親父の街歩き山歩き 街歩き・長崎県Ⅰ
fc2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。ただいまコロナ禍のため外出を控え気味で、更新が滞る状況です。

拡大・縮小 ボタン
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
最新コメント
文字を大きく・小さく
    QRコード
    QR
    算数力トレーナー
    ブロとも申請フォーム
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    駅の時計
    第324話 長崎県
    2018年12月27日 長崎県大村市・黒木町  
    第185話以来の大村市です。本日は、いわゆる三桁国道、444号線を長崎県大村市へ走り、沿線での眺望をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    萱瀬ダム
    ダムの名前は、水没した旧村名「萱瀬(かやぜ)」です。

    萱瀬ダム(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    郡川水系郡川に建設されたダムで、竣工は2000年。堤高
    65.5m、堤頂長240mです。

    萱瀬ダム(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ダム湖。中央の山の向こうは佐賀県です。

    萱瀬ダム(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    下流の方、さすがに足がすくみます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2019-01-01(Tue) 00:26:21】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第315話 長崎県
    2018年9月 長崎県長与町・駅からウオーク
    第6話でご紹介した本川内(ほんかわち)駅は、長崎市の北東に隣接する長与町にあります。町は古くからミカンの栽培が有名で、また琴ノ尾岳(ことのおだけ)展望台は、よく知られています。
    気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR本川内駅から
    町の北部にある琴ノ尾岳に水源を発し、本川内地区を南流するのが長与
    川です。本日の目的地は意外に近いところにありました。

    JR本川内駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    長崎駅からJR長崎本線(旧線)でおよそ20分、本川内駅で降ります。小さ
    な駅ですが、歌手の福山雅治さんのフアンなら知らない人はいない駅、だ
    そうです。

    駅北側の通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅の北側の通りを、線路に並行するように登ります。

    本川内橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本川内橋(ほんがわちばし)が見えてきました。

    みかん山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    まっすぐに進むとミカンの山が迫ります。これからの季節には、実り豊かな
    景色が楽しめるそうです。

    長与ダム(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    長与ダム(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    長与ダム(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本日の目的地「長与ダム」は、1985年竣工で、堤高36m、堤頂長171m
    です。いつか琴ノ尾岳にも登ってみたいですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-09-28(Fri) 16:46:17】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第307話 長崎県
    2018年7月 長崎県松浦市・駅からウオーク  
    松浦市は海賊・松浦党の発祥の地です。最寄りの鉄道駅から歩いても近いと聞きました。気ままな1時間足らずのウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    松浦鉄道・今福駅から
    今福(いまぶく)駅の駅舎を出ると左手に、看板「今福ふるさと道しるべ」が
    目に入ります。めざす「梶谷城跡(かじやじょうあと)」へ行くためには、「い
    にしえの小径」を行けばよいとわかりました。

    松浦鉄道・今福駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    駅舎を背に正面を突きあたると左折。交差点左手の軒先に小さい木製の
    標識があり、矢印が右折を教えてくれます。

    上り坂
    (写真をクリックすると拡大されます)
    少し道幅が狭くなり、ここからが「いにしえの小径」。第二江迎橋を進み、交
    差点を直進すると上り坂が迫っています。

    交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)

    分岐
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    再びの交差点を左右確認して直進。住宅街を抜けるとしだいに山道の雰
    囲気に。二つ目の分岐ですが、標識があるので迷うことなく進みます。

    副郭
    (写真をクリックすると拡大されます)
    城は、山頂に主郭と副郭が配され、それぞれ石塁が囲んでいるとされます。

    梶谷城跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    松浦氏の居城跡、梶谷城跡です。松浦党の始祖、源久(みなもとひさし)公
    による1096年築城とも伝えられます。国内の他の海賊と違い、中国や朝
    鮮を相手にしたなど、歴史を思わせます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-07-20(Fri) 09:17:56】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第305話 長崎県
    2018年6月 長崎県長崎市・離島ウオーク  
    平成の大合併の前の旧伊王島町。前回(第305話)ご紹介した伊王島灯台のある灯台公園まで、伊王島港からのスタートです。気ままな1時間の離島ウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    伊王島(いおうじま)
    長崎港から西に約10km、伊王島は伊王島と沖ノ島の二つの小さな島を合わせた
    呼び名で、かつては炭鉱で栄えた町です。長崎港からの高速船はわずか20分で到
    着しました。

    港ターミナル
    (写真をクリックすると拡大されます)
    乗客が下船した後、南の方へおよそ15分の高島をめざします。

    上り坂へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    郵便局や小中学校、南国ムード漂うリゾートホテルなどを眺めながらのスタート。
    「島風の湯」の前を過ぎると道が分かれています。が、迷わず上り坂の方へ。

    車に注意
    (写真をクリックすると拡大されます)

    伊王島海水浴場
    (写真をクリックすると拡大されます)
    緩やかな坂道をゆっくり歩きます。急なカーブもあるなど、通行車両には注意が必要
    です。右側の木々の間から「伊王島海水浴場」が見えます。

    バス停
    (写真をクリックすると拡大されます)

    公園まで700m
    (写真をクリックすると拡大されます)
    右前方に長崎市コミュニテイバスの停留所が見えます。この路線はどこでも乗降で
    きるそうです。分かれ道の標識を見てひと安心、伊王島灯台公園まであと少しです。

    夕日丘展望所
    (写真をクリックすると拡大されます)
    灯台公園にある夕陽ヶ丘(ゆうひがおか)展望所です。南の方に高島が見えます。
    その後ろに端島(軍艦島)が隠れているそうです。伊王島はまた映画「家族(1970年)」
    の撮影地としても知られています。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-06-29(Fri) 13:30:04】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第304話 長崎県
    2018年6月24日 長崎県長崎市・伊王島町  
    平成の大合併の前の旧伊王島町。江戸条約(1866年)に基づき設置された全国八灯台の一つ、伊王島灯台(いおうじまとうだい)をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    伊王島灯台
    梅雨の合間に見えた晴れ間。背景の海の青に白い灯台が引き立ちます。灯頂部の
    ドームは1870(明治3)年の建設当時のままです。

    伊王島灯台
    (写真をクリックすると拡大されます)
    長崎港の入口、伊王島の北端に位置し、沖合約38kmまで光が届きます。1971
    (昭和46)年まで灯台守が暮らしたそうです。ここは、映画「あなたへ(2012年)」の
    シーンで使われたことでも知られています。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-06-25(Mon) 13:53:39】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第303話 長崎県
    2018年6月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
    第260話以来の諫早市です。旧北高来郡高木町(たかきちょう)は、平成の大合併で諫早市に編入されました。本日は、古くから名水百選で知られる轟渓流(とどろきけいりゅう)をめざします。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR湯江駅から
    轟渓流はおよそ30年前にキャンプで訪れたことがあります。その時は車利用でした
    が、今回は足を地につけての、再訪ということになります。

    JR湯江駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    諫早駅からJR長崎線でおよそ15分、湯江駅で降ります。昼間は電車が少ないので
    予め時刻の確認が必要です。

    交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅を出ると北側になります。左手に高来郵便局、正面に役場支所を観ながら道なり
    に進み、この交差点を右折します。

    県道136号線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    県道136号線をひたすら山の方に歩きます。下調べでは、ここから1時間は要する
    でしょうか。

    境川
    (写真をクリックすると拡大されます)
    並走するのは境川(さかいがわ)です。すぐに視界から消えます。

    紫陽花
    (写真をクリックすると拡大されます)
    季節がらアジサイを楽しめます。マイカーが通過するほか、ウオーキングする人はい
    ません。

    名水橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    名水橋(めいすいばし)に来ました。橋の上からの眺めは、多良岳山系に源を発する
    渓谷を感じさせてくれます。左に進む旧道沿いには水くみ場があります。

    轟の滝
    (写真をクリックすると拡大されます)
    轟峡を代表する轟の滝。自然のプールですね。一帯にはいくつもの滝や冒頭にご
    紹介したキャンプ村などがあります。この季節には、ここに生息するカジカガエルの
    鳴き声を聞くことができるそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-06-20(Wed) 16:46:54】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第289話 長崎県
    [平成の大合併] ブログ村キーワード2018年4月 長崎県長崎市・外海ぶらり  
    第282話以来の長崎市です。そしてちょうど2年ぶりの外海町(そとめちょう)、本日は棚田を訪ねます。平成の大合併で長崎市に編入され、このあたりは長崎市神浦(こうのうら)地区といいます。JR浦上駅前からバスで1時間余り、「神の浦橋(こうのうらばし)」で下車することにします。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    外海大中尾棚田ぶらり
    前日の雨が噓のように、晴天に向かっていることを実感しながらのスタート。この辺りは
    さすがに静かで、空気がとても綺麗です。

    バス停「神の浦橋」  
    (写真をクリックすると拡大されます)

    県道57号線を
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    海の方には赤い橋が見えます。神浦川に沿って山の方へ向かいます。これから歩く県道
    57号線は、山を越えて大村湾の方へ伸びているようです。

    市コミュニテイバス停
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    神浦小学校の校門を過ぎるとすぐ、市コミュニテイバスの停留所があります。時刻表を見
    ると、めざす大中尾(おおなかお)を通るようです。

    そとめ神浦川河川公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    川向うにあるのは「そとめ神浦川河川公園」です。家族連れの姿が見えます。

    上り坂に
    (写真をクリックすると拡大されます)                  
    平坦な道がしだいに上りになります。

    大中尾棚田(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    およそ5分で「日本棚田百選の郷」という標識。左側の細道を登ります。

    大中尾棚田(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    四季折々の変化があるという大中尾棚田(おおなかおたなだ)。久々の農村風景を楽し
    めました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-04-16(Mon) 11:21:11】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第288話 長崎県
    [平成の大合併] ブログ村キーワード2018年4月 長崎県佐世保市・駅からウオーク
    第283話以来の佐世保市です。平成の大合併で佐世保市に編入される前は、北松浦郡江迎町(えむかえちょう)でした。有名な橋があると聞いて、松浦鉄道・佐世保駅から約1時間、潜竜ヶ滝(せんりゅうがたき)駅に降り立ちました。
    気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    松浦鉄道・潜竜ヶ滝駅から
    「有名な橋」というのは潜竜ヶ滝駅と第258話でご紹介した吉井駅との間にある三つの無筋
    橋梁です。

    松浦鉄道・潜竜ヶ滝駅
     (写真をクリックすると拡大されます)
    本日もまた雨が落ちて来ないかと気になりますが、線路に沿って歩くことにします。

    駅前通り
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    駅前を走る国道204号線を右(南の方)へ歩きますが、ほとんど車道を歩くといった感じです。

    県道へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    道路は平戸市と佐世保市を結ぶ幹線なだけに車がかなり多く、線路から離れたことも気にな
    ります。スタートからおよそ20分、列車の警笛が聞こえたので、交差点から左に延びる県道
    に進みます。

    松浦鉄道
    (写真をクリックすると拡大されます)
    高架の県道から下を見下ろすと線路が見えて、まずは安心。すぐに橋梁に気づきます。

    吉井川橋梁
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    佐々川に掛かる「吉井川橋梁」です。

    平地に
    (写真をクリックすると拡大されます)
    線路に近づこうと高架道から階段を下り、平地に立ちます。この時、吉井駅が近いことに気が
    つきました。同時に二つの橋梁を見過ごしたこともわかりました。

    松浦鉄道・吉井駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    三つの橋梁は、有形文化財です。戦時中の建築物であり、鉄筋の代わりに竹が使用された
    という説があるそうです。雨が降ることもなく、ゆっくりと高架道からの景色も楽しめました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-04-09(Mon) 09:26:19】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第285話 長崎県
    2018年3月 長崎県新上五島町・離島ウオーク  
    五島列島の北に位置する旧有川町、一帯で最も大きな中通島(なかどおりじま)にあり、訪問は三度目です。キラキラと輝く海、という期待に応えてくれたひと時でした。
    気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    上五島(かみごとう)
    宿がある蛤(はまぐり)地区からスタートし、港がある鯛ノ浦(たいのうら)地区をゴールに、
    思いきり歩くことにします。晴れた日に島を歩く、なかなかの贅沢ですね。

    蛤浜海水浴場
    (写真をクリックすると拡大されます)
    蛤浜(はまぐりはま)海水浴場は、「日本の水浴場八十八選の地」のひとつ。有川湾の北
    に広がる景観は、言葉にならない美しさです。

    蛤交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    新上五島町観光商工課などが発行する「新上五島町観光ガイド」を手に、住宅街を抜け
    てバス通りに出ます。すぐの蛤交差点を左折します。

    箒山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    道の片側にある歩道を歩くことおよそ15分、バス停「箒山」が見えてきました。試しにバ
    ス時刻を見ると、鯛ノ浦までのこの路線は、次の便まで1時間以上あります。

    集落
    (写真をクリックすると拡大されます)
    海が見えないため、島という気がしません。ほとんど家がないと思っていたら、10分余り
    で集落が見えてきました。

    東浦小学校
    (写真をクリックすると拡大されます)
    通る車は少なく、15分程で着いたのが東浦小学校です。ここからあと1時間は歩くと予
    想していたので、びっくり仰天!右手に現れた標識、その横の階段を登ります。

    鯛ノ浦教会(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    鯛ノ浦教会正面です。上五島における布教の中心として1881年に設立されました。

    鯛ノ浦教会(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    煉瓦造りの旧聖堂正面です。ひとり立っていると神聖な気持ちになってきます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-03-23(Fri) 14:23:12】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第284話 長崎県
    2018年3月 長崎県新上五島町・離島ウオーク  
    五島列島の北に位置する旧有川町、一帯で最も大きな中通島(なかどおりじま)にあり、訪問は三度目です。キラキラと輝く海、といきたかったのですが、果敢にも波高い時化(しけ)の中を鯛ノ浦(たいのうら)港に上陸しました。
    気ままな1時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    上五島(かみごとう)
    懐かしい鯛ノ浦(たいのうら)港から車で約15分、有川の町並みに入ります。それにしても乗船
    中の波の高さは4m、久しぶりに船酔いを体験しました。

    有川港ターミナル
    (写真をクリックすると拡大されます)
    海の玄関口、有川港からスタート。最初はターミナルビルの中にある「鯨賓館ミュージアム」に入
    館します。有川港は九州本土の長崎・佐世保のほか小値賀島(おぢかじま)や宇久島(うくじま)
    の各港とも結ばれています。

    佐田の山関之像
    (写真をクリックすると拡大されます)
    新上五島町観光商工課などが発行する「新上五島町観光ガイド」を手に
    ターミナルビルの外に出ます。すぐ左手に相撲フアンならご存知の「第五十代横綱・佐田の山関」
    像があります。有川の出身だそうです。

    遊歩道
    (写真をクリックすると拡大されます)
    遊歩道を進みますが、実はさっき「鯨賓館ミュージアム」の中で目的地を決めました。有川は捕
    鯨の町だったのですね。

    海童神社
    (写真をクリックすると拡大されます)
    早速に着いた海童神社(かいどうじんじゃ)。ナガスクジラ(1973年捕獲体長18.2m)の顎の
    骨でできた鳥居で知られ、捕鯨で栄えた有川地域を象徴する建築物だそうです。

    登山道
    (写真をクリックすると拡大されます)
    近くの住宅街の先に小高い山が見えています。「鯨見山(くじらみやま)入口」の看板の脇を登
    ること10分、頂上に着きます。

    鯨供養碑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    頂上の鯨見山展望台横に、1712年に建立された「鯨供養塔」があります。供養碑の碑文には
    1691~1712年に1312頭捕獲したことが刻まれています。

    有川湾
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ここ鯨見山展望所は、江戸時代の捕鯨が盛んだったころ「山見小屋(見張所)」が置かれてい
    た場所に建っています。有川湾内に鯨が来たことを知らせたり、出漁の合図などを行っていた
    そうです。有川湾の波しぶきが印象的でした。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-03-19(Mon) 16:19:56】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第283話 長崎県
    2018年3月 長崎県佐世保市・八幡町  
    長崎県を舞台にした作品、しかも1966年の高校生を描いていると知って、撮影地の一つを訪ねました。JR佐世保駅前からバスで10分、「佐世保市役所前」で下車します。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    坂道のアポロン
    「坂道のアポロン」(小学館・月刊フラワーズにて連載:小玉ユキ)は、三木孝浩監督の手で
    映画化されました。「このマンガがすごい!オンナ編」第1位の名作漫画、その象徴的な舞
    台のひとつがここ八幡坂(はちまんざか)です。

    八幡坂(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    八幡坂(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    八幡坂(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ジャズセッションの素晴らしさを「体感」できて、そのうえ友情、恋が揃った青春映画です。この
    時期、佐世保で高校生だった私。公開中の映画「坂道のアポロン」は、50代以上の方々に
    特にお薦めです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-03-13(Tue) 12:21:40】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第278話 長崎県
    [平成の大合併] ブログ村キーワード2018年2月 長崎県長崎市・琴海ぶらり  
    第271話以来の長崎市です。平成の大合併で長崎市に編入され、このあたりは長崎市琴海(きんかい)地区の中心に位置します。JR浦上駅前からバスで50分余り、「琴海ふれあいセンター」で下車することにします。
    気ままな1時間余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    琴海戸根原ぶらり
    スタート地点からほど良い距離にある「琴海中央公園」は整備中でした。一時的な冷え込みは
    ないものの、曇天の中にどんな景色に出会うのか、楽しみです。

    バス停「琴海ふれあいセンター」
    (写真をクリックすると拡大されます)
    近くには琴海行政センターや長浦小学校があり、先ずは東の方にある琴海文化センターに向
    かいます。

    大村湾に
    (写真をクリックすると拡大されます)
    琴海文化センターのすぐ東側、大村湾の前に来たら右折して南の方へ歩きます。写真のよう
    に、癒しの空間が迎えてくれました。

    南へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    道なりに進み、中部地区クリーンセンターの前を左折します。すぐの戸根原川を渡るとゴルフ
    場を知らせる看板があります。

    琴海中央公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    10分ほど歩くと琴海中央公園の入口に。車道は回り道のところ、一気に階段を上ります。移植
    されて間もないと思われるケヤキやしだれ桜を横目に、ゆっくり歩道を上ります。

    目の前に展望台
    (写真をクリックすると拡大されます)
    広い公園内の各所が整備中です。一番高い所に来ると、三階建ての展望台が木々に隠れて
    いました。

    つり橋
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    昔からの畑の石垣や自然林はそのまま残したと聞きます。完成したら楽しい公園になるだろう
    と想いながら下っていくとつり橋が見えます。

    城跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ふたたび歩道を上り、やって来たのが「小崎の古城跡(伝承)」です。ここは海と田畑に囲まれ
    た城跡に造られた公園なのですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-02-15(Thu) 16:11:18】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第277話 長崎県
    2018年2月3日 長崎県松浦市・福島町土谷免 
    平成の大合併の前の旧福島町。前回(第276話)ご紹介した大山展望所から車で約20分。日本の棚田百選の中でも指折りの棚田と言われる土谷棚田(どやたなだ)を訪ねました。感想などをいただければ幸いです。


    土谷棚田
    福島は陸路では佐賀県(伊万里市)と繋がっています。どんよりとした冬空の下、福島港を
    過ぎて約10分、上り坂の途中に写真でよく見た景色が広がります。

    土谷棚田
    (写真をクリックすると拡大されます)
    約15haの斜面を、明治から昭和初期にかけて開墾し、自然の傾斜に高さ5mもの石垣を
    組み合わせていると案内。背後に海が広がります。4~5月の田植えの時期には水田が
    夕陽に照らされるそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-02-09(Fri) 14:14:13】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第274話 長崎県
    2018年1月 長崎県佐世保市・駅からウオーク  
    第258話以来の佐世保市です。第273話でご紹介したように、「ななつ星in九州」を追いかけて佐世保を訪ねました。知る人ぞ知る焼き物の街、三川内山(みかわちやま)は「四百年の陶源郷」でした。
    気ままな1時間余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR三河内駅から
    三川内山というのは標高何メートルといった山ではなく、窯元が集まる街、でした。駅から近い
    だろうと勝手に思いながら歩きます。

    JR三河内駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    街の名前は「三川内」ですが、駅名は「三河内」なのですね。線路の向こう側には国道35号線
    が走っています。

    南の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    幸いにも駅前の広場に「三川内焼窯元マップ」が掲示されています。この道を直進し、川を渡
    ることにします。

    まもなく交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    川にかかる牛石橋を渡ってすぐ、県道1号線に合流します。左手に諏訪神社を見ながら歩くと
    交差点に。直進すると波佐見、佐賀県の嬉野方面ですが、右折します。

    ふたたび交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    少し狭くなった道を15分ほど、上り坂そして下り坂と歩きます。やがて見えた交差点を左折す
    ると急に雰囲気が………。

    陶源郷(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ご覧の通り、雰囲気が一変します。焼き物の郷、三川内山に入ります。

    陶源郷(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    この辺りに1899年開設の伝習所があったそうです。明治時代に製陶業が近代化する過程で、
    後継者育成を目指したと言われます。

    陶源郷(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    三川内山公園に来ました。案内の説明などを読むと、三川内山が歴史と文化の薫る街だとわ
    かります。一日あっても散策しきれないほどの景色が広がります。余談ですが先日、南野陽子
    さんが隣の窯元を訪問されたという話を聞きました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2018-01-19(Fri) 13:05:19】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第260話 長崎県
    2017年11月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
    第223話以来の諫早市です。長崎県の中央部に位置するということをご紹介したのは3年余り前のことです。サッカーフアンの中にはご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、J2のV・フアーレン長崎のホームスタジアムを訪ねました。
    気ままな1時間半足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR西諫早駅から
    サッカーフアンの知人から教えてもらった最寄駅はJR西諫早駅ということでした。一部の
    快速と普通列車が停車します。が、特急電車が停車する諫早駅はどれくらい離れている
    のかと思い、実際に歩くことにしたのでした。

    JR西諫早駅
    (写真をクリックすると拡大されます)                 
    駅を出ると北側になります。近くのコンビニで、ホームスタジアムまでの最短路を教えて
    いただき、南側に出ます。一帯はご覧の通り、区画整理の只中です。

    国道34号線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    すぐに国道34号線に出ます。左折して中心市街地の方に歩きます。
                    
    トランスコスモススタジアム長崎
    (写真をクリックすると拡大されます)
    国道を10分ほど進むと黒橋歩道橋が見えます。反対側に渡ってさらに進むこと5分、小
    船越町交差点です。島原方向へ国道57号線をおよそ5分歩いたところでようやく見えた
    のが、トランスコスモスタジアム長崎。運動公園の一画にあります。

    発見!
    (写真をクリックすると拡大されます)
    運動公園敷地内に足を踏み入れ、後ろを振り返るとびっくり。体操界で有名な、内村航平
    選手が幼少期から育った場所、ですね。

    国道207号線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    運動公園敷地内を散策する人に諫早駅への最短路を教えていただき、北西側の歩道を
    外へ抜けます。上山(じょうやま)風致地区、県南諫早支所の前を歩くこと15分、国道20
    7号線に出ました。

    駅の近く
    (写真をクリックすると拡大されます)
    宇都(うづ)交差点では、教えていただいた整骨院の横を入り、緩やかに降ります。やがて
    島原鉄道を跨ぐ地点に着きます。

    JR諫早駅
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    階段を降りて真っ直ぐ進むこと5分余り、諫早駅(仮駅舎)が見えました。以前にご紹介し
    た駅舎は取り壊されて、新幹線に対応する駅舎が建設中でした。さて当初の設問に話を
    戻します。西諫早駅、諫早駅いずれもスタジアムまでの所要時間は約30分弱でした。余
    談ですが、V・フアーレン長崎は初のJ1昇格を決めました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-11-16(Thu) 14:04:15】
    Trackback:(0) | Comments:(2)
    第259話 長崎県
    2017年11月 長崎県雲仙市・雲仙温泉  
    第231話以来の雲仙市です。これまでに雲仙温泉は標高700mを越える高地であるとご紹介しましたが、本日は一年ぶりの「雲仙紅葉(もみじ)ウオーク」に参加しました。
    気ままな8時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    雲仙温泉ぶらり
    久しぶりの計画的参加です。そしてイベント最難関の「普賢岳登山コース(10km)」ですので、
    心が躍ります。

    バス移動
    (写真をクリックすると拡大されます)

    スタート地点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    今回選択したコースは、バスでスタート地点まで移動。紅葉の見頃というこの時期、渋滞のた
    め進まなくなったバスを降りて歩くことになりました。仁田峠(にたとうげ)駐車場からのスター
    トです。

    ロープウエイ直下
    (写真をクリックすると拡大されます)
    時折りロープウエイを見上げながら、元気に登山道を登ります。主催者が「マイペースで」と言
    われたおかげで、急がないよう心がけます。

    妙見岳山頂
    (写真をクリックすると拡大されます)
    およそ40分で、妙見岳(標高1333m)山頂そして妙見神社に着きます。他のグループなど
    大勢の登山者がいます。

    尾根伝い
    (写真をクリックすると拡大されます)

    眺望抜群
    (写真をクリックすると拡大されます)
    妙見神社から国見別れまでは約20分。尾根伝いで比較的平坦、そして眺望抜群です。普賢
    岳、その後ろに平成新山が見えます。

    鬼人谷口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    急勾配の下りがおよそ10分、かと思うと登りになって20分余で鬼人谷口(きじんだにぐち)に
    着きます。ここは間違わずに左手の鳩穴分かれ(はとあなわかれ)をめざします。

    立岩の峰へ
    (写真をクリックすると拡大されます)

    立岩の峰展望所
    (写真をクリックすると拡大されます)
    途中には「西の風穴」、「北の風穴」があり、休憩します。一時間余りで「立岩の峰」の案内板
    が見えてきます。ここからが本日最大の急勾配です。およそ20分、前後の皆さんと一緒に悲
    鳴をあげながら登ります。展望所では立入禁止のロープが張られていますが、平成新山(標
    高1483m)が目の前にあります。日本で一番新しい山、です。

    普賢岳山頂
    (写真をクリックすると拡大されます)
    平成新山(溶岩ドーム)を左手(東側)に見ながら、およそ700mを進むとめざす普賢岳山頂
    (標高1359m)です。周囲に育つ木々の葉が赤く染めている様子にあらためて感激します。

    あざみ谷下り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ここからは下るのみですが、段差が大きい所も随所にあり、注意しながら降りて行きます。一
    帯は「あざみ谷」というそうです。1時間半ほどで仁田峠まで降り、有明海方面の眺望を楽しみ
    ます。

    湯茶接待所
    (写真をクリックすると拡大されます)
    仁田峠から登山道を下ること1時間、湯茶接待所に着きました。ここで雲仙豆腐をいただきま
    す。ゴールまであと15分、温泉街を歩きます。昨年と同じように、完歩証とそしてぜんざいを
    頂きました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-11-08(Wed) 11:00:09】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第258話 長崎県
    [平成の大合併] ブログ村キーワード2017年10月 長崎県佐世保市・駅からウオーク
    第219話以来の佐世保市です。平成の大合併で佐世保市に編入される前は、北松浦郡吉井町(よしいちょう)でした。滝や洞窟に惹かれて、松浦鉄道・佐世保駅から約1時間、吉井駅に降り立ちました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    松浦鉄道・吉井駅から
    駅舎を出るとすぐ、松浦鉄道作成の「吉井駅周辺案内MAP」看板があります。念頭に
    あった滝そして洞窟も、距離を考えると本日は無理だと諦めます。でも公園と橋、見ど
    ころがありそうですね。

    松浦鉄道・吉井駅
     (写真をクリックすると拡大されます)

    東の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    どうやら駅の東側に目ざす「ポットホール公園」と「観音橋」が隣接してますね。駅を出
    て東の方へ、線路に沿って歩きます。

    中学校の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    大渡跨線橋(おおわたりこせんきょう)を過ぎ、高架道路の直下を進むと校舎らしいも
    のが見えてきます。佐々川の先に吉井中学校、川の手前の赤い屋根は吉井中央幼
    稚園です。

    ポットホール公園
    (写真をクリックすると拡大されます)

    観音橋
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    幼稚園に沿って左折、校門橋の手前右手に広がるのが「ポットホール公園」です。佐
    々川に沿って延びる公園遊歩道を東に歩くこと15分、「観音橋」に着きます。

    公園へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「観音橋」を渡るとすぐ畑が広がっていました。最後の稲刈りに勤しむ皆さんに会釈し
    ながら、緩やかな坂を登ると長い階段が待っています。公園がありそうですね。

    南の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    168段という長い階段を昇りきったところで南の方を振り向くと、ご覧のような美しい
    景色が広がっていました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-11-01(Wed) 15:07:19】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第255話 長崎県
    2017年9月 長崎県波佐見町・波佐見ぶらり  
    第87話に続く波佐見町です。本日は、「JR九州ウオーキング2017秋編」に参加しました。
    鉄道を利用する人が多く、JR佐世保線・有田駅及びJR大村線・川棚駅からシャトルバスが用意されていました。
    気ままな3時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    やきもの公園から
    「参加」といっても任意の時間に受け付け可、です。Aコース(約11.5km)を選びました。
    いつもの山歩きを共にする友人の皆さんと一緒です。

    スタート
    (写真をクリックすると拡大されます)
    再訪の波佐見を満喫します。山歩きと違って、急な坂が少しあるだけです。おまけに最後
    は酒造での試飲が待っています。

    中尾集落へ(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    中尾集落へ(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    眩しい太陽の下、稲穂がそよいでいます。そして最初からお喋りしながらのウオーキング
    です。中尾集落は焼き物の体験型観光の街としてよく知られているそうです。

    中尾上登窯跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    お茶をふるまっていただき、緩やかに登った先にある中尾上登窯跡は、白岳山麓にあり
    ます。窯の長さ160m、窯室33という世界第2位の巨大登窯だった歴史があり、一部が
    復元されています。

    案山子(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    案山子(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    中尾展望台を後に少し下って行くと、お馴染みの案山子(かかし)群に出会います。時代
    の風潮をコミカルに表現されていることで有名です。

    鬼木棚田
    (写真をクリックすると拡大されます)
    やや急な坂を登り、鬼木棚田を展望できる広場で休憩。金屋神社でお茶をいただき、急
    な坂を下って歩くこと5km。今里酒造での試飲の味は格別でした。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-10-11(Wed) 16:09:39】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第251話 長崎県
    [旧居留地] ブログ村キーワード2017年9月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    第239話以来の長崎市です。猛暑が去った後、本日は坂本龍馬ゆかりの寺を訪ねます。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR長崎駅から
    長崎駅構内の観光案内所で「NAGASAKI長崎MAP」を貰い、目的の寺三か所の所在を
    教えていただきました。いずれも、意外に近い、です。

    JR長崎駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    駅前商店街
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本日のコースは、とてもシンプル。駅前の筑後通りをめざします。正面の高架広場の先
    を降りると駅前商店街です。ちゃんぽん等の店が並び、中華街を思わせます。直進し、
    階段と緩やかな坂を登り、突き当ると筑後通りです。

    筑後通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    筑後通りはホテル、住宅のほか山側に八つの寺が並ぶように建っています。

    福済寺
    (写真をクリックすると拡大されます)
    1628年創建の福済寺(ふくさいじ)は、勝海舟に同行した坂本龍馬が、初めて長崎に
    滞在した場所といわれます。北隣には万国霊廟長崎観音(ばんこくれいびょうながさき
    かんのん)が建っています。

    聖福寺
    (写真をクリックすると拡大されます)
    1677年創建の聖福寺(しょうふくじ)は、海援隊のいろは丸事件(1867年5月)の交渉
    の舞台となった場所です。一帯は、電車通りに近いのですが、少し小高い所にあるせい
    か静寂ですね。

    眼鏡橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    この後、長崎歴史文化博物館の前を通り、一直線に中島川まで歩きます。最初に出会
    う古町橋(ふるまちばし)の手前で右折、川沿いに下流域へと進みます。多くの観光客の
    様々な「言語」を聞きながら、眼鏡橋に着きました。

    晧台寺
    (写真をクリックすると拡大されます)
    中島川で最も古い石造アーチ橋、眼鏡橋(めがねばし)を渡って直進します。左手に諏訪
    小学校を見ながら突き当ったら右折、すぐに左手に、1608年創建の晧台寺(こうたいじ)
    が見えました。墓の一画には、海援隊の近藤長次郎の墓があるそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-09-21(Thu) 15:57:36】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第239話 長崎県
    2017年7月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    第363話以来の長崎市です。第124話でご紹介した稲佐山展望台と結ばれるロープウエイ乗り場を訪ねました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR浦上駅から
    終着駅である長崎駅のひとつ手前が浦上駅です。本日も猛暑の中、果敢にも街歩き
    に挑戦します。

    JR浦上駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    浦上駅は高架工事中のため、臨時の地下歩道を通って西側に向かいます。

    陸橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    地下歩道を出るとすぐ歩道橋です。道路そして浦上川を渡り、浦上川通りをめざしま
    す。南の方に稲佐山が見えます。

    梁川公園前交差点
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    梁川公園(やながわこうえん)前交差点をまっすぐ南へ歩きます。涼しい季節には、こ
    こから右折して稲佐山に登ると楽しいかも。

    浦上川通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    浦上駅をスタートしておよそ40分で目的地の近くに着きました。標識に沿って緩やか
    な坂道を登ります。

    淵神社
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    駐車場の先に見えたのが淵神社。長崎ロープウエイ・淵神社駅はこの中にあります。
     
    桑姫社
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    境内を進むと桑姫社です。キリシタン大名・大友宗麟の孫である「桑姫」を祀ったもの
    で、縁結びの神として知られています。左側奥に小路が見えたので登ることにします。

    長崎ロープウエイ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    少し進むと道が途切れます。後ろを振り返ると、ロープウエイが発車するところでした。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-07-18(Tue) 16:44:58】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第225話 長崎県
    [旧居留地] ブログ村キーワード2017年4月20・23日 長崎県長崎市・長崎港(長崎水辺の森公園)  
    第214話に続く長崎市です。初めて「長崎帆船まつり」を見に行きました。国内外の帆船が集結するといいます。「入港パレード」と「セイルドリル」の風景をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    長崎港(長崎水辺の森公園)
    「入港は、はるかぜとともに」。2017長崎帆船まつりは、4月20日に開幕しました。5隻の
    帆船が入港するさま、そして帆船が帆を広げるセイルドリルは、「幻想的」でさえありました。

    入港パレード(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    4月20日、入港パレードを見ようと水辺の森公園を訪ねました。予定の13時頃、女神大橋
    (めがみおおはし)の先に帆船が見えてきました。先頭を誘導する市消防局船が、カラフル
    に色を代えながら放水します。

    入港パレード(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「MIRAIE(みらいへ)」です。全国でセイルトレーニング等を展開しているそうです。横の支柱
    に船員の皆さんの姿が見えた時は驚きました。

    セイルドリル(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    セイルドリル(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    4月23日、「セイルドリル」を見ようと水辺の森公園を再訪しました。「KOREANA(コリアナ)」、
    「DAWN TREADER(ドーントレッダー)」、「MIRAIE(みらいへ)」、「KANKO MARU(観光丸)」
    を見ながら、「日本丸」のところにやってきました。全長110.09mの日本最大の帆船です。
    予定の13時ころ受命があり、実習生117名を含む船員の皆さんが、約1時間かけて真っ白
    な帆を広げました。

    セイルドリル(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    業務完了の後、整列の船員の皆さんに見物客から大きな拍手が送られました。高所でのチ
    ーム業務をやり遂げた皆さんの姿に感動します。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-04-24(Mon) 13:03:07】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第223話 長崎県
    [平成の大合併] ブログ村キーワード2017年4月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
    第35話以来の諫早市です。本日訪れた多良見町(たらみちょう)は、かつては西彼杵郡に属していました。いわゆる平成の大合併により2005年3月1日に諫早市・森山町・飯盛町・高木町・小長井町と合併して、諫早市となりました。
    気ままな30分余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR大草駅から
    今年は桜の開花が遅く、満開のピーク季が天候不良ということもありましたが、前々から行きたかった
    名所訪問を決行しました。JR長崎本線・諫早駅で「長与経由」に乗り換えます。

    JR大草駅   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    北の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    長崎本線・長与経由ルートは、70年代に現川(うつつがわ)経由ルートが出来て以来、普通列車が1
    時間に1本という運転状況になりました。北の方には波静かな大村湾が広がっています。

    東へ歩きます(1)   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    東へ歩きます(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「前々から行きたかった名所」は、東隣の東園駅の方向にあります。早速、東へ進みます。国道207
    号線を歩きますが、民家は少ないですね。
                       
    桜道(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    時折、長崎空港に離着陸する飛行機音が聞こえますが、あたりは静かです。20分程で道の両側を桜
    の木々が並ぶ地域、本日の目的地に着きました。

    普通列車
    (写真をクリックすると拡大されます)
    いったん左手に降りて線路際から見上げていると、列車がやってきました。

    桜道(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)                
    桜のトンネル、とまではいきませんが、多くの人が車を降りて撮影するほどに見応えがあります。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-04-14(Fri) 13:02:59】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第221話 長崎県
    [平成の大合併] ブログ村キーワード2017年3月 長崎県平戸市・駅からウオーク
    田平町(たびらちょう)は、かつては北松浦郡に属していました。いわゆる平成の大合併により2005年10月1日に平戸市・生月町・大島村と合併して新たに平戸市となりました。気ままな30分足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    松浦鉄道・たびら平戸口駅から
    JR佐世保駅でMR松浦鉄道に乗り換え、およそ1時間半で到着するのが「たびら平戸口」駅です。
    かつては平戸島への玄関口として賑わっていたそうですが、平戸大橋の完成により周辺は変貌
    したと聞きます。小学生の時に歩いたことのある道を再び訪ねます。

    MRたびら平戸口駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    日本最西端の駅標
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅前の「日本最西端の駅」標です。小学生の時に歩いたのは田平港ターミナルへの道です。駅で
    いただいた「たびら平戸口駅周辺ご案内」という手作りの地図を片手に歩きます。

    国道204号線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートしてすぐに交差点ですが、右へ行くと松浦市ですので左折します。国道204号線の、歩道
    というより車道を10分余り進むと田平港入口交差点に来ます。

    田平港ターミナルビル
    (写真をクリックすると拡大されます)
    この交差点を直進すると田平天主堂に向かうようです。右折してまもなく左折すると、目の前に
    田平港ターミナルビルと平戸瀬戸市場が向い合っています。昔歩いたというここまでの道のりは
    短く、船で平戸島へ渡ったのでした。

    再び国道204号線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    めざす堤防へ行くため再び国道204号線へ入り、50mほど進んだら右手の民家の方へ降りま
    す。

    八幡神社
    (写真をクリックすると拡大されます)
    八幡神社の鳥居の先に、めざす堤防が見えます。

    平戸大橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    堤防突端に向かって立つと、やや左手には平戸島の街が見え、さらに左手には平戸大橋が姿を
    見せます。向かって右側が平戸島です。橋は1977年4月に完成、供用開始だそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-04-04(Tue) 17:56:07】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第219話 長崎県
    2017年3月 長崎県佐世保市・駅からウオーク
    第182話以来の佐世保市です。「駅間ウオーク」なのですが、かなり短い区間があることを思い出しました。向かった先は第120話でもご紹介したMR松浦鉄道です。
    気ままな30分足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    松浦鉄道・中佐世保駅から
    JR佐世保駅でMR松浦鉄道に乗り換え、二つ目の中佐世保駅に降り立ちます。

    MR中佐世保駅 
    (写真をクリックすると拡大されます)

    車道から西の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    1両編成の下り列車がやって来ました。朝夕は20分間隔、昼間は30分に1本という運行
    ですので、地方都市にあっては便利ですね。階段を降りるとすぐに駅とは対照的な賑やか
    な通りに。近くに国道が見えます。

    国道を跨ぐ  
    (写真をクリックすると拡大されます)
    市街地を南北に走るのが国道35号線です。2両編成の上り列車が見えます。

    アーケード街を渡る先に
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    国道を横断するとすぐアーケード街です。中央の駅案内板を見ながら、路地に直進します。

    MR佐世保中央駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    標識に沿って建物を進むと佐世保中央駅に入ります。次の下り列車が来ました。中佐世保
    駅との距離は、わずか0.2kmです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-03-24(Fri) 16:44:57】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第209話 長崎県
    2017年1月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    第200話以来の長崎市です。「長崎さるくコースマップ14 矢上・古賀」を片手に、第6話でご紹介した「ななつ星」撮影の駅をふたたび訪ねました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR肥前古賀駅から
    文字通りの古賀地区は、「四百年の歴史を誇る植木技術と庭園」と謳われる植木の里です。
    コースマップのおかげで、豊かな自然環境を楽しめました。

    JR肥前古賀駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    東の方向へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    日中は1時間に1本の普通電車が発着する、小さな駅に降り立ちます。持参したコースマッ
    プを頼りに、東に進みます。すぐに左折、線路の下をくぐり、しだいに急になる坂を登ります。

    共楽園
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    左手に松原公民館を見て、目の先にある交差点を見つけます。左折して共楽園の標識を
    確認しながら登ると、風景が一変します。ここ松原町は、古賀植木の中心を担っているとい
    われます。

    恵比須神社に
    (写真をクリックすると拡大されます)
    散策道という標識のおかげで順調に、いつのまにか南へそして西へと進むと恵比須神社で
    す。中に入ると「古賀植木創業記念碑」があります。マップにもあるゲートボール場の端を進
    み、平坦になった道を北の方へ歩きます。

    南荘園
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    南荘園もそうですが、一見個人宅の庭先に入る気分になります。それでも散策道の標識に
    沿って歩くわけですから遠慮無用、でしょうか。スタートしてからおよそ30分で、越樹園です。
    この先の久保田植木から東側の散策道を降りて戻ることにします。
     
    松風園
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    松風園の前を過ぎると線路が見えてきます。辺りはとても静かで、時折、電車の通過する音
    と近くの学校のチャイムの音が聞こえます。

    スタート地点に
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタート地点の肥前古賀駅に西側から入ります。線路を跨ぐ橋を渡り、左手の階段を降りる
    と駐車場広場です。数々の庭園や盆栽、そして豊かな自然に癒されました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2017-01-27(Fri) 16:54:56】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第201話 長崎県
    [日本の名城] ブログ村キーワード2016年12月19日 長崎県島原市・城内一丁目
    第156話でご紹介した熊本城に続く名城をご紹介します。第19話でもご紹介した島原鉄道・島原駅に降り立つと正面に見える県の史跡です。感想などをいただければ幸いです。


    島原城
    1624年に松倉重政によって創建された島原城は、明治維新で廃城になりますが、1964年
    以降に天守閣・櫓・長塀が復元されました。有明海に臨み、雲仙岳の麓にあります。

    島原城(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)

    島原城(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    下の写真は、東堀端からの眺め。手前の巽櫓(たつみやぐら)は、「北村西望記念館」。北側
    に周って堀に降りて、二の丸と本丸とを結ぶ廊下橋のところを通り、再び本丸に戻りました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-12-20(Tue) 11:45:02】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第200話 長崎県
    2016年12月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    第186話以来の長崎市です。第119話でご紹介した映画「母と暮せば」の山田洋次監督と主演の吉永小百合さんが、長崎市で開催された「ユース非核特使フオーラム」に出席されたという新聞記事を読み、原爆落下中心地公園を訪ねました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR浦上駅から
    鉄道の終着駅である長崎駅のひとつ手前が浦上駅です。街に刻まれた原爆の脅威をもう一度、
    自分なりに感じることができればと思いました。

    JR浦上駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    前方にセントポール通り 
    (写真をクリックすると拡大されます)
    青い空の下、平日の浦上駅前通りを北へ進みます。いつものことですが、ゆっくり歩いて15分。
    市電と分かれて直進します。通りの名はセントポール通り。

    長崎原爆資料館
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    通りの中ほど、一番高い所に来ると長崎原爆資料館があります。後方に長崎平和会館が見え
    ます。近くには平和町という町名の住宅街があります。

    東側から登る 
    (写真をクリックすると拡大されます)
    セントポール通りを下り、浦上天主堂通りを渡って川に沿って北へ。すぐ左手に見える階段を登
    り、東側から平和公園に入ることにします。

    平和の泉
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    階段を登りきった所は「長崎の鐘」のモニュメント背面でした。平和公園の中央に進むと、右手
    には第107話でもご紹介した「平和の泉」が、その先に「平和祈念像」が見えます。この公園は
    バス通りから一段高い所にあり、静けさの中で目を閉じて黙祷します。
     
    原爆落下中心地公園入口
    (写真をクリックすると拡大されます)                   

    原爆落下中心地碑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    平和公園の南側から階段を降りて外に出ると、左手に原爆落下中心地公園が見えます。紅葉
    が綺麗ですね。公園の真ん中に中心地碑がありました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-12-16(Fri) 21:28:22】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第189話 長崎県
    2016年11月 長崎県雲仙市・雲仙温泉  
    第12話以来の雲仙市です。その中で、雲仙温泉は標高700mを越える高地であるとご紹介しました。今回は、新聞で知った「雲仙紅葉(もみじ)ウオーク」に参加しました。
    気ままな3時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    雲仙温泉ぶらり
    本日は滅多にない、計画的参加です。少しの区間ですが、噴気や温泉の集まる「地獄」を再訪し、
    散策を楽しめました。

    原生沼植物群落
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「8キロコース」のスタート直後、西側には原生沼植物群落が広がっています。バス通りに出てす
    ぐ右折、白雲ノ池自然探勝路を進みます。

    白雲ノ池
    (写真をクリックすると拡大されます)
    勾配を感じないほど緩やかな登り道を歩くこと15分程、白雲ノ池に着きます。カメラを持つ人も相
    当数います。見えている山は、雲仙岳(普賢岳、国見岳、妙見岳)でしょうか。

    雲仙の三鈷の松
    (写真をクリックすると拡大されます)
    石段を降りて国道57号線を渡り、住宅街を抜けます。一切経(いっさいきょう)を目指しますが、少
    しづつ前の人との距離が生じます。スタートしてから休憩を含めて約1時間、「雲仙の三鈷の松(さ
    んこのまつ)」を見つけました。葉が三本に分かれるこの松は高野山にあるとだけ思われていたそ
    うです。

    湯茶接待所
    (写真をクリックすると拡大されます)
    湯茶接待所で少し休憩します。

    地獄遊歩道
    (写真をクリックすると拡大されます)
    小地獄(こじごく)温泉(休業中)の前を通り、20分余り登り降りしながら旅館街に入ります。久ぶり
    の地獄遊歩道です。

    キリシタン殉教碑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    地獄遊歩道の途中にあるのが「キリシタン殉教碑」です。1627年からの7年間にこの地で殉教し
    ていった者は33名といわれているそうです。

    茂吉の小路
    (写真をクリックすると拡大されます)
    再び国道57号線、温泉神社交差点の前に出ます。15分程で2番目の湯茶接待所に着きます。な
    んと雲仙豆腐が振る舞われました。美味しい!!やがて「茂吉の小路」に入ります。

    あと1km
    (写真をクリックすると拡大されます)
    係員の方が「あと1kmでーす。頑張ってくださーい」。

    地獄遊歩道に
    (写真をクリックすると拡大されます)
    緩やかな下りになっておよそ15分、アーチを抜け出たところは覚えのある地獄散歩道です。5分
    余りでゴールイン、完歩証とそしてぜんざいを頂きました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-11-08(Tue) 08:49:16】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第185話 長崎県
    2016年10月 長崎県大村市・駅からウオーク  
    第149話以来の大村市です。曇天の日が続いていたのですが、この日青い空はますます青く、気がつくと列車に飛び乗っていました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR岩松駅から
    岩松駅は朝の5時台から夜の11時台まで普通列車が走っていますが、1時間に1本という
    典型的なローカル駅です。駅前は国道34号線という幹線が走っています。

    名所案内
    (写真をクリックすると拡大されます)
    第180話でご紹介した「白看板」。木製ではありませんが、これです。あの日と同じように、
    唯一「鈴田殉教地」と案内があります。行かなくっちゃ!!

    JR岩松駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    第183話でご紹介した「虹の松原」駅舎に似ていますが、敷地内に駐車場があるせいか、
    ゆとりを感じます。

    鈴田橋
    (写真をクリックすると拡大されます)

    集落
    (写真をクリックすると拡大されます)
    案内には「南西 約2キロ、徒歩 約20分」とありますが、国道を南へ歩きます。鈴田橋(す
    ずたばし)を過ぎて最初の角を右折、線路を渡って西側へ。右手に鈴田川(すずたがわ)を
    見ながら、陰平町の集落に入ります。

    標識
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「クリーンセンター陰平」に隣接して記念碑が見えたので近づきました。が、農業集落排水事
    業竣工の記念碑でした。見つけられずに諦めかけたその時、前方に待望の標識が見えます。

    鈴田牢の碑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    雑草を踏みしめて西側の道に辿り着いたところで見えたのが「鈴田牢の碑」です。周囲の静
    けさもあって、少し身が引き締まります。

    牢屋跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    牢屋跡を復元したものです。この牢には、1617年から1622年までの5年間、長崎奉行所
    に捕らえられた宣教師や信者35人が閉じ込められました。この狭い空間に多い時で33人
    が入れられていたそうです。祈りを奉げる場として、中央に祭壇が設置されています。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-10-25(Tue) 17:03:33】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第170話 長崎県
    [旧居留地] ブログ村キーワード2016年9月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    第145話以来の長崎市です。台風12号が去った後、本日は中島川(なかしまがわ)を訪ねます。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR長崎駅から
    持参したチラシ「さるくコースマップフリーゾーン 34」、それと構内の観光案内所でもらった
    チラシ「Nagasakiまちなか長崎さるく03」、これら2冊を手に、本日は市電・蛍茶屋方面への
    コースを歩くことにします。

    JR長崎駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    東の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    本日のコースは、長崎駅前から東の方向に歩きます。市電の通りを市役所の方に向かいま
    す。桜町駐車場を抜けて、桜町歩道橋を通るのが最短です。

    公会堂前交差点
    (写真をクリックすると拡大されます)
    公会堂前交差点です。市民会館を右に見ながら直進すると中島川が見えてきます。

    一覧橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    手元の地図では端に表示される「一覧橋」(いちらんばし)です。川の上流から数えて6番目
    でしょうか。最初、石造アーチ橋が1657年に架設されたそうです。長崎大水害(1982年)
    の洪水で流失、後に復元されました。

    東新橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    下流へ二つ目の東新橋(ひがししんばし)です。中国人が架設したと推測されています。こち
    らも長崎大水害により流失、後に復元、だそうです。

    魚市橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    すぐ隣が、魚市橋(うおいちばし)です。近くに魚市場があったことに由来します。

    眼鏡橋
    (写真をクリックすると拡大されます)
    中島川で最も古い石造アーチ橋、眼鏡橋(めがねばし)です。1634年に興福寺(こうふくじ)
    二代目住持の唐僧である黙子如定(もくすにょじょう。1597~1657年)により架設された
    ことで知られています。石造の橋が古い時代に多く造られていたことにあらためて驚きます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-09-05(Mon) 15:43:14】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第148話 長崎県
    2016年7月 長崎県大村市・駅からウオーク  
    第126話以来の大村市です。遠い昔、小学生だった時にキャンプをした記憶がある場所を訪ねました。
    気ままな2時間足らずのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR松原駅から
    もう50年の歳月が流れたんだなと想いながら、当時と同じ駅に降り立ちます。「あの時」は
    ここからバスに乗ったのか、それとも歩いたのか、全く記憶がありません。

    JR松原駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「あの時」は、国鉄の時代ですので、駅員さんがいたはず。ご覧のように今では無人駅で
    す。

    東の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ホームから東の方向に山を見上げます。目的地はかなり高いようですね。

    目標の山
    (写真をクリックすると拡大されます)
    バスが運行していることは知っていたので、ウオーキングの格好でバス通りを歩きます。左
    手を見ると、長崎新幹線の高架橋の工事が進んでいます。

    バス通りを離れて
    (写真をクリックすると拡大されます)
    バス通りを離れ、車を気にしなくなった一方、勾配も急になりました。長崎自動車道の下を
    潜り、再びバス通りに合流した時はスタートから1時間が経過していました。

    喫茶店
    (写真をクリックすると拡大されます)
    県営バス停「鼓石」の近くに喫茶店がありました。大村は、国産コーヒー発祥の地と言われ
    ますが、この通りに何軒かコーヒー店があるのはその縁でしょうか。

    野岳湖
    (写真をクリックすると拡大されます)
    再合流したバス通りを歩くことおよそ45分、ようやく看板が見えました。本日の目的地は野
    岳湖公園、周囲4キロの人造湖です。南側のキャンプ地に立ちます。「あの時」みんなで綺
    麗な星空を見上げた、はずです。

    裏見の滝
    (写真をクリックすると拡大されます)
    野岳湖公園の案内図に、「裏見の滝」の文字が見えます。南の方の「世界のしゃくなげ公
    園」駐車場から急階段を降りると、裏見の滝(うらみのたき)が姿を現します。滝の裏側に
    は行けませんでしたが、しばしの眺望を楽しむことができました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-07-06(Wed) 12:20:37】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第147話 長崎県
    2016年7月 長崎県佐世保市・駅からウオーク  
    第100話以来の佐世保市です。本日は中心街をご紹介しますが、あまり知られていない話を聞くことができました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    佐世保駅から
    この季節ですので雨を予期して駅に降り立ちます。さて、歌手のTAKAHIROさん、それから
    藤圭子さんをご存知でしょうか?歩きながら古い話に想いを巡らせました。

    佐世保駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    JR駅の最西端になった佐世保駅。本日は、東口から出ます。

    東口から山の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    歌手のEXILE TAKAHIRO(たかひろ)さんが佐世保で過ごしたことは一部では知られた話
    ですが、上京する前はこの駅前広場で踊っていたとか。正面に烏帽子岳(えぼしだけ)が見
    えます。

    カトリック三浦町教会
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅からスタートして国道を北に進むと、すぐ右手にゴシック建築の教会があります。カトリ
    ック三浦町教会です。70年代に歌手の藤圭子さんが結婚式を挙げられた教会としても知
    られます。太平洋戦争中は、敵襲の目印にならないよう外観を黒く塗られ、空爆を免れた
    ことでも有名です。

    アーケード街(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    アーケード街(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    正面に四ヶ町商店街(よんかちょうしょうてんがい)が見えます。北側に繋がる三ヶ町商店
    街(さんかちょうしょうてんがい)の長さを含めると960mとなり、直線に繋がったアーケー
    ド街としては日本一の長さだそうです。

    ヒイラギモクセイ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    アーケード街のもう一方の出入口が見えたところで右折、名切(なきり)交差点を直進する
    と中央公園・交通公園に着きます。中心市街地にあって緑豊かな一帯は、昔は米海軍の
    住宅地だったとか。ヒイラギとギンモクセイの雑種と考えられるヒイラギモクセイは、10月
    に花が咲くそうです。

    蒸気機関車
    (写真をクリックすると拡大されます)
    交通公園の中に「D51(デゴイチ)」が保存されていました。製造両数1115両は1形式と
    しては最も多く作られたといいます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-07-02(Sat) 14:06:32】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第138話 長崎県
    [旧居留地] ブログ村キーワード2016年6月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    第124話以来の長崎市です。居留地の面影が色濃く残る街だと以前ご紹介したことがありますが、本日は第112話でご紹介した「孔子廟」を訪ねます。「長崎孔子廟」に入館できたほか、予期しない遭遇もありました。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR長崎駅から
    駅の看板地図を見て、コースを考えました。第39話でもご紹介した海沿いには
    進まずに、市電を見ながら歩くことにします。

    JR長崎駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    市電通りを南へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    長崎の中心市街地は案外わかりやすく、市電を見ながら歩くと飽きないですね。
    ひたすら南をめざしますが、外国人観光客も本日は特に多く見受けます。

    長崎水辺の森公園
    (写真をクリックすると拡大されます)
    電停「大波止」を過ぎて「出島」に来ると、文字通り「出島資料館」があります。
    市電と別れ、まっすぐ進むと市民病院が見えます。右手には大きな「長崎水辺
    の森公園」、左手奥の方にはグラバー園などがあります。

    長崎孔子廟(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    市民病院の先を左折してオランダ通りに。南に進み、旧長崎英国領事館の先
    を再び左折。正面の洋館群を見上げながら右折、やがて見えたのが「長崎孔
    子廟」です。

    長崎孔子廟(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    入館するとすぐ儀門(ぎもん)が迎えます。中央は、平常は閉ざされている神聖
    な門です。

    長崎孔子廟(3)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    正面の木造神殿が孔子廟正殿で大成殿(たいせいでん)というそうです。18
    93年建立以来百余年、原爆の衝撃にも耐えたそうです。敷地奥には長崎孔
    子廟中国歴代博物館があり、長崎と中国との深く長い歴史を知ることができ
    ます。さて孔子は紀元前の人ですが、一度論語を読んでみようと思いました。

    大型客船 COSTA SERENA
    (写真をクリックすると拡大されます)
    冒頭の「予期しない遭遇」は、大型客船、でした。朝方にチェジュ島から入港
    し、まもなく夕方に上海に向かうそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-06-03(Fri) 12:15:42】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第126話 長崎県
    2016年4月 長崎県大村市・駅からウオーク  
    第106話以来の大村市です。市の玄関駅は、遠い昔のままの姿を留めていました。改札口の頭上には「天正少年使節のまち」とあります。朝から雨だったのですが、私らしく予定決行です。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR大村駅から
    駅の内外に備えられた地図看板は微妙に違うので、まずは経由地点を
    探ります。目的地は既に決めているので、さっそく線路沿いを南の方に
    進むことにします。

    JR大村駅
    (写真をクリックすると拡大されます)   
    西の方向を望む              
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「おおむらふらっと散策マップ」の「大村駅周辺」ページを見るとわかりや
    すいですね。天正夢広場を右に見ながら裁判所の先を左折、線路の東
    側に進みます。

    旧円融寺庭園 
    (写真をクリックすると拡大されます)   
    大村公園入口                 
    (写真をクリックすると拡大されます)
    内田川を渡るとすぐ護国寺があり、60段余りの階段を登りきると目の前
    にあるのが「旧円融寺庭園(1652年創建)」です。江戸時代初期様式の
    石組庭園です。再び線路の西側へ進み、国道34号線を歩くと市役所が
    見え、大村公園入口に。

    珍客と対面
    (写真をクリックすると拡大されます)
    大村公園は広く、花の名所でもあります。大村藩主の居城であった玖島
    城址にあり、「日本の歴史公園100選」「日本さくら名所100選」の地に
    選定されています。桜田の堀にかかる桜田橋では、珍客と対面です。

    クシマザクラ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    きれいな藤棚を過ぎると、南堀跡に花菖蒲(ハナショウブ)が広がってい
    る、はずでしたが残念。見頃は5月下旬からです。脇にオオムラザクラと
    はタイプの違うクシマザクラが雨に濡れてます。今週までが見頃とか。

    玖島城跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    玖島城(大村城)跡のシンボル、板敷櫓(いたじきやぐら)です。雨上がり
    の気配を感じながら見入っていると第122話でご紹介した「熊本城」を思
    い出します。このたびの熊本地震によって、無残に姿を変えました。甚大
    な被害をもたらし、余震が続くことに言いようのない悲しみを覚えます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-04-22(Fri) 17:54:55】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第119話 長崎県
    [平成の大合併] ブログ村キーワード2016年3月 長崎県長崎市・外海ぶらり  
    第110話以来の長崎市です。そしてちょうど1年ぶりの外海町(そとめちょう)、映画のロケ地を訪ねます。平成の大合併で長崎市に編入され、このあたりは長崎市黒崎(くろさき)地区といいます。JR浦上駅前からバスで1時間足らず、「永田浜(ながたはま)」で下車することにします。
    気ままな1時間余りのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    外海黒崎ぶらり
    昨年の暮れに観たある映画、神秘的なシーンが印象的でした。最寄りのバス停
    ではなく、ひとつ手前で下車します。

    バス停「永田浜」
    (写真をクリックすると拡大されます)
    国道202号線を北上する車窓からは、まれに海の彼方に五島列島を見ること
    もできるそうです。

    国道から山道へ   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    別名「花大根」
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    バス停そばの商店を右に見ながら、ゆるやかな車道を登ります。途中、枯松神
    社(かれまつじんじゃ)に行くことにします。花大根が綺麗です。

    枯松神社
    (写真をクリックすると拡大されます)
    標識があるおかげで道を迷うことはなく、参道を登っていきます。枯松神社に着
    きました。もともとは潜伏キリシタンが集まってオラショ(祈り)を唱え、それを伝
    承し、この地に宣教師ジワンの墓を建てたと伝えられます。

    元の分岐点に  
    (写真をクリックすると拡大されます)

    国道に
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    参道と併走する車道を下り、もと来た道との分岐点を右に進むと、ふたたび国
    道202号線に出ます。

    黒崎教会
    (写真をクリックすると拡大されます)
    国道カーブの先に黒崎教会が見えます。第57話でご紹介したフランス人宣教
    師ド・ロ神父の指導で1920年に完成。作家・遠藤周作の小説『沈黙』の舞台と
    もなった黒崎の地に建つ教会です。冒頭の「映画のロケ地」ですが、昨2015
    年12月公開の「母と暮らせば」(山田洋次監督)です。教会の中に入り、身廊
    (しんろう)をゆっくりと主祭壇に向かって歩きながら、映画の神秘的なシーンを
    思い出していました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-03-18(Fri) 13:12:53】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第107話 長崎県
    2016年1月25日 長崎県長崎市・松山町  
    第70話以来の長崎市です。そこでご紹介したJR浦上駅から北へ歩いて15分、小高い丘にあるのが平和公園です。前日は、この冬一番の寒波に見舞われました。交通ダイヤの乱れもある中、滅多に見られない雪化粧をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    長崎市平和公園
    前日までの記録的な大雪、そして今日も時おり舞い散る粉雪の
    おかげで、車の通行は少なく、転倒しないように気をつけながら
    公園内に入りました。

    平和の泉
    (写真をクリックすると拡大されます)

    モニュメント
    (写真をクリックすると拡大されます)

    平和祈念像
    (写真をクリックすると拡大されます)
    「平和の泉」は、水を求めながら亡くなった原爆犠牲者の冥福を
    祈り、1969年に作られました。北側には世界各国から寄贈され
    たモニュメントが設置され、式典広場の北側には北村西望(きた
    むらせいぼう。1884~1987年)先生の作品、1955年完成の
    「平和祈念像」があります。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-01-27(Wed) 15:39:51】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第106話 長崎県
    2016年1月 長崎県大村市・駅からウオーク  
    長崎県の中央部に位置し、日本最初のキリシタン大名・大村純忠の街と言われる大村市。街のやや北部を歩き、歴史のほかに街おこしの一端も覗い知ることができました。
    気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR竹松駅から
    冷え切った天気が続きますが、予定を変えることなく大村に
    向かいました。竹松駅を降りて、とある場所をめざします。

    JR竹松駅   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    北へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    駅を出てすぐ南に、ほどなく左折して線路を渡り、ひたすら
    山の方向に向かいます。それにしても青い空に安堵です。

    大村純忠終焉の居宅跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートしてから約1.5km、大村荒瀬郵便局の前に来まし
    た。東の方に「大村純忠終焉の居宅跡」が見えます。大村
    純忠は、戦国時代の大村領主、島原の有馬家から大村家
    に迎えられました。

    レストラン  
    (写真をクリックすると拡大されます)

    森園公園
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    国道444号線を進み、長崎自動車道のインター付近を過
    ぎておよそ200m、「とある場所」に着きました。が、あいに
    くの休業。ここから空港をめざして歩くこと1時間、森園公園
    が見えてきました。

    天正遣欧少年使節顕彰之像
    (写真をクリックすると拡大されます)
    長崎空港が目の前にある森園公園です。大村純忠は南蛮
    貿易を行い、キリスト教を受け入れ、少年使節をローマに向
    かわせました。公園には、四少年の偉業をたたえた顕彰像
    があります。

    空港連絡道から南側を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    着陸する飛行機が見えます。「あいにくの休業」レストランは、
    「大村あま辛黒カレー」を考案し、カレーの街おこしに参画す
    る店だそうです。天正使節が持ち帰ったとされるスパイスが
    きいたカレーは、欧州で歓待された「甘い」体験と、帰国後の
    キリシタン弾圧の「辛い(つらい)」体験を表現したものだとか。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2016-01-21(Thu) 16:10:15】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第100話 長崎県
    2015年12月 長崎県佐世保市・駅からウオーク  
    第36話以来の佐世保市です。第99話でご紹介したように、「ななつ星in九州」を追いかけて佐世保を訪ねました。あまり知られていない、すばらしい景色がありました。
    気ままな1時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    佐世保駅から
    以前から、普段着で登れそうな山だと思っていた天神山。道に迷う
    ことなく、しかも予想以上に短時間で、山頂まで登れました。

    佐世保駅(東口)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    国鉄時代の松浦線が松浦鉄道となってからは、JR駅の最西端にな
    った佐世保駅です。

    右奥に天神山   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    バス停横を登る
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    みなと口(西口)から出て、海沿いに南へ歩きます。西九州道路が
    延びる先に見えるのが天神山(標高136m)。競輪場の先を福石
    中学校の方へ進み、カーブ先のバス停「中大黒」横の階段を登り
    ます。

    虹
    (写真をクリックすると拡大されます)
    家並みを東に抜けると久しぶりに見る虹。ここを右折したらバス通
    りに向かってゆっくり登ります。

    通学路(1)   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    通学路(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)                     
    10分かからず、市営バス停「東大黒」の近くに。この階段まで来る
    とあとは一本道。山頂の長崎放送佐世保ラジオ送信所が見えてお
    り、予定通りのコースです。

    佐世保市中心街   
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登りきったら左へ。天神山公園です。西側から車道がここまで通っ
    ています。公園の展望台からは、北の方向に佐世保市の中心街が
    広がっていました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村






    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2015-12-21(Mon) 15:22:45】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 93話 長崎県
    2015年11月15日 長崎県五島市・玉之浦地区  
    平成の大合併の前の旧玉之浦町。前回(第92話)ご紹介した福江港から車で約60分。大海原を体感しましたのでご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    大瀬崎灯台
    東シナ海に突出した断崖。岬の突端にある白亜の灯台は、海面
    に対して24°傾いた地層で構成された海抜80mの断崖上に、
    1879(明治12)年に竣工しました。

    大瀬崎灯台
    (写真をクリックすると拡大されます)
    全国でも最大級の200万カンデラの光を発し、沖合約50kmま
    で光が届くそうです。断崖は、地殻変動による傾斜や、断ち切ら
    れた断層を随所に見せて、壮大な景色を作っています。ここは、
    映画「悪人」のシーンで使われたことでも知られています。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2015-11-20(Fri) 10:00:37】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 92話 長崎県
    2015年11月 長崎県五島市・離島ウオーク  
    五島列島の中心地である旧福江市、三度目の訪問です。が、釣りではなく観光目的では初めて。全国で11番目に大きな島だと聞きました。
    離島の一人ウオーク、朝早くからの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸い
    です。


    五島(ごとう)
    長崎港から西に100km、東シナ海に浮かぶ面積326㎢ほどの島。
    大村市長崎空港からわずか30分で到着しました。

    福江港ターミナル
    (写真をクリックすると拡大されます)
    海の玄関口、福江港からスタートします。1時間もあれば市街地を
    散策できると思いました。九州本土の長崎・博多のほか五島列島の
    各港と結ばれています。夜が明けないうちから人の移動が覗えます。

    常灯鼻
    (写真をクリックすると拡大されます)
    五島市商工観光課などが発行する「五島市街ご案内」チラシを手に
    北に向かいます。海の方に見えるのが常灯鼻(昔の灯台)。丸木橋
    まで来たところで左折します。二つ目の交差点(写真)を右折、道に
    沿って緩やかに進むと左手に六角井(ろっかくいど)が見えます。

    六角井戸
    (写真をクリックすると拡大されます)
    1540年に通商のため明国から来航した王直らが、飲料用水、船舶
    用水として造ったといわれています。県内の数か所に六角井があり、
    いずれも港町だそうです。

    チャンココ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    南に歩くとアーケード商店街です。福江に伝わる古い念仏踊り、チャ
    ンココですね。鉦や太鼓を使い、似た踊りは周辺の旧町などに伝えら
    れているそうです。

    武家屋敷通り
    (写真をクリックすると拡大されます)
    アーケードを過ぎて直進、次の信号を左折します。やがて武家屋敷
    通りに。石垣塀は丸い小石が積み重ねられているのが特徴だそうで
    す。

    福江城(石田城)跡
    (写真をクリックすると拡大されます)
    福江城(石田城)跡です。三方が海に臨む我が国唯一の海城です。
    黒船に備えて江戸時代最後に築城されたそうです。中に入ると国指
    定名勝の五島氏庭園心字ヶ池があるそうですが、復元工事のため
    に一時閉園中でした。

    五島市図書館・五島観光歴史資料館
    (写真をクリックすると拡大されます)
    一度外へ出て東の方の城山神社に入ります。目の前に現れたのは、
    天守閣を模した五島観光歴史資料館、左に隣接するのは五島市図
    書館。高い所から撮った写真、遠くに鬼岳(おにだけ)が見えます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2015-11-19(Thu) 12:45:30】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 87話 長崎県
    2015年10月 長崎県波佐見町・波佐見ぶらり  
    波佐見といえば波佐見焼が有名。同時に棚田も知られています。鉄道を利用する場合、JR三河内駅前からバスで約15分、「やきもの公園前」バス停で下車します。
    気ままな3時間近くのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    波佐見鬼木の棚田ぶらり
    バスを降りて徒歩1分。スタート地点は「陶芸の館」のある「やきも
    の公園」です。目的地は「鬼木の棚田」です。近くの観光協会でも
    らった「はさみガイドマップ」を見て、中尾山を周ることにしました。

    やきもの公園   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    中尾山入口
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    やきもの公園の一角にある「陶芸の館」は、400年の波佐見焼の
    歴史がわかる観光拠点だそうです。どのような風景が広がってい
    るか、期待を胸にスタートします。

    陶郷中尾山
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    緩やかに登る道は、しだいに細くなります。長田山窯跡(ながたや
    まかまあと)を過ぎ、中尾山入口ゲートからは窯元が点在してい
    ます。

    中尾山交流館
    (写真をクリックすると拡大されます)
    スタートからおよそ1時間、中尾山交流館に着きました。近くにあ
    る中尾山伝習館では、宿泊しながら陶芸体験できるそうです。

    かかし
    (写真をクリックすると拡大されます)                  
    中尾展望台を過ぎると、下り坂になります。視線の先の平らな道に
    大勢の人が見えます。と思ったのですが実は「かかし」の皆さんた
    ち、でした。人気のラグビー選手もいます。

    鬼木棚田
    (写真をクリックすると拡大されます)
    やや急な上り坂を進むこと20分、日本棚田百選の郷「鬼木棚田」
    展望所です。

    茶畑

    (写真をクリックすると拡大されます)
    下り坂になる手前に、茶畑が広がっていました。「かかし」の皆さ
    んたちは、想定外でした。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村





    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2015-10-14(Wed) 06:24:53】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 85話 長崎県
    2015年9月 長崎県東彼杵町・駅からウオーク
    駅で見かけたポスター、青春18きっぷの広告はとても印象的でした。綺麗な風景を求めて、大村湾に面するその小さな駅に向かいました。
    気ままな2時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR千綿駅から
    快速列車を彼杵駅で降りて待つこと1時間超、各停に乗り換えます。
    ひと駅で千綿駅に着きます。大村湾の眺めのほかに茶畑、それから
    もう一つ、楽しみがあります。

    JR千綿駅   
    (写真をクリックすると拡大されます)                 
    旧駅員室には役場職員の方でしょうか、丁寧に道を教えていただき
    ました。千綿小学校の東側を登って、グリーンロードを北上すること
    にします。目の前の千綿歩道橋からスタートします。

    町営バス停
    (写真をクリックすると拡大されます)
    山の方の千綿中学校とそしてバス通りを探りながら、緩やかな坂を
    登ります。東彼杵町営バス(ひがしそのぎちょうえいバス)が走る道
    に出たところで一安心。話に聞いていた平似田地区です。

    茶畑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    およそ10分で平似田交差点、大村湾グリーンロードです。車を避け
    て西側の農道を進むと茶畑です。町の茶園面積は、県全体の約55
    %と聞きましたが、集積地区は離れた所にあるそうです。

    建設中の高架橋   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    防除
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    約20分で大村湾グリーンロードを離れて西に降ります。北の方の
    谷間を降って行くこと10分、長崎新幹線の高架橋建設現場が見え
    ました。一帯の畑では、無人ヘリによる、防除をやっていました。
    ここから30分近く畑の脇を再び登り、民家が点在する地区を抜け
    ると下り坂。瀬戸郷公民館の前を過ぎると国道34号線が見えます。

    駅ホーム(1)    駅ホーム(2)(写真をクリックすると拡大されます)                    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅に戻りました。無人のホームに立つと、南の方に青い空と眩しい
    陽の光が広がっています。日没までここにいたいなあ。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村


            

    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2015-09-26(Sat) 09:48:20】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 70話 長崎県
    2015年6月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    エキゾテイック長崎には多くの観光名所があります。北部九州地方が梅雨に入ったことで、「長崎は今日も雨だった」を覚悟していたのですが、傘不要の曇天の中、浦上天主堂をめざしました。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR浦上駅から
    鉄道の終着駅である長崎駅のひとつ手前が浦上駅です。現在、駅舎は
    高架のための工事中でした。

    JR浦上駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅は小さいながらも特急電車すべてが停車します。

    山王通りへ
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    第39話でもご紹介したように、駅前の街並みの先は山が迫っています。
    山王通りに出るまでまっすぐ歩きます。長崎の街にはめずらしく、一帯は
    碁盤の目のような区画です。

    二の鳥居
    (写真をクリックすると拡大されます)

    一本柱鳥居
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    山王通りに出たら左折、少し行くと標識が山王神社二の鳥居を案内して
    くれます。通り右手の角に立つと、目の先に一本柱鳥居がありました。石
    段を登りきった左手に、原爆に吹き飛ばされたという鳥居の左半分が横
    たわって保存されていました。
     
    町民原爆殉難の碑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    鳥居が保存されている横をそのまま進むと山王神社があります。境内を
    背に原爆殉難の碑があり、被爆当時の自治会長だった方の手記から抜
    粋された文を読むことができます。

    長崎医科大学門柱
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    およそ10分で再び山王通りに出ると、長崎大学医学部附属病院正門
    跡の碑があり、北に向かってすぐ近く、前身の医科大学門柱が保存され
    ていました。

    浦上天主堂
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ふたたび医学部通りに出て、北に向かって緩やかな坂道を下った所で
    カトリック浦上教会が見えてきます。一般的には旧称の浦上天主堂(う
    らかみてんしゅどう)の名で知られています。1914年に完成し、原爆で
    破壊された後、1959年に再建されました。建物・信徒数ともに日本最
    大規模だそうです。近くには平和公園、原爆資料館など多くの名所があ
    ります。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2015-06-12(Fri) 15:31:11】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 57話 長崎県
    [平成の大合併] ブログ村キーワード2015年3月 長崎県長崎市・外海ぶらり  
    第39話以来の長崎市です。友人に勧められて外海町(そとめちょう)に来ました。平成の大合併で長崎市に編入され、このあたりは長崎市出津(しつ)地区といいます。鉄道を利用する場合、JR浦上駅からバスでおよそ1時間、「出津(しつ)」で下車することにします。
    気ままな2時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    外海出津ぶらり
    パンフレットの言葉にあるまさに輝く海とキリシタンの里を歩き
    ます。出津(しつ)地区公民館で「乙女の長崎プチバカンス・外
    海の旅」それから地元で毎月開催されているという、本日のウ
    オーキングマップをいただき、北の方に歩き始めます。

    出津地区公民館
    (写真をクリックすると拡大されます)

    カリタス診療所の方へ
    (写真をクリックすると拡大されます)

    司祭館を過ぎて
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ほとんど登ったという実感もなく、いつの間にか下りになって
    います。診療所や修道院あるいは司祭館といったキリシタン
    文化を十分に感じながら、また他のさまざまなグループの皆
    さんと語らいながら、歩きます。

    出津教会
    (写真をクリックすると拡大されます)

    ド・ロ神父様
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    出津教会(しつきょうかい)及びド・ロ神父記念館、旧出津救
    助院いずれも国指定重要文化財です。1879年に外海に赴
    任したフランス人宣教師ド・ロ神父は、キリスト教だけではな
    く、教会建築の技法など幅広く伝えました。第39話でご紹介
    した長崎市の大浦天主堂などと合わせ、世界遺産登録に向
    けた取り組みが展開中とのことです。

    遠くに池島
    (写真をクリックすると拡大されます)

    遠藤周作文学館
    (写真をクリックすると拡大されます)
    一旦平地に下り、漁港集落を抜けて再び登り道です。西の
    方に広がる五島灘、中央にうっすらと浮かぶのは池島。や
    がてゴールである道の駅です。すぐ手前、海側に2000年
    5月開館の「遠藤周作文学館」があります。氏の生前の愛
    用品、遺品、生原稿など、作家・遠藤周作の足跡を覗える
    と聞きました。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2015-03-13(Fri) 16:44:58】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 39話 長崎県
    [旧居留地] ブログ村キーワード2014年10月 長崎県長崎市・駅からウオーク  
    エキゾテイック長崎の代名詞ともいえる南山手に行こうと思いました。居留地の面影が色濃く残る街だと言われます。観光地ならではの見どころはたくさんあるようですが、今日は港からの風を堪能しながら歩きます。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR長崎駅から
    長崎駅構内の観光案内所で「長崎さるくコースマップ①居留地
    界隈」を手に取り、駅ビル(アミュプラザ長崎)2階に上がります。

    JR長崎駅
    (写真をクリックすると拡大されます) 

    東の方向を望む   
    (写真をクリックすると拡大されます)                 
    駅舎は「長崎新幹線」を見据えた仮の建物だと聞きます。駅前
    には山が迫り、上の方までホテルが並んでいます。

    駅前通りを南へ
    (写真をクリックすると拡大されます)

    海沿いの通りへ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅を出るとすぐ右側へ、電車通りを南へ歩きます。長崎の街を
    走るチンチン電車は、全国各地から廃止になった車両が集結
    していることで知られます。10分ほどで右折して海沿いの道に
    出ます。中央に稲佐山(いなさやま)が見えます。

    大型客船「MARINER OF THE SEAS」
    (写真をクリックすると拡大されます)
    隣接する長崎水辺の森公園を歩いていると時おり船の汽笛が
    聞こえます。国際線岸壁には大型客船が接岸されていました。
    朝方に博多から入港し、夕方にチエジュ島に向かうそうです。

    旧香港上海銀行長崎支店
    (写真をクリックすると拡大されます)
    旧香港上海銀行長崎支店記念館です。1904年にできた、国
    指定重要文化財。海外と繋がっていた近代史を学べますね。

    大浦天主堂
    (写真をクリックすると拡大されます)
    国宝・大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)です。日本最古のゴ
    シック建築様式の教会ですね。案内には「世界史上類のない
    信徒発見の舞台となったことで知られる」とあります。近くには、
    南山手地区町並み保存センターなどたくさんの「異国」があり
    ます。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2014-10-29(Wed) 17:10:42】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 36話 長崎県
    2014年10月 長崎県佐世保市・駅からウオーク  
    浦頭引揚記念平和公園(うらがしらひきあげきねんへいわこうえん)、随分前に職場の上司が、「長崎のうらがしらに引き揚げた」と言われたことがあり、気になっていたその土地を、ようやく訪れる機会を得ました。第二次世界大戦終結後、海外から日本国内に引き揚げた多くの人たちが歩いたという道を、自分の足で歩いてみようと思いました。
    気ままな3時間あまりのタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR南風崎駅から
    南風崎(はえのさき)駅そして駅周辺は、ほとんど昔と変わらない姿
    のように思えます。ただ、付近そして今回の目的コースは、時の流れ
    を感じさせるほどに変容していました。浦頭検疫所跡地をめざします。

    JR南風崎駅   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    駅前の通りを北へ
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    南風崎(はえのさき)駅は、普通列車が一日上下合わせて29本走る
    だけの小さな駅。駅の案内板には「昭和20年10月から昭和25年4
    月までの間」「海外から佐世保港浦頭に引き揚げてこられた方々が」
    「故郷へ向かわれた思い出の駅」とあります。駅前の通りを目的地ま
    での最短距離を意識し、北の方へ進みます。

    左手の針尾島へ   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    国道を南へ(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    狭い住宅街を抜け、踏切を渡るとやがて針尾(はりお)島が見えます。
    手前の橋は、JRハウステンボス駅と対岸のハウステンボスとを結ぶ
    連絡橋。この橋を渡り、ハウステンボスのゲート付近を通り過ぎ、緑に
    包まれた国道に入るとあとは道なりに南に向かいます。沿道には、ハ
    ウステンボス関連施設や米軍住宅などが点在し、やがて有料道路手
    前に交差点が見えます。

    国道を南へ(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    交差点を右折し、入り江に沿って走る車道を進みます。浦頭検疫所
    から引揚援護局までの、約7キロメートルの山道というのは、きっとこ
    のあたりだったのかと想像します。やがて前方左手の丘陵部に記念
    平和公園らしきものが見えます。ここから約30分、まもなく出会う国
    道202号線の緩やかな上り坂を歩きます。国道から分かれてすぐ記
    念平和公園入口に着きます。

    「引揚第一歩の地」碑
    (写真をクリックすると拡大されます)
    記念平和公園のある針尾島浦頭の地は、引揚げる日本人の受け入
    れ場所の一つとして、厚生省佐世保引揚援護局の検疫所が置かれ
    ました。この地には1986(昭和61)年5月に開園した引揚記念資料
    館があり、当時の引揚者の着衣や日記等の所持品、引揚証明書な
    ど、たくさんの展示物がありました。記念平和公園から500メートル
    ほど海の方に降りていくと、「引揚第一歩の地」碑があります。この一
    帯が浦頭検疫所跡地です。

    引揚列車はここから各地へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    引揚者のみなさんは、総数1396468人で、上陸後に検疫を終え、
    針尾援護局までの山道を歩かれ、二泊ないし三泊の後、南風崎駅
    からそれぞれの郷里へ向かわれたそうです。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2014-10-08(Wed) 21:11:09】
    Trackback:(0) | Comments:(2)
    第 35話 長崎県
    2014年9月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
    長崎県の中央部に位置し、県下最大の穀倉地帯です。鎌倉時代に「伊佐早」の地名が登場、安土桃山時代に「諫早」と改まったそうです。街の中心を歩き、佐賀県との歴史的なつながりなど諫早史の一端を知ることができました。
    気ままな1時間半のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR諫早駅から
    諫早駅に掲示されている地図を見て、駅周辺の見どころとその
    順路をほぼイメージできました。島原鉄道に沿って東南の方向
    をめざします。

    JR諫早駅   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    東の方向を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)                    
    駅前商店街の広い車道から別れ、感を頼りに住宅街を緩やか
    に登ります。線路を跨ぐ道を過ぎてまもなく五差路に出合い、
    左折してしばらく歩くと右手に上山(じょうやま)公園です。

    上山公園入口   
    (写真をクリックすると拡大されます)

    野呂邦暢文学碑
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    上山(じょうやま)公園には、常緑広葉樹を中心とする自然林
    があり、森林浴の森日本百選の地とか。出入り口近くに諫早
    を舞台にした小説・随筆を多く残した野呂邦暢(のろくにのぶ)
    文学碑があります。

    島原鉄道
    (写真をクリックすると拡大されます)
    島原鉄道の踏切でワンマン列車を見送り、北の方へ諫早公園
    をめざします。

    眼鏡橋
    (写真をクリックすると拡大されます)

    諫早神社   
    (写真をクリックすると拡大されます)                  
    諫早公園内の高城神社には、初代諫早藩藩主、竜造寺家晴
    が祀られ、近くには国指定重要文化財の眼鏡橋があります。
    諫早神社もまた行基(ぎょうき)菩薩が石祀を建てたのが始ま
    りと伝えられます。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2014-09-18(Thu) 15:44:41】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 19話 長崎県
    2014年4月 長崎県島原市・駅からウオーク  
    島原温泉あるいは城下町・島原、それとも水の都・島原、さまざまな顔を持つこの街を歩きたいと、ずっと前から思っていました。これまで何度も訪ねた街ですが、車を降りて散策するのは30年ぶりです。
    気ままな3時間のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    島原鉄道・島原駅から
    島原城、武家屋敷、湧水そして坂本竜馬。これらをキーワードにコースを
    考えました。まずは目の前に見えるお堀に向かって島原駅からスタートし
    ます。

    島原駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    七万石坂
    (写真をクリックすると拡大されます)
    島原駅に降り立つと、目の前に島原城が見えます。背後に眉山
    (まゆやま)、その後ろに平成新山(へいせいしんざん)、その奥
    に普賢岳(ふげんだけ)と続きます。1990年からおよそ5年間
    続いた噴火活動。眉山が火砕流から市街地を守ったという話を
    思い出します。

    時鐘楼
    (写真をクリックすると拡大されます)
    二つ目の交差点を右折、すぐに左折すると右手に総合案内所
    「酒造」があります。ここからは堀に沿うように北に向かいます。
    二の丸坂交差点を左折、ひたすら西(山側)へ歩きます。時鐘
    楼は、島原藩の名君松平忠房が鋳造させたもので、文字どお
    り時を告げる鐘として重宝されたそうです。

    町並保存地区
    (写真をクリックすると拡大されます)
    松倉重政は島原城を築いた1625年、外郭の西に接して下士
    をまとめて住まわせ、街路中央の水路に豊かな湧水を引きまし
    た。水がとても清らかです。南の方に向かって山本邸、篠塚邸、
    島田邸があります。

    四明荘
    (写真をクリックすると拡大されます)
    武家屋敷街を離れ、中心市街地を縦貫するように南へ歩きます。
    比較的賑やかなアーケード街を過ぎると標識が目に止まります。
    右折してしばらくすると、湧水めぐりゾーンに入ります。湧水庭園
    「四明荘(しめいそう)」は島原を代表する水屋敷で、大小3つの
    池があります。

    白土湖
    (写真をクリックすると拡大されます)
    南西に向かっておよそ20分、白土湖(しらちこ)が見えます。17
    92年の眉山崩壊でできた湖で、湖底からは今でも1日約4万トン
    の水が湧き出ているそうです。

    坂本龍馬上陸の地
    (写真をクリックすると拡大されます)
    白土湖から再び中心街の方へおよそ20分、島原郵便局の前を
    通り過ぎて国道を横切り、「坂本龍馬上陸の地」に着きました。
    1864年、海舟と龍馬らは島原への第一歩を、島原湊の石段に
    標したそうです。石組の岸壁に往時を偲びながら、近くの南島原
    駅に向かいました。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2014-04-25(Fri) 11:33:08】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第 12話 長崎県
    2013年12月 長崎県雲仙市・雲仙温泉  
    雲仙温泉は標高700mを越える高地のため、温泉街一帯は温度が低く、絶好の避暑地。ちなみに8月の平均気温はなんと、21・7度。この季節に散策するのは初めてです。今回は同行者が買い物している夕方に、ひとり宿を飛び出しました。
    気ままな1時間足らずのウオーキングの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    雲仙温泉ぶらり
    噴気や温泉の集まっている所を、「地獄」と呼んでいます。この季節だけに、
    噴気は暖かく身を包み、散策をより楽しませてくれます。

    スタート
    (写真をクリックすると拡大されます)
    雲仙地獄散策の始まりはここ、スパハウスでもある雲仙ビードロ美術館の
    前から。九州を代表するアンテイークガラス美術館です。右側は観光協会
    が入る建物です。下の写真の右奥に進みます。

    足湯広場
    (写真をクリックすると拡大されます)
    昼間は観光客で賑わいを見せるといいますが、この時間は人が少ないで
    すね。この辺りから坂道になります。

    ウオーキングストリート(1)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ずっと登り続けるのかなと思いきや、少し下ったりと、散策に適した勾配で
    す。11月初旬には全山紅葉して、山が燃えているみたいとか。
    また、4月下旬頃に咲き始めるというミヤマキリシマは有名ですね。標高
    600m以上の九州の山地に特有な植物だそうです。

    地獄
    (写真をクリックすると拡大されます)
    雲仙地獄の一番高い位置にある大叫喚(だいきょうかん)地獄。現在、最も
    活発な噴火活動をしているそうです。

    ウオーキングストリート(2)
    (写真をクリックすると拡大されます)
    雲仙は初夏ともなれば、野鳥の楽園と言われるそうです。国立公園だけに
    鳥獣保護がなされ、冬季にはヒヨドリ、カモなども仲間入りして、ざっと150
    種類にもなるそうです。

    真知子岩
    (写真をクリックすると拡大されます)

    地獄
    (写真をクリックすると拡大されます)
    上の写真は、戦後のラジオドラマ、映画で大ヒットした「君の名は」のロケで
    一躍有名になった「真知子岩」。そして下の写真は、江戸時代初期のキリシ
    タン弾圧によって、ここで拷問されたときに噴出したといわれる清七地獄。
    日が暮れる前の時間帯でしたが、噴気の暖かさを時折感じました。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2014-01-06(Mon) 13:38:22】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第  5話 長崎県 
    2013年9月 長崎県壱岐市・離島ウオーク  
    初めての壱岐。港に着いたらすぐ歩こうと思っていました。が、友人と会うことになっている
    郷ノ浦町は遥か遠く、予想外の行動をすることになります。
    離島の一人ウオーク、暗くなるまでの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸い
    です。


    壱岐(いき)
    福岡市博多港から北西に約64km、玄界灘に浮かぶ面積134㎢
    ほどの島。博多港から壱岐・芦辺港まではジェットフオイルで1時間
    05分、ちょうど昼時に到着。

    芦辺港ターミナル
    (写真をクリックすると拡大されます)
    ジェットフオイルは乗客が下船したあと、対馬へ向かいました。とり
    あえず一支国(いきこく)博物館までは歩きたいと思います。最初
    の交差点を左折して、石田町をめざします。

    芦辺の街
    (写真をクリックすると拡大されます)
    海沿いに港の対岸に来たところで、魚礁が多く作られていました。
    やがてイカ釣り漁船が多く係留されている地区に。

    遠くに島
    (写真をクリックすると拡大されます)
    近くのバス停「芦辺」で時刻表を見ると、もうすぐやってきます。とい
    うわけで、乗車。バスはお婆さんが一人。運転手さんに聞くと、博物
    館方面には行かず、一番近くで降りることを教えてくれました。やが
    て遠方に小さな島を発見。小呂島(おろのしま)でしょうか。バス停
    「田河校前」で下車、3kmのバス旅でした。

    一支国博物館
    (写真をクリックすると拡大されます)
    家々が点在するなか、平坦な道を黙々と歩きます。たまにタクシー
    か観光バスが走ります。歩き始めて90分、一支国(いきこく)博物
    館に到着。曲線屋根の博物館、設計は黒川紀章さん。テーマは
    「海を介した交流と交易の歴史」です。

    復元公園へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    休憩を兼ねて博物館に入ります。1995年には、この遺跡が「魏志
    倭人伝」の中の「一支国」の王都だったことが特定されたそうです。
    散策道をゆるやかに降りていき、バス停を探しました。

    復元された建物群
    (写真をクリックすると拡大されます)
    バス停「原の辻遺跡」から3時間ぶりの便に乗車。乗客は私一人だ
    ったせいか、停車してくれた際に写真撮影。バスの旅は約30分、終
    点の郷ノ浦港に着いたのは17時過ぎでした。

    港をあとに
    (写真をクリックすると拡大されます)
    翌朝早く、今度はフエリーで郷ノ浦港を離れました。好天に、そして
    バス便にも恵まれました。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村



    街歩き・長崎県Ⅰ | 【2013-10-25(Fri) 16:26:42】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    10 | 2021/11 | 12
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    株価&為替ボード
    月別アーカイブ
    最新記事
    日本語→英語 自動翻訳
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    フリーエリア