス停そばの漁港で本日のコースを確認します。景色を堪能
    しながら歩くこと30分余り、角島灯台(1876年3月に点灯)に
    着きます。


    灯台からの眺望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    灯台の中、狭い螺旋階段を恐るおそる登り切って、ひと回り展望します。

    大浜海水浴場
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ふたたびバス通りを今度は東へ、30分余りでコバルトブルービーチ、大浜海水浴場
    が見えてきます。そばの「しおかぜの里」で、涼を求めて休憩します。

    角島大橋(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本土側の海士ケ瀬公園からの眺めです。因みに橋の歩行は、可です。

    角島大橋(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    角島大橋は、海外の人の投稿がきっかけで、広く知られるようになったと聞きました。
    島に残る小学校も、来春にはその歴史を閉じるそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・中国四国(9県) | 【2019-08-31(Sat) 14:02:06】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第347話 山口県
    2019年8月 山口県下関市・彦島  
    巌流島(がんりゅうじま)の決闘、この言葉を知っている人はどれほどいるでしょうか。天気予報が雨を知らせていた中、門司港から乗船しました。気ままな15分の離島ウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    巌流島(がんりゅうじま)
    門司港から西へおよそ10分、関門海峡に浮かぶ巌流島です。「舟」の形に
    似ていたことから「船島」とも呼ばれていますが、行政上は彦島だそうです。


    巌流島
    (写真をクリックすると拡大されます)
    乗船した船は、波に揺られながらも少しづつ巌流島に近づきます。

    桟橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本土に戻る人たちと入れ替わるように上陸します。ミニウオーキングのスタートです。

    武蔵・小次郎決闘の地
    (写真をクリックすると拡大されます)
    宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘の話は小学校の図書館で読んだ記憶があります。
    1612年のことだそうです。

    遊歩道(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    遊歩道(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東側の海岸沿いから西側の埋立地へと歩くことにします。

    展望広場(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    埋立て前の南端に当たるという展望広場です。

    展望広場(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    展望広場にある「小次郎・武蔵像」です。吉川英治さんの小説「宮本武蔵」で有名に
    なった話ですが、今に伝わる諸説が多くあるようです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・中国四国(9県) | 【2019-08-27(Tue) 15:08:52】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第346話 福岡県
    2019年8月 福岡県北九州市・駅からウオーク
    北九州市が生まれる前、八幡市の玄関口は八幡駅でした。古くから鉄鋼の街として知られていました。特急が停車する黒崎駅から2分程度、八幡駅に降り立ちます。ケーブルカーを含めて気ままな1時間半、タウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR八幡駅から
    駅の南口に立つと市街地の先に山が見えます。ケーブルカー山麓駅までウオーキン
    グします。小雨模様ですが、目的地は皿倉山(さらくらやま。標高622m)です。

    JR八幡駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    南の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅前広場は整備中です。

    市街地を東へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    八幡駅前交差点を左折、東へと歩きます。尾倉交差点に来ました。

    南の方に山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右折するとあとは真っ直ぐに坂道を登ります。

    ケーブルカー山麓駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートしてからおよそ40分、ケーブルカー山麓駅が見えます。本当は登山口へと
    進みたいところですが、登山装備もなく、ケーブルカー乗り場へ向かいます。

    視界少しずつ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ケーブルカー所要約6分、山上駅から乗り継ぐスロープカーは所要約3分です。あ
    いにくの小雨のために視界不良。すぐに引き返していると正面に洞海湾がうっすら
    と見えます。

    下から「かなた号」
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「はるか号」で降りているので、登ってくるのは「かなた号」ですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・福岡県 | 【2019-08-21(Wed) 20:09:00】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第345話 東京都
    2019年7月 東京都中野区・駅からウオーク  
    20代前半だった私が仕事で通った職場は東京・中野区にありました。1970年の夏からおよそ6年間歩いた路を、記憶を辿りながら「通勤」します。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR東中野駅(西口)から
    電車を降りて階段を上がると改札口の先には、南北に山手通りが走っています。念の
    ためにと持参した地図を見ると、山手通りの下を都営地下鉄大江戸線が走っています。
    浦島太郎の旅の始まりです。

    JR東中野駅・西口 
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東中野駅西口広場です。当時は中央線、手前に総武線それぞれの線路がほぼ見え
    ていました。

    脇道へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    東中野駅前交差点を西側へ渡り、フアミリーマート横に立ちます。南西の方に向かう
    道はここですね。当時は右手に八百屋さんがありました。

    東中野・住宅街(1)
    (写真をクリックすると拡大されます) 

    東中野・住宅街(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ここからは東中野の住宅街です。道なりにゆっくりと歩きます。つきあたりを迷いなく
    左折することにします。

    東中野・住宅街(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    交差点が見えます。確かここは右折、ですね。

    東中野・住宅街(4)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    次の交差点、ここを左折するとあとは一直線、かな。

    東中野・住宅街(5)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    うん、こんな感じです。間違いありません。緩やかな坂を進みます。

    おっ!
    (写真をクリックすると拡大されます)
    おっ!マンションでしょうか。当時は敷地を高い万代塀が囲っていました。出入口が
    あった右手の方に進みます。

    名称変更
    (写真をクリックすると拡大されます)
    左手すぐの位置に出入口が変更になっています。当時の事業所「二特(にとく)」は
    名称変更し、マンションならぬ庁舎も形を変えていました。暫し感慨に浸ります。

    宮下交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    南に少し行くと大久保通りに出ます。左折して200m余りで宮下交差点、ふたたび
    山手通りに出会います。

    山手通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    左折して北の方へ歩きます。思っていたよりも勾配を感じます。

    JR東中野駅・西口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東中野駅が見えてきました。長い間、記憶の彼方にあった風景に再会し、不思議な
    感覚に捉われている自分がいます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・関東(7都県) | 【2019-07-31(Wed) 14:08:44】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第344話 東京都
    2019年7月 東京都あきる野市・駅からウオーク  
    旧西多摩郡五日市町(いつかいちまち)は、1995年9月、隣接する秋川市との合併によりあきる野市となりました。本日は、都民に人気の「秋川渓谷(あきかわけいこく)」をめざします。
    気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR武蔵五日市駅から
    「秋川渓谷」といえばBBQ!曇天とはいえ、猛暑の中で求めるのは涼感です。駅か
    らこれほど近いところとは知りませんでした。隣接する秋川の街を訪れたのは今か
    ら50年前で、一帯の風景・雰囲気が何となく懐かしいです。

    JR武蔵五日市駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎を背に真正面に五日市街道がのびています。目の前の檜原街道を南西の方
    向へと進みます。

    檜原街道を左折
    (写真をクリックすると拡大されます)
    すぐに標識が現れ、左折します。階段を降りていくと秋川橋が見えました。早い!

    秋川
    (写真をクリックすると拡大されます)
    秋川橋の中央に立ちます。川遊びの皆さんの歓声が聞こえます。

    秋川橋河川公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    小雨が降ってきました。秋川橋河川公園です。先の方にバーベキューランド利用者
    用駐車場が見えます。流れが緩やかな秋川の中流・下流。上流には国際マス釣り
    場、また花めぐりコースや登山コースといった散策路もあるそうです。

    終着駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    終着駅は高架になっています。小雨もあって、車の音も聞こえません。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・関東(7都県) | 【2019-07-29(Mon) 17:40:32】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第343話 大分県
    2019年7月 大分県日田市・駅からウオーク  
    天領(てんりょう)日田あるいは水郷(すいきょう)日田。4年ぶりの街歩きを装い新たな駅舎からスタートします。前回の南部に対して、本日は北部です。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR日田駅から
    日田(ひた)駅横の日田市観光案内所はオープン前でしたので、いつものように感
    を頼りに歩くことにします。辿り着いた所は、古き時代の雰囲気が満ちていました。

    JR日田駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    めざすのは豆田町。格子状に整備さえていると聞き、西の方へ。

    ことぶき通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ことぶき通りを西へ、それらしき標識が見えます。

    北部へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    右折して北へ。久大線のガードが見えます。別世界を想像して胸が高鳴ります。


    咸宜園跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    咸宜園(かんぎえん)は、ここ豆田町出身の儒学者・廣瀬淡窓(ひろせたんそう)が
    江戸時代後期に開いた私塾、その跡地です。初の「日本遺産」に認定されました。

    御幸通り(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    御幸通り(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    北の方に延びる御幸通り(みゆきどおり)です。古くから地域経済の発展に貢献した
    草野家住宅ほか、江戸時代の町人文化を残す建物が並びます。

    御幸橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    花月川に架かる御幸橋です。橋の向こうに月隈公園を擁する山が見えます。地元
    の人たちは関ヶ原の時代に城があったことから「城山」と呼んでいるそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・大分県 | 【2019-07-19(Fri) 14:36:46】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第342話 長崎県
    2019年7月 長崎県東彼杵町・駅からウオーク    
    第207話以来の東彼杵町です。百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群の世界遺産登録のニュースを聞いて、長崎県の古墳を思い出しました。古墳とは、昔の権力者のお墓です。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR彼杵駅から
    彼杵(そのぎ)は、佐賀県嬉野市、佐世保市、大村市の3方向へと交差する要衝の街で
    す。彼杵の古墳、ひさご塚は長崎県の代表的古墳で、県内最大級の前方後円墳です。

    JR彼杵駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    諫早駅からJR大村線快速でおよそ30分、彼杵駅で降ります。JRバスが佐賀県の
    武雄温泉駅との間を結んでいます。

    駅前通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅を出て南の方向に少し歩くと国道207号線に出ます。

    彼杵大橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    国道207号線を南の方に、道の駅をめざして歩きます。

    彼杵川
    (写真をクリックすると拡大されます)
    彼杵川に架かる彼杵大橋、下を覗くと魚が泳いでいます。大村湾が近いですね。

    道の駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    道の駅「そのぎの荘」が見えてきました。

    ひさご塚(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    ひさご塚(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    隣接する公園に丸い円墳が見えます。近づいても特別な柵はありません。南側の
    「円墳」に繋がるように北側に「方墳」が築成され、「前方後円墳」といわれます。「ひ
    さご」は「ひょうたん」の意味。全長51.8m、5世紀につくられたといわれています。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2019-07-12(Fri) 18:16:32】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第341話 長崎県
    2019年6月 長崎県・岩屋山  
    第330話でご紹介した「作礼山」以来の山歩きです。岩屋山(いわやさん)は、長崎県の長崎市西北部にある標高475.2mの山で、古い火山の噴出物でできた岩山です。これまでご紹介したお馴染みの4人と同行、マイペース「山登り」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。



    岩屋山 
    本日も、計画当初の雨予想が転じての好天気。いくつかある登山コースの
    うち虹が丘町(にじがおかまち)登山口からスタートします。

    岩屋神社山門
    (写真をクリックすると拡大されます)
    杉に囲まれた山門。まっすぐには進まず、手前を左に進入します。

    緩やかに
    (写真をクリックすると拡大されます)
    緩やかな登山道をゆっくりとすすみます。

    次第に傾斜
    (写真をクリックすると拡大されます)

    勾配を増し
    (写真をクリックすると拡大されます)
    次第に勾配が増していきます。

    道標で確認
    (写真をクリックすると拡大されます)
    休憩を含めても1時間は要せず、道標で確認、大丈夫です。

    最後の登り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    最後の登りです。ほっとする瞬間でもありますね。

    山頂(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    山頂(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    山頂に着きました。近隣学校の児童生徒の遠足地と聞きますが、毎日のよう
    に登る人もいるそうです。

    眺望
    (写真をクリックすると拡大されます)
    晴れわたる青い空、を期待していたのですが、左手に「浦上水源地」、正面
    に「帆場岳(494.0m)」が見えたのは何よりでした。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    山歩き | 【2019-06-26(Wed) 12:40:21】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第340話 長崎県
    2019年6月 長崎県佐々町・駅からウオーク
    平成の大合併で周囲が佐世保市に編入され、北松浦郡は小値賀町(おぢかちょう)とここ佐々町(さざちょう)だけになりました。花菖蒲の季節は過ぎたようですが、佐々の街を再訪したくなり、青峰高校前(せいほうこうこうまえ)駅に降り立ちました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    松浦鉄道・青峰高校前駅から
    県北一の規模と言われる菖蒲園は、駅から約15分の皿山公園にあります。

    松浦鉄道・青峰高校前駅
     (写真をクリックすると拡大されます)

    踏切
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    駅を出ると県道が南北に走っています。左折してほぼ北の方向へ、車に注意
    しながら歩きます。すぐに見える交差点を左折、踏切を渡ります。

    青峰高校
    (写真をクリックすると拡大されます)
    左手に青峰高校、右手は佐々小学校です。青峰高校は甲子園で全国制覇し
    たことでよく知られています。多くのプロ野球選手を輩出しています。

    佐々川
    (写真をクリックすると拡大されます)
    佐々川の前に来ました。駅の近くで聞いた「こはる橋」が上流の方に見え
    ます。

    上流側
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    「こはる橋」から上流の方の眺めです。静けさが何とも心地よいですね。

    皿山公園(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    国道204号線を渡ると皿山公園の駐車場に入ります。中央の菖蒲池には
    1万株の菖蒲の花が咲き誇ると聞きました。老健からでしょうか、皆さん
    の賑やかな声がはじけていました。

    皿山公園(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    回遊路を取りまく花壇の先には陶器づくり体験施設や「フアミリーランド」
    がありますが、「芝生養生中」のため足止めとなりました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅱ | 【2019-06-18(Tue) 15:58:10】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    次のページ
    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    10 | 2021/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    株価&為替ボード
    月別アーカイブ
    最新記事
    日本語→英語 自動翻訳
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    フリーエリア