親父の街歩き山歩き 2020年06月
FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。ただいまコロナ禍のため外出を控え気味で、更新が滞る状況です。

駅の時計
拡大・縮小 ボタン
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
最新コメント
文字を大きく・小さく
    QRコード
    QR
    算数力トレーナー
    ブロとも申請フォーム
    第371話 長崎県
    2020年6月 長崎県諫早市・駅からウオーク  
    第365話以来の諫早市です。旧西彼杵郡多良見町(たらみちょう)は、平成の大合併で諫早市に編入されました。本日は、ききつ団地を散策します。
    気ままな30分のタウンウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。

     
    JR市布駅から
    市布(いちぬの)駅は1972年、長崎本線の新線開業に合わせて出来た駅です。市
    布地区の街並みはどのような風景を見せているか、楽しみです。

    JR市布駅
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅前の駐車場は広く、北側の半分はJR九州の月極駐車場です。

    東の方を望む
    (写真をクリックすると拡大されます)
    駅舎を背に東の方を望みます。

    新旧の道路
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東の方に進むとすぐに新しい街並みが広がっています。左側の新道を進むことにし
    ます。

    ききつ団地
    (写真をクリックすると拡大されます)
    途中に狭い旧道が残る中、少し上ったらあとは下り道に。

    国道34号線
    (写真をクリックすると拡大されます)
    住宅街を緩やかに下り、右折して国道の方に進みます。旧跡でもあればよいと期待
    していたのですが、見えたのは国道34号線です。手前を右折します。

    駅南側
    (写真をクリックすると拡大されます)
    近くにはカステラで有名な福砂屋の多良見工場があるそうですが、駅に戻ることにし
    ます。

    特急電車
    (写真をクリックすると拡大されます)
    上り特急電車がやって来ました。そういえば県を跨ぐ移動も心置きなく出来るように
    なり、JR九州も平常ダイヤです。巣ごもり生活から早く解放されたいですね。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    未分類 | 【2020-06-26(Fri) 19:52:45】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    第370話 長崎県
    2020年5月 長崎県大村市・竹松本町  
    第350話以来の大村市です。本日は、日本最初のキリシタン大名として知られる大村純忠(おおむらすみただ)にまつわる史跡を訪ねます。気ままな1時間のウオークの様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    JR竹松駅から
    小さい駅舎ですが、市の玄関駅に並ぶ乗降客数ということもあって、南部の諫早・長
    崎方面からの列車の多くは折り返し運転をします。本日は北東の方へ、田園地帯を
    歩きます。

    JR竹松駅
    (写真をクリックすると拡大されます)

    県道127号線
    (写真をクリックすると拡大されます)                   
    駅前の通りは県道127号線です。北の方を望みます。

    原口第2踏切
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    佐世保方面に延びるJR大村線に沿って北上します。原口第2踏切を渡って東側に
    進みます。

    線路東側
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    並行して建設が進む高架線も気になりますが、北の方をめざします。田園地帯です
    ね。

    住宅街
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    新興住宅地の様相は、市の人口増の一端が覗えます。いったん線路の西側へ踏切
    を渡り、保育園、児童公園を見ながら今度は地下歩道を東側へ。そのまま東側の丘
    へと進みます。

    矢次橋
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    やがて見えたのは矢次橋(やつぎはし)、川は郡川(こおりがわ)です。

    今富キリシタン墓碑
    (写真をクリックすると拡大されます) 
    案内を頼りに歩くこと15分、今富(いまどみ)キリシタン墓碑、一瀬栄正のものです。
    キリシタン弾圧が厳しさを増す中で、仏式墓に改造されたといわれます。
    機会があればまたご紹介します。

    ここまで記事を読んでいただき
    ありがとうございました。
    ブログランキングに参加しています。
    ぜひクリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村



    未分類 | 【2020-06-08(Mon) 18:01:03】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    05 | 2020/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    株価&為替ボード
    月別アーカイブ
    最新記事
    日本語→英語 自動翻訳
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    フリーエリア