親父の街歩き山歩き 2021年05月
FC2ブログ
プロフィール

FC2USER364927AJB

Author:FC2USER364927AJB
定年退職後、ウオーキングを始めました。いつもの同じコースを離れ、たまには他の街を歩いたり山にも登って、その時の風景などをご紹介したいと思います。ただいまコロナ禍のため外出を控え気味で、更新が滞る状況です。

拡大・縮小 ボタン
カテゴリ(全記事が見られます)
全記事(数)表示
全タイトルを表示
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新トラックバック
最新コメント
文字を大きく・小さく
    QRコード
    QR
    算数力トレーナー
    ブロとも申請フォーム
    株価&為替ボード
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    駅の時計
    第384話 長崎県
    2021年5月 長崎県・金比羅山  
    コロナの終息が見えず、引きこもりを解除して長崎市内の金比羅山(こんぴらさん)に登りました。昨年1月以来の再訪です。マイペース「山登り」の様子をご紹介します。感想などをいただければ幸いです。


    金比羅山 
    本日のコースは標高366mながら市街地から登山口まではバスが走っています。
    険しい勾配もなく、靴以外は普段着でも登れます。

    金比羅山登山口
    (写真をクリックすると拡大されます)
    バスを降りると眼下に市街地が見えます。山の方を見ると登山口を案内する碑が
    目に入ります。

    住宅街
    (写真をクリックすると拡大されます)
    住宅地ながら急な石段です。

    登山道へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    東高校へのバス通りを渡って登山道へと進みます。

    鳥居
    (写真をクリックすると拡大されます)
    家並みが途切れたと思ったらやがて鳥居が見えます。

    金比羅草原
    (写真をクリックすると拡大されます)
    平坦な道を抜けたら金比羅草原に出ました。

    石段
    (写真をクリックすると拡大されます)

    金比羅神社へ
    (写真をクリックすると拡大されます)
    何回目かの子供連れと行き違います。そろそろ頂上が近いかな。

    頂上
    (写真をクリックすると拡大されます)
    頂上です。金比羅山(標高366m)の名は、1705年、修験者である祥院長慶が
    山の頂上に石窟を掘り、飯縄、愛宕の2神を祭ったことに由来します。

    頂上からの眺め
    (写真をクリックすると拡大されます)
    登山口をスタートしておよそ1時間半、頂上から西南の方に長崎港、市街地が見え
    ます。
    機会があればまたご紹介します。

    ブログランキングに参加しています。
    クリックして行ってください。



    にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村




    山歩き | 【2021-05-28(Fri) 16:56:16】
    Trackback:(0) | Comments:(0)
    地震情報サイト JIS
    カレンダー
    04 | 2021/05 | 06
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    株価&為替ボード
    月別アーカイブ
    最新記事
    日本語→英語 自動翻訳
    ブログで世界旅行(スイス編)


    presented by スイス旅行

    フリーエリア